【プロポーズ】婚約指輪の人気ブランドTOP10。日本&海外から厳選

人生の一大イベント「プロポーズ」。今記事では、そんなプロポーズで贈りたい婚約指輪の人気ブランドをTOP10を日本・海外より厳選してご紹介します。指輪の種類やデザイン、ブランドにしっかりこだわって、素敵なプロポーズを成功させて下さいね!

“プロポーズ”は、人生における一大イベントです。

プロポーズでプレゼントする婚約指輪

男性・女性問わず、人生の大きなイベントといえば「プロポーズ」が挙げられます。一生に一度のイベントだからこそプロポーズされたいと憧れている女性は多く、そのため男性陣はビシっと結婚を申し込みたいところ。とはいえ、プロポーズって具体的にどうやって行えば良いのか悩んでいる男性もきっと多いはず。

そこで今回は、プロポーズに必要な婚約指輪の基礎知識やスマートな渡し方から、結婚を申し込むのに適したタイミングまで詳しくお届けします。プロポーズできちんと彼女へ愛を伝えて、人生史上最高の素敵な思い出を残しましょう!


プロポーズする前に知っておきたい指輪の基礎知識

プロポーズで渡す婚約指輪の基礎知識

プロポーズをする際、男性陣は指輪に関する基礎知識を最低限は覚えておきたいところ。女性によっては「指輪はいらない」とおっしゃる方もいますが、基本は結婚の約束を交わした証として、女性は婚約指輪を左手薬指に身につけるのが一般的です。したがて、ここからは、プロポーズする際に必要な婚約指輪についてお届けします。


プロポーズに必要なのは“婚約指輪”

彼女へプロポーズすると決意したのであれば、プロポーズする日までに婚約指輪を手配する必要があります。婚約指輪とは別名エンゲージリングとも呼ばれ、男性から女性に対し、愛の証として贈る指輪の事です。指輪の円状は終わりのない=永遠を意味しており、宝石にダイヤを選ばれるのは2人の絆の固さを連想させるためと言われています。

また、婚約指輪はプロポーズを快諾した女性のみが身につけられる特権なため、憧れを抱く女性は多いです。また、プロポーズされた日から入籍日や結婚式までと、限られた期間しか身に着けられない貴重性も婚約指輪に女性が憧れるポイント。とはいえ、結婚後もファッションリングとして着用できるので、彼女のイメージにピッタリのエンゲージリングをプロポーズの際に贈ってあげましょう。


結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

婚約指輪とよく混同されがちなのが、「結婚指輪(マリッジリング)」です。婚約指輪は男性が女性に贈るのに対し、結婚指輪は夫婦で揃って身につけるペアリングを指します。一連の流れで説明すると、女性はプロポーズをOKしたら結婚するまで一人で婚約指輪を身に着け、結婚したら今度は夫婦で揃って結婚指輪を着用する形となります。

ただし、婚約指輪から結婚指輪にスイッチするタイミングは入籍日や結婚式など、カップルによって様々です。とはいえ、結婚前に女性が一人で身につけるのが婚約指輪、結婚後に夫婦で揃って身につけるのが結婚指輪、くらいは最低でも把握しておくようにしましょう。


気になる婚約指輪の相場とは?

プロポーズに向けて婚約指輪を手配する際、多くの男性が悩んでしまうのが婚約指輪の値段。以前は給料3ヶ月分が相場と言われていましたが、現在はそんな事はありません。とはいえ、あまりにも安すぎるとケチっぽく思われそうだし、高すぎると手が出しにくいし、そんな悩みの壁にきっとぶつかるはず。そこでここからは、婚約指輪の値段相場を年代別でご紹介します。ブランドやデザイン、好みによって値段は大きく変動するので、あくまでも目安として参考にしてみて下さい!。


