除湿機能付き空気清浄機のおすすめ3選。湿度対策に最適な人気機種とは

除湿機能を搭載したおすすめの空気清浄機をお探しの方へ。今回は、除湿機能付き空気清浄機の魅力や選び方から、おすすめの空気清浄機まで紹介します。ダイキンやシャープ、アイリスオーヤマといった人気メーカーの製品を解説。ジメジメ予防やカビ対策にも効果的なので、ぜひ有効活用してみてください!

除湿機能を搭載した空気清浄機の魅力とは

除湿機能搭載の空気清浄機の魅力

空気清浄機と除湿を併用し、室内を快適な空間にしている人は多いはず。

しかし、除湿機能付きの空気清浄機を選べば、2台分のスペースを1台にまとめることができ、置き場所を取らないで快適に使えます。

また、衣類乾燥機能や加湿機能が付いている商品もあり、室内をオールシーズン快適な環境に整えられるのも大きな魅力です。


「除湿機」との違いについて

除湿機は、湿気を取ることのみに特化した商品です。「梅雨時の湿っぽいのをどうにかしたい」「部屋干し対策がしたい」という場合には、除湿機を選ぶといいでしょう。

空気清浄機をメインに使い、湿っぽいのが気になる季節や部屋干しの時にだけ除湿機を稼働させたいという場合には、除湿機能付きの空気清浄機でも充分効果を実感できるでしょう


除湿機能を搭載した空気清浄機の失敗しない選び方

まずは、除湿機能付きの空気清浄機の選び方をご紹介します。

より快適に、より便利に使うためにも購入する前にチェックポイントを掴んでおきたいところ。どんなことに留意するべきか、ぜひ参考にしてみてください。


除湿機能付き空気清浄機の選び方1. 加湿もできるか確認して選ぶ

除湿機能付き空気清浄機をより快適に使いたい場合は、除湿だけでなく加湿機能が備わっているかチェックしてみましょう。

加湿機能が付いていれば梅雨時期などの除湿だけでなく、空気が乾燥する季節にも快適に使えます

室内の湿度調整がよりしやすくなるため季節問わず使えるところも嬉しいポイントで、中には加湿と除湿を自動調整できる商品も。室内を過ごしやすい環境に整えることを重視したい場合は、ぜひチェックしてみてください。


除湿機能付き空気清浄機の選び方2. 適応畳数をチェックして選ぶ

除湿機能付き空気清浄機は、使用する部屋の広さに合わせた商品でないと充分な効果を実感できません。購入前には使用する部屋の畳数を把握し、対応している商品から選択するようにしましょう。

商品によっては空気清浄機のみで使用する場合と除湿性能などを使う場合では、対応している畳数が異なることがあるため、注意が必要です。この場合も対応畳数はパッケージや説明書に記載されているので、細かくチェックしてみてください。


除湿機能付き空気清浄機の選び方3. 除湿方式の種類を確認して選ぶ

除湿をする方法には、「コンプレッサー方式」と「デシカント方式」「ハイブリッド方式」の3種類があります。

それぞれ除湿する方法が異なるため、お手入れのしやすさや使いやすさにも違いが出ます。ぜひ、どのような点が違うのかチェックして選んでみてください。


暑い夏場に適している「コンプレッサー式」

商品内部で空気を冷却することで発生する結露を取り除き、空気中の湿度を調整する方法です。コンプレッサーが内蔵されているため、本体がどうしても重くなってしまいます。

また、空気を冷やして除湿するため室内温度や外気温により性能が左右されますが、外気温が高い夏に力を発揮してくれるところも魅力的の一つです。


冬でもしっかり除湿できる「デシカント式」

本体内部に乾燥剤がセットできるようになっており、乾燥剤が水分を吸収することで除湿ができるようになっています。

ヒーターを使用するので、他のタイプより電気代がかかるケースが多い一面も。

一方で、軽量コンパクトで、冬などの低温時でもパワフルな力を発揮するところがメリット。置き場所を取らない商品を探している人におすすめです。


通年使うのに最適な「ハイブリッド式」

ハイブリッド方式は、室内の状態や季節に合わせてコンプレッサー方式とデシカント方式を切り替え運動させるタイプです。

2つのシステムを搭載しているためどうしても大きくなってしまうのと、購入価格が高い商品が多いところがデメリットですが、両者のメリットを活かして使えるため、季節問わず性能が発揮するところがメリット。使いやすさや性能にこだわりたい人に向いています。


