【2021】家庭用の低価格3Dプリンターのおすすめ14選。小型・大型まで解説

立体的に物を作れる3Dプリンターは業務用だけでなく家庭用も人気を集めています。今回は3Dプリンターの使い方や選び方から、初心者が買いやすい家庭用の安い小型・大型のおすすめ機種、3Dプリンターでできることまで紹介します。精度の高い機種で作りたい物を作成してみよう!

小物家具もフィギュアもお手の物。おすすめの3Dプリンターを大公開!

3Dプリンターで物を作っている最中

産業用だけでなく、3Dプリンターは家庭用としても広まりつつあります。金属製で堅牢なボディの大型モデルから、コンパクトなモデルまで幅広く販売されており、自分でちょっとした便利グッズやフィギュアなど自分一人でもご友人、子供と一緒に楽しめる商品になります。

今回は3Dプリンターの基礎知識から選び方、おすすめの3Dプリンターまでご紹介します。スマホケースを作ったり、なかなか入手が難しいパーツのスペアを用意するなど、活用法も無限大の3Dプリントの世界をご案内します。


3Dプリンターとは?

3Dプリンターの、『3D』とは何のことか。よく耳にする言葉なのに、意外と知らない方は多いはずです。『3D』とは、Three Dimension(三次元のこと)の略で、皆さんもよくご存じの家庭用プリンター(年賀状などでおなじみ)のように、平面に印刷するのではなく、縦横、高さ3つのデータを出力するのが、「3Dプリンター」になります。

棚にフックを取り付けたい、小物入れが欲しい、フィギュアを作りたい、スマホケースを作りたいなど無限のアイディアで造形を製造できるとても魅力的なアイテムなのです。


3Dプリンターの使い方

「3Dプリンターってどうやって使えば良いの?」という疑問を持つ方が多いですが、実はとても単純。

  1. インターネット上のアニメーションツールを用いて作りたいイメージ図を作成
  2. 作成したデータを3Dプリンターに取り込む
  3. 3Dプリンターで造形を作成する

以上の3つが主な流れになります。作品を作る際には多少のスキルが必要なため初心者の方の中には少しハードルが高いと感じる方もいると思いますが、教育用の教材や動画、既に3Dデータがあったりと無料で利用できるソフトウェアもあるので、未経験でもすぐに使いこなすことができます。


3Dプリンター選びで大切なこと

家庭用3Dプリンターの正しい選び方とは

3Dプリンターのおすすめ機種を見て行く前に、まずは3Dプリンター選びで大切なポイントについて学んでいきましょう。3Dプリンターは、

  1. ビルドサイズ(造作可能な大きさ)
  2. オートキャリブレーション機能
  3. 対応素材
  4. 価格
  5. サポート

の5点を確認しておくことが大切です。ここからは5つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


3Dプリンターの選び方1. ビルドサイズを確認する

『ビルドサイズ』とは、3Dプリンターが造形できる立体サイズのこと。安価なモデルは造形できるサイズが比較的小さめですが、より大型のモデルになると、きょう体は金属製で国産の機種もあるため、ビルドサイズだけでなく、対応できるファイルの種類は豊富かどうかなども選定基準になるでしょう。

スマホケース程度の大きさなら、多くのモデルで造形可能ですので低価格モデルから始めてみるのもおすすめです。


3Dプリンターの選び方2. 物作りに便利な台座の水平調節ができる「オートキャリブレーション機能」で選ぶ

物作りの精度を高めるためには、プリント性能を高めること。それには「オートキャリブレーション機能」が必要です。

オートキャリブレーション機能とは、作成する対象物を作る「台座」を水平に保つ機能のこと。この台座が斜めに傾いていると綺麗に出力できない場合があり、もはや必要不可欠の機能とも言えます。

3Dプリンターを選ぶ際には、必ずオートキャリブレーションの有無をチェックしておきましょう。


3Dプリンターの選び方3. フィラメントや木材など「対応素材」をチェックする

対応する素材も3Dプリンターを選ぶ時に重要な要素です。PLAフィラメントやABSフィラメントといったものが代表的ですが、種類によっては木材などの堀削などもできるモデルもあります。

家庭用でも十分、スマホケースやPCのキートップ、欠損したパーツなどを作ることができる時代となり、細かなオペレーションは必要ですが、趣味として一台購入してもいいかもしれません。