20代の婚約指輪の値段相場

20代の男性は、大体30万未満が婚約指輪の平均相場と言われています。ただし、20歳・21歳といった20代前半は10万円代とリーズナブルな価格帯で婚約指輪を探す人も多いです。反対に働いてある程度の年数が経過した27歳・28歳・29歳は30万以上優に超えるハイブランドのエンゲージリングを購入する方も多く見受けられます。もちろん、高ければ良いという訳ではありませんが、一生に一度の思い出に残るため、できるだけ予算は度外視して彼女が貰って喜ぶような指輪を選んであげましょう。


30代の婚約指輪の値段相場

30代の男性は、およそ35万〜40万円が平均的な値段相場と言われています。人によってはポストにも就いており、経済的に余裕が出始める年頃です。そのため、海外のジュエリーブランドをセレクトしたり、ダイヤのカラット数を大きくしたり、ゴージャスな婚約指輪を贈る男性も多く見受けられます。もちろん、人によって好み・予算は千差万別なので、自分に適した婚約指輪は購入しましょう。


40代の婚約指輪の値段相場

人生の経験も豊富になり始めた40代の平均相場は大体45万円程と言われています。その理由として、20代・30代と比べて経済的に余裕が生まれているのが大きな要因と言われています。もちろん、人によってはリーズナブルなエンゲージリングを購入するため、必ずしも高価な指輪を買う必要はありません。とはいえ、大人の男性ならではの洒脱でクールな指輪を贈ってあげるようにしましょう。


【参考記事】婚約指輪の値段相場を年代別に徹底ガイド!▽


婚約指輪の主なデザインパターンは3種類

婚約指輪の値段相場について確認したあとは、婚約指輪のデザインについても知識を蓄えておきましょう。彼女の好みやイメージに合った指輪を渡せば、当然ながら彼女もきっと喜んでくれるはず。婚約指輪のデザインは、

  • ソリティア
  • メレ
  • パヴェ

の主に3パターン。プロポーズで大成功を収めるためにも、しっかりとそれぞれの違いや良さを理解して、彼女に合った婚約指輪を贈ってあげましょう。


1. ソリティア

宝石(ダイヤ)を1粒だけあしらった最もポピュラーなタイプのデザインである「ソリティア」。普遍的で飽きの来ないデザインなため、年齢を重ねても問題なく着用できるのも大きなメリットです。彼女が日頃からシンプルなデザインを好むなら、ぜひソリティアのエンゲージリングをプロポーズに贈って挙げましょう!


2. メレ

メインの宝石の両サイドにメレダイヤ(0.03カラット以下の小粒ダイヤ)をあしらったデザインの「メレ」。ちょっとした小粒ダイヤを散りばめるだけでも、グッと華やかさが増します。そのため、華やかな見た目の指輪を彼女へ贈ってあげたい方へおすすめのデザインです。また、セミオーダー式ならアームの形状やメレダイヤの数も自分好みにアレンジできるため、彼女のイメージに合わせた指輪を製造するのも可能ですよ。


3. パヴェ

アーム部分にメレダイヤをびっしりと敷き詰めたデザインの「パヴェ」。フランス語で “敷石”を意味し、名前の通りアーム部分をメレダイヤで鮮やかに彩っています。とにかくゴージャスな見た目なので、派手なデザインを好む彼女へおすすめ。小粒のメレダイヤでもしっかりと輝くため、きっと彼女もその美しさに驚くはず。プロポーズで渡す時にキラッと光り輝くため、インパクトも抜群ですよ。しかし、ダイヤモンドを多く要する分、値段も上がってしまうので、予算を低く抑えたい方には厳しいデザインと言えるでしょう。


婚約指輪の失敗しない上手な選び方とは?

