“親切”な意味とは?親切な人の特徴/思いやりがある性格になる方法を解説

見返りを求めず人に優しくできる親切な人っていますよね。そこで今回は、親切な人の特徴や反対に押し付けがましい人の特徴、親切な人の魅力について詳しくご紹介します。さらに、親切な人になる方法も大公開!思いやりのある親切な人を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください!

思いやりがある“親切な人”って魅力的ですよね。

親切な人の特徴&親切な人になるための方法

困っている時に助けてくれる親切な人。見返りなく思いやりで手を差し伸べてもらえると、嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。

その一方で、単なるおせっかいに困惑したことがある人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、親切な人に共通している特徴や押し付けがましい人の特徴、親切な人になる方法をお送りしていきます。

周りから好かれる親切な人になって、充実した日々を送りましょう。


前提として「親切」の具体的な意味とは?

親切の意味は、人情が厚いことや、好意で人のために尽くすことです。

かみ砕いて説明すると、困っている人の立場に立って考えながら、手助けになる何かをしてあげることを言います。いくら手を貸しても、相手の立場を考えていなければ親切とは言えませんよ。

好意で相手のために何かをしてあげることが、親切の意味する内容です。


「親切」と「お節介」の違いとは?

親切な人とお節介の人は似ているように捉える方も多いですが、実際はニュアンスが全然違います。

親切な人が「相手のためを思って行動する」ことだとしたら、お節介な人は「相手のために見せかけて自分のために行動している」ことだと言えます。つまり、ありがた迷惑と言われるのは「お節介」のほう。

ただ、親切も度が過ぎてしまうとお節介になる可能性も含んでいるので気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


どんな人が多い?親切な人に共通している特徴7つ

相手に対する気遣いを行動に移せる親切な人には、共通するいくつかの特徴があります。

まずは、親切な人にどのような特徴があるのかを解説していきます。詳しく見ていきましょう。


親切な人の特徴1. 困っている人がいたら優しく手を差し伸べる

周りで困っている人がいたとしても手を差し伸べない、自分本位な人も多いです。親切な人にとっては困っている人がいたら手を差し伸べるのが当たり前なので、思いやりの心で親身になって手を差し伸べます。見返りを求めることもありません。

本人は親切をしている自覚はなく、当然のことだと思って行動しているケースが多いです。


親切な人の特徴2. 思いやりがあって人に気遣いができる

人のために思いやりの心で率先して行動できる人は、親切な人と言われやすいです。

自分のことだけで精一杯にならずに、人への気遣いを忘れないことが、思いやりある行動と見られるでしょう。

「親切」の意味通り、思いやりがあって人のことを思って行動出来る人はどんな人からも好かれる特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


親切な人の特徴3. 相手が誰でもフラットに接する

好き嫌いやメリットのあるなしなどによって、態度を変えている人は少なくありません。親切な人は、相手が誰であっても平等に優しい態度で接します。

男性・女性にかかわらず、困っている人がいたら助けたり、人の役に立ったりするのが好きだからです。

どんな相手に対しても平等に手を差し伸べられるのは、親切な人の特徴の一つです。


親切な人の特徴4. 真っ直ぐな性格で裏表がない

見返りを求めず優しいのも親切な人ならではの特徴的な行動です。裏表がなく誰に対しても優しく、メリットがあまりない人に対しても親切で、人によって態度を変えるようなことがありません。性格がねじ曲がっておらず真っ直ぐで裏表がないので、純粋な親切心から行動することが多いです。

裏表がないストレートな性格が故に、困っている人を目にすると放っておけずすぐに行動に移します。

【参考記事】はこちら▽


親切な人の特徴5. 職場や友達など、周囲の人から好かれている

親切な人は困っている人を見返りなく助けるなど、周囲に対する細かい気遣いができます。職場や友達などの周囲の人にはいい印象を与え、誰からも好かれる傾向にあるでしょう。男性・女性にかかわらず好感度が高いことで、モテることも多いです。

