ストールのおすすめ宅配クリーニング3選。料金・期間・お手入れ方法まで解説

冬場のちょっとしたおしゃれや防寒具として大活躍するストール。お気に入りのストールは、長年にわたって大切にしたいものですよね。だからこそ、きちんとしたお手入れが大事です。今回は大切なストールをご自宅できちんとお手入れする方法やクリーニングの平均的な費用、日数の目安などをご説明します。

ストールをクリーニングに出す目安は?

ストールのおすすめ宅配クリーニング

ストールは、肌に直接触れる機会が多いもの。さらには、口紅などがつく可能性も否定できません。洗濯するたび生地が消耗するため、1回ごとの洗濯はおすすめしませんが、「少し汚れたな」と思ったときにすぐお手入れするのが大切です。清潔感を保ち、良い印象を残せるよう、心がけてくださいね。


ストールを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

ストールを洗濯するための方法は、主に3つ。店舗型のクリーニング店への持ち込み、宅配クリーニングへの依頼、自宅で行う洗濯の中から選びます。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。


ストールをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

汚れたストールを目の前にして、まず第一の選択肢として思い浮かぶのは、店舗型のクリーニング店への持ち込みではないでしょうか。ご自宅の近くで馴染みのクリーニング店がある場合は気軽に利用できますし、技術などの面でも信頼のおけるところを選ぶことができます。ここではまず、店舗型クリーニングの特徴を見ていきましょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

店舗型クリーニング店でストールをお願いする場合、かかる日数は平均で、1日から1週間程度。ストールの種類によって費用は異なりますが、大判のストールは概して高めの料金設定になっています。1枚1,000円から1,500円程度が目安です。ブランドもののストールをクリーニングする場合や、より高品質なクリーニングを希望する場合は、1,500円以上の料金を見込んでください。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングのメリットは、そのときどきの必要に応じてクリーニングに出せるということ。ストール1枚でも気軽にクリーニングに出すことができるうえに、最短の日数で手元に戻ってきます。近々使用の予いが入っている場合には、とても便利です。しかしその一方で、仕事や子育てに忙しく、なかなか時間が取れない方にとっては、営業時間内にストールを持ち込まねばならない点がデメリットに感じられるのではないでしょうか。


ストールをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

宅配クリーニングは、自宅にいながらにして、いつでも好きなときにクリーニングに出せる点に特徴があります。営業時間を気にすることなく、都合のよいときに申し込めるのは、共働きの家庭にとってはありがたいもの。お気に入りの洋服や小物をできるだけ大事にしていきたいという方は概してクリーニングに持ち込む量も多くなることでしょう。そういった方を助けてくれるサービスとも言えます。


仕上がりまでの平均日数と費用

宅配クリーニングでは、発送と返送にかかる日数を見込まねばなりません。そのため、店舗型のクリーニングに比べて、仕上がりまでの日数がかかることが多いです。しかし宅配クリーニングの中で、即日集荷を行うところも多くなりました。最近では、最短2日ほどで手元に戻る場合もありますよ。通常でも、1週間から2週間ほどを見込めば良いでしょう。気になる価格は800円から1,000円ほどと、店舗型のクリーニング店と同じくらいの価格に設定されています。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングのメリットの一つは、営業時間を気にしながら、自分で洋服を持ち込まずに済むということ。近年では、仕事や子育てに精一杯で、クリーニングに洋服を持ち込む時間がないという方が増えてきています。そんな方にこそ、おすすめのサービスと言って良いでしょう。その一方で、宅配クリーニングには送料がかかるという問題があります。しかし、ストールと他の冬物を組み合わせるなど上手に利用すれば、送料無料のパックなどが用意されている店舗も多く存在します。自分の納得できるサービスを探してみてくださいね。


ストールをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

持ち込みにかかる時間、クリーニングにかかる費用をできるだけ減らしたいという方にとっては、ご自宅で洗濯するというのも選択肢の一つです。しかし、ストールの場合は、直接肌に触れることが多いうえに、アウターに合わせてさまざまなものを使い分けているという方が多いでしょう。汚れがあるたびに手間暇かけて洗濯するのは大変という声も少なくありません。また自分で洗うのであれば、間違った方法をとらないよう、十分に気をつけてください。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

