4大スピリッツの一つ“ジン”のおすすめ15選。人気の銘柄から飲み方まで大公開

今や日本でも多くの方に親しまれるようになっ4大スピリッツの一つ“ジン”。今回はわかりやすく選び方やおすすめのジンの銘柄を紹介します。初心者の方でも飲みやすく、安い一本から、高級なジンまで登場します。ジンに合わせたカクテルや高級な銘柄までお届けしますよ。

世界4大スピリッツと称される「ジン」とはどんなお酒?

おすすめのジンを大公開

ジン、ウォッカ、テキーラ、ラム酒と並び、世界4大スピリッツの一つと言われるお酒「ジン」。スピリッツとは蒸留酒を指し、醸造酒を蒸留して造ったお酒のことを言います。そんなジンはカクテルの材料など、多彩な飲み方や割り方で楽しめる人気のお酒です。

そこで今回は、美味しく飲めるジンのおすすめ銘柄15選をご紹介します。王道からコスパ最強の人気銘柄まで幅広く揃えたので、自身の好みに合わせてチョイスしてくださいね!


ジン選びで大切なこと

ジン選びで大切なこと

ジンにも様々なブランドを展開しているため、自分にあった一本を見つけることが重要になってきます。ジン選びは

  • ① 種類
  • ② 産地
  • ③ ブランド

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 種類

ジンの種類は「ドライジン」「ジュネヴァ」「シュタインヘーガー」「オールド・トム・ジン」などがあります。最も主流となっているのが「ドライジン」と言えるでしょう。ライ麦などの穀物類を使用して、ジュニパーベリーなどの草根木皮を原料とした香料で香りづけをしています。


2. 産地

ジンはイギリスというイメージが大変強いですが、今では世界各国で造られているお酒です。イギリスや世界で造られているタイプは「ドライジン」が多く、オランダでは「ジュネバ」というタイプのジンが造られていて、それぞれの地域で特色があります。最も一般的なイギリス産は、ドライジンで爽やかな風味を感じることができ、ジュネヴァはやや穀物の風味を感じます。


3. ブランド

価格の安いものから高級銘柄まで幅広いジンは、初心者からすると最初の1本はどれにすれば良いのか迷ってしまうはず。そんな時は、ジンの有名銘柄やブランド、酒造メーカーから選ぶと大きな失敗を避けられます

例えば「ビーフィーター」は、秘伝のレシピから造られる芳醇で、風味豊かなジンを造っており、香りづけのボタニカルにもこだわっています。常にこだわりの姿勢のあるジンのブランドを選んで下さい。


初心者でも飲みやすいジンのおすすめ銘柄15選

ジンのおすすめ15選.jpg

ここからからは、初心者の方でも美味しく飲めるジンのおすすめ銘柄15選をお届けします。価格の安いものから、少し高級な人気銘柄までお届けするので、自身の好みに応じて最適な1本を購入しましょう。


ジンのおすすめ銘柄1. キリン ゴードン ロンドン ドライジン

ゴードン ロンドン ドライジン 200ml

キリンの「ゴードン ロンドン ドライジン」は、世界で約140ヵ国でファンのいる世界No.1の高級なジン。その特徴は、高品質な「ジュニパーベリー」をふんだんに使用して、豊かな香りと口の中に広がる爽やかな後味がポイントです。カクテル等の飲み方にも非常に向いており、初心者でも気軽に楽しめます。

さらに、価格も700mlで1,000円前後と非常に安いのも嬉しい魅力です。そのため、これからジンを飲み始めようと考えている方にもぜひ飲んで頂きたいところ。炭酸で割るとよりスッキリと頂けるので、初めてジンを飲む方にもおすすめしたい安定感抜群の人気銘柄です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:GORDON'S(ゴードン)

ジンのおすすめ銘柄2. ロンドンヒル ドライジン

ロンドンヒル ドライジン 47度 瓶 700ml

『ロンドンヒル』は、選び抜かれた12種類のハーブやスパイスをボタニカルとして使用している、門外不出の秘伝のレシピによって造られているジンです。とても爽やかで、非常に透明感がありながらも、その中にはまるみや雑味、そして甘い味わいが交差する内容になっており、味わいを存分に楽しめるストレートがおすすめの飲み方といえます。

