【2021】プリンターのおすすめ特集。選び方から人気メーカーまで解説

自宅で手軽に印刷できる人気家電、プリンター。今回は、そんなプリンターの選び方からおすすめ機種、人気メーカーまで解説します。写真印刷に最適なインクジェットプリンターや高速で印刷するレーザープリンター、コスパ最強のモバイルプリンターなど自分にマッチした一台をGETしましょう。

【2021】プリンターのおすすめ特集|印刷がスムーズになる機種とは

【2018最新】プリンターのおすすめ機種

写真印刷やコピー、年賀状印刷など、様々なシーンで活躍する、プリンター。以前は業務用のイメージが色濃かったですが、2021年現在では家庭用プリンターも充実しており、自宅で手軽にコピーしたり、写真を印刷したりすることが可能となりました。とはいえ、細かい機能なども増えた影響もあり、「どのプリンターを購入すれば良いのか分からない...」と頭を抱えている方も多いはず。

そこで今回は、2021年版としてプリンターの種類や選び方から、おすすめプリンター、メーカーまで詳しくご紹介してきます。スペックや特徴をしっかり把握して、自分のニーズを満たす1台をGETしましょう!


覚えておきたい。『複合機』と『プリンター』の違いって?

複合機とプリンターの違いとは

プリンターを見ていると、『複合機』と書かれている機種が目に入りますよね。しかし、「複合機って何?」と思っている人も非常に多いのが事実でしょう。

複合機とは、プリント(印刷)の他にも、コピーやスキャンといった別機能を搭載した機種のこと。もう一方のプリンターは、印刷機能のみの機種を指します。

コピーやスキャン機能を持った機種が欲しい場合は、“インクジェット複合機”や“インクジェットプリンター複合機”と書かれている機種を選ぶと良いでしょう。


プリンターは大きく分けて2種類に分かれる。

プリンターと一概にいっても、実は大きく2種類に分けられるのをご存知でしょうか?2020年現在の主流は、

  1. インクジェットプリンター
  2. レーザープリンター

の2種類。自分の使用環境にはどちらがマッチするのか?それぞれの特徴やストロングポイントをチェックしていきましょう。


1. インクジェットプリンターの特色とは?

インクジェットプリンターでカラー印刷している瞬間

インクジェットプリンターとは名前の通り、インクに熱や圧力を加えて微粒子にし、用紙へ直接噴きつけて印刷するプリンターです。ダイレクトに噴きつけることにより、色の再現性に優れているのが特徴です。ただし、普通の印刷用紙では色が滲む恐れがあるため、専用の光沢紙が必要となります。


インクジェットプリンターがおすすめの人って?

インクジェットプリンターは本体価格は比較的低かったり、消費電力も少なかったりするのですが、その反面、インクカートリッジを交換する必要があります。したがって、同じ原稿を何枚もプリントする場合は、インク代でコストが高くついてしまう恐れが。とはいえ、色の再現性は高いので、写真やイラストを印刷したり、もしくは初期費用を抑えたい方へおすすめのプリンターです。


2. レーザープリンターの特色とは?

レーザープリンターを操作している瞬間

レーザープリンターは、インクジェットプリンターに比べ“印刷速度が速い”のが特徴です。また色が滲むこともないため、普通の用紙でも問題なく印刷ができます。また、トナーと呼ばれる粉状のインクを用いることで定着性が高まり、印刷の持ちがいいのもメリットです。

レーザープリンターがおすすめの人って?

インクジェットプリンターより本体価格やトナー代が必要となりますが、大量に印刷するのであれば、長い目で見るとレーザープリンターの方が経済的と言えるでしょう。そのため、普段から大量に印刷をしたり、スピードを求めたりする方へおすすめのプリンターです。


プリンターの選び方|機種選びで見ておきたいポイント

プリンターの正しい選び方とは

プリンターの種類について把握したあとは、プリンターの選び方で注視したいポイントについて確認していきましょう。事前に知識をつけておくことで、より自分の理想とする1台が見つけやすくなります。では、プリンターの選び方で気をつけるべきポイントはどこなのか?プリンターの選び方は、