お気に入りのストールを自宅で洗うことができればクリーニングに出す手間も費用も省けると思って、洗濯してみたものの、せっかく大事にしていたストールを傷めてしまったという声がよくあがっています。おしゃれをしたいからと奮発して買ったブランドもののストールであればあるほど、丁寧に手洗いしなければ長持ちさせるのは難しいもの。そんな点でも、自宅での洗濯は、忙しい方に不向きな方法なのかもしれません。お気に入りのストールを心地よい状態で保つには、手間と時間がかかるのだとお考えください。


自宅でできるストールのお手入れ方法

ここで、自宅でお気に入りのストールを洗濯する際のポイントを確認しておきましょう。まず重要なのは、ストールに記載されている洗濯表示に従って洗濯すること。ドライクリーニングと水洗いOKの表示があれば、チャレンジ可能です。ただし、他の洋服と同様に洗濯機で洗うことはおすすめしません。生地が痛んだり、縮んだりといった結果を招きかねないからです。


自宅でできるお手入れ・保管① 着用したらブラッシングする

ストールが傷むのを防ぐためには、最低限の洗濯回数で汚れを落としていくことをおすすめします。その代わりに行わねばならないのが、使用するたびのブラシがけ。繊維の奥にたまったほこりをかきだして落としたり、繊維を整えていくことが、お気に入りのストールをきれいに長持ちさせるコツです。この際には、良いブラシを選び、上から下にほこりをかきだし払い落すことを心がけてください。決して、こすってはいけません。


自宅でできるお手入れ・保管② 陰干しする

ストールを身につけた後にどうしても避けられないのが、湿気です。そのまま閉まって、保管してしまうと、生地を傷めるだけでなく、雑菌が繁殖ことも。いったん雑菌が繁殖すれば、他のお洋服にも悪影響を及ぼしかねません。カビや黄ばみのの原因を絶つためにも、ストールを着用したあとは、一晩ほど吊り干しをして、風通しのよいところに置いておきましょう。


自宅でできるお手入れ・保管③ 雨などで濡れてしまった場合は平干しをする

ストールを保管する際の基本は、湿気を十分に飛ばすこと。しかし、ちょっとした外出で雨にあい、しっとり湿ってしまったという経験のある方も多いのではないでしょうか。こういう場合は、ストールのかたちを崩さないように気をつけながら、湿気を飛ばしていかねばなりません。ストールを平干しし、カビなどの心配を取り除きましょう。


自宅でできるお手入れ・保管④ 長期保管する際は、密閉ケースに防虫剤を入れて保管する

お気に入りのストールを次のシーズンに向けて保管する場合、気をつけなければならないのは、その方法。次に開けたときにがっかりせずに済むよう、ひと手間かける必要があります。まずはカビにならないようにしっかり乾燥させ、密閉ケースの中に入れて、虫がつかないように保管してください。この際、防虫剤を入れることが最後のポイントです。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもストールが綺麗に。

お気に入りのストールだからこそいつも清潔で、長持ちさせたいと考えていても、忙しい毎日の中でクリーニングになかなか持ち込むことができず、自分で手間暇をかけて洗うこともできないという方には、宅配クリーニングの利用がおすすめです。最近よく耳にする宅配クリーニングに興味はあるけれど、その詳細がわからない、なかなか利用に踏み切れないという方に向けて、おすすめの宅配クリーニングを詳しく紹介していきます。


ストールクリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

ストールのおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

高品質でありつつ、丁寧なクリーニングを受けられるとして高い人気を誇るのが、リビナスの宅配クリーニングサービスです。リビナスは、職人たちの技術の高さが特徴。経験豊富で、高い技術を持つ職人たちが、一点一点に責任をもって仕上げてくれます。一つひとつの洋服を丁寧に扱ってくれるので、安心して任せられますよ。その丁寧な仕事ぶりは、洋服を乾燥させる際の気配りにも現れています。繊細な生地を傷めないよう、乾燥器を使わず、2日ほどかけてゆっくり自然乾燥してくれますよ。


