2017.10.01

サイクロン掃除機のおすすめ10台。フィルターレス&コードレスの人気機種とは

2017年、今年こそは紙パック式の掃除機とおさらばしませんか。今回は、高い吸引力が魅力的なクリーナー『サイクロン掃除機』のおすすめ機種を10台ご紹介。フィルターレス掃除機からコードレスの便利クリーナーまで自分に最適な人気機種をGETしましょう。

サイクロン掃除機で紙パック代を節約しよう!

おすすめのサイクロン掃除機

最近では、スティック型やロボット型など掃除機の形や機能が変化しています。特にサイクロン式クリーナーの登場は、“紙パック式掃除機が当たり前”だった私たちの生活に大きな影響を与えたことでしょう。しかし、最近では多くのメーカーから販売されており、どれがおすすめ分からない状態に。

そこで今回は、2017年最新版としておすすめのサイクロン掃除機10台を徹底解説します。おすすめ機種を見る前に、まずは選び方から学んでいきましょう。


サイクロン掃除機の正しい選び方とは?

サイクロン掃除機の選び方

「サイクロン掃除機を購入する」と言っても、現在では多くのメーカーから販売されているため、ポイントを把握していなければ決めきることは難しいでしょう。サイクロン掃除機は、

スティックタイプ or 本体付き掃除機

コードレス or コード式

フィルターレスかどうか

価格

以上の4点を押さえておくことで自分に最適な商品を選べますよ。1つ1つ詳しく勉強していきましょう。


サイクロン掃除機の選び方① スティックタイプ or 本体付き掃除機

サイクロン掃除機販売当初は、本体付き掃除機しかありませんでしたが、最近になってスティック型クリーナーも販売されるようになりました。スティックタイプと本体付き掃除機の圧倒的な違いは手軽さと吸引力でしょう。スティックタイプは本体と吸口が1つにまとまっているため、机や椅子など掃除機の進路を妨害する家具のある部屋でも手軽に掃除できますが、本体付きサイクロン掃除機と比べると吸引力が劣ります。扱いやすさと吸引力、どちらを取るかで分けるといいでしょう。


サイクロン掃除機の選び方② コードレス or コード式

これはスティック型サイクロン掃除機に決めた方に覚えて欲しい選び方です。スティックタイプのサイクロンクリーナーには【コードレス・コード式】の2つが存在します。コードレスクリーナーは、コード式に比べて吸引力は劣る傾向にありますが、コンセントの位置を気にせずにスイスイ掃除できるというメリットもあります。コード式とコードレスに関しては、自分部屋の大きさを考えて選ぶことで良いサイクロン掃除機選びができますよ。


サイクロン掃除機の選び方③ フィルターレスかどうか

サイクロン掃除機の構造は、【フィルターレス・フィルター式+遠心力・フィルターのみ】の3種類に分けられます。フィルターレスのサイクロン掃除機はフィルターを一切通さないため、フィルター詰まりを起こさず高い吸引力を維持できます。一方、フィルター式+遠心力とフィルターのみのサイクロン掃除機は小さなゴミでフィルターが詰まってしまうと、少しずつ吸引力が落ちていくと言われています。こまめにフィルターを掃除する方であれば問題ありませんが、ゴミを溜めるクセのある人はフィルターレスのサイクロン掃除機がいいかも。


サイクロン掃除機の選び方④ 価格

最後のポイントは、サイクロン掃除機の機能ではなく金額で選ぶ方法。ブランド名が付けば金額の跳ね上がるサイクロン掃除機は、安い商品で5,000円以下、高いアイテムで50,000円を超えます。高ければ良いという訳ではありませんが、ブランド力のある掃除機は「長い間使える」という安心感があります。背伸びしすぎず、自分の財布と相談した上で購入してくださいね。


【2017最新】ゴミを残さない!おすすめサイクロン掃除機10選

おすすめのサイクロン掃除機

サイクロン掃除機の選び方について勉強した後は、実際に使って欲しいおすすめサイクロン掃除機を10台ご紹介します。コスパ最強の理想的なサイクロン掃除機を手に入れてみてください。


おすすめサイクロン掃除機1. 東芝 サイクロンクリーナー トルネオV

価格:28,800円

日本で知らない人などいない人気家電メーカー『東芝(TOSHIBA)』から販売されているサイクロン掃除機。東芝が誇るトルネオシリーズのクリーナーは、新製品を発表するごとにバージョンアップしており、トルネオVは従来の掃除機よりも軽く吸引力も格段に上がっています。フィルターレス仕様のサイクロンクリーナーですので、高い吸引力を長く維持してくれますよ。価格も比較的リーズナブルなため、一度見ておくべき機種です。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機2. Panasonic サイクロン掃除機