  1. 使用する用途
  2. 本体のサイズ・重量
  3. 印刷する紙のサイズ
  4. 単機能・複合機
  5. Wi-Fi接続対応か
  6. スマホ対応か

の6点を事前に確認しておくことが大切です。ここから先は、プリンターの選び方のポイントについて、詳しく掘り下げて解説していきます。


プリンターの選び方1. 使用する用途で選ぶ

メインの使用目的を明確にしておくと、プリンターの選び方は随分と楽にできます。家庭用プリンターなどの主な用途は、

  • 資料(書類)を印刷する
  • 写真を印刷する
  • 年賀状の写真をプリントする

の3つ。それぞれの特徴を把握して、自分が多用するシーンにマッチするプリンターをセレクトしましょう。


資料を主に印刷する場合

主に資料や書類を印刷する場合、スピーディーにプリントアウトできるアイテムが重宝します。基本的にはレーザープリンターをセレクトするのがおすすめですが、グラフィックや写真を多用する資料がメインの場合は、インクジェットプリンターも検討してみましょう。


写真を主に印刷する場合

写真を主に印刷する場合は、画質で選ぶのが定石と言えるでしょう。プリンターは基本的に、黒・マゼンタ・シアン・イエローの4色のインクでカラーを作り上げていきます。しかし、近年ではさらに2色をプラスした、6色インクモデルのプリンターも販売されており、より高画質なプリントアウトを実現。インク代などのコストは多少かかってしまいますが、写真を重視するなら、できるだけ色彩美を鮮明に印刷してくれるモデルを選ぶようにしましょう。


年賀状の写真を主に印刷する場合

毎年、年末が近づくと年賀状作りに励む方も多いかと思います。年賀状には文字だけでなく、写真やイラストも必要となるため、幅広い機能性を兼ね備えたプリンターが必要です。価格によっては年賀状メインのプリンターを購入するのもアリ。他にも、スマホやタブレット・PCと接続しやすい、Wi-Fi対応のプリンターを選ぶとスムーズに年賀状作りへ取り掛かれますよ。


プリンターの選び方2. 本体のサイズ・重量で選ぶ

軽くてコンパクトなプリンター

プリンターはどうしても、「重い・大きい・幅をとる」というイメージが先行しがちです。しかし、近年では軽量化が進み、配置しやすい家庭用プリンターが人気を集めています。コンパクトサイズの商品も充実しているため、あらかじめ配置スペースの幅を決めておいて、収まるサイズのプリンターを選ぶのも賢明な選び方と言えるでしょう。


プリンターの選び方3. 印刷する紙のサイズで選ぶ

印刷する頻度の多い紙のサイズでプリンターを選ぶのも有効的です。基本的にA4サイズがプリントできればOKという方も多いですが、より大きなサイズを印刷する機会がある場合、A3サイズ対応のモデルを選ぶのがおすすめ。家庭用であれば、A3のスケールはあまり必要ありませんが、ある程度の大きさには問題なく対応できるため、心配な方はA3サイズ対応のプリンターを選ぶようにしましょう。


プリンターの選び方4. 単機能・複合機で選ぶ

プリンターを選ぶ際は、単機能プリンターと多機能プリンター(複合機)のどちらにするか決めるのも有効です。それぞれの特徴をしっかり踏まえて、自分の使用目的にマッチするアイテムをセレクトしましょう。


単機能プリンターの特徴

単機能プリンターとは、印刷機能に長けたシンプルなタイプです。本体価格もお得なアイテムも多いので、コストパフォーマンスも抜群。あとは用途に応じて、インクジェットプリンターにするか、レーザープリンターにするか判断しましょう。


多機能プリンターの特徴

印刷のみに留まらず、スキャナーやコピー機能も搭載しているのが多機能プリンター(複合機)の特徴です。他にもオフィス向けのプリンターには、FAX機能を搭載しているものも。1台で何役もこなせるため、印刷以外の用途にもプリンターを使用したい方へおすすめです。


プリンターの選び方5. Wi-Fi接続対応かで選ぶ

スマートフォンやタブレット、PCと連動してプリントアウトする場合、無線LANを内蔵したWi-Fi接続対応しているプリンターを選ぶ必要があります。USBケーブルを使用するのか、無線LANがあれば平気なのか。購入前に、接続環境を詳しくチェックしておきましょう。プリンター自体とデバイスを直接繋げれるモデルもあるため、自分の利用しやすいモデルを選ぶようにしましょう。