3Dプリンターの選び方4. 価格帯を押さえて「予算にあった商品」を選ぶ

家庭用は業務用の3Dプリンターに比べて安いとは言え、ハイスペックな機械製品なのである程度の価格を検討しておくのが無難です。

安い商品だと3〜6万円前後、国産で高性能なモデルだと10〜20万円程度する商品もあります。初心者でまずはちょっとした制作用に使いたい方であれば低価格のモデルがおすすめです。反対に初心者でも子供の教育用や自分でスキルを習得して3Dプリンターの世界にのめり込みたい方は、精度の高い作品を製造できる国産の高性能モデルを選ぶのも良いですね。

ご自身の利用する目的と今後長く使うかどうかを考えて、予算と性能にマッチした商品を選んでいきましょう。


3Dプリンターの選び方5. 「サポートの手厚さ」で選ぶ

3Dプリンターは無限の可能性を秘めている製品ですが、機能を十分に使いこなすためには『オペレーションマニュアル』や『日本語でのサポートが不可欠』です。おすすめは家庭用でも、しっかりと日本語のサポートを受けられる機種を選ぶこと。

海外製品が多い市場になりますので、国内のサポート体制を確認して選ぶのが良いです。


小型から大型まで!3Dプリンターのおすすめ14選を厳選

2018最新のおすすめ家庭用3Dプリンター

3Dプリンター選びのポイントを整理したところで、ここからは3Dプリンターのおすすめ機種を14個ご紹介します。

家庭用にほしいけども、大型モデルは置けないという方にぴったりのコンパクトなモデルから、金属きょう体で長く使えそうな高性能なモデルまで幅広いニーズにお応えします。対応するファイル形式やフィラメントの種類、印刷速度についてもまとめました。


おすすめの3Dプリンター1. FLASHFORGE デュアルヘッド 3Dプリンター Inventor

FLASHFORGE フラッシュフォージ デュアルヘッド 3Dプリンター Inventor インベンター

「細かい部分まで凝ったものを作りたい。」そう思ったことはありませんか。

『FLASHFORGE デュアルヘッド 3Dプリンター Inventor 』は積層ピッチは最小で0.05mm、レイヤーは0.05mm~0.3mmで自由に選択可能と、熱溶解積層方式のパーソナル3Dプリンターとしては最高クラスの性能といえます。また、本体内部にカメラ機能が搭載されているので、離れた場所からでも作業過程をスマホで確認することができますよ。

左右に冷却ファンが搭載されており、モーターの熱が上がることによるトラブルを未然に防いでくれるのもGOOD。

自宅で高クオリティなものを作ることができる人気モデル。とにかく高性能な3Dプリンターが欲しいという方はぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:ー
  • ビルドサイズ:23 × 15 × 16 cm
  • 材質:ABS,PLA,HIPS,PVA,PETG,TPU,高耐熱性PLAなど
  • 印刷速度:30-200mm/秒
  • 対応フォーマット:3MF,STL,OBJ,FPP,BMP,PNG,JPG,JPEGなど
  • メーカー:FLASHFORGE

おすすめの3Dプリンター2. FLASHFORGE 3Dプリンター Finder

FLASHFORGE(フラッシュフォージ) 3Dプリンター 本体 Finder(ファインダー) PLA1リール付き (レッド)

「家庭用の3Dプリンターが欲しいけど、使い方が難しそうだから購入に踏み切れない。」便利なプリンターも使い方が分からないと、充分に使いこなすことができないですよね。

『FLASHFORGE 3Dプリンター 本体 Finder 』は本体上部に基本的な操作が日本語表示で行える「3.5インチタッチパネル」を搭載しているので、初心者でも直感的に操作ができます。また、作業音が50デシベルと超静音なので、家庭で使用しても騒音の心配がありませんよ。

初心者でも使いやすい操作性を兼ね備えたモデル。初めて3Dプリンターを購入してみたいと考えている方はぜひお試し下さい。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:42 x 42 x 42 cm
  • ビルドサイズ:14 x 14 x 14 cm
  • 材質:PLA
  • 印刷速度:40~200mm/秒
  • 対応フォーマット:stl,obj
  • メーカー:FLASHFORGE

