手袋のおすすめ宅配クリーニング3選。料金・期間・お手入れ方法まで解説

手袋をクリーニングに出すときの費用やかかる日数についてまとめました。自宅でも大切な手袋をお手入れできる簡単な方法があるので、ぜひ参考にして試してみてください。普段のお手入れとプロのクリーニングを併用して、手袋を長持ちさせましょう。

手袋はそもそもクリーニングが必要?

手袋のおすすめ宅配クリーニング

一口に手袋といっても素材はさまざまですが、特に革手袋の場合は水や汚れに敏感です。雨などで濡れてしまうと、色落ちしたり硬くなったりすることがあります。また、手袋は手に付けるため汚れやすく、気づかないうちに傷んでいることもありますね。そのため、シーズン終わりにはクリーニングに出しておくと安心です。


手袋を長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

手袋のクリーニング方法は3種類あります。プロのクリーニングはもちろん、自宅でクリーニングする方法もあるので、それぞれを比較してみましょう。お気に入りの手袋を長持ちさせるために、仕上がりに満足できる方法を探してくださいね。


手袋をクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

プロによるクリーニングといえば、まず店舗型のクリーニングを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。スーパーやショッピング施設などに併設されていることも多いので、自宅の近くにクリーニング店があれば、一度サービス内容を確認してみてください。次に、店舗型クリーニングを利用した場合の費用やメリット・デメリットなどを詳しく見ていきましょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

店舗型クリーニングの場合は、手袋なら早ければ1~2日で仕上がります。費用は通常1,000円以内に収まることが多いです。手袋の素材やクリーニングの仕方によっては、3,000円を超える場合もあるため、直接店舗に問い合わせてみましょう。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型のクリーニングを利用するときには、直接スタッフと顔を合わせて対応してもらえる安心感が得られます。出すときに質問もしやすいのがメリットです。しかし、手袋を自分で店舗までもって行く必要があるため、忙しい方にとってはデメリットに感じるかもしれません。自宅の近所に店舗がなければ、探す手間も移動時間もその分余計にかかってしまうため、場合によっては不便に感じるでしょう。


手袋をクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

手袋のお手入れには、宅配クリーニングを利用する方法もあります。店舗型と同じプロのクリーニングですが、宅配業者などが手袋を直接自宅まで回収・配送してくれるのが大きな違いです。忙しくてクリーニング店まで行く時間を取りづらいときでも、利用しやすいのでおすすめです。クリーニングを利用する手間をできるだけ省きたい人は、ぜひ検討してくださいね。


仕上がりまでの平均日数と費用

宅配クリーニングサービスでは、およそ1週間で仕上がることが多いです。費用は、600円~1,000円ほど。手袋の素材や仕上げの仕方によって料金がプラスされるため、誤解がないように利用時にはきちんと料金の確認をしておきましょう。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングサービスは、自宅まで手袋を回収・配送してくれる便利さが人気の理由です。また、近くにクリーニング店がない場合でも、宅配クリーニングなら全国各地の業者から気に入ったところを選べます。一方、業者と顔を合わせてやり取りできない分、サービス内容や料金について誤解が生じやすいので、注意して頼む必要があります。


手袋をクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

プロのクリーニングに任せる以外にも、自分で手袋を洗うことも一つの選択肢として挙げられます。クリーニング費用を抑えたい人は検討してみてください。ウールの手袋なら、ぬるま湯でやさしく手洗いして陰干しすればOKです。


とはいえ難しいので、時間と手間がかかりすぎる

少しの汚れを落とす程度なら自宅でも洗えるものの、時間も手間もかかる上、革などの素材によっては素人で扱いが難しいケースもあります。自分で洗って大切な手袋を傷めてしまうトラブルにもつながりやすいので、あまりおすすめできません。


自宅で簡単にできるお手入れ方法・保管方法とは?

手袋は、日常的にメンテナンスを行うこと大切です。ここでは、手袋の使い方や保管する際のポイント、濡れてしまった時の対処法など、誰でも簡単にできる4つのお手入れ方法をご紹介します。ちょっとしたお手入れをするだけでも、お気に入りの手袋を長持ちさせるために役立つので、ぜひ貴方も参考にしてお手入れをしてくださいね。


お手入れ方法・保管方法① 毎日同じ手袋を使わない

まずは、手袋を使うときに連続して同じものを着けないことが大事なポイントです。あまり意識することはありませんが、手からも毎日汗が出ているので、当然手袋にも汗が付着してしまいます。そのため。毎日使うと湿気が十分取れないままになって傷みやすいのです。2双以上の手袋を用意して、ローテーションで使うようにしてください。


お手入れ方法・保管方法② 長く保管する前は、陰干しをして湿気を取る

シーズンが終わって手袋を長期保管するタイミングになったら、収納する前に一度陰干しをしましょう。しっかりと湿気を除去してから保管することで、カビの発生も防げます。また、梅雨時期などは保管中の手袋に再び湿気がこもってしまいがちなので、再度取り出して陰干ししておくと安心です。手袋をきれいに保つためにも、陰干しを忘れずに行ってくださいね。