【参考記事】お家でWi-Fiを楽しむなら必須の無線LANルーターのおすすめもチェックしてみて▽


プリンターの選び方6. スマホ対応か

スマホからプリンターにデータを送っている

近年では、パソコン不要で印刷できるプリンターも増えており、その多くはiPhoneやAndroidなどのスマホに対応しています。特に『Wi-Fi Direct(ワイファイダイレクト)』機能を搭載している機種は、アプリや無線LANなどを必要とせずにスマホとデータ通信を行えるため、非常に便利。持ち運びを考えている方や、家にパソコンがない方は、スマホに対応しているか、またはWi-Fi Direct機能を搭載しているかをチェックしておきましょう。


【2021】プリンターのおすすめ|人気メーカーのハイスペック機種とは

インクジェット複合機でコピーしているところ

プリンターの選び方をおさらいした後は、実際におすすめのプリンター17選をご紹介します。スキャンやコピー機能は搭載されているのか?最大プリントサイズはどれくらいなのか?具体的な情報に目を通しながら、自分の用途に合った1台をセレクトしましょう!


プリンターのおすすめ1. CANON PIXUS TS8430 2020年モデル

Canon プリンター A4インクジェット複合機 PIXUS TS8430 ブラック 2020年モデル テレワーク向け 普通

「写真印刷は手間がかかって、ついつい後回しにしがち。」データが溜まれば溜まるほど、作業は大変になりますよね。

「Canon」の2020年モデル『PIXUS TS8430』は、Wi-Fi環境がなくても簡単にスマホに入った写真を印刷可能な「ダイレクト接続」機能付き。また、写真に強い染料インクが搭載されているため、写真の画質を落とすことなく鮮明にプリントできるのも嬉しいポイントです。

スマホの写真をプリントアウトする機会が多い写真好きさんは、ぜひこちらを試してみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット複合機
  • サイズ(cm):幅37.3 × 奥行31.9 × 高さ14.0
  • スキャナー機能/コピー機能:◯
  • Wi-Fi Direct機能:◯
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:Canon
  • 接続方法:QRコードダイレクト

プリンターのおすすめ2. ブラザー HL-L3230CDW

ブラザー レーザープリンター A4カラー/24PPM/両面印刷/有線・無線LAN HL-L3230CDW

何十枚、何百枚もの資料を印刷したいのに、プリンターのあまりの遅さにイライラした経験はないでしょうか。

「ブラザー」のレーザープリンターは、モノクロ、カラー共に1分あたり約24枚も印刷できる高速さが特徴。標準トレイには250枚もの用紙が一気に収納可能なので、こまめな給紙もいらず「速くて使いやすい!」と口コミでも高評価です。

家で書類印刷をよくする人におすすめの1台になります。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:レーザープリンター
  • サイズ(cm):幅41 × 奥行46.1 × 高さ25.2
  • スキャナー機能/コピー機能:×
  • Wi-Fi Direct機能:ー
  • スマホ対応:ー
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:ブラザー工業
  • 接続方法:有線・無線LAN

プリンターのおすすめ3. エプソン エコタンク搭載 EW-M873T1

エプソン プリンター エコタンク搭載 A4カラーインクジェット複合機 EW-M873T1 (写真用紙スクエア20枚入 ドキュメントパック非同梱モデル) 中

大量の印刷を自宅でするとき、インク費もかかってしまいコストが気になる人は多いのではないでしょうか。

「エプソン」の『EW-M873T1』は、大きなタンクにたっぷりのインクが入ったエコタンク搭載で、A4カラー文書が1枚当たり1.6円と低コスト。それでいて優れた印刷品質が特徴で、くっきりと鮮やかな出来栄えに大満足すること間違い無しですよ。

購入後もお財布に優しい1台をお求めの方は、ぜひこちらを試してみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:カラーインクジェット複合機
  • サイズ(cm):幅40.3 × 奥行36.9 × 高さ16.2
  • スキャナー機能/コピー機能:
  • Wi-Fi Direct機能:ー
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:エプソン
  • 接続方法:無線・有線LAN, USB