おすすめの3Dプリンター3. Creality Ende 3 pro 3Dプリンター

Creality Ende 3 pro 3Dプリンター 高精度印刷サイズ220x220x250mm 磁気 シート プラットホーム MeanWell電源 停電復旧機能 3D Printer 日本語説明書 工場直販

造形したいものがあっても、対応素材や対応サイズの範囲が狭いものだと「違うものを購入したほうが良かった。」と後悔してしまいますよね。

『Creality Ende 3 pro』は220mm x 220mm x 250mmの大きいサイズの印刷ができることに加え10種類以上の素材に対応しているので、買った後に印刷ができなかった。といった心配を減らすことができます。また、ビルド表面が磁気シートとなっているので、出来上がった造形モデルが簡単に取り出せて便利ですよ。

様々な素材やサイズに対応しているので、より使い勝手を求めるという方はぜひお試し下さい。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:ー
  • ビルドサイズ:22 x 22 x 25 cm
  • 材質:PLA, ABS, Wood, TPUなど
  • 印刷速度:≤180mm/秒、通常30-60mm /秒
  • 対応フォーマット:STL、OBJ、AMF
  • メーカー:Comgrow

おすすめの3Dプリンター4. ANYCUBIC MEGA-S

ANYCUBIC MEGA-S 3Dプリンター 金属製 高精度 Titan押出機 TPU/ABS/PLA等 操作簡易 DIY 家庭用 教育用 3d プリンタ 専門者/初心者/学校等向け 210x210x205mm 日本語マニュアル付き (黒色) (Mega S)

「物作りを始めてみたい。」0から始める時にどういうのを買ったらいいのか悩んじゃいますよね。

ANYCUBIC MEGA-Sの3Dプリンターは組み立てが簡単に出来るようになっていて「2つネジを締める」、「色分けされた配線用のコネクタを4本繋げる」、「フィラメントホルダーを取り付ける」たったこれだけの工程で完成する設計。

3Dプリントを行うのに必要なものは全て同梱されており、特別ほかに何かが必要ではないのも安心できるところ。

これからDIYをやろうとしている方には、「初心者におすすめ」と口コミでの評価も高いこの3Dプリンターをぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:40.5 x41x45.3 cm
  • ビルドサイズ:21 x21 x20.5 cm
  • 材質:PLA推薦
  • 印刷速度:20~100mm/秒
  • 対応フォーマット:STL、OBJ、DAE、AMF
  • メーカー:ANYCUBIC

おすすめの3Dプリンター5. HICTOP Reprap Prusa i3 3DP-08

HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 ...

3Dプリンターを選ぶ時に、印刷速度が重要です。ネット上で公開されているデータを試しにプリントしようと思っても、とてつもなく時間が掛かったら、3Dプリンタを楽しめませんよね。このモデルでは、毎秒80mmの印刷速度を誇りますので、初めて購入する方でも安心して試せます。

家庭用に業務用の大型モデルは導入できない、自作してみたいという方にとってもおすすめで、必要に応じてオプションパーツである、自動レベル調整機能、ビルドシート、フィラメントモニター機能などを追加できます。拡張性があるという点でも、自作派のあなたに是非おすすめしたいです。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:37 × 44 × 75 cm
  • ビルドサイズ:21 × 27 × 19 cm
  • 材質:PLA、ABS、WOOD、FLEX、HIPS、NYLON
  • 印刷速度:80mm/s
  • 対応フォーマット:STL、AMF、OBJ、GCODE
  • メーカー:HICTOP

おすすめの3Dプリンター6. XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ mini

3Dプリンターを検討している方の中には、『XYZプリンティング』の名前を見かけた方も多いのではないでしょうか。このモデルはひと目見て、他のモデルのような見るからに”機械”というような印象がないので、部屋全体のインテリアを考えている方でも、躊躇することなく導入できますね。

対応するフォーマットも豊富、材質も3種類に対応しているため、低価格で購入できるモデルの中ではおすすめできます。コンパクトに必要な機能がまとまっており、印刷速度も最速で毎秒120mmと高速ですので、性能面も申し分ありません。価格・機能を考えるとコスパ良しのおすすめ3Dプリンターですよ。

