カーディガンのおすすめ宅配クリーニング3選。料金・期間・お手入れ方法まで解説

カーディガンは、一年中使える便利なアイテムです。しかし、自宅で洗うと毛玉ができてしまったり、縮んでしまったりと、失敗してしまうことも少なくありませんよね。この記事では、クリーニングにかかる費用や平均日数と併せて、自宅でカーディガンを洗う際に気を付ける点までご紹介します。

カーディガンをクリーニングに出す目安は?

カーディガンのおすすめ宅配クリーニング

カーディガンをクリーニングに出す目安は、大体3~5回くらい着たら洗うのが理想的です。多少の臭いは消臭スプレーなどで軽減できます。しかし、臭いがたまると、その臭いはとれなくなってしまうので注意が必要です。


カーディガンを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

カーディガンは、定期的に洗わないと臭いがしみついてしまいます。しかし、逆に洗いすぎても傷んでしまう原因となります。カーディガンの臭いや汚れをしっかりと落としつつ、長持ちさせるクリーニングの方法は、主に3つ。カーディガンを長持ちさせるためのクリーニング方法について詳しく紹介していきます。


カーディガンをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

カーディガンを洗う際は、店舗型のクリーニングへ直接持ち込んでいる方も多いのではないでしょうか。店舗型のクリーニングといっても、さまざまな店舗があるので、店舗によって費用やクリーニングにかかる日数などが異なります。店舗型クリーニングでの仕上がりまでの平均日数と費用、メリットやデメリットなどについて詳しく紹介していきます。


仕上がりまでの平均日数と費用

店舗型のクリーニングへカーディガンを持ち込んだ場合、クリーニングにかかる費用は300円~500円程度。仕上がりまでにかかる時間は大体1日から1週間程度です。店舗によって、仕上がりまでにかかる時間や費用は異なるので、あらかじめ近くの店舗に確認しておくことをおすすめします。店舗型のクリーニングは、お店の人と直接コミュニケーションをとれるため、「ちょっと急いで欲しい」などの細かな要望にも柔軟に対応してくれる場合があります。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングのメリットは、好きな時に洋服を持ち込めるということが挙げられます。また、急にクリーニングが必要になった際も、すぐに持ち込めるというのはメリットといえるでしょう。しかし、店舗型のクリーニングは営業時間が決められているため、仕事が家事などで忙しい場合、持ち込むのが難しいというデメリットも。また、近くにクリーニングの店舗がない場合、車を持っていないと店舗まで洋服を持ち込むのは難しくなります。


カーディガンをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

カーディガンを洗いたい場合、店舗型クリーニングに持ち込む方法以外にも、宅配クリーニングに依頼するという方法があります。宅配クリーニングとは、クリーニングに出したい洋服を集荷し、仕上がり後は好きな時間に届けてくれる便利なサービス。仕事が忙しくてなかなか店舗に洋服を持ち込む時間が取れない、店舗まで洋服を持ち込むのが面倒という方におすすめです。


仕上がりまでの平均日数と費用

カーディガンの宅配クリーニングにかかる費用は、400円~600円程度。仕上がりまでにかかる平均日数は、2日~1週間程度です。宅配クリーニングだと発送する必要があるため、店舗型クリーニングよりも少し時間がかかってしまいそうです。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングは、24時間いつでも申し込めるというメリットがあります。しかし、宅配サービスだと、直接お店の人とコミュニケーションをとることが少ないため、細かい要望を伝えにくいというデメリットも。ただし、店舗によっては荷物の受け取りの際に細かい要望をきちんと確認してくれるサービスもあるので、自分にあった宅配クリーニングを見つけることが大切です。


カーディガンをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

カーディガンを自分で洗う場合、まずは洗濯表示を確認することが大切です。「30℃以下のぬるま湯で手洗い可能」「ドライクリーニング可能」などの表示があれば、自分で洗うことができます。しかし、「洗えません」という表示があれば、クリーニングに出す必要があります。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

カーディガンは、ぬるま湯で手洗いし、乾かす時も縮んだり型崩れするのを防ぐために、丁寧に伸ばしながら優しく乾かす必要があります。自宅で洗うと手間も時間もかかってしまうため、忙しい方にはおすすめできません。


自宅でカーディガンを洗う場合に気をつけること

カーディガンを自分で洗う場合、素材によって異なりますが、縮んだり、型崩れする可能性が高くなります。もみ洗いや擦り洗いをすると、カーディガンが傷んだり毛玉がつく原因になったりします。カーディガンを自宅で洗う場合は洗濯表示を確認することはもちろん、色落ちや型崩れしないように気を付けて洗わなくてはいけません。


気をつけるポイント① 水洗いができるか確認

まずは、カーディガンの洗濯表示をチェックし、水洗いができるか確認しましょう。「洗えません」の表示がある場合、水洗いだけではなく、自宅で洗うこと自体がNGなので、クリーニングに出すようにしましょう。「30℃以下のぬるま湯で手洗い可能」のマークが表示されていたら、手洗いもしくは全自動洗濯機の手洗いコースで洗うことができます。


気をつけるポイント② 色落ちしないか確認(初めて洗う時)

カーディガンをいきなり洗剤で洗うと、色落ちしてしまうことも少なくありません。色落ちがないか確認するためには、洗剤の原液をつけた白い布を使用します。この布を、カーディガンの目立たないところにつけて、ポンポンと優しくたたき、布に色が移らないか確認します。白い布に色が移らなければ色落ちの心配は要りません。


