2017.11.18

おすすめのBluetooth対応ワイヤレススピーカー特集【2017最新】

おすすめBluetoothスピーカーと合わせて使い方&選び方をご紹介します。人気メーカーのSONYやboseを始め、ステレオ音質、防水防塵、安いのに高音質、充電式など厳選。知れば知るほど欲しくなるBluetoothスピーカーの魅力を徹底解説します!

Bluetoothスピーカーで、いつでもどこでも音楽のあるライフスタイルを

Bluetoothスピーカー

今やスマホがあればいつでもどこでも音楽が聴ける時代ですが、自宅にいるときもイヤホンで音楽を聴くのは物足りなさを感じませんか。 でもBluetoothスピーカーがあれば家のどこに行こうとも、持ち運んで場所移動が出来るため常に音楽を聞ける環境を作れます。今回は、Bluetoothスピーカーの基本情報から選び方・使い方をレクチャー。合わせて、おすすめの防水防塵、安いコスパ最高モデル、高音質のBluetoothスピーカーもご紹介。貴方のお気に入りの一品をを見つけてみて。


まず始めに、Bluetoothスピーカーとは。

Bluetoothスピーカーとは

Bluetoothと呼ばれる無線通信規格を使った通信手段を使って音楽を再生するスピーカーを指します。音楽プレーヤーとスピーカーをコードで繋ぐことなく曲が再生出来るのでノンストレスでミュージクライフが楽しめますよ。今ではスマホのみならずタブレット、パソコンなどにも普及していて、メジャーな音楽再生方法となりつつあります。
さてまずは、おすすめのBluetoothスピーカーをご紹介します。そのあとに選び方と使い方をレクチャー。最後までじっくりとお楽しみください。


コスパ最高!安いのに高音質なおすすめBluetoothスピーカー

コスパ最高で安いのに高音質なおすすめBluetoothスピーカー

初めてBluetoothスピーカーを買うならまずは価格を抑えたコスパの良いモデルから買ってみるのがおすすめ。 接続方法や使い方、ライフスタイルにどう組み込むかを体験しながら、Bluetoothスピーカーを思う存分遊び尽くしてみて。 もちろんいつまでも使っていたくなるほど高性能な物を紹介するので損しない買い物になることはお墨付き!


① Anker SoundCore2 ポータブル Bluetoothスピーカー

アマゾンでランキング1位の座を保持し続ける大人気Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore」の新バージョン「Anker SoundCore2」。 モバイル製品を数多く規格製造しているアンカー社なら、最初のBluetoothスピーカーに選んでまちがいない一品です。 4,999円ながら約24時間再生可能な超大容量バッテリー搭載で電池切れの心配は皆無。 さらに生活防水も備えているのも驚きです。至れり尽くせりのコスパ最強モデルをお探しなら「Anker SoundCore2」で決まり。

販売サイトで購入


② Anker SoundCore mini コンパクト Bluetoothスピーカー

手のひらサイズで軽々持ち運べるBluetoothスピーカーなら「Anker SoundCore mini」をおいて他にありません。 2,000円程度で気軽に変える安い値段で、家でも旅先でも車内でも音楽を楽しめるなんて優秀すぎますね。 コンパクトながらパッシブサブウーファーを搭載しているので、重低音の充実を感じられ、場の盛り上がりに一役かてくれますよ。 15時間連続で再生できる十分なバッテリー容量も嬉しいポイント。持ち運び重視ならおすすめのBluetoothスピーカーです。

販売サイトで購入


③ Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー

アマゾンが自社ブランドを展開しているのをご存知ですか。USBケーブルや乾電池などに混じって実はBluetoothスピーカーもあるんです。この『アマゾンベーシック』は日本国内の保証が1年間付くので万が一のときでも安心。 また、本体にはマイクが付いているので、スマホと繋いている時に電話がかかってきても通話できる機能付き。スマホユーザーにとってはありがたいですね。価格は3,500円程。

販売サイトで購入


④ PHILIPS Bluetoothスピーカー

マグカップ程度の大きさしかないにも関わらずしっかりとBluetoothで通信できて6時間のバッテリー容量があるので、大きさを考えれば十分すぎる性能ですね。車のドリンクホルダーにおいて使えるほど軽量で小さいので車内での楽しいドライブにおすすめのBluetoothスピーカーとなっています。カラー5色展開だから好みの色を見つけて楽しい移動時間にしてみて。お値段2,000円程と安いのも魅力。