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:33.5 x 39 x 36 cm
  • ビルドサイズ:15 × 15 × 15 cm
  • 材質:PLA, 、ETG、Tough PLA
  • 印刷速度:最速120mm/s
  • 対応フォーマット:.stl、XYZ (.3w, .nkg)、.3mf
  • メーカー:XYZプリンティング

おすすめの3Dプリンター7. Robox デスクトップ3Dプリンター

Robox デスクトップ3Dプリンター

造形のスピードを左右する要素はいくつかありますが、このモデルは0.3mmと0.8mmのノズル採用により高速印刷を可能としました。また、チップ搭載の専用フィラメントを使用することで、面倒な設定を回避して気軽に3Dプリンターを楽しめますよ。

また、教育機関での採用実績も豊富なので、お子様の情報教育、芸術分野の才能を伸ばすためにもおすすめですね。家庭用としてはそれほど大型ではなく、レーザープリンター程度の大きさで、高性能な3Dプリンティングを体験できます。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:34 x 37 x 24 cm
  • ビルドサイズ:記載なし
  • 材質:SmartReel(チップ搭載 専用フィラメント)
  • 印刷速度:記載なし
  • 対応フォーマット:記載なし
  • メーカー:Robox

おすすめの3Dプリンター8. QIDI TECHNOLOGY X-one2

QIDI TECHNOLOGY 新世代3Dプリンター:X-one2,金属フレーム構造,プラットフォームヒーター

3Dプリンターを選ぶ際、10万円台のものから数万円で買えるものまで幅広い選択肢があり、悩んでいる方も多いでしょう。このモデルには、PLAフィラメント、スペアパーツボックス、工具一式、ユーザーマニュアル、印刷環境ソフト、SDカード(テストデータが登録済)が同梱されており、すぐに使用できますよ。

誤解している方が多いのですが、3Dプリンターは購入したらすぐに使える、追加で何も買わなくても良いということはありません。充実した付属品の影響もあってか、大変人気の3Dプリンターの一つです。このモデルを購入すれば、全ての道具が揃っているため、入手してすぐに使用できますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:38 × 32 × 36 cm
  • ビルドサイズ:14 × 14 × 14 cm
  • 材質:ABS、PLA
  • 印刷速度:記載なし
  • 対応フォーマット:記載なし
  • メーカー:QIDI

おすすめの3Dプリンター9. QIDI TECH X pro

QIDI TECH 3Dプリンター 新モデル:X pro,4.3インチのタッチスクリーン

3Dプリンターは熱でPLAやABSなどのフィラメントを溶かして、造形します。そのため非常に高温となり、造形部分が剥き出しの低価格モデルは安全面では少し心配があります。このモデルの良さは、4つのファンにより冷却できる点で、安全設計の構成のモデルとしておすすめできます。

同メーカー製品の中で最高峰のモデルという評判もあるほど、満足度も高いため、ぜひ検討してくださいね。注目ポイントとしては、停電時にも直前の印刷結果を記憶し、途中から印刷できるという点。もしもの時に備えに、業務用としても導入を安心して検討できます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:48 x 36 x 39 cm
  • ビルドサイズ:23 x 15 x 15 cm
  • 材質:PLA、ABS
  • 印刷速度:記載なし
  • 対応フォーマット:STLなど
  • メーカー:QIDI

おすすめの3Dプリンター10. ANYCUBIC UV-LED LCD masking PHOTON 2K

フィラメントを使用する3Dプリンターとは一線を画するのが、光硬化レジンを採用したモデルです。印刷後に日光などに当てることで、より硬化させることも可能。造形された作品への満足度が高いので、フィギュア制作など手間をかけて良い作品を作りたい方にはおすすめです。

また機会の中に空気清浄機が付いているため、ウイルス除去や消臭効果もあり、部屋の中での作業が快適に。ぜひ自分用やお子様との制作用に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:22 x 20 x 40 cm
  • ビルドサイズ:11.5 × 6.5 × 15.5 cm
  • 材質:光硬化レジン (波長405nm)
  • 印刷速度:20mm/h
  • 対応フォーマット:記載なし
  • メーカー:ANYCUBIC

