2015.11.01

おしゃれ男子のマストアイテム。クラッチバッグでスマートな毎日を。

今でこそ「おしゃれ・スマート」といったイメージのあるクラッチバッグ。しかし、その昔はセカンドバッグと呼ばれてダサいカバンの代名詞だった!?そのイメージを払拭して、女子受け抜群な使えるかっこいいメンズ鞄となったその魅力と活用方法・おすすめアイテムを紹介します。

クラッチバッグは今やおしゃれメンズの最先端アイテム

クラッチバッグは今や最先端のおしゃれアイテム!東京は大阪などの都心の男性を中心に流行しています。持つだけで上品さやスマートさが増すので、コーデに取り入れる価値のあるアイテムです。

しかしクラッチバッグはその変わった形状から、チャレンジ性の高い上級者のカバン。かつてダサいと言われていたこともあり、買うのはちょっと…と悩むSmartlogメンズも多いはず。そこで今回はクラッチバッグの魅力を紹介します。

 

クラッチバッグのイメージはダサい?

実は少し前まで、クラッチバッグのような手持ちのバッグはダサいというイメージがありました。その理由はバブルの頃にセカンドバッグというアイテムがミドル層のおじさんを中心に流行っていたため。バブルの終焉と共に、セカンドバッグ=ダサいというイメージが作られていきました。これによって、20年近く手持ちのバッグを男が持つのはカッコ悪いという価値観が引きずられていきました。

 

2010年ごろからクラッチバッグのイメージが変わりだした

女性の間でセカンドバッグ人気に火がついたことがきっかけで、2010年ごろから男性が持つことの嫌悪感が消え始めました。名前もセカンドバッグからクラッチバッグへと変わりました。黒一色だったセカンドバッグから、カラーバリエーションも増えました。クラッチバッグ時代の到来です。

クラッチバッグは名前を変えてイメージが変わったアイテム

クラッチバッグはセカンドバッグから名前を変えてイメージを激変させたアイテムだということですね。他にも名前を変えてイメージが上がった例はあります。スパッツがレギンス。ジャンパーがブルゾン。ベストがジレなどと名前が変わると本質的な魅力を再発見できるのですね。デザインも様々なものが出始めたクラッチバッグはいまや「上品・スマート・大人カジュアル」というイメージへと昇華しました。

 

クラッチバッグはどういう時に使うのか?

クラッチバッグの使用シーンが難しい、という方も多いと思います。

  • 荷物が少ないとき。
  • 家の周りにふらっと出かけたいとき。
  • ちょっと散歩したいとき。

こういう時にクラッチバッグは使うべきなのです。

大人カッコいいは、シルエットを崩さないこと

本来クラッチバッグを使うべきタイミングで、一般的な男性はポケットに携帯・キーケース・財布・タバコなどを入れて家を出ます。しかし、ポケットに物を詰め込みすぎると、服がずり下がり、シルエットが崩れてしまいます。

 

おすすめクラッチバッグ3選

クラッチバッグの魅力が分かってもらえたところで、Smartlogおすすめのクラッチバッグブランドを3つ紹介します!

クリスチャン・ルブタンのクラッチバッグ

 

まずおすすめするのはルブタンのクラッチバッグ。価格は20万円代と嗜好品です。一生のうち購入するのは一度でいいから持っておきたいアイテム。ルブタンらしいスタッズが人の視線を奪います。


Amazonでみる


 

イブ・サンローランのクラッチバッグ

 

続いておすすめするのはイブ・サンローランのクラッチバッグ。モードなデザインと主張しすぎないロゴはどんな服もシックにまとめてくれます。


BUYMAでみる


 

ヴァレクストラのクラッチバッグ

 

最後のおすすめブランドはヴァレクストラ。革にこだわったヴァレクストラだからこそ、革が全面に押し出るクラッチバッグの魅力を存分に引き出してくれます。ヴァレクストラがいかに革にこだわったブランドか知りたい方はこちらをご覧ください。


参考:ヴァレクストラとは。至高のメンズ財布を造る革ブランドに迫る


Amazonでみる


 

クラッチバッグでスマートな毎日を

モノや情報に溢れた現代こそ、少ない持ち物で生活するライフスタイルはカッコいいです。クラッチバッグはスマートライフを作り上げてくれる格好のアイテム。あなたを涼しげに演出してくれます。最近では様々なカラーのクラッチバッグが出ているので、コーディネートのアクセントとして使ってみてくださいね!

お気に入り

注目の記事

関連する記事