また、この独特な香りが世界的なコンペティションでおいて、3度も金賞を受賞するなど、素晴らしい実績も光っています。一人でおつまみと一緒にゆったりとジンを楽しむのも良し、友人や大切な人と一緒に飲むも良し、そんな楽しいシーンを飾ってくれるジンになるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:47%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:ロンドンヒル

ジンのおすすめ銘柄3. サントリー ビーフィーター ジン

サントリー ビーフィーター ジン40度 700ml

こちらの『サントリー ビーフィーター ジン』のボタニカルの種類は、特に変わっている点はありませんが、独特の蒸留方法を採用しており、とても切れ味のあるドライな感覚と、ボタニカルの香りが素晴らしいハーモニーを奏でています。1820年に誕生してから、そのレシピは変更もされず今日に至ります。きっとそれは、爽やかな柑橘系の香りと、一度口に入れた瞬間のしっかりとした味わいは、どなたにも合うはずです。

また、お値段も安いので、ジン初心者の方でも手軽に購入しやすいのも人気の秘訣。ジントニックやネグローニ、マティーニなどのカクテルでも美味しく飲めるため、割り方や飲み方を色々アレンジしたいお酒好きの方にもご満足頂ける1本となっています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:BEEFEATER(ビーフィーター)

ジンのおすすめ銘柄4. プレミアムジン タンカレー ナンバーテン

プレミアムジン タンカレー ナンバーテン (NO10) スピリ...

1800年に誕生した『タンカレードライジン』ですが、その後小型の蒸留機を使って丁寧に丁寧に造り上げることができたのが、こちらの「ナンバーテン」ということです。その味わいは、フレッシュなフルーツ感や、こだわりのボタニカルを使用しており、深い芳醇な香りがおすすめのジンです。

またこちらのジンは、実績も素晴らしく、2000年のサンフランシスコ世界スピリッツ大会で、見事ベストスピリッツに選ばれたことのある実績です。飲み方としては、ストレートで飲むのはもちろん、カクテル仕様にしても、抜群にぴったりでしょう。ぜひ一度お試しください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:47%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:Tanqueray(タンカレー)

ジンのおすすめ銘柄5. モンキー 47 ドライジン

モンキー 47 ドライジン 500ml ドイツ

『モンキー 47ドライジン』は、その名の通り、47ものたくさんの種類のボタニカルが使用されています。ボタニカルをたくさん使用するという事は、芳醇な香りや、クランベリー、刺激的なスパイスなど複雑に様々な要素が交じり合い、鼻と口で楽しめる一杯になります。

発売された年は、2011年とそこまで長い歴史こそないものの、イギリス産のジンが多い中で、多くの方に愛されています。Amazonレビューでも、「こんなにおいしいジンは初めて」という意見や「独特の風味と爽やかさにやられました」という高評価を獲得しています。価格は、Amazonで5,615円。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • アルコール度数:47%
  • 産地:ドイツ
  • ブランド:モンキー47

ジンのおすすめ銘柄6. ギルビージン

ギルビージン 47.5度 750ml

柑橘系の香りが、非常に目立ち清涼感がたっぷりのジンが『ギルビージン』です。ボタニカルは、12種類使用しており、「ギルビー」の秘伝のレシピから造られています。カクテルの割りものとして様々な飲み方で楽しめるので、友人たちを呼んでパーティーを開く時にも重宝しますよ。

また、1,000円前後で購入できるコスパの良さも多くの方に支持されるポイント。さらに、ただ安いだけではなく、製造方法にもこだわっており、35メートルもの高さのある連続式蒸留機を使用し、2回に渡って蒸留しるため味の方も申し分ありません。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:750ml
  • アルコール度数:47.5%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:GILBEY'S(ギルビー)

ジンのおすすめ銘柄7. ビーフィーター ジン 24

ビーフィーター ジン 24 700ml

『ビーフィーター ジン 24』は少し変わった経緯のあるジンです。最近になってビーフィーターのマスターディスティラーとして有名な「デスモンド・ペイン」が、日本滞在中にたまたま見つけた「日本茶」をボタニカルとして採用したという経緯があります。