プロポーズでプレゼントする婚約指輪の選び方

いくら素敵なプロポーズをしても婚約指輪がイマイチだったら、あまり良い思い出は残せません。指輪は形として残ってしまうので、彼女が喜ぶものをセレクトしたいところです。とはいえ、何を基準に婚約指輪を選べば良いのか迷ってしまう方も多いはず。婚約指輪を選ぶ時は、

  • 予算で選ぶ
  • デザインで選ぶ
  • ブランドで選ぶ
  • 宝石(ダイヤモンド)で選ぶ
  • 保証で選ぶ

の5点を購入前に注目しておくことが大切です。ではここから、5つのポイントについてさらに詳しくご紹介していきます。


婚約指輪の選び方1. 予算で選ぶ

婚約指輪を選ぶ際は、予算が気になってしまう男性は多いはず。エンゲージリングはブランドやダイヤ・宝石のカラット数に応じていくらでも高価な婚約指輪は存在するため、購入前にきちんと予算は決めておくようにしましょう。とはいえ、一生に一度の買い物なので、できる限り捻出してあげるのがベターかも。値段によってダイヤの質やカラット数も変わるので、自分の組める予算内で最高に素敵なエンゲージリングをGETしてプロポーズへと望むようにしましょう。


婚約指輪の選び方2. デザインで選ぶ

先ほども少し触れましたが、婚約指輪のデザインで選ぶ方も多いです。気持ちが大事とは言われていますが、やはり見た目の美しさも最低限は必要なので、きちんと彼女好みの指輪をプロポーズで渡してあげましょう。ブランドによってアーム部分の形状からダイヤのカット方法まで異なるため、購入前は色々と見比べてみるのがおすすめです。

また、彼女の好みやツボを明確に把握している男性は、婚約指輪をオーダーメイドしてみるのもいいですね。他にもある程度のひな型からアレンジするセミオーダー式など多彩なパターンがあるので、ぜひ選択肢に取り入れてみてください。


婚約指輪の選び方3. ブランドで選ぶ

婚約指輪を購入する際、ブランドにこだわって選ぶ方も多いはず。定番の人気ブランドティファニーやカルティエをはじめ、ブルガリ、ハリーウィンストンといった多くのジュエリーブランドが存在します。したがって、ブランドに絞ってエンゲージリングを購入するのも賢明な判断と言えるでしょう。

また、最近はプロポーズで婚約指輪を渡さずに、一緒に買いに行くカップルも増えているそうです。他にも、彼女が憧れているブランドがあるなら、男性陣は頑張って望みを叶えてあげるのも素敵ですね。婚約指輪は一生モノなので、妥協せずに彼女が喜ぶブランドのリングをプレゼントしてあげましょう。


婚約指輪の選び方4. 宝石(ダイヤモンド)で選ぶ

婚約指輪を選ぶ時は、宝石で選んでみるのも有効な方法ですよ。基本は「ダイヤモンド」を採用しますが、パール(真珠)・ルビー・サファイアや彼女の誕生石をエンゲージリングに取り入れる方もいます。けれど、最終的には彼女の好み次第なので、特にこだわりがないようであれば、ベーシックにダイヤモンドをチョイスするのが一般的です。

そんな婚約指輪のカラット数は平均0.2〜0.4カラットと言われているので、予算と照らし合わせながら、彼女のイメージにぴったりな宝石をセレクトし、プロポーズで渡してあげましょう!


婚約指輪の選び方5. 保証で選ぶ

結婚後もファッションリングとして婚約指輪を身につける女性は多いため、できればアフターケアや保証サービスにも目を通しておくと安心です。ちょっとした体型の変化で指が通らなくなったり、指輪の傷が少し目立ったり。そんな時、アフターケアがあれば、無償でサイズ直しや磨き直しを行ってくれる可能性も。特に国産ブランドは永久保証サービスを行っているブランドも多いため、彼女へ長く愛用して欲しい男性はセレクトしましょう。意外と気にかける男性は少ないので、余裕のある方はぜひジュエリーブランドの保証サービスやアフターケアにも目と通してみてください。


プロポーズで用いられる人気の指輪ブランド10選

ここからは、多くの男性陣がプロポーズで用いる婚約指輪の人気ブランド10選をお届けします。どれもメジャーなブランドばかりなので、自分や彼女に適したエンゲージリングをきちんと見極めましょう。では、婚約指輪におすすめの人気ジュエリーブランド10選をどうぞご覧ください。


