【2018最新】高級ヘッドホンのおすすめ10選。人気メーカーを徹底比較!

桁違いの最高音質を体感できる「高級ヘッドホン」のおすすめを徹底比較。一度聞いたら手放せない!一流ヘッドホンが奏でる“魅惑の音楽”に酔いしれること間違いなし。密閉型、開放型の種類はもちろん、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンまで、SONYやPioneerからお届け!

レベルの違う音が楽しめる、魅惑の高級ヘッドホンを徹底比較

おすすめの高級ヘッドホンを大公開.jpg

イヤホンよりも迫力のある音が楽しめる「ヘッドホン」。今回は、

「一度聞いたら外したくない」

「他のヘッドホンには戻れない」

そんな口コミ続出の、デザイン性・音質・遮音性のすべてを高水準レベルで兼ね備えた高級ヘッドホン5をお教えします。各ヘッドホンをおすすめする理由や評価すべき特徴を徹底比較して、“最高級の音”に酔いしれる魅惑のミュージックライフを愉しんで!


通常のヘッドホンと高級のヘッドホンの違いとは

この記事では、2018年現在の情報をベースに高級ヘッドホンを特集します。高級ヘッドホンは通常のヘッドホンよりも音の解像度が高く、臨場感、没入感を味わえるモデルになります。より良いリンスニング環境構築のために、ぜひ役立ててください。10万円、5万円クラスの高級機の音をぜひ、皆さんにも味わってほしいですね。


ヘッドホンの形状は主に2種類ある。

ヘッドホンの形状は主に2種類ある

高級ヘッドホンを選ぶ際、意識したいのが『ヘッドホンの形状』です。主流な形状としては「密閉型」と「開放型」に分かれます。

密閉型は音漏れや周囲からの騒音が気になる方に最適ですが、音質重視派には開放型がおすすめです。静かなリスニング環境を用意できる場合は、ぜひ開放型による音の良さ、聴き疲れの少なさを味わってみてください。一方で低音重視派の方は、開放型よりも密閉型を選ぶと良いでしょう。


密閉型のメリット&デメリットとは

5万、10万円とする高級ヘッドホンを購入する場合、あなたの好みをよく知ってから、ヘッドホンを選びたいですね。重低音重視、激しめの音楽を聴きたいという方は、迷わず、低音の表現力に定評ある、「密閉型ヘッドホン」を購入しましょう。

一方で、解像度の低さや長時間リスニングしていると疲れるという問題もありますので、実際に所有するご友人に貸してもらって、使用感を確かめるのも良いですね。人気モデルは中古でもそれなりの価格で買い取りされますので、まずは買ってみるのもおすすめです。

【参考記事】値段別におすすめの密閉型ヘッドホンを大公開▽


開放型のメリット&デメリットとは

開放型、オープンエア型と呼ばれる高級ヘッドホンは、高音から低音まで万遍なく聴きたい、幅広いジャンルの楽曲を楽しみたい方におすすめです。密閉型に比べ、高音質であることも多く、10万円以上の予算を確保しないと買えないモデルもありますが、値段以上の満足度、聴き疲れしない装着感が人気を集めています。

周囲に騒音の発生源がない、リスニングルームがある方は、ぜひアンプを使ってヘッドホン本来の音を鳴らしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】開放型のヘッドホンのおすすめをお届けします▽


高級なヘッドホン選びで大切なこと

ヘッドホン選びで大切なこと

ここまでヘッドホンの種類や基礎知識をお届けしてきましたが、ここでは高級なヘッドホンの選び方についてお届けします。高級なヘッドホンは

  1. インピーダンス
  2. 周波数特性
  3. 単機能 or 多機能

の3点が重要になります。特に通常タイプと何が違うのか?と言われた時に細かいところまで見る必要性がありますので、ぜひチェックしてくださいね。


1. インピーダンス

高級ヘッドホンを選ぶ際、“インピーダンス”の数値を意識してみると良いでしょう。但しインピーダンスの数値が高い場合は、アンプなどをしっかりと活用しないと十分な音量を得ることができず、ポータブル用途で使えないこともあります。