気をつけるポイント③ 洗濯機はドライか手洗いコース

全自動洗濯機を使用してカーディガンを洗う場合、必ず「ドライコース」または「手洗いコース」を選択するのがポイントです。また、カーディガンは、水温が高いと縮んでしまうため、30℃以下のぬるま湯を使用することが大切。長く脱水してしまうと、型崩れする可能性が高くなるため、20秒程度を脱水時間の目安にしましょう。


気をつけるポイント④ 丁寧に畳んで洗濯ネットで洗う

カーディガンを洗濯機で洗う場合、必ず丁寧に畳んでから、洗濯ネットに入れて洗います。洗濯ネットを使用せずに洗濯機にカーディガンを放り込んでしまうと、型崩れの原因となります。また、畳んだ洋服のサイズに対して洗濯ネットが大き過ぎたり小さ過ぎると、型崩れの原因となりますので、洗濯ネットの大きさに合わせて丁寧に畳むのがポイントです。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもカーディガンが綺麗に。

自宅でカーディガンを洗うと、時間や手間がかかる上、失敗してしまうことも少なくありませんよね。宅配クリーニングを利用すれば、簡単にカーディガンを洗うことができます。自分で洋服を持ち込んだり、取りに行く手間も省けるため、忙しい方でも気軽に利用できます。


カーディガンクリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

カーディガンのおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

リナビスは、創業55年以上の老舗宅配クリーニングです。高品質なクリーニングが魅力で、保管サービスの期間も6ヶ月と長いのが特徴的です。「おせっかい」をコンセプトにしているリナビスは、染み抜きやボタン修理など嬉しい8つサービスが全て無料で受けられます。コスパや満足度で選ぶなら、断然リナビスがおすすめです。


リナビスのおすすめポイント

リナビスのおすすめポイントは、何と言っても高品質なクリーニングサービスです。おせっかいと非効率なクリーニングを強みとしているリナビスは、一つ一つのクリーニングに時間と手間をかけ、見えないほど小さなシミもしっかりと綺麗にしてくれます。さらに、ほつれやボタン修理のほか、毛玉取りや再仕上げなども全て無料で行ってくれます。送料やクリーニング相談も無料なので、気軽に利用できるのも嬉しいポイントですね。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料 北海道、一部離島は別途4,104円(税込)沖縄は別途7,992円(税込)
  • 料金設定:初回5点コース5,900円 5点コース7,800円 10点コース10,800円 20点コース18,800円
  • 仕上がり期間:最短で5日後
  • 長期保管サービス:○(6ヶ月)
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール 
  • 支払い方法:各種クレジットカード支払、NP後払い、代金引換

公式サイトで見る


カーディガンクリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

カーディガンのおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

リネットは、費用が安く、顧客満足度も高いのが特徴的な宅配クリーニングです。まるで新品のように仕上げてくれるトリートメント加工や、なめらかな仕上がりになる柔らか加工など、リネットならではの特別サービスが充実しているのも魅力的です。保証も充実しており、お届けから30日以内なら、無料で再仕上げを行ってくれます。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットのおすすめポイントは、まず価格がとにかく安いことが挙げられます。初回限定で30%OFFなどの割引サービスを行っているため、初めての方も利用しやすいというメリットがあります。費用は安くても、クリーニングの質はとても高く、充実したサービスが魅力です。洋服の破れや色移りなど、クリーニング事故の発生率は0.01%とかなり低く、万が一、事故が起こった場合は再取得価格100%保証のサービスも行っているため、安心して利用できますね。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:利用額3,000円以上で送料無料
  • 料金設定:Yシャツ203円~
  • 仕上がり期間:最短2日
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール
  • 支払い方法:クレジットカード払い、代引き

公式サイトで見る


カーディガンクリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

カーディガンのおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

創業から80年の実績があるNexcyは、カーディガンクリーニングにおすすめのサービスです。スマホやパソコンから気軽に申し込みができ、経験豊富なプロが高品質に仕上げてくれますよ。厚生労働省管轄になっているNexcyのクリーニング工場では、厳しい品質基準が設定されています。自宅で洗うのが難しいカーディガンでもNexcyなら安心ですね。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

Nexcyのおすすめポイントとして、申し込みがとにかく楽チンなことが挙げられます。スマホやパソコンから気軽に申し込みができ、自宅にある段ボールや紙袋を使って、簡単に送付できます。住所や送付伝票は、宅配便のドライバーが持参して持ってきてくれるので、伝票などを準備しておく必要はありません。一定金額以上で送料が無料というメリットも。また、会員登録料やカード手数料などは一切かからないため、費用を節約しながら宅配クリーニングが利用できますね。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:3,500円以上の場合は無料
  • 料金設定:通常料金、ビジネス料金、メンバーズ料金
  • 仕上がり期間:最短で届けた日から6日以降(地域による)
  • 長期保管サービス:○
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話
  • 支払い方法:クレジットカード、代引き

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽にカーディガンを綺麗にできますよ

カーディガンを自宅で洗うと、色移りしたり、縮んでしまったりと失敗する可能性が高い上、洗うのに時間や手間がかかってしまいます。宅配クリーニングを利用すれば、時間を節約することができ、自分で洗うよりも綺麗な仕上がりになりますよ。ぜひ一度利用してみてくださいね。


【参考記事】各会社の宅配クリーニングのおすすめを比較▽


【参考記事】スーツのクリーニング方法についてもチェックしてみて▽


【参考記事】洋服と一緒に確認したい布団のクリーニング方法とは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事