婚約指輪の人気ブランド1. 4℃ BRIDAL

男性陣の懐に優しい良心的な価格帯で高品質な婚約指輪を販売している『4℃ ブライダル』。銀座・表参道・新宿など、都心部を中心に全国に店舗を構えており、お店ではプロのブライダルアドバイザーが指輪選びを親切にサポートしてくれますよ。プロポーズケースやジュエリーボックス、4℃独自のティアラなど、プロポーズを格上げするブライダルアイテムが充実しているのも4℃ブライダルの魅力。ダイヤモンドの質はもちろん、アーム部分のプラチナ素材にまでこだわった指輪が手にはいりますよ。永久保証とアフターケアも申し分ないため、まずは近くの店舗へぜひ足を運んでみてください。

来店予約をする


婚約指輪の人気ブランド2. ヴァンドーム青山

エレガンスさも演出しつつ、普段使いしやすいジュエリーを手がけている人気ジュエリーブランド『ヴァンドーム青山』。指輪はセミオーダーも請け負ってくれるから、彼女のイメージにぴったりのエンゲージリングをプロポーズでプレゼントできますよ。他にも、指輪の裏側部分にストーンを入れることも可能で、サムシングブルーに由来してブルーの石を組み込む方もいらっしゃるそう。値段相場も20万〜40万円なので、婚約指輪をオーダーメイドしたい方はぜひ一度チェックして欲しい国内ブランドです。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド3. TASAKI(タサキ)

日本で唯一「サイトホルダー」の資格を取得しているジュエリーブランド『タサキ』。サイトホルダーとは、世界トップを誇るダイヤモンド原石供給会社『デビアスグループ』と直接取引できる資格のこと。したがって、タサキのダイヤモンドの質の高さは抜群です。また、ダイヤモンド以外にパール(真珠)のクオリティが高いのもタサキの特徴。創業から半世紀以上の歴史を誇る老舗ブランドなので 、質や信頼性も申し分ありません。プロポーズの贈り物で高品質な指輪をプレゼントしたいなら、タサキも必ず目を通しておきたい人気ブランドです。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド4. MIKIMOTO(ミキモト)

世界初の真珠養殖を成功させるなど、ジュエリー業界でも抜群の知名度を誇るグローバルブランド『MIKIMOTO(ミキモト)』。職人の手作業によって作り上げることで、細部までこだわりの詰まったアイテムを世に輩出しています。そのため、着け心地抜群の婚約指輪をプレゼントできますよ。また、ミキモトの婚約指輪の値段相場は20万円〜40万円のレンジとなっており、品質の高さからするとリーズナブルな価格帯も嬉しい魅力。落ち着いたデザインのアイテムが多いので、キレイめを好む彼女へのプロポーズで手渡したい一押しジュエリーブランドです。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド5. ケイ・ウノ

ダイヤモンド選びからスタートし、細部のデザインまで注文できる『ケイ・ウノ』。基本的にセミオーダー式となっているため、彼女の好みに合わせたエンゲージリングをプレゼントしたい方へおすすめのブランドです。他にも、一から全て決めるフルオーダーや自分で作る手作りコースもあるので、デザインにとことんこだわりたい方にもおすすめですよ。「一生に一度のプロポーズだからこそ、オリジナルの指輪を贈りたい!」そんな男性へ推奨したい人気のジュエリーブランドです。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド6. BOUCHERON(ブシュロン)

フランスの老舗ブランド『BOUCHERON(ブシュロン)』。創業から150年以上と長い歴史を誇り、世界の名立たる有名人も愛用するほどの人気ブランドです。全体的にインパクトの強いエンゲージリングが多いため、派手目のデザインを好む彼女へプレゼントするのにぴったり。値段相場も28万〜45万ほどなので、予算に応じてお好みの指輪をセレクトできますよ。プロポーズでおしゃれな婚約指輪を贈ってあげたい男性はぜひブシュロンを検討してみてください。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド7. Tiffany&Co. (ティファニー)