そのため、同じモデルでもインピーダンス低めのモデルを用意しているケースもあるので、インピーダンスの数値にも注目しましょう。


2. 周波数特性

ヘッドホンで再生できる、低音から高音までのレンジの広さを知る時に便利です。より細かい音まで聴きたい場合、なるべく数値が少ない周波数から再生できる高級ヘッドホンを選ぶと、高音質なリスニング環境を楽しめるでしょう。今お使いのヘッドホンと比べて、周波数特性がどの様になっているかも、購入後の満足感に関わってきますね


ハイレゾ対応とは

高級ヘッドホンを購入する目的の一つに、『ハイレゾ対応』がありますね。従来のCDでは十分に再生できなかった、音源の魅力を余すことなく記録できているのがハイレゾ音源で、その再生のためには高性能なヘッドホンが必要となります。

量子理ビット数、サンプリング周波数も従来のCDより大きい、ハイレゾ音源を聴けるヘッドホンを手に入れましょう。

【参考記事】ヘッドホン同様に人気のあるハイレゾイヤホンのおすすめはこちら▽


3. 単機能 or 多機能

ワイヤレスなどの機能を持つヘッドホンもありますが、多くの高級ヘッドホンは単機能。つまり、音源の再生のみの機能しか持たないというシンプルなモデルが多く、その分再生能力が高いという特色があり、こだわり派には魅力的です。

高音質を求めるならば、純粋な音源の再生性能に投資して、5万円、10万円以上のモデルを手に入れてほしいですね、


必見!おすすめの高級ヘッドホン10選

おすすめの高級ヘッドホンを大公開

選び方や種類を紹介したところで、ここからはおすすめの高級ヘッドホンを大公開します。数万円するものから、数十万円するまでするハイモデルをお届けします。


おすすめ高級ヘッドホン1. SONY MDR-Z1R

ソニー SONY MDR-Z1R

SONYから紹介するのは開放型(オープンエア型)の高級ヘッドホン。ソニーブランドで昔からヘッドホンを揃えている方以外にも、ソニーのリリースするハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデル

接続は有線ですがリケーブル可能な点も嬉しく、大きめなハウジングがなんともかっこいいモデルですね。ヘッドホンはケーブルでも音が変わりますので、自分だけの音質を追求したい方に購入していただきたいです。ソニーのフラッグシップ機、オープンエア型の魅力を堪能してみてくださいね。

所有欲をくすぐる、高級なオリジナルハードケース付属も嬉しいですね。価格は約16万円。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:64Ω
  • ハイレゾ音源:○
  • ノイズキャンセリング:×
  • Bluetoothのバージョン:×
  • メーカー:SONY

おすすめ高級ヘッドホン2 . audio-technica EARSUIT ATH-ES700

audio-technica EARSUIT 密閉型オンイヤー...

「高級ヘッドホンに求めるのは、音質とかっこいいデザイン。」という方におすすめしたい「オーディオテクニカ」のモデル。高級機の多くが大きなハウジングを持つのに対し、このモデルは若干コンパクトな印象で、普段遣い&持ち歩きにもおすすめです。

インピーダンスも「36Ω」と低めなのもポイントで、ポータブルアンプとの組み合わせでも使いたいですね。ただ、電車内などではさすがに音漏れの心配がありますので、音量に注意していただくか、移動中のみの使用推奨です。持ち運びの場合、断線によるケーブル修理も考慮して、懇意にしている修理店を見つけておくと良いでしょう。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:36Ω
  • ハイレゾ音源:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • Bluetoothのバージョン:×
  • メーカー:audio-technica

おすすめ高級ヘッドホン3. Bose QuietComfort 35 wireless headphones II

Bose QuietComfort 35 wireless h...

「BOSE」の高級ヘッドホンで、ブラックとシルバーの2色展開しているモデル。このヘッドホンの良さは多機能である点ですね。通常の高級ヘッドホンではノイズキャンセリング機能などが搭載されてませんが、密閉型のため騒音が気になる場所でも楽しめるのは嬉しいポイントに。

接続方式も断線の心配がない無線方式ですので、カバンにそのまま入れておける気軽さがありますね。ワイヤレスならではの便利さ、2018年現在での最新モデルの高音質を体感してください。5万円以下という価格ながら、しっかりとBOSEの保証なども受けられる正規品というのは魅力的です。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:無線
  • インピーダンス:記載なし
  • ハイレゾ音源:×
  • ノイズキャンセリング:○
  • Bluetoothのバージョン:記載なし
  • メーカー:BOSE