プリンターのおすすめ4. ブラザー インクジェット複合機 MFC-J1500N

ブラザー プリンター 大容量インク型 A4インクジェット複合機 MFC-J1500N (ファーストタンク/FAX/ADF/有線・無線LAN/手差しトレイ/両面印刷)

プリンターのインク交換は手間も時間もかかり、正直面倒に感じている人も多いでしょう。

「ブラザー」の『MFC-J1500N』は、1回の交換で1年以上も使用できるほどの大容量インクカートリッジが最大の特徴。ブラックインクなら標準モデルの16本分、カラーインクは約10本分のインク量がたった1本に搭載されています。

度重なるインク交換に嫌気がさしていた方にぜひ試していただきたい1台ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット複合機
  • サイズ(cm):幅43.5 × 奥行34.1 × 高さ19.5
  • スキャナー機能/コピー機能:◯
  • Wi-Fi Direct機能:◯
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:ブラザー
  • 接続方法:有線・無線LAN,USB

プリンターのおすすめ5. HP Photosmart 5521

HP Photosmart 5521 A4カラー複合機 (ワイヤレス印刷対応・自動両面印刷・4色独立) CX049C#ABJ

ワイヤレスダイレクト機能でスマホとプリンターのみで印刷ができるヒューレット・パッカードの人気インクジェットプリンター。無線ルーターがなくても、スマホやPCとを本体と直接繋げます。両面印刷にも対応しているため、パンフレットや資料の作成にもおすすめ。

そのため、友達や家族、恋人の写真もワイヤレスで簡単に撮影することが可能です。1万円台と安い価格も魅力的なポイント。パソコンやスマホからデータ転送して印刷する方へおすすめのプリンターです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット複合機
  • サイズ(cm):幅44.4×高さ14.3×奥行き32.5
  • スキャナー機能/コピー機能:◯
  • Wi-Fi Direct機能:☓
  • Air Print対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:HP
  • 接続方法:USB、無線LAN

プリンターのおすすめ6. エプソン モバイル PX-S06B

エプソン プリンター A4 モバイル カラーインクジェット ビジネス向け PX-S06B ブラック

出先でもプリンターを使用したいなら、エプソンのモバイルプリンターもおすすめです。無線LANがなくても、Wi-FiさえあればOKなプリンターですので、スマホやタブレット、パソコンからでも簡単に印刷できます。

見やすい液晶パネルを搭載しているので、バッテリーやインクの残量もすぐに確認可能。印刷スピードもそれほど遅くないため、遅すぎてイライラすることもないですよ。多機能で快適なプリントアウトを実現してくれるおすすめのプリンターです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット
  • サイズ(cm):幅30.9×高さ21.7×奥行き23.2
  • スキャナー機能/コピー機能:☓
  • Wi-Fi Direct機能:◯
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:エプソン
  • 接続方法:USB、無線LAN

プリンターのおすすめ7. ブラザー インクジェット複合機 MFC-J738DN

ブラザー プリンター A4 インクジェット複合機 MFC-J738DN FAX 電話機 子機1台付き 無線LAN

ペーパーレス化が進んでいるものの、FAXで請求書のやり取りをするビジネスマンもまだまだ多いですよね。

「ブラザー工業」の『MFC-J738DN』は、プリンターだけでなくFAX機能付き。さらに電話機子機も付いているため、デスクの上に置いておけばわざわざ電話のたびに立ち上がる必要なく、FAX対応ができて便利ですよ。

在宅勤務が増えたFAXユーザーにぴったり。ぜひ試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット複合機
  • サイズ(cm):49 x 48 x 23
  • スキャナー機能/コピー機能:◯
  • Wi-Fi Direct機能:◯
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:ブラザー
  • 接続方法:USB,無線LAN

プリンターのおすすめ8. FUJIFILM スマホdeチェキ" instax SHARE SP-3

FUJIFILM スマートフォン用プリンター “スマホdeチェキ" instax SHARE SP-3 ブラック

1枚わずか13秒でプリントできる富士フィルムの人気フォトプリンター、スマホdeチェキ。スマホの写真をワイヤレスで転送し、高速でプリントアウトできる優れものです。形も非常にコンパクトなため、持ち運びが自由な点も人気を集めています。