婚約指輪の定番ブランドといっても過言ではない『Tiffany&Co. (ティファニー)』。ティファニーの指輪をプレゼントされたいと憧れている女性も多いので、そんなティファニーの婚約指輪をプロポーズで手渡せば、きっと彼女も喜んでくれるはず。28万〜60万と値段相場も幅広いため、予算に応じておしゃれなエンゲージリングが探せるのも魅力です。プロポーズは人生に置ける大きなイベントだからこそ、花束とティファニーの指輪をプレゼントして、彼女へ真っ直ぐな気持ちを伝えてみてください。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド8. Cartier(カルティエ)

婚約指輪の定番ブランドとしてティファニーと双璧をなすのが『Cartier(カルティエ)』。王室御用達のジュエリーブランドとしても有名で、宝石商の王とも称される名ブランドです。ブライダルリングは赤いジュエリーボックスに入っており、プロポーズでのインパクトも抜群!赤の箱は花束との相性も良いので、バラと一生に指輪を贈ってプロポーズしてみるのもロマンチックで素敵ですね。ソリティア・メレ・パヴェとアームのデザインも豊富なので、予算や彼女の好みを考慮しながら、素敵なエンゲージリングを探してみてください。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド9. BVLGARI(ブルガリ)

イタリア・ローマ発の世界に誇るラグジュアリー宝飾品ブランド『BVLGARI(ブルガリ)』。とにかくゴージャスで華やかな指輪が数多く販売されており、30代・40代の大人女性へのプロポーズに最適な指輪がGETできますよ。もちろん、20代女性の指元も優美に彩ってくれるので、とにかく美しい指輪を贈りたい男性へおすすめのブランドと言えます。そんなブルガリの婚約指輪の値段相場は40万円以上とリッチな価格帯ではありますが、値段以上の気持ちや美しさを彼女へ提供できますよ。セミオーダーも請け負ってくれるので、予算に応じて自分好みの婚約指輪を制作してみるのもおすすめです。

公式サイトでみる


婚約指輪の人気ブランド10. Van Cleef&Arpels (ヴァンクリーフアーペル)

ティファニー・カルティエ・ブルガリ・ブルガリと並んで、世界5大ジュエラーと称されている『Van Cleef&Arpels (ヴァンクリーフアーペル)』。無駄を限界まで削ぎ落とし、洗練されたアイテムの数々は、まさに芸術品。独自の厳しい審査をパスしたダイヤモンドしか使用しないなど、クオリティの高さは世界トップクラスを誇ります。ただし、その分エンゲージリングの値段相場も50万円以上とリッチな価格設定です。「とにかく上質な指輪をプレゼントして、彼女へプロポーズしたい!」そんな真っ直ぐな気持ちの男性におすすめしたい世界最高峰の名ブランドです。

公式サイトでみる


【参考記事】人気ブランドの婚約指輪を徹底ガイド!▽


プロポーズでの婚約指輪の渡し方やタイミングとは?

プロポーズに向けて婚約指輪を用意するためにも、まずは彼女へプロポーズする日にちを決める必要があります。なぜなら日程が決まっていないと、前もって指輪やプレゼントの準備ができないからです。フルオーダーの婚約指輪なら3ヶ月要する場合もあるので、余裕を持って段取りを組むためにも前もってプロポーズする日は決めておきましょう。プロポーズする日に関しては、

  • 二人が交際を始めた日
  • 二人が初めて出会った日
  • どちらかの誕生日

などが以前は主流でしたが、近年は何もない普通の日にプロポーズする男性も増えています。特にサプライズでプロポーズしたい男性は、女性に勘付かれないよう普通の日にいきなり思いを伝えるのがおすすめです。


婚約指輪のスマートな渡し方とは?