リナビスのおすすめポイント

高品質なサービスが受けられるのはもちろん、リーズナブルな料金設定がなこともリナビスのおすすめポイントです。高い技術に裏打ちされたサービスを低価格で受けられるのですから、コストパフォーマンスの点で非常に優れています。衣類クリーニングコースは3種類用意されていますが、初めてのご利用に限って、お得なお試しコースも。通常価格より2,000円程度安くなる魅力的なコースです。宅配サービスに関心はあるけれど最初の一歩を踏み出しにくいという方はぜひお試しください。また、リナビスでは全てのコースが送料無料ですよ。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料 北海道、一部離島は別途4,104円(税込)沖縄は別途7,992円(税込)
  • 料金設定:初回5点コース5,900円 5点コース7,800円 10点コース10,800円 20点コース18,800円
  • 仕上がり期間:最短で5日後
  • 長期保管サービス:○(6ヶ月)
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール
  • 支払い方法:各種クレジットカード支払、NP後払い、代金引換

公式サイトで見る


ストールクリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

ストールのおすすめ宅配クリーニングにリネット

多くのアパレルブランドやアパレルECサイトにも選ばれ、大きな注目を浴びている人気宅配クリーニングサービスがリネットです。朝日新聞や日本経済新聞といった大手メディアをはじめ、多くのメディアに掲載されるなど、皆さんの目に触れる機会も多いのではないでしょうか。リネットのケア方法は、肌触りをよみがえらせるためのもの。生地に合わせて、抗菌防臭加工や柔らか加工などを施してくれるのが大きな特徴です。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットでは、充実した安心保障が受けられるのがおすすめのポイントです。クリーニング後のお届けから30日以内であれば、再仕上げも無料で引き受けてくれます。さらに、再仕上げ後にも満足がいかないという方には全額返金を行ってくれるため、安心して任せられますよ。色落ちや破れといったクリーニングのトラブルに際して、再取得価格を全額補償してくれるのも嬉しいですね。実は、リネットにおけるクリーニング事故発生率は0.01%に過ぎません。この自信が、返金補償や再取得価格補償につながっているのでしょう。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:利用額3,000円以上で送料無料
  • 料金設定:Yシャツ203円~
  • 仕上がり期間:最短2日
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール
  • 支払い方法:クレジットカード払い、代引き

公式サイトで見る


ストールクリーニングにおすすめのサービス3. せんたく便

ストールのおすすめ宅配クリーニングにせんたく便.jpg

宅配クリーニングの老舗の一つが、せんたく便です。実店舗と同時に、宅配サービスを展開してきました。せんたく便の大きな特徴は、長期間の保管サービスにあります。最大で9ヶ月もの間、大切な洋服を預かってくれるのは、とても使い勝手の良いサービス。必要なときまで、条件の整った場所で預かってもらえるのは安心ですね。保管に際しておすすめしたいのは、洗濯保管パックの利用です。このサービスを利用すれば、保管料は無料。洗濯保管パックには複数のコースがあり、預けたい洋服や小物の点数によって選択することができます。


せんたく便のおすすめポイント

クリーニングの点数から料金が設定されているのが、せんたく便の特徴です。そのため、通常のクリーニングでは比較的高めの料金設定がされている冬物衣料でも、お得にクリーニングできるのが嬉しいですね。さらに、せんたく便には、最大9ヶ月もの間洋服を保管してくれるサービスも。送料無料はもちろん、染み抜きや再仕上げ依頼なども無料です。布団クリーニングやコスプレ衣装のクリーニングにも対応しているので、ストールと一緒にきれいにしていきましょう。


せんたく便の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料(北海道と沖縄、離島などは別途1,800円)
  • 料金設定:最速5パックが4,980円、10パックが6,980円
  • 仕上がり期間:5日~1ヶ月
  • 長期保管サービス:有り
  • しみ抜き:〇
  • ハンガー仕上げ:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:×
  • 申込方法:公式HPか電話
  • 支払い方法:現金、クレジットカード

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽にストールを綺麗にできますよ

身に着ける洋服をよりいっそう魅力的にしてくれるストールは取り扱いが難しいものが多いと感じる方も少なくないはず。ストールを大事にしたいけれど、忙しくてクリーニング店まで持ち込むこともできないと頭を抱えている貴方にぜひおすすめしたいのが、宅配クリーニングによるクリーニング方法です。大切なストールを手間暇をかけずに、簡単かつ気軽に綺麗にできますよ。


【参考記事】宅配クリーニングのおすすめについて徹底レクチャー▽


【参考記事】季節の変わり目に注意したいスーツのクリーニング方法とは▽


【参考記事】布団のクリーニングって意外と難しいんですよね▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事