1回の充電で約60枚ほど印刷できるため、日頃からスマホで写真を撮影する方におすすめのプリンターですよ。「スマホで写真を撮ってその場で写真にしたい...。」そんな人はぜひこちらのフォトプリンターを使ってみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:フォトプリンター
  • サイズ(cm):幅11.6×高さ13×奥行き4.44
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:その他
  • メーカー:富士フイルム
  • 接続方法:スマホ専用アプリ

プリンターのおすすめ9. 高速印刷が魅力的な超小型のおすすめプリンター

ブラザー工業 A4モバイルプリンター PocketJet USB PJ-723

価格:65,480円

印刷のスピードアップを実現したブラザーの超小型プリンター。サイズの決まった用紙だけでなく、ロール紙にも対応可能。重量も驚きの0,61kgだから、とにかく軽いプリンターが欲しいという方へおすすめのアイテムです。

大量印刷に適している商品なので、日頃から書類やハガキを何枚も印刷、コピーする方にぴったりのプリンターと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:サーマル
  • サイズ(cm):幅25.5×高さ3.0×奥行き5.5
  • スキャナー/コピー:×/×
  • Wi-Fi Direct機能:×
  • スマホ対応:×
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:ブラザー
  • 接続方法:USB

プリンターのおすすめ10. 設定も簡単。プリンター初心者におすすめの定番プリンター

旧モデル エプソン プリンター A3 インクジェット 複合機 カラリオ EP-979A3

価格:28,000円

エプソンから販売されているA3対応のインクジェットプリンター。Wi-Fi Directに対応している機種ですので、USBを使わずにiPhoneなどのスマホから無線で撮った写真をデータとして送信できます。コピーやスキャンも行える多機能性は、さすがエプソンといった印象です。

PCとの設定も簡単に行えるなど、プリンター初心者でも使いやすい機種になっています。3万以下の低価格でありながら、両面印刷やコピー、スキャンなど充実したステータスはコスパ良しと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット複合機
  • サイズ(cm):幅47.9×高さ14.8×奥行き35.6
  • スキャナー機能/コピー機能:◯/◯
  • Wi-Fi Direct機能:◯
  • スマホ対応:◯
  • 最大プリントサイズ:A3
  • メーカー:エプソン
  • 接続方法:USB、有線LAN、無線LAN

コスパ最強のおすすめプリンター3選|安い人気の機種とは

プリンターのおすすめ機種をご紹介しましたが、中には「機能は二の次で、とにかく安いプリンターが欲しい。」と思う人も多いはず。

ここからは、格安をウリにしているコスパ最強のおすすめプリンターを解説します。1万でお釣りの来る安いけど壊れにくいプリンターをこの機会にGETしましょう。


安いプリンター1. Canon PIXUS TS203 USB接続モデル

Canon プリンター A4インクジェット PIXUS TS203 USB接続モデル

5,000円台というコスパの良さから一時期は品切れになったCANONのプリンター。

Wi-Fiなどの機能はなく、USB接続でシンプルに印刷をしたい人向けの一台です。コンパクトでリビングにも馴染みやすいモデルは、プリンターであまり場所を取りたくない方にもおすすめ。

機能は二の次で安いプリンターを求めている方はチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット
  • サイズ(cm):25.5 x 42.6 x 13.1
  • スキャナー機能/コピー機能:×
  • Wi-Fi Direct機能:×
  • スマホ対応:×
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:Canon
  • 接続方法:USB

安いプリンター2. エプソン PX-105

エプソン プリンター A4 インクジェット PX-105

在宅ワークに伴い、家でのプリンター使用も増え、電気代が気になっているビジネスマンは多いはず。

「エプソン」のプリンター「PX-105」は、1か月の消費電力量が同等クラスのプリンターに比べ、約84%も低減された節電モデル。ブラックインクは増量タイプも用意されており、モノクロ印刷だけならランニングコストもかからず経済的に使用できるでしょう。