一生に一度のプロポーズだからこそ、男性としては格好良くビシっと決めたいところ。そこでここからは、多くの女性が憧れているプロポーズのシチュエーションをご紹介します。彼女の好みやイメージに合わせて、相手が喜んでくれるプロポーズをしてあげましょう。


おしゃれなレストランでプロポーズする

テレビドラマなどでも定番ですが、高級レストランやおしゃれなお店でプロポーズされたいと憧れている女性はやはり多いです。前もってお店にお願いしておけば、デザートや食事のプレートに愛の言葉を添えて出してくれるところも多いので、そのタイミングで婚約指輪を渡してプロポーズすれば、きっと女性も喜んでくれるはず。お店を選ぶポイントは、彼女が好きなジャンルのお店やムードや雰囲気の良いお店を予約すること。周囲の目を気にすることなくプロポーズしたい場合は、個室のあるレストランを予約しましょう。


夜景の綺麗な場所でプロポーズする

レストランに続いて王道のプロポーズ場所と言われているのが、夜景の綺麗なスポットです。都内で探すなら、告白の名所としても有名な「竹芝ふ頭公園」がおすすめです。JR浜松町駅から10分圏内とアクセスしやすく、何と言っても人通りが絶妙に少ないのがポイント。他にも定番のみなとみらいや六本木ヒルズ展望台の東京シティビューなどもおすすめですよ。都内であれば前後のデートやディナーのプランも練りやすいので、その辺りも加味しながら検討してみてください。


お家でプロポーズする

インドア派のカップルなら、お家でプロポーズするのも良いでしょう。最大のメリットは、周囲を気にせず二人だけの空間でプロポーズできることです。そのため、普段はシャイだけれど、プロポーズはしっかりと自分の思いを伝えたい!そんな男性に最適です。また、女性も変にかしこまらずに返答してくれるので、自然なプロポーズができますよ。いつもの日常でいきなり婚約指輪を渡せばサプライズにもなるので、記念日にこだわりのない方や普段から家で一緒に過ごすカップルにおすすめの渡し方となっています。


オーダーメイドの婚約指輪の費用はいくら必要なのか?

一生に一度のプロポーズだからこそ、婚約指輪は2人だけのオリジナルアイテムを贈りたいと考える男性も多いはず。その場合は、指輪をオーダーメイドする必要があります。オーダーメイドには大きく2種類あり、ある程度のひな型から少しずつアレンジを加えるセミオーダーと、一からデザインを細かく注文できるフルオーダーの2つです。セミオーダーに関しては注文から最短約2週間から2ヶ月程でアイテムが完成します。対するフルオーダーの納期は大体1ヶ月半〜3ヶ月ほど。世間のイメージ的にオーダーメイドの婚約指輪は高く思われがちですが、実際はどちらも平均相場は30万円未満

とはいえ、ブランドやデザインの好みによって値段は変動するため、まずはお店へ足を運んでみましょう。また、納期の事も考慮して、プロポーズより半年前には指輪作成を準備しておくと安心ですよ。


プロポーズには婚約指輪が必須なのか?

プロポーズと聞くと、高級レストランで食事をして婚約指輪をプレセントされる。もしくは、結婚してくださいと指輪を手に持って男性がひざまずくといった、プロポーズ=婚約指輪のイメージを持っている方が非常に多いです。しかし、最近では婚約指輪を準備せずにプロポーズするカップルも増えています。その背景として、女性が一緒に指輪を選びたかったり、指輪以外のアイテムを希望したり、女性側のプロポーズに対する変化が主な要因と言われています。とはいえ、婚約指輪は男性から愛のこもった贈り物なので、彼女への愛を伝えたい方はプレゼントしてあげるようにしましょう!


中には、指輪を一緒に選びたい女性もいる

婚約指輪は一生残る思い出の品だからこそ、一緒に選んで購入したいと考えている女性も多いです。彼が自分の事を考えてプレゼントしてくれる指輪も当然嬉しいですが、結婚後もファッションリングとして身につける予定なら、やっぱり自分が気に入った一品をGETしたいのが本音です。したがって、結婚を視野に入れているカップルの場合、婚約指輪に関しては一緒に買いに行く約束を取り付けているところもあります。男性からするとサプライズでのプロポーズはできませんが、彼女が喜ぶ指輪を購入できます。二人の信頼関係にもよるので、一緒に選んだほうが楽という方におすすめの手法です。