おすすめ高級ヘッドホン4. Pioneer SE-MONITOR5

Pioneer SE-MONITOR5

オーディオ好きなあなたにも馴染みがある、「Pioneer」の高級ヘッドホンです。密閉型でありながら、開放型並の高音質を味わえるモデルで、リケーブル対応、かっこいい見た目も大変魅力的ですね。もちろん、ハイレゾ音源にも対応していますので、既存のヘッドホンからの買い替えにも最適。

このモデルの特徴の一つが、長さや接続方式が異なる3本の同梱ケーブルの存在。リケーブルする楽しみもありますが、メーカー側で最初からケーブルを用意してくれてるのも助かりますね。なんとも言えない高級感があり、所有する喜びを感じさせる一台です。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:40Ω
  • ハイレゾ音源:○
  • ノイズキャンセリング:×
  • Bluetoothのバージョン:なし
  • メーカー:Pioneer

おすすめ高級ヘッドホン5. beyerdynamic T 1 2nd Generation

beyerdynamic T 1 2nd Generation...

1937年、ステレオヘッドホンとしての初号機を発売した、ドイツの企業『beyerdynamic』の高級ヘッドホン。インピーダンスは「600Ω」なので、そのままヘッドホンジャックに直挿しして使えませんが、ドイツ製の堅牢さは根強いファンに支持されています。

日本ではTASCAMが販売をしていますので、国内でのサポートも安心ですね。ノイズキャンセリングの機能はありませんが、テスラテクノロジー採用でセミオープン型というスペックは同社のフラッグシップです。ヘッドバンドやイヤーパッドに高級機ならではの質感を感じられますね。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:600Ω
  • ハイレゾ音源:×
  • ノイズキャンセリング:×
  • Bluetoothのバージョン:×
  • メーカー:beyerdynamic

おすすめ高級ヘッドホン6. AEDLE(エイデル) VK-1

【国内正規品】AEDLE オーバーヘッドヘッドフォン VK-1...

フランスのオーディオメーカーだけあって、おしゃれで上品なデザイン性が特徴的。ヘッドバンドとイヤーパッド部分には、贅沢にラムレザーを使用。使い込むほど革が肌に馴染むため、貴方だけのヘッドホンが出来上がります。一つのものをしっかりと愛用したい男性におすすめのヘッドホンです。今大人気のVRゴーグルと組み合わせて、最高の映像と音楽を楽しんでみて。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:32Ω
  • ハイレゾ音源:非対応
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • メーカー:AEDLE(エイデル)

おすすめ高級ヘッドホン7. Focal(フォーカル) Spirit Classic

フォーカル Spirit Classic

洗練されたデザインが美しいフォーカルのヘッドホン。少し集めのイヤーパッドが耳をすっぽりと覆ってくれるため、遮音性と音の響きが抜群です。また、ボーカルの声がしっかりと聞き取れるので、ポップスを好んで聴く方にピッタリのヘッドホンと言えます。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:32Ω
  • ハイレゾ音源:非対応
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • メーカー:フォーカル

おすすめ高級ヘッドホン8. audio-technica ATH-W1000Z

audio-technica Maestoso 密閉型ヘッドホ...

オーディオテクニカの木材を使用した高級ヘッドホンをご紹介。ハイレゾ音質に対応しており、大音量で聞いてもトゲのない臨場感溢れるサウンドが楽しめます。じっくりと音楽に浸れる至極の逸品です。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:43Ω
  • ハイレゾ音源:対応
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • メーカー:オーディオテクニカ(audio-technica)

おすすめ高級ヘッドホン9. ULTRASONE Edition M Plus

ULTRASONE Edition M Plus

高級感溢れるスタイリッシュなデザインが特徴的なこちらのヘッドホン。ドライバー(音を出す部分)から発生する電磁波を98%シャットアウトしたため、快適な使い心地を実現しました。職人が一つずつ丁寧に作り上げており、ハンドメイド特有の温もりを感じられるヘッドホンとなっています。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:30Ω
  • ハイレゾ音源:非対応
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • メーカー:ULTRASONE

おすすめ高級ヘッドホン10. Pioneer SE-MASTER1

Pioneer SE-MASTER1

山形県にあるパイオニアの工場で製造されているこちらの「SE-MASTER1」は、日本の高い技術力を再認識できる名品と言えるでしょう。中高音域はもちろん、低音まで全ての音を聴き逃すことなく楽しめます。ハイレゾにも対応しており上質なミュージックライフを提案してくれますよ。

販売サイトで購入


商品ステータス

  • 接続方式:有線
  • インピーダンス:45Ω
  • ハイレゾ音源:対応
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • メーカー:パイオニア(Pioneer)

高級ヘッドホンのおすすめメーカーを5社ご紹介します!