職場や友人関係など、どこに行っても好かれやすいのは、親切な人の特徴の一つです。

【参考記事】はこちら▽


親切な人の特徴6. 聞き上手で親身に人の相談にのれる

親切な人は困っている人がいると、手を差し伸べられる優しさを持っています。悩んでいる人がいると、うまく話を聞きつつ相談にのるのも上手です。些細な悩み事でも真剣な態度で相手を否定せずに聞き、親身になって対応してくれるでしょう。

親切な人だからこその特徴には、人の話をしっかり聞きながら受け入れる聞き上手な点があります。

【参考記事】はこちら▽


親切な人の特徴7. 人に優しくしても見返りを求めようとしない

いくら人に優しい態度で接したとしても、見返りを求めるのは親切な人とは言えません。

親切な人が優しくするのは見返りやお返しが欲しいわけではなく、相手が喜んでくれたら嬉しいと思うからです。

優しくしてくれた相手が、お礼すら求めていないのであれば、それは親切な人と言っていいでしょう。


見返りを求めがち?反対に押し付けがましい人の特徴

困っている時に手助けはしてくれるものの、後で見返りを求めがちな人は押し付けがましい人というネガティブな印象を持たれてしまいます。

親切な人と対極にある押し付けがましい人にはどのような特徴があるのか、詳しく解説していきます。


押し付けがましい人の特徴1. 上から目線で相手を見下しやすい

親切な人と押し付けがましい人の違いは、相手の意見を尊重しているかどうかにあります。

相手の意見をしっかり聞ける親切な人に対して、押し付けがましい人は上から目線で助言してきたり、主観的でおせっかいなアドバイスばかりしてきたりする傾向に。

相手のことを認めておらず、内心見下しているため、押し付けがましいことをしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


押し付けがましい人の特徴2. 承認欲求が強く、人から褒められるのが好き

一見親切かなと感じる行動でも、何となく違和感を感じるなら、人から褒められたくて手助けしている可能性があります。

周りから褒められたり、感謝されたりしたいがために、親切をしているタイプに多く見られる特徴です。

相手に直接見返りを求めているわけではなくても、褒められることを目的に行動しているので、純粋な親切心とは言えません。

【参考記事】はこちら▽


押し付けがましい人の特徴3. 相手に親切をしてあげる自分に酔っている

いわゆる「自分大好き人間」も、親切とは少し違うような押し付けがましい行動をしがちです。

相手のために親切をするのではなく、親切をしている自分がすごいと思っているため、相手がどれだけ助かったかよりも、自分がどれだけ助けたかに重きを置いて行動しています。

自己承認欲求を埋めたいがために、自分が助けたアピールを忘れないことが、とても押し付けがましいと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


押し付けがましい人の特徴4. 頑固な性格で人の話に耳を傾けない

押し付けがましい人は、相手の意見を尊重せずに自分の意見を押し付けてきます。

相手が必要ないと言っていても聞き入れず、おせっかいな行動をすることも多いです。自分の意見をすぐ押し通そうとする強引な人に多い特徴と言えます。

一見親切そうでもこちらの都合や意見に全く耳を傾けないと、ただの押し付けがましい人です。

【参考記事】はこちら▽


押し付けがましい人の特徴5. 計算高く、日頃から周囲へ恩を売ろうとしている

押し付けがましい人は、必ず見返りを求めがちです。

例えば、もうすぐ自分の仕事が忙しくなるだろうなと感じている頃に、近い将来の見返りを見越して先に相手を助けておきます。ギブアンドテイクを信条としているような計算高い人に多い特徴です。

恩を売った後に必ず根回しも忘れないため、何となく押し付けがましい印象を与えることも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