省エネプリンターをお探しの節約家さんにおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:インクジェット
  • サイズ(cm):39.2 x 53 x 29.6
  • スキャナー機能/コピー機能:×
  • Wi-Fi Direct機能:×
  • スマホ対応:×
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:エプソン
  • 接続方法:USB,有線・無線LAN

安いプリンター3. ブラザー レーザープリンター A4モノクロ HL-L2330D

ブラザー レーザープリンター A4モノクロ HL-L2330D (30PPM/両面印刷)

「安いプリンターを探しているけれど、古い機種は大きいものが多く事務所に置けない。」限られたスペースで悩んでいる人もいるはず。

「ブラザー」の『HL-L2330D』は、高さがたった18.3cmで、500mlペットボトルよりも低いという驚きのコンパクトボディです。トナー交換も用紙セットも、すべて前面で操作できるため、壁際の狭い空間にもすっぽり収納できますよ。

プリンターの置き場に困ってなかなか買えなかった方におすすめ。ぜひ試してみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 種類:レーザープリンター
  • サイズ(cm):幅35.6 × 奥行36.0 × 高さ18.3
  • スキャナー機能/コピー機能:ー
  • Wi-Fi Direct機能:ー
  • スマホ対応:ー
  • 最大プリントサイズ:A4
  • メーカー:ブラザー
  • 接続方法:USB


【2021年】プリンターのおすすめメーカーとは?

おすすめのプリンターをお届けしましたが、最後にプリンターのおすすめメーカー3選をご紹介します。各ブランドやメーカーによってストロングポイントや特徴も異なるため、まだお好みのプリンターが決まっていなければ、ぜひメーカーで絞って探してみてください。


おすすめメーカー1. Canon(キヤノン)

Canon キヤノン インクジェット複合機 MB2730 ビジネスインクジェットプリンター

映像機器からプリンターなどの複写機まで幅広く取り扱う人気メーカー『Canon(キヤノン)』。家庭用プリンターや大判プリンター、カードプリンターに3Dプリンターと、種類豊富な複写機を幅広く手掛けており、機能性に富んだアイテムが充実しています。そのため、貴方の使用目的に合ったプリンターがきっと見つかるはず。

また、キヤノンのプリンターは黒の表現がしっかりできるため、文字を印刷したい方にもおすすめのメーカーです。

キヤノンのプリンターを見る


おすすめメーカー2. EPSON(エプソン)

旧モデル エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 カラリオ EP-880AB ブラック(2017年モデル)

大容量のインクタンク「エコタンク」を搭載したプリンターを手掛けている『EPSON(エプソン)』。プリンターのネックとも言われているのが、インクカートリッジの交換。しかし、インクタンクを大容量にすることで、煩わしいカートリッジの買い置きもグッと減少できます。

日本では現在、エコタンク機能を搭載しているのは『エプソン』のみなので、こまめにインク交換するのが面倒という方は、ぜひチェックしてみてください。

エプソンのプリンターを見る


おすすめメーカー3. brother(ブラザー)

(旧モデル) brother A4インクジェット複合機 DCP-J572N (12ipm/両面印刷/無線LAN/手差し)

プリンターやファクシミリの製造に力を入れている人気メーカー『brother(ブラザー)』。オフィス向けの複写機から印刷機能のみ特化した単機能プリンターまで、充実のラインナップを揃えています。

他にも、家族で使えるモデルやA3サイズの大きめプリンターといった、幅広い複写機を展開しているため、用途に応じたプリンターが探しやすいのも特徴です。

ブラザーのプリンターを見る


使用目的によって、選ぶべきプリンターは決まる。

プリンターのおすすめや人気メーカーとは?

プリンターの種類や選び方から、おすすめアイテム&メーカーまで詳しくお届けしました。現在販売されているプリンターは、基本的にどれも高性能で優秀です。だからこそ、自分の使用目的にマッチするものを選ぶことだけに尽力しましょう。スペックや価格帯を加味しながら、ぜひお望み通りの一品を手にいれてくださいね。


【参考記事】紙媒体を手軽にデータ化。スキャナーのおすすめ機種を厳選しました▽


【参考記事】自宅で楽しく制作。3Dプリンターのおすすめとは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事