お手入れ方法・保管方法③ ウールなどの天然繊維なら、防虫剤と除湿剤を使う

ウールやカシミヤをはじめとする天然繊維の手袋を保管するときは、防虫剤や除湿剤と一緒にポリエチレンなどの袋に入れてから密閉するのがおすすめです。また、革手袋の場合も防虫剤と除湿剤を使うのは同じですが、袋に入れるのではなく不織布などでやさしく包んでから密閉できる衣装ケースなどで保管すると良いでしょう。


お手入れ方法・保管方法④ 革製の場合、雨に濡れたらすぐ水滴を拭き取る

革製の手袋は水濡れに弱いため、雨などで濡れてしまった場合は、適切なお手入れが必要です。まず、乾いたタオルで手袋についた水滴を吸い取ります。こすると手袋の表面が傷ついてしまうため、やさしく扱うよう気を付けてください。そのあとクリームなどを適量塗って革が硬くなってしまうのを防ぎます。最後に、通気の良い場所でしっかり陰干ししたら完成です。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくても手袋が綺麗に。

手袋をクリーニング業者に出すなら、宅配クリーニングを利用するのがおすすめです。手袋を回収・配送してもらえるため、忙しいときでも手軽に利用できますよ。今回は、おすすめの3社をご紹介するので、気になるところがあればぜひ利用を検討してください。


手袋クリーニングにおすすめのサービス1. 白洋舎

最初におすすめするのは、白洋舎の宅配クリーニングです。衣類や寝具のほか、靴、バッグ、手袋などの小物類のクリーニングも幅広くおこなっています。白洋舎は、1906年創業以来、ドライクリーニングを開発するなど、長年にわたってクリーニング業界に影響を与えてきた業者です。そのため、信頼性も高く安心して利用できます。


白洋舎のおすすめポイント

手袋はファッションのポイントとなる大切なアイテムのため、白洋舎ではサイズに影響がでないよう、丁寧にクリーニングを行っています。高い技術を持つ職人が洗浄を担当しているので、風合いを損ねることなく仕上げてもらえます。ニットの手袋はもちろん、革やスエードなどの扱いが難しい素材の手袋でも安心して任せられますよ。また、ウールやカシミヤを守るための防虫加工など、オプションサービスも用意されているので、ぜひ利用してみてくださいね。


白洋舎の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料
  • 料金設定:アイテム1点ごと
  • 仕上がり期間:要問合せ
  • 長期保管サービス:〇
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:要問合せ
  • 申込方法:電話- 公式HP
  • 支払い方法:集配時に支払い- クレジットカード- 銀行振込

公式サイトで見る


手袋クリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

手袋のおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

Lenetは、宅配専門でクリーニングサービスを提供している業者です。衣類や寝具、靴、その他のファッション小物などを幅広く受け付けています。手袋は、ニットや革手袋のほか、スキー手袋などもクリーニング可能です。時期によっては、クリーニング料金がお得になる体験キャンペーンも実施されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

Lenetは、会員サービスが充実していることが特徴です。月会費か年会費のプランを選んでプレミアム会員になると、クリーニング料金がお得になるだけでなく、通常10,000万円以上の利用で無料になる送料が、3,000円以上で往復無料になります。また、「リネット安心保証」も適用されるので、仕上がりに不満があれば30日以内なら無料で再仕上げをしてもらえます。その他にもたくさんの優待制度があるため、お得に利用できますよ。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:クリーニング料金3,000円(税別)以上(北海道- 沖縄は4,000円以上)で無料
  • 料金設定:アイテム1点ごと
  • 仕上がり期間:最短7日
  • 長期保管サービス:〇
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:〇
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:クレジットカード- 代金引換

公式サイトで見る


手袋クリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

手袋のおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

Nexcyは、80年以上にわたってクリーニングサービスを提供している老舗クリーニング業者です。ホームページ上では、申し込み手順などが詳しく案内されているため、慣れない人でも利用しやすいですよ。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

Nexcyでは、汚れやすい手袋の汚れをしっかりと落としながら、風合いを損なわない丁寧なクリーニングを行っています。クリーニング前には、経験豊富な熟練職人が汚れを確認する検品作業を行い、ほつれなどの修理可能な部分は無料で手直ししてくれます。また、毛玉取りも無料で行ってくれるので、使い込んだ手袋もきれいによみがえりますよ。また、はっ水加工もオプションで利用可能なので、ぜひ合わせて利用を検討してみてください。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:地域により1個口あたりのクリーニング料金が3,500円~6,500円(税別)以上で無料
  • 料金設定:アイテム1点ごと
  • 仕上がり期間:約5~10日
  • 長期保管サービス:〇
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:要問合せ
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:クレジットカード- 代金引換

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽に手袋を綺麗にできますよ

手袋のクリーニング方法や、おすすめの宅配クリーニングをご紹介しました。お気に入りの手袋は、ぜひきれいな状態で維持したいですよね。陰干しなど、日ごろのちょっとしたお手入れもきちんと行い、シーズン終わりには宅配クリーニングに出して手袋をきれいにしてもらいましょう。


【参考記事】ぜひ使いたい宅配クリーニングのおすすめをご紹介▽


【参考記事】スーツのクリーニングの費用やケア方法をレクチャー▽


【参考記事】毎日使用する布団のケア方法って何?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事