除湿を行えるおすすめの空気清浄機3選

ここからは、おすすめの除湿機能付き空気清浄機を厳選してご紹介します。

省エネで使える商品や一人暮らしに向いている小型の商品などを厳選。

ぜひ、室内を快適な環境にする使ってみたい商品を見つけてみてください。


除湿もできる空気清浄機1. シャープ プラズマクラスター 空気清浄機 KC-HD70-W

  • 室内を除湿する時に発生する付着カビ菌を抑える性能も付帯しており、清潔に使える。
  • オールシーズン使えるように、空気清浄、加湿。除湿と全ての性能が備わっている。
  • おまかせ運転では「温度」「湿度」「臭い」など5つのセンサーで室内の状態を把握し、快適な空間に調節してくれる。

1台で多機能であり、オールシーズン使える空気清浄機だと、あれもこれも購入する必要がありませんよね。

「シャープ」の人気商品『プラズマクラスター KC-HD70-W』は「24時間、365日いつも快適」をコンセプトにしており、季節に合わせて空気清浄はもちろん、加湿や除湿の機能をコントロールして使えます。除湿機能は室内の除湿だけでなく「衣類乾燥モード」も搭載しており、梅雨時や冬のなかなか乾かない室内干しを快適にすることが可能。

季節や悩み、使用シーンに合わせて使える機能が詰まっているので、「多機能な除湿機能付き空気清浄機が欲しい」と考えている場合は、ぜひチェックしてみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:40.5 × 33.7 × 68.7 (cm)
  • 重量:17.6kg
  • 適応畳数:木造10~11畳/鉄筋20~23畳
  • 加湿:◯
  • タイプ:コンプレッサー式
  • メーカー:シャープ

除湿もできる空気清浄機2. ダイキン 除加湿空気清浄機 クリアフォースZ MCZ70U-W

ダイキン 除加湿空気清浄機(空清31畳まで/加湿18畳まで/除湿20畳まで ホワイト)DAIKIN 除加湿ストリーマ空気清浄機 クリアフォースZ MCZ70U-W
  • 10年間お手入れの要らない「TAFUフィルター」を採用しているため、お手入れが楽にできる。
  • しっかり除湿にこだわっているので、除湿性能を重視したい人におすすめ。
  • 脱臭、除菌性能に優れている「ツインストリーマ」を搭載しており、室内の除菌臭い対策が瞬時に脱臭できる。

パワフルな除湿機能にこだわった商品があれば、除湿をメインに使いたい場合でも安心。

「ダイキン」の人気商品『クリアフォースZ MCZ70U-W』は「しっかり除湿」にこだわっており、60Hzで運転した場合には1日で平均9Lの除湿ができ、室内のジメジメした嫌な空気を除去できます。除湿機能は4段階設定が可能なので、好みの除湿具合に調整しやすいところもポイント。

室内の状態に合わせて湿度を自動調整してくれる「全自動湿度コントロール」も付いているため除湿機能を重視したい人は、ぜひ使ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:69 × 41.5 × 34 (cm)
  • 重量:22kg
  • 適応畳数:木造10~11畳/鉄筋20~23畳
  • 加湿:◯
  • タイプ: コンプレッサー式
  • メーカー:ダイキン

除湿もできる空気清浄機3. アイリスオーヤマ 空気清浄機付き除湿機 DCE-120

  • 好みの湿度に調整できる除湿ボタンが備わっており、季節に合わせて快適な空間にできる。
  • フロントパネルに設置されている「空気よごれモニターランプ」で、室内の空気の状態がすぐに確認できる。
  • スウィング機能つきで洗濯物がカラッと乾く「衣類乾燥モード」が付いているので、梅雨や冬に便利。

空気清浄機に除湿性能も欲しいけれど、コスパが気になる人も多いはず。

「アイリスオーヤマ」の『空気清浄機付き除湿機 DCE-120』は、2万円台で購入できる安い商品。活性炭フィルターを含む3層のフィルターで、アレルゲン物質や臭いをしっかりキャッチし、室内を快適な環境に整えます。「除湿ボタン」を使えば30~85%の間で好みの湿度に調整でき、空気が乾燥し過ぎることがありません。

安いだけでなく、必要な性能が揃っているコスパ抜群の除湿空気清浄機。性能だけじゃなく、価格も重視しながら選びたい人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:62 × 34 × 30 (cm)
  • 重量:14kg
  • 適応畳数:木造ー畳/鉄筋ー畳
  • 加湿:×
  • タイプ: コンプレッサー式
  • メーカー:アイリスオーヤマ

湿度を調整して、お部屋の空気を整えよう!

空気清浄機に除湿性能が備わっていると、湿っぽい室内の湿度を調整できより快適な空間を演出できます。

高性能な商品も多く、湿度を自動調整してくれるタイプや室内干しモードが備わっているタイプなど、季節に合わせて便利に使える機能も魅力的でよね。

ぜひ、悩みや使用したシーズン、使用頻度に合わせて使ってみたい商品を見つけてみてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事