また日本茶に留まらず、中国茶や、グレープフルーツを盛り込むことに成功しました。日本茶をボタニカルに加えており、すごく嬉しい限りですが、味わいの方も、柑橘系の香りと、風味が豊かでストレートやカクテルでもお楽しみ頂けます。価格は、Amazonにて2,950円ほどと非常にお求めやすい価格を実現しています。ぜひ参考にして下さい。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:45%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:BEEFEATER(ビーフィーター)

ジンのおすすめ銘柄8. ボンベイ・サファイア

ボンベイ・サファイア 750ml

世界各国から収集したボタニカル10種類をふんだんに使用して、造ることができました。普通のジンは、アルコール分と香料を混ぜ合わせてから蒸留しますが、こちらのジンはアルコールを蒸発したあとに、その蒸気がハーブやスパイスを通っていくという独自の「ヴァーバー・インフュージョン」という方法が採用されています。

独自製法により深みがあり、そしてとても爽やかな味わいを楽しめるジンが完成するのです。また、プレミアムジンとしては非常に値段が安くなっており、コスパが良いのも人気の理由です。販売実績も高く、ぜひこの機会に飲んでみて下さい。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:750ml
  • アルコール度数:47%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:BOMBAY SAPPHIRE(ボンベイ- サファイア)

ジンのおすすめ銘柄9. ウィルキンソン ジン

ウィルキンソン ジン 47.5度 瓶 720ml

『ウィルキンソンのジン』は、数十種類のハーブを採用し使うことで、ジンのウッド系の香りを抑えて、すっきりと爽やかな香りに変化させています。また、飲みやすさに徹底的にこだわり、ジェネヴァのような強さを感じることもなく、一般的なドライジンと比較をすると、非常に飲みやすい一本です。

これからジンを始めたいと考えている方にもおすすめできる種類になります。ただ、アルコール度数としては、やや高い47.5%なため、お酒がある程度強くないと飲みにくいかもしれません。価格は、Amazonにて驚きの957円ほどで購入できます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:47.5%
  • 産地:日本
  • ブランド:ウィルキンソン

ジンのおすすめ銘柄10. ズイダム ロッジ ジュネヴァ

ズイダム ロッジ ジュネヴァ 35%

『ズイダムのジュネヴァ』は、原料にライ麦を使用しており、コッパー・スティルを使用する3回の蒸留で、クレーンスピリッツを生成するという、秘伝のレシピによって、造られているのです。また、ライ麦がおりなす独特の香ばしい香り、そして酸味がきいており、飲む人の気持ちを盛り立ててくれます。

またジュニパーベニーの香りとリコリスの甘みが余韻として続き、飲む人を甘美な世界へ導いてくれます。また、アルコール度がやや低いので、普段はあまりジンを飲まないという方でも、気軽に飲むことができますよ。価格は約3,500円。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:1000ml
  • アルコール度数:35%
  • 産地:オランダ
  • ブランド:ZUIDAM

ジンのおすすめ銘柄11. ズイダム オールド・ジュネヴァ 5年

ズイダム オールド・ジュネヴァ 5年 シングルバレル

『10. ロッジ ジュネヴァ』と同じオランダにあるズイダム蒸留所において、昔ながらの伝統的な製法で造られているジン。原料を厳選することはもちろんのことですが、オランダの名物となる水車を動力とした石臼で、じっくりと粉砕していくのが特徴でもあります。そして、石臼で引いたあとは、出来上がったマッシュを1週間熟成させて、3回の蒸留をし、熟成させて造り上げるこだわり用。

『ジュネヴァ5年』は、最高品質の樽の中で、5年間も熟成するので、口当たりはまろやかになりますし、芳醇な香りは「ズイダム ロッジ ジュネヴァ」との最大の違いになるでしょう。なんとも言えない贅沢な一本です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • アルコール度数:38%
  • 産地:オランダ
  • ブランド:ズイダム

ジンのおすすめ銘柄12. ボルス ジュネヴァ

ボルス ジュネヴァ 1000ml [並行輸入品]