販売サイトで購入


⑤ UDISON Bluetoothスピーカー

ツヤのあるボディはスタイリッシュなデザインで目を引きますね。機械的な雰囲気を持つ他のBluetoothスピーカーとは違った存在感を放っています。低音が強すぎずバランスの良い音質を保っているので、こだわりなく色んなジャンルの音楽を聞きたい方におすすめ。 また、デザイン性を重視したい方はぜひ試して欲しいスピーカーでもありますね。お値段は1,799円。

販売サイトで購入


海、山などアウトドアでもお風呂でもOK。防水・防塵のおすすめBluetoothスピーカー

防水・防塵のおすすめBluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカの携帯性の良さを活かす場面で思いつくのは、海や山でのバーベキューやキャンプでの使用ではないでしょうか。そんな時に選びたいのが防水・防塵性能を持ったBluetoothスピーカー。水しぶきやホコリに強い程度のものから、水中に沈めても平気なレベルの防水まで、シーンに合わせて注意して選んでみて。


⑥ TaoTronics 防水 Bluetoothスピーカー IPX4

ペットボトルほどのサイズ感で強い雨や水しぶきにも耐久を持つ『タオトロニクス』のBluetoothスピーカー。キッチンで料理をしながら、バスタイムでリラックスしながら音楽を聴ける、水場での使用に最適なスピーカーです。2,999円で買えるお得感も、初めて防水ワイヤレスを体験するユーザーにとって嬉しいのでは。

販売サイトで購入


⑦ Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー IPX7

リュックやカバンにぶら下げてサクッとレジャーに持っていけちゃうコンパクトな防水スピーカーをご紹介。手のひらにすっぽりと収まるサイズは、数あるBluetoothスピーカーの中でもトップクラスの小ささで携帯性抜群です。 泥の中に落としても雪の中に突っ込んでも大丈夫で、汚れたら水洗いができる点も見逃せません。小さいながらも防水Bluetoothスピーカーに必要な機能はしっかりと持っている一品ですよ。お値段2,800円程度。

販売サイトで購入


⑧ ソニー(SONY) ポータブル防水Bluetoothスピーカー SRS-X1 IPX7

デザイン性に優れた『SONY』の防水Bluetoothスピーカー。お風呂やプールサイドに置いておきたくなるスタリッシュなデザインは、約12時間バッテリー搭載で長時間のリスニングを確保。また、低音増強ユニット搭載で、見た目からは想像つかない力強い低音もしっかりと響きますよ。6,750円と他製品よりも少しお値段しますが、安心のソニー製である点を考えれば決して高く無いはず。

販売サイトで購入


⑨ JBL FLIP4 Bluetoothスピーカー

おすすめのワイヤレスBluetoothスピーカーはJBLのFlip4

片手で持てて、どこに行くにも持ち運べるのに最高レベルの防水規格を誇る『JBL』のBluetoothスピーカー「FLIP4」。最大連続再生時間が約12時間もあり、それでいてSiriやGoogle Nowの音声アシスタントにも対応した便利な一台です。
約11,000円程度で買える中では優秀な防水を誇り、万が一プールサイドや海辺での使用中に水没してしまっても問題なし。迫力あるサウンドを届けてくれるパッシブラジエーターの搭載も忘れていないので、仲間内で盛り上がるグランピングやバーベキューなどのレジャーシーンで大活躍まちがいなし!