親切をするのはメリットだらけ?親切な人の魅力とは

自分に余裕がない時こそ、周りに目を配りながら親切にすることで、人からの信頼を得られやすくなるなどメリットも大きいです。

続いては、親切な人にはどのような魅力があるのかを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


親切な人の魅力1. 周囲から感謝されやすい

周りから悪く言われるよりも、良く言われる方が嬉しく、毎日過ごしやすいもの。人に対して見返りなく親切にすることで、周囲から感謝され、評価も高くなります。周りの役に立っていると実感しやすくなり、自尊心も満たされやすいです。

見返りのない親切をすることで周囲からのポジティブな評価を実感しやすく、周囲の人間関係もうまくいきやすくなるでしょう。


親切な人の魅力2. 包容力があって優しいため、異性にモテる

男性も女性も自分のことを否定する人よりは、ありのままの自分を認めてくれる人が好きですよね。

男女問わず親切で優しい人はモテるのは、素の自分でいられるから。気取らず本音で付き合える関係性を構築していけるメリットがあります。

分け隔てなく人に対して親切にする人間性を目にした異性から、魅力的だと思われるのも親切な人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


親切な人の魅力3. 周りの人から信頼されやすい

仕事ではギブアンドていくやwin-winを求める人が多いもの。人に思いやりの気持ちで親切にしたとしても、最初は警戒されるでしょう。

しかし、見返りを求めずに親切を続けていれば、周囲から徐々に信頼されていきます。

親切な人だなと周りの人の信頼を得られやすくなり、職場や友達などの人間関係もスムーズになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


どうやったら近づける?親切な人になる方法を紹介

周りの人からの印象も良く、異性からモテるなどメリットが大きいことから、親切な人になりたいと考える人も多いでしょう。

そこで、どうやったら親切な人に近づけるのか、実践していくのにおすすめの方法を紹介していきます。


親切な人になる方法1. 主観ではなく、相手の立場になって考える癖をつける

親切とは、相手の立場に立って考えた思いやりの行動です。自分がしてあげたいことをするだけでは単なるおせっかいに終わってしまいます。

「自分が何をしてあげたいのか」ではなく、「相手が何をして欲しいのか」を見極めるのが大切です。

「相手の望みを実現するためにはどうすればいいのか」を考えられるようになることで、親切な人に近づきます。


親切な人になる方法2. 親切をしても相手から見返りを求めない

相手の助けになることをしたとしても、見返りを求めると親切ではなく、ただの打算。親切な人になりたいなら、見返りを求めないことが大切です。

たとえお礼を言ってもらうなど簡単なことであっても、自分から見返りを求めるのは親切とは言えません。

相手に負い目を感じさせることなく、必要なことだけ見返りなく手助けするのが親切な人と言えるでしょう。


親切な人になる方法3. 常に自分の心に余裕を持つことを心がける

親切な人が必要なシーンで手助けできるのは、周囲のことを見渡せる心の余裕があるから。

自分に余裕がないと、周囲に親切をする余裕が生まれません。周囲の人が困っていることに気付くことすらできない場合も多いでしょう。

必要に応じて周りに手を差し伸べやすくするためにも、常に心の余裕を持っておくことが大切です。


親切な人になる方法4. 自分がされて嬉しかったことは、周りの人にもしてあげる

自分がされて嫌なことはしないのが人間関係の鉄則です。同じように、積極的に良い関係を築きたいのであれば、自分がされて嬉しいことをしていくことが求められます。

過去に自分が手助けされて嬉しかったのと同じようなシーンで、他の人に手を差し伸べてみましょう。

見返りなく手を差し伸べることで相手からの評価も上がり、いい人間関係を構築しやすくなります。


親切な人になって周りに好かれる毎日を送りましょう。

親切な人の見返りのない行動に助けられることも多いものです。

困っている人がいたら誰にでも親身になって話を聞いている姿に、自分もこうなりたいと感じる人も多いでしょう。しかし、見返りを求めるなど、一歩間違ってしまうとただの押し付けがましい人になってしまいます。

親切な人の行動を見習いながら、周りの人と良好な関係を築いていってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事