最近のプロポーズは指輪以外のアイテムでもOK

一緒に選びたい女性とは別に、最近はプロポーズで婚約指輪以外のアイテムを希望する女性もいます。金属アレルギーだったり、アクセサリー禁止の職場に勤めていたり。理由は人によって異なりますが、「婚約指輪をいらない」と口にする女性が一定数存在するのは少々驚きですね。では、そんな女性は一体何を求めているのでしょうか?ここからは、指輪以外のプレゼントに最適なおすすめのアイテム3選をお届けします。


1. ネックレス

仕事柄指輪を着けられない女性でもネックレスなら普段使いできるため、婚約指輪ではなくネックレスを希望する女性もいらっしゃいます。他にも「指輪はつい無くしちゃいそう怖い」と考える女性もいるので、紛失しにくいネックレスは人気のアイテムです。また、ネックレスなら結婚後も問題なく身につけられるので、指輪以外をプレゼントするなら、人気ブランドのネックレスをプロポーズの際に贈ってみるのもおすすめですよ。


2. 腕時計

婚約指輪の代わりに贈るなら「腕時計」もおすすめですよ。「これから一緒の時を刻もう」とプロポーズにふさわしい意味を表現してくれます。そのため、指輪なしの場合は人気ブランドの腕時計を贈ってみるのも良いでしょう。普段使いもできるので、実用性もバッチリです。一生に一度のプロポーズだからこそ、ぜひ長く使える高品質なブランド腕時計をプレゼントしてみてください。


3. 花束

プロポーズの際は、「花束」を貰うのに憧れている女性も多いです。特に赤いバラの花束は、女性なら誰しも一度は貰ってみたいと考えるもの。赤のバラは「貴方しかいない」というロマンチックな花言葉があるので、まさにプロポーズにうってつけの花と言えます。

1本は文字通り「貴方しかいない」、3本は「愛しています」、21本は「貴方だけに尽くします」、108本は「結婚してください」、といった意味を持つので、相手に伝えたい気持ちに合わせた本数を贈ってみるのも粋ですね。指輪以外を検討しているなら、ぜひ花束も選択肢に取り入れてみてください。

【参考記事】指輪以外のおすすめプレゼントをピックアップしました▽


最近では、指輪を後で渡すのも少なくない。

以前は、「結婚して下さい」の言葉と婚約指輪を渡すのがワンセットでプロポーズと認識されていましたが、最近はプロポーズ後に婚約指輪を渡すカップルも増えています。その主な理由は、一生に一度の大きな買い物だからこそ、プロポーズをOKした後に一緒にお店へ買いに行くためだそう。

女性としても彼が自分を思って選んでくれたのは嬉しいけど、一生ものだから妥協せずに選びたいというのが本音なのでしょう。したがって、現在は必ずしもプロポーズに婚約指輪が必要という訳ではありません。とはいえ、二人の関係性や彼女の性格によるので、男性は彼女が一番喜びそうな手段をきちんと見極めましょう。


プロポーズをビシっと決めて、彼女へ誠実な愛を伝えましょう!

プロポーズでプレゼントしたい婚約指輪の人気ブランド

プロポーズに必要な婚約指輪の選び方や人気ブランドから、スマートな渡し方や結婚を申し込むのに最適なタイミングまで、幅広くお届けしました。彼女へプロポーズするのは人生における一大イベントだからこそ、ぜひ男らしくビシっと決めて欲しいところ。指輪やサプライズ、プレゼントなど、様々な手段がありますが、最後はやはり彼女へ素直な気持ちを伝えることが一番です。今後の人生をともに歩みたい相手だからこそ、ありのままの素直な気持ちを打ち明けましょう。貴方のプロポーズが無事に成功することを切に願っています。

【参考記事】婚約指輪選びのコツを詳しくご紹介します▽

【参考記事】女性が喜ぶ理想のプロポーズを大公開!▽

【参考記事】結婚指輪の値段相場も今のうちから要チェックです!▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事