高級ヘッドホンのおすすめメーカーを大公開

おすすめのヘッドホンをご紹介したところで、高級ヘッドホンを取り扱うメーカーについても見ていきますね。それぞれのメーカーごとに特色がありますので、納得できる一台を選ぶのにご活用ください。定番のメーカーから、海外のニッチなブランドまでお届け。


おすすめメーカー1. SONY

この記事でも紹介した、高級ヘッドホン『MDR-Z1R』をはじめとしたフラッグシップ機を販売しています。10万円を軽く超えるモデルだけでなく、数千円の普及価格帯のヘッドホンも販売していることから、広く知られているメーカーの一つですね。

ソニー独自の音質は好みがありますが、往年のソニーファン、ソニーのハイレゾ音源を聴きたい方におすすめです。

SONYのヘッドホンを見る


【参考記事】SONYのおすすめヘッドホンはこちら▽


おすすめメーカー2. audio-technica

オーディオテクニカと言えば、ウッドハウジング採用の『ATH-W1000X』の印象も強いメーカーです。高級ヘッドホンとしては20万超えのモデルも存在しますが、多くのモデルが10万円以下、5万円以上で買えるのは嬉しいですね。

国内メーカーということもあり、万が一の時のサポートなども安心。同社は業務用マイクなども販売していますので、馴染みのあるユーザーにもおすすめですね。

audio-technicaのヘッドホンを見る


【参考記事】オーディオテクニカのおすすめヘッドホンはこちら▽


おすすめメーカー3. BOSE

「BOSE」と言えば、カセットテープやCDを再生するプレイヤーやイヤホンやスピーカーと万能のイメージも強いですね。

高級ヘッドホンというには少し安い価格帯ではありますが、これまで数千円の普及モデルを使っていた方のステップアップとしてもおすすめです。ワイヤレスモデルも充実していますので、単機能ではなく多機能モデルを求める方に手にとって欲しいですね。

BOSEのヘッドホンを見る


【参考記事】BOSEのおすすめヘッドホンはこちら▽


おすすめメーカー4. Pioneer

『SE-MASTER1』、『SE-MONITOR5』などの高級ヘッドホンを手がけている、国内メーカーです。20万円以上のフラッグシップ機から、数千円のモデルまでを幅広く揃える同社ですが、10万円程度あれば、十分高音質のヘッドホンを購入できるのも魅力ですね。

本体がかっこいい機種が多いので、見た目と質を重視する方におすすめします。

Pioneerのヘッドホンを見る


おすすめメーカー5. beyerdynamic

『beyerdynamic』はドイツの音響メーカーであり、日本国内での販売は「TASCAM」が担当してます。高級ヘッドホンを欲しいという方だけでなく、音楽制作用のモニターヘッドホンにも最適なメーカーですので、音楽関係の方にはお馴染みかもしれませんね。

テスラテクノロジー採用機種などは、同社の技術力を感じられるモデルですので、一聴の価値ありです。多くのモデルが、ヘッドホン単体ならば10万円以内で揃うのも嬉しいですね。

beyerdynamicのヘッドホンを見る


“史上最高級”と称されるヘッドホンで、上質なライフスタイルを。

一流の高級ヘッドホンを堪能してみて

本物志向の男性におすすめしたい高級ヘッドホンをご紹介しました。すぐには手の届きにくい価格帯ではありますが、だからこそ“レア”であり、値段相応の上質な音を体感できます。音楽が身近な存在になった現代だからこそ、一流ヘッドホンが奏でる本物の音色に囲まれた“ワンランク上のライフスタイル”をGetして。


【参考記事】今流行りのワイヤレスヘッドホンのおすすめについてはこちら▽


【参考記事】iPhoneにおすすめのヘッドホンをお届け▽


【参考記事】低音重視のヘッドホンのおすすめを大公開▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事