ボルスが造るジンの中でも、1820年に作り上げたオリジナルレシピを伝統的に守り続けて造られているのが『ジュネヴァ』になります。アンジェリカや、ジンジャーなどに加えて、マスターディススティラー秘伝の材料をレシピに加えて、ブレンドすることで、まるでウイスキーのような芳醇な香りを手に入れた一本に。

このように、伝統の製法と時間をかけて、造り出すジンは、通常のジンよりも高価になってしまいますが、ジン好きにはたまらない一本になること間違いなしです。ぜひこの機会にチャレンジしてみて下さい。特別な時間を飾るのに相応しいジンになります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:1000ml
  • アルコール度数:42%
  • 産地:オランダ
  • ブランド:ボルス

ジンのおすすめ銘柄13. シップスミス VJOP ジン ブラック

シップスミス VJOP ジン ブラック 700ml

『シップスミスのドライジン』は、通常の約2倍のジュニパーベリーを使用しており、アルコール度数も非常に高き、何と57.7%もあります。非常に濃厚で爽やかなジュニパーベリーと、シトラスの香りがなんとも言えない心地良い気分にさせてくれます。

透明感とキレの良さでは他のジンとは比べものにならないでしょう。価格も非常に高い印象がありますが、大切な人と大切な時間を過ごすための素敵なプレゼントにもなります。ジン好きの人へのプレゼントを考えている方は選んでみて。価格はAmazonで5,631円となります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:57.7%
  • 産地:イギリス
  • ブランド:Sipsmith(シップスミス)

ジンのおすすめ銘柄14. ジーヴァイン ジン <g’Vine Gin> フロレゾン

ジーヴァイン ジン &lt;g’Vine Gin&gt; フロレゾン

フランスの「コニャック地方」から集められた白ぶどうの「ユニ・ブラン」と、世界中のボタニカルを合わせて、クリアで香り高く、一度口にふくむと癒し効果を与える気品に満ち溢れたジンになっています。アルコール度数としては、40%とそこまで高くはないので、ジンに馴染みがない方でも、気軽に飲むことができるかもしれません。

見た目のボトルの色も、鮮やかな緑色で非常に良く目立つという印象ですね。Amazonレビューでも、「ぶどうの香りがするジン」と高評価を獲得しています。Amazon価格は、4,498円とややお高い印象を受けますが、一度は飲んでみたいジンです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:40%
  • 産地:フランス
  • ブランド:ジーヴァイン

ジンのおすすめ銘柄15. No.3 ロンドンドライ・ジン

No.3 ロンドンドライ・ジン 46度 700ML

300年の伝統と革新の中から生まれる、信頼の味わいと香りが認められてなんと「皇室御用達」の認定を受けている素晴らしい実績を持つ『No.3。伝統と格式を長きに渡ってきた、ジンと透明感と新鮮で爽やかな印象は、特別な一本になります。

コリアンダーのスパイシーな香りが、口に入れるたびに広がっていきます。特別な日に飲みたい『No.3』はジンが好きな方や、ジン初心者の方へのプレゼントにもおすすめです。格式高いボトルを観てきっと喜んでくれるでしょう。価格はAmazonにて4,646円と少し高級感溢れる一本になりますね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • アルコール度数:46%
  • 産地:オランダ
  • ブランド:NO.3 ロンドンドライ ジン

自身に適した銘柄をGETして、「ジン」の風味を思う存分楽しんでみて

ジンの風味を楽しんでみて

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。ジンと一口に言っても、それぞれの産地や原料によって、その味わいや特徴が変わってきます。またジンはおしゃれなボトルデザインも多いですから、この機会に選ぶ際には気にかけてみて下さい。

ジンはボタニカルによっても大きく差が生まれます。ますます初心者の方には、どれが良いのかわからなくなってしまうかもしれませんが、まずは定番の銘柄や人気のある銘柄を選んで見て、徐々に自分に合うジンを見つけていきましょう。

【参考記事】ジンと同じ、4大スピリッツの1つ「ウォッカ」のおすすめ銘柄とは▽

【参考記事】同じく4大スピリッツのおすすめラム酒を厳選しました▽

【参考記事】強いお酒を好む方はテキーラに挑戦してみるのもおすすめですよ!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事