マッチングアプリの電話での脈ありサイン|好意の見分け方を解説!

マッチングアプリの電話での脈ありサイン|好意の見分け方を解説!

マッチングアプリの電話での脈ありサインを知りたい方へ。本記事では、電話での脈ありサインから、好意の見分け方まで大公開!

マッチングアプリの電話における脈ありサインは?

マッチングアプリの電話の脈ありサイン

「この人は自分のことをどう思っているのだろうか?」 「脈ありの人が電話中に出すサインを知りたい!」

出会いを求めてマッチングアプリを使っているのですから、相手の脈ありサインは逃したくありませんよね。

ここでは、マッチングアプリの電話で脈ありの人にありがちなサインを見ていきます。

脈ありのサインを把握して、出会いのチャンスを逃さないようにしましょう。


脈ありサイン1. 相手から積極的に電話をしたがる

マッチングした人たちの中からあなたを選び、メッセージを送っている時点で相手は興味を持っている状態です。

しかしメッセージだけではわからない、あなたの相性や雰囲気が自分に合うか知りたいから電話で会話したがります。

「今日暇だったら話さない?」など、相手から電話の誘いがあるなら、好意を抱いてるからこそのサインだと思ってもいいでしょう。


脈ありサイン2. 声や話し方を褒めてくれる

声や話し方というのは、自分との相性を確かめる上でかなり大切なポイント。

「なんか合わないな」という声や話し方をしている人とは、長く一緒にいるのが苦痛になるので、恋人候補としては選ばないでしょう。

そんな声や話し方を褒めてくれるのは、直感的にあなたのことを「いいな」と思っている証拠

好印象を持っていないと褒めることがない点であるので、脈ありサインだと捉えていいでしょう。


脈ありサイン3. 恋愛に関する質問が多い

相手に対して好意を抱いていると、その人にどんな恋愛傾向があるか気になってしまうものです。

相手の好みがわかれば自分をそれに合わせることができるので、話題が恋愛に関することに偏ってしまいがち。

「今まで付き合ってきた人ってどんな人が多かった?」

「好きな人にして欲しいファッションってある?」

など、質問を積極的にしてくるでしょう。


脈ありサイン4. 好きなものや行ってみたい場所を聞いてくる

初対面の印象は恋愛において大切なので、初めて会う日は自分のことをよく見せたいと思います。

あなたの好みに合わせたデートプランを提案したいから、好きなものや行ってみたい場所を聞いているのです。

「最近気になってる場所とかないの?」

「行きたいお店とかある?」

と、デートすることを考え始めた相手は出かけることを前提にした質問を投げかけてくるでしょう。


脈ありサイン5. 電話を切る時に名残り惜しそうにする

電話で話しているうちに相手と気が合うと思い始めたので、もっといろいろ話したくて電話を終わらせたくないのです。

あなたが電話を切ろうとすると「もうバイバイなの?」と名残惜しそうにし、

「そういえば、さっき言ってた◯◯って…」

「もう一つ聞いておきたいんだけど」

のように話題を振って長電話しようとするでしょう。


脈ありサイン6. 電話している時に初デートに誘ってくる

電話をしてみてあなたのことが気に入ったので、二人の関係をもっと先に進めるために「そろそろ初デートしてもいいかな」と思っています。

何度か電話していてお互いの緊張感も解けてきたタイミングで、

「そろそろ会ってみない?」

「直接話をしてみたいな」

と比較的分かり易い脈ありサインを出しながら単刀直入に誘ってくるでしょう。


脈ありサイン7. 電話後にすぐお礼のメッセージがくる

電話をした時は、LINEやメッセージでやりとりした流れが一旦途切れるタイミング。そのままどちらかが連絡をしなければ、フェードアウトしてしまいます。

電話してみて、あなたのことがより気になったらから、電話後すぐにお礼のメッセージをして、会話を続けようと考えているのです。

「今日はお話できて楽しかったです」

「電話してくれてありがとう」

のようなメッセージを送ってきます。

もし、電話で相手のことをイマイチと感じていたら、フェードアウトしたいはずなので、わざわざお礼はしてこないでしょう。


脈ありサイン8. 電話する前よりもメッセージの頻度が多くなる

以前はたまにしかメッセージをくれない相手でしたが、電話してからは1日に何度も送ってくるほど積極的に変わることもあります。

電話で直接話をして好印象を抱いたので、電話でゆっくり話せない時でも数多くやりとりして、相手ともっと仲良くなろうとしているのです。

メッセージ内容も堅苦しい文面ではなく、「元気してる?」「今◯◯してたんだ」と気軽なものが多くなるでしょう。


マッチングアプリの電話における脈ありサインの見分け方は?脈なしかどうかわかる?