おすすめの3Dプリンター11. QIDI TECH X-Smart

QIDI TECH 3Dプリンター 新モデル:X-Smart,完全にメタル構造,3.5インチのタッチスクリーン

フルメタルの支持体を採用した3Dプリンターで、メーカーはQIDIとおなじみのモデルですね。サポート面でもおすすめできますし、工具なども揃っていることから、初心者の最初の一台、家庭用の3Dプリンターとしておすすめできます。対応している材質も、PLAとABSの2種ですし、予算と設置スペースが許すならぜひ購入していただきたいです。

低価格モデルにはない満足感と、信頼できる作りの良さを実感できることでしょう。操作パネルもシンプル。タッチスクリーンを採用しているため、見た目も大変スマートです。3Dプリンターの購入を考えている方は、ぜひ見てみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:49.5 x 45 x 54 cm
  • ビルドサイズ:17 × 15 × 15 cm
  • 材質:PLA、ABS
  • 印刷速度:記載なし
  • 対応フォーマット:STL
  • メーカー:QIDI

おすすめの3Dプリンター12. MakerBot Replicator 5th

[国内出荷、安心の1年間保障付き!]MakerBot デスクトップ 3Dプリンタ Replicator 5th

3Dプリンターを選ぶ時には、アプリやインターフェースの対応も考慮すべき。MAKERBOT DESKTOP、MAKERBOT MOBILE、MAKERBOT PRINTSHOPに対応したこのモデルは、クラウドにも対応しています。接続方式もUSBはもちろん、Wi-Fi、イーサネットに対応しており、設置場所を選びません。

また、レイヤー解像度が0.1mmの積層ピッチなので、繊細な造形ができる点も強みですね。操作系には、3.5インチのフルカラーLCDパネルを採用していますため、細かい設定などもやりやすくなっています。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:52.8 x 41 x 44.1 cm
  • ビルドサイズ:25.2 × 19.9 × 15 cm
  • 材質:MakerBot PLA
  • 印刷速度:記載なし
  • 対応フォーマット:STL、OBJ、THING、MAKERBOT
  • メーカー:MakerBot

おすすめの3Dプリンター13. XYZプリンティング ダヴィンチ 1.0 Pro

XYZプリンティング3Dプリンター|ダヴィンチ1.0 pro|オートキャリブレーション機能付:オープンフィラメント可:ABS対応:造形サイズ200×200×200mm::レーザー刻印機能拡張可:積層ピッチ0.02mm~:高性能:3F1AWXJP00F

熱伝導を均一にするため、アルミ製のプラットフォームを採り入れているモデルです。気になるプリント速度も、他のモデルを圧倒する、毎秒250mmとなっていますので本格的な使用にも耐えることができます。特筆すべき点は、対応する材質が10種類もある点です。

家庭用としては比較的大型の3Dプリンターになりますが、金属にも対応しているため、作業時の動作音などもあまり気にならないレベルですので、騒音を気にして導入を迷っていた方にもおすすめできます。専用のソフトウェア『XYZware for Pro』により、細かな設定をできる点も嬉しいですね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ: 58.4 x 56.1 x 68.1 cm
  • ビルドサイズ:20 × 15 × 20 cm
  • 材質:PLA、ABS、Flexable、Tough PLA、PETG、TPE、Nylon Carbon、PLA carbon、HIPS, Metal
  • 印刷速度:250mm/秒
  • 対応フォーマット:STLなど

おすすめの3Dプリンター14. ボンサイラボ BS CUBE™ PLA

STEM教育に最適な3Dプリンター ボンサイラボ BS CUB...

近年注目されている、STEM教育用にも最適な人気モデルです。海外メーカーとは違い、『やけどに注意』というシールが貼ってあるあたりは、日本に本社を構える会社の製品の特色がでていますが、このモデルはPCなしでも機能する点が素晴らしいです。

教育用に揃えたいガジェット類は多く、なるべく既存のもので済ませたいという方にとって、PCが近くになくても簡単に印刷できるという点は大変嬉しいのではないでしょうか。オリジナルデザインのスマホケース、ソフトでモデリングしたデザインを造形するなど、活用法は無限大ですね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • サイズ:21 × 19.5 × 27.9 cm
  • ビルドサイズ:11 × 11 × 12.5 cm
  • 材質:PLA
  • 印刷速度:40mm/s
  • 対応フォーマット:STLなど
  • メーカー:ボンサイラボ


よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事