販売サイトで購入


徹底的に音質追求。高音質のBluetoothスピーカー

高音質のBluetoothスピーカー

ここからは、Bluetoothの利便性と高音質どっちも欲しい!、という方におすすめの商品をご紹介していきます。後でご紹介する“選び方”も参考にしつつ、本当に自分にあった高音質Bluetoothスピーカーをセレクトしましょう。


⑩ ケンウッド Bluetooth対応ワイヤレススピーカー

高音質ながらコスパに優れたBluetoothスピーカーとの評価が高いケンウッドの「AS-BT77-H」。大音量でも音が割れることなくしっかりと響き渡るため、低音も高音も聴き分けることができますよ。1万円台で買える中ではダントツで人気のBluetoothスピーカーです。

販売サイトで購入


⑪ Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II : Bluetoothスピーカー

boseといえば体に響き渡るような低音が特徴ですが、Bluetoothスピーカーでもその特徴を活かしたスピーカーユニットを搭載しています。カバンに入れて持ち歩ける程度の大きさにも関わらず、周囲の雑音に負けない音楽を流せるのはさすが。大人数が集まるパーティーや野外でのバーベキューなど盛り上がるシーンで使いたいBluetoothスピーカーです。

販売サイトで購入


⑫ ソニー (SONY) ワイヤレス対応Bluetoothスピーカー h.ear go SRS-HG1

とにかく高音質が良いのが欲しい、そのための投資は惜しまないという方はSONYのハイレゾ技術をおすすめ。独自開発したLDACと呼ばれる規格(この後解説)が、生演奏の感動をそのまま貴方に届けてくれます。音楽データとプレーヤーもハイレゾ対応している必要がありますがXperiaスマホをお持ちならLDAC対応しているので、「h.ear go SRS-HG1 」の購入を推奨。20,000円台でハイレゾ音源を楽しめますよ。

販売サイトで購入


⑬ Bowers&Wilkins T7/G Bluetoothスピーカー

英国の音響機器メーカー「バウワー&ウィルキンス」は、クラシカルでスタイリッシュなデザインは他のBluetoothスピーカーと一線を画す存在感。単に持ち運びできるBluetoothスピーカーの域を超えた逸品は、apt-X・AACに対応しているので音の劣化を抑えた音楽再生が可能。デザイン音質ともにハイパフォーマンスな『Bowers&Wilkins』は一度使ったら手放せませんよ。

販売サイトで購入


Bluetoothスピーカーの選び方&使い方

Bluetoothスピーカーの選び方&使い方

高音質だからとハイレゾ対応を選べばいいというわけでもないのがBluetoothスピーカーの難しいところ。ここからはBluetoothスピーカーの音質を決める需要なポイント&便利機能をまとめましたので選ぶ時と使う時の参考にしてください。


対応コーデックによって音質は変わる、だけど...

  1. 対応コーデックとは
    スピーカーと音楽プレーヤーの間で音楽データをやり取りする時に、データを送りやすい大きさに変える技術のことを指します。
    様々な種類があり、スピーカー、プレーヤーが同じコーデックに対応していないと〈SBC〉と呼ばれる最低限の音質での再生に。伝送時に圧縮と呼ばれる変換が行われるためこの圧縮が少ないほうが音質は相対的に上がる傾向。
    以下にコーデックの種類をご紹介しますのでBluetoothスピーカーのスペックを見る時の参考に。

  1. コーデック一覧
    〈SBC〉・・・全てのBluetoothスピーカーが対応している必須コーデック。再生時のタイムラグとある程度の高音域が消えてしまうので低品質になります。

    〈AAC〉・・・SBCと変わらない圧縮率だが、タイムラグが少なく高音域が消えることもないので、それなりに高音質で楽しめる。アップル製品のコーデックはAACがメイン。

    〈apt-X〉・・・圧縮率が格段に少ないため、ハイレゾ以外では現状一番音質劣化が少ないコーデック。タイムラグもほぼない。主にAndroidスマホが対応。

    〈LDAC〉・・・SONYが開発した、データ量の多いハイレゾ音源をやり取りするためのコーデック。

    ハイレゾはまだまだ値段が高いため、〈AAC〉や〈apt-X〉対応の製品の中から選ぶのが現状ではベター。

でも実は、音質はコーデックだけでは決まらないのがBluetoothスピーカー選びの難しい点。
なぜなら、Bluetoothで伝送する音楽データ品質が優秀な〈AAC〉や〈apt-X〉を選んでも、実際に音を鳴らすスピーカーやアンプが良くなければ結局音質は向上しないため。確かにコーデックも重要だけど、各社こだわりの技術を搭載した音質へのこだわりも考慮したいポイントですね。