マッチングアプリの電話の脈ありサイン

「脈ありサインかどうかがいまいち分からない」 「脈ありと脈なしを見分ける良い方法はないの?」

恋愛経験が少ないと、脈ありサインを学んでみても判断に自信が持てないこともありますよね。

そこでここからは、相手が脈ありかどうか分かる見分け方をご紹介します。

マッチングアプリの電話でどこをチェックすればいいか把握しましょう。


見分け方1. 電話をするまでのやりとりはどのくらいか

マッチしたばかりの相手が電話を催促してくるのは、あなたが軽い相手かどうか試している可能性大。

逆に何度かやりとりを繰り返してから電話で話そうと提案してくる相手は、あなたをもっと知りたくなっているからだと言えます。

  • メッセージを1、2回しただけで「声を聞きたい!」と言う相手は脈なし
  • 「そろそろメッセージじゃなくて電話にしてみない?」と言う相手は脈あり

といった判断基準を見分け方にするといいでしょう。


見分け方2. 恋愛に関する質問で下ネタに持ってくるかどうか

恋愛に関する話題になった時、相手がどのようなことを聞いてくるかである程度見分けることができます。

脈なしでヤリモクの人は露骨な質問が多く、

  • 付き合った人数はどれくらいか?
  • 浮気の経験はあるか?
  • 恋人がいない時でもエッチしているか?

など、性生活についてストレートに聞いてきます。

逆に脈ありの人はあなたとの交際を検討する時の参考にしたいので、

  • どんな人と付き合ったのか?
  • どうして別れてしまったのか?
  • 元恋人のどんなところが嫌だったのか?

といった感じで理由を尋ねてくるでしょう。


見分け方3. 無言になった時の反応はどうか

好きな人との電話なら、良い意味でお互いに気を遣う必要がなく、無言の時間も苦痛に感じません

なので、何も喋らなくても電話を繋げたままでいられるのです。

一通り話して話題が尽きた時に無言の時間があっても、相手のことを好きだと感じ始めていれば無理に話を繋げようとはしないでしょう。

逆に脈なしの人はつまらなく感じてしまうので、電話を切ろうとするか、「なんか喋ってよ」と強い口調で催促してしまいます。


見分け方4. 相手から電話を切るかどうか

マッチングアプリを使っている人なので、複数の人と同時進行でやりとりをしながら効率よく理想の相手と出会いたいと考えています。

そのため、脈ありと脈なしで比較すると通話時間に大きな差が出るのです。

相手が脈なしだと、あなたと少し話して「ないな」と感じたら時間がもったいないのですぐ電話を切ってしまいます。

逆に脈ありだと話していて楽しいから長電話になりがち。

15分以上電話をしてもやめる様子がなかったり、時間が経過して「もう30分経ったね」とあなたが言っても続けようとするでしょう。


見分け方5. 電話の時に初デートの約束ができるかどうか

奥手の人は相手のことを「いいな」と思っても、自分から積極的に動けないものです。

相手からデートの話題が出てこない時は奥手の可能性があるので、あなたから初デートを誘えば脈ありかなしかを判断できます。

脈ありの人なら嬉しそうな反応を示し、その場で具体的な日時まで一緒に話し合いながら決めることができるはず。

逆に脈なしの人はデートを断ることばかり考え、「予定がわかったら連絡する」のように言って誤魔化すでしょう。


電話の脈あり判断を知って、マッチングアプリでの出会いを良いものにしよう。

マッチングアプリでマッチした異性がいても、初デートへたどり着くには脈ありの人を電話でしっかり見分けることが大切です。

マッチングアプリの異性はその場限りと考えている人も多いので、脈ありや脈なしの分かり易いサインを出しがち。

チェックポイントさえしっかり把握しておけば、電話中にある程度見抜くことができるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にして、自分にぴったりな相手と出会ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事