価格:37,100円

東芝と並ぶ大人気家電メーカー『Panasonic(パナソニック)』のおすすめフィルターレスサイクロン掃除機。本体質量は2.6kgと従来とほとんど変わりませんが、アタッチメント部分を極限まで軽量化した商品なため、今までよりも軽やかな使い心地に。見た目のデザインまでこだわったパナソニック自信のサイクロン掃除機ですよ。本体付き掃除機を希望の方は必ず見ておいて。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機3. Dyson サイクロン式掃除機

価格:43,100円

吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機でおなじみ『Dyson(ダイソン)』から販売されているサイクロン掃除機。日本に来た当社はあまりの高さから絶対に売れないと言われていたダイソンも、今では家庭を支える大切なパーツとして定着しました。そんなダイソンが手がけたサイクロン掃除機の特徴は何と言っても、その吸引力の強さ。初期版と比べてみても、新型クリーナーは圧倒的に成長しています。ダイソンの実力を実際に確かめてみてください。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機4. Dyson コードレスサイクロン掃除機

価格:61,400円

同じくダイソンから販売されている人気サイクロンクリーナー。コードレスタイプのサイクロン掃除機ですが、吸引力はコードレスとは思えないほど強力です。稼働時間は強モードで7分と短めですが、階段や車内などコード式では面倒くさい部分を掃除するには充分な時間でしょう。メイン機として使う時は、普通モード(40分)で掃除することをおすすめします。コードレスサイクロン掃除機でトップクラスの吸引力を感じてみてください。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機5. TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー

価格:3,800円

インテリアやコードレスクリーナーなどを手がける人気メーカー『TWINBIRD(ツインバード)』のサイクロン掃除機。5,000円を切る圧倒的な安さとコンパクトなデザインが多くの一人暮らしユーザーから支持されています。コード式サイクロンクリーナーなため、吸引力も安価なコードレス掃除機よりも高くなっていますよ。コスパ最強サイクロン掃除機ならツインバード一択と言ってもいいでしょう。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機6. SHARP サイクロン掃除機

価格:9,800円

SHARP(シャープ)から販売されている人気本体付きサイクロン掃除機。東芝やパナソニックの製品よりも安い価格で手に入るため、「掃除機にお金をかけたくないけどサイクロン掃除機が良い!」という方におすすめです。ただ、フィルターレスタイプではないため、こまめに清掃してあげる必要があります。普段使いでは困らない王道サイクロン掃除機ですよ。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機7. IRIS OHYAMA サイクロン掃除機

価格:4,900円

コスパ良好の家電を多く販売するメーカー『IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)』が手がける人気サイクロン掃除機。アタッチメントも付属で付いているため、すき間も手軽に清掃できます。フィルターレス仕様のサイクロン掃除機と比べると、やや吸引力は落ちますが、それでもカーペット上などでも問題なく使用可能。コスパ良し・使い勝手良しのサイクロン掃除機です。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機8. 太知ホールディングス サイクロンクリーナー

価格:2,600円

家電を取り扱う太知ホールディングスから販売されているコスパ良好サイクロンクリーナー。ハンディクリーナーにもなる2WAYタイプの掃除機なため、場所に応じて自由に使い回せます。やや音の大きいサイクロン掃除機ですが、慣れれば問題ありません。3,000円を切る価格帯で、ここまで実用性の高いサイクロン掃除機はほとんどないでしょう。気になった方はレビューなどを見てみてください。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機9. 日立 サイクロン掃除機

価格:22,200円

日立(HITACHI)から販売されている大人気サイクロン掃除機。日立の手がける掃除機の中でもトップクラスの吸引力が期待できる商品で、多くの家庭から喜びの声が上がっています。価格も20,000円台と手の届く設定になっているため、この機会に一度見てみるといいかも。日立が誇るパワーブーストサイクロンの実力をぜひ使って確かめてみてください。

販売サイトで購入


おすすめサイクロン掃除機10. SOWTECH コードレスサイクロン掃除機

価格:8,300円

SOWTECHから販売されているコードレスサイクロン掃除機。ハンディタイプ&スティックタイプの両方に切り替わるクリーナーですので、用途に応じて様々な使い方できます。フローリング上などは問題なく使える掃除機ですが、カーペット上となるとやや吸引力が足りない印象です。ハンディクリーナーとして優秀な商品ですので、サブ機をお探しの方におすすめ。

販売サイトで購入


サイクロン掃除機で部屋全体をすっきり綺麗に。

サイクロン掃除機を使う人

サイクロン掃除機を使えば、ランニングコスト(紙パック代など)が一切かかりません。紙パックタイプと比べて、やや衛生面で心配という方は使用した度に軽く清掃すればOK。次世代掃除機をこの機会に体験してみてください。

【参考記事】ロボット掃除機で床掃除を簡単に

【参考記事】本体付きは嫌。スティックタイプのコンパクト掃除機はこちら▽

【参考記事】ハンディクリーナーで自宅の隅々まで掃除して▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事