【例文あり】マッチングアプリでの電話の断り方|相手を傷つけない方法を解説!

【例文あり】マッチングアプリでの電話の断り方|相手を傷つけない方法を解説!

マッチングアプリでの電話の断り方を知りたい方へ。本記事では、マッチングアプリで電話をしたがる男女の心理から、電話の断り方まで大公開!断り方の例文も解説していきます!

マッチングアプリで電話したがる男女の心理|初デート前に通話したがる理由は?

マッチングアプリの電話の断り方

マッチングアプリでやりとりする相手が、初デートの前に電話を希望するのには、それなりの理由があります。

  • 初めて会う前に、どんな男性(女性)か相性や雰囲気を確かめておきたい
  • 初対面の時の緊張を少しでもほぐしておきたい
  • メッセージでやりとりするのが面倒くさい

など、相手がどんな心理状況で初対面前に電話をしたがっているのか、理解しておくことが大切です。

相手の心理状況が分かれば、傷つけずに断れるでしょう。


【例文あり】マッチングアプリでの電話の断り方|相手を傷つけない方法を解説!

マッチングアプリの電話の断り方

「マッチングアプリの相手と、初対面前の電話は嫌だ...」 「マッチングアプリの相手からの電話を断るのに、気をつけることってある?」

マッチングアプリの相手と会いたいけど、電話はしたくないと思う人もいるでしょう。

ここでは、初デート前に電話をしたがる相手に対して、上手な断り方を解説します。断る時に気をつけることもしっかりチェックしてくださいね。


断り方1. 「電話が苦手」と正直に伝える

  • セリフ例

「電話で話すのが苦手で、うまく話そうと思うと緊張しちゃうんです。〇〇さんにつまらないって思われたくないので、メッセージのままでのやりとりでもいいですか?」

不自然な言い訳をして相手に怪しまれるよりも、苦手な理由を正直に伝えた方が相手に好印象を与えられます。

ただし、否定から入ってしまうと、相手に行為がないと思われる可能性も。

初デートに繋げたいのであれば、電話したくないとただ伝えるのではなく、代替案を出しましょう。

あくまで会いたいとは思っているという意志を伝えるのが重要です。


断り方2. 「周りに人がいる状況だから厳しい」とその場では断る

  • セリフ例

「今日は休みで、朝から出かけているんです。今も友達と一緒にいてうるさいので、電話するのは難しいと思います。ごめんなさい(涙)」

相手ではなく、友達といるのを理由で断っているため、電話が嫌だということに気づかれにくいメリットがあります。

一方で、友達と解散した後に、電話できると思わせてしまう断り方。いつ1人になれるか聞いてくる場合もあるので、長期的には使えない断り方だと理解しておきましょう。


断り方3. 「仲良くなってからがいい」と先延ばしにする

  • セリフ例

「〇〇さんとは緊張してしまうから電話は仲良くなってからがいい、しばらくはLINEでのメッセージを続けたい...。」

この断り方だと、相手とのやりとりを続けたい気持ちは伝わるので、相手を傷つけずに自然に断れます。

この断り方の注意点は、あまりにもLINEやメッセージだけの状態が続いてしまうと、相手を飽きさせてしまうこと。

そうならないためにも、初めて会う機会を早めにセッティングするといいですよ。


断り方4. 「恥ずかしいからなんか嫌だ〜」と可愛げがある感じで

  • セリフ例

「初めて会う前に電話するのは、なんか恥ずかしいなぁ。〇〇くんに声聞かれて、がっかりされないか心配だなぁ〜。」

この言い方の良いところは、本心がわかりにくいところです。

特に男性の場合は、女性の恥ずかしがる姿が好きなので喜ばれます。

ただし、あまりに何度も繰り返してしつこいと、相手に電話が嫌だということに気づかれてしまう可能性があります。

いくら相手に喜んでもらえるとしても、ほどほどにしておきましょう。


断り方5. 「今は忙しい!」と言って、また誘ってもらうように促す

  • セリフ例

「今日は仕事や勉強が忙しいから、電話はできないな〜。また時間ができた時にやりとりしよう。」

あなたが今忙しいことが伝われば、状況が状況なので仕方ないと諦めてくれます。

一方で「いつなら暇になる?」と聞いてくることもあるので注意。

あまりに忙しいを理由に断り続けていると、相手の興味関心が薄れてしまう可能性もあります。

相手と早めに会う機会を作るか、あまりにもしつこくて嫌ならスルーする様にしましょう。


電話が苦手でも大丈夫。断り方次第で、マッチングアプリを楽しむことができますよ。

マッチングアプリでマッチした相手によっては相性を確かめるため、会う前に電話したいという人もいます。

「相手の気持ちに応えなきゃ」と思うかも知れませんが、電話が苦手であれば無理をする必要はありません

相手があまりにも「電話したい...」としつこい様であれば、今記事でご紹介した上手な言いまわしや注意点を参考に断ってみてください。

よく一緒に読まれる記事