NFCペアリングを有効活用すればストレスフリー

BluetoothスピーカーのNFCペアリング

スピーカーに限らずBluetooth機器全体に言えるのは接続(ペアリング)の煩わしさ。電源をオンにして一覧から探して…、なんて手間なく使えるようになるのが、NFC(Near Field Communication)と呼ばれる接続方法。通信範囲が10cm程度で、簡潔に言うと「かざして通信」するための規格。
例えば、NFC搭載のスマホをNFC搭載のテレビにかざせば、スマホで撮った写真をテレビで表示できたり、プリンターに近づけるだけで写真を印刷することができたり。
つまりお互いの機器がNFC対応ならかざすだけでデータのやり取りが可能になる機能なんです。
スピーカーの場合、最初にNFCでリンクして後はBluetooth通信に引き継ぐ流れになるので、NFCとBluetooth設定をオンにして、スピーカーにかざせば接続完了して超便利。
Androidには概ねNFCが搭載されている(iPhoneは非対応)ので、接続の不便さを解消してくれるテクい方法として覚えておくといいですね。


充電式か電源式か

Bluetoothスピーカーは充電式か電源式か

Bluetoothスピーカーの良いところはスマホとのコードを気にしなくて良いところですが、せっかくコードレスになっても電源用のコードがあるのでは意味がありませんよね。
携帯性や移動性を求めるならバッテリー式を選ぶのが◎。
逆に自宅で、音の流れる位置だけ変えるのに使う、例えばパソコンから流れるゲームの音など、の場合は電源式でもOKですね。


バッテリーの連続稼働時間を確認

やっぱりポータブルだと外に持ち出して使いたくなりますし、それがBluetoothスピーカーの醍醐味でもあります。バーベキューやお花見キャンプなど音楽があればもっと盛り上がる場面は一年を通してたくさん。そこで、忘れずに確認したいのは“連続再生時間”。一日中使いたいなら8時間以上再生できる物をチョイスしてみて。
紹介した中では、①・②・③・⑤・⑥・⑦・⑧・⑨・⑪・⑫・⑬が8時間以上のバッテリーを持っています。
※ウラ技的な使い方として大容量のモバイルバッテリーを一緒に持っていけば、充電の心配なしで使い続けることも可能。


【参考記事】スマホもBluetoothスピーカーも充電可能大容量モバイルバッテリーを厳選▽


ステレオかモノラルか

Bluetoothスピーカーはステレオかモノラルか

世の中のオーディオ機器はイヤホンやスピーカーなど左右2つありますよね。よく聴くと録音方法によっては左右のスピーカーから違う音が出ていることもしばしば、これがステレオ音源です。一方左右から出る音に違いがなく同じならモノラル音源ということになります。
どちらのほうが音質が良いか悪いかではなく、録音方法が違うので聴こえ方が変わるということなんです。好みの問題でもありますが、大抵のスピーカーはステレオとなっており一般的です。


Bluetoothスピーカーを使いこなすためのまとめ4つ

ここまでの選び方をまとめると
1. 音質はコーデックとスピーカーユニットなどが影響。イヤホンやヘッドホンを発売しているブランドで決めるのもアリ。
2. お手持ちのスマホがAndroidならNFC対応のものがストレスフリー。
3. 部屋を移動したり屋外に持ち出すなら充電式、据え置きで使うなら電源式。
4. 充電式は8時間以上あると花見やバーベキューで使うのに十分。

これだけでBluetoothスピーカーを選べば良いというわけではありませんが、快適に使うう上で押さえておきたいポイントですね。


Bluetoothスピーカーは、貴方の音楽の楽しみ方を広げてくれますよ。

おすすめのBluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーのおすすめから選び方使い方まで徹底解説してきました。気になった一品はありましたでしょうか。どんなところで使いたいかをイメージして、バッテリーの持ちや、防水防塵など必要な機能を絞っていくと貴方にぴったりのBluetoothスピーカーが見つかります。常に音楽がある楽しいライフスタイルが手に入りますよ。

【参考記事】スピーカーだけでなくイヤホンすらワイヤレスなら外出先でもストレスフリーに!▽

【参考記事】音楽を流すスマホの充電不安はモバイルバッテリーで解消を!▽

【参考記事】動画を見るときはタブレット✕Bluetoothスピーカーがおすすめ▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事