マッチングアプリで会うまでの平均期間は2週間!早い方がいい理由も解説!

マッチングアプリで会うまでの平均期間は2週間!早い方がいい理由も解説!

マッチングアプリの会うまでの期間を知りたい人へ。本記事では、マッチングアプリの会うまでの平均期間から、会うまでの期間は早い方が良い理由まで大公開!

マッチングアプリで会うまでの平均期間は2週間が一番多い。

マッチングアアプリで会うまでの期間が早い方がいい理由

マッチングアプリでは、マッチしてからお互いを知るために何通かメッセージをします

その後、お互いに共通点があったりして、意気投合して盛り上がると初デートをする流れになりますよね。

仕事や学校があると、すぐにデートまで行かないこともあるため、会うまでの平均が2週間くらいと言われています。

ただし、2週間という平均期間は目安なので、早めに初デートの予定が組めるなら早くても問題ないです。お互いのタイミングで会うのがいいですよ。


【必見】マッチングアプリの会うまでの期間は早い方がいい理由

マッチングアアプリで会うまでの期間が早い方がいい理由

「2ヶ月くらい丁寧にやりとりしてから誘う方が、好印象なのでは?」

「出会うまでの期間が長いと、どんな問題があるんだろう?」

恋愛に慎重な人ほど、どうしてマッチしてから早く会うべきなのか、疑問を抱いてしまうはず。

そこでここからは、マッチングアプリで会うまでの期間は早い方がいい理由について解説します。


理由1. 他の相手に取られてしまうから

マッチングアプリは登録者数も多いので、別の異性といつでも出会うことができ、タイミングを逃すと簡単にライバルに取られてしまうのです。

2ヶ月も初デートに誘われないと、「この人は自分に興味がないから時間の無駄だ」と感じ、アタックしてくれる人に興味を持ってしまうもの。

「2週間でデートに誘ってくれる◯◯さんの方が素敵だな。こないだの人は通話だけだったし、もう連絡とるのやめよう」

などと、マッチしてから会うまでに期間を置きすぎたせいで、恋のチャンスを逃してしまうでしょう。


理由2. 相手に期待しすぎてしまうから

会ったことがない相手とLINEや通話で長くやりとりしていると、どうしても相手を美化してしまいます。

例えば初めて会うまでは、

「◯◯ちゃんは可愛らしい子なんだろうな」

「◯◯さんは実際に会っても面白いはず」

などと妄想を膨らませるでしょう。

初対面までの期間が長ければ長いほど、期待値はどんどん上がってしまうので、実物とのギャップに幻滅しやすくなります


理由3. 他の相手と会うチャンスがなくなってしまうから

マッチングした相手との初デートするまでの期間を毎回1ヶ月ほどかけてしまうと、1人の相手と会うのにかなり時間がかかってしまいますよね。

メッセージを何十通もするよりも、1回のデートの方が相手のことをよく知れるし、短期間でたくさんの異性と出会えます

デートを誘うことに慎重になりすぎると、自分の相性の良い人と出会うチャンスも無くなってしまうので、会うまでに時間をかければかけるほど機会損失も多くなるだけです。


理由4. 知りすぎて不安になってしまうから

メッセージを長く続けていると、会話のネタがなくなり、聞きたくなかったプライベートすぎることまで知ってしまうかもしれません。

直接聞いていればプラスに捉えられたことも、LINEで言われたせいで、恋人として付き合えるか不安になるのです。

例えば、異性と頻繁に会っていることや、よく朝帰りしていることを知らされたら、

「付き合ってもいろいろ大変そうだ」

「他にも何か問題があるのかな…」

などと考えてしまうはず。

会って話した方がお互いの魅力も伝わるのに、文面だけだと誤解を招いてしまうのです。


理由5. 本命ではないと思われてしまうから

マッチングしてある程度メッセージができる相手だと、「この人は自分のことに興味を持ってくれてそう」という気持ちになります。

ですが、そこで初デートの話が出ずに長い間メッセージを続けられると、

「この人は他に良い感じの人がいて、自分は後回しにされているのかな」

「こんなにデートに誘わないのって、遊び目的なのかな」

と感じてしまうでしょう。

デートに誘うのが遅すぎると、相手に不信感を与えてしまうので、初デートの約束をするのは早めの方がいいですよ。


理由6. 受け身だとマイナスな印象を持ってしまうから

女性は、消極的な男性に対して男らしさを感じず、魅力的に思えなくなってしまうもの。

一方で男性は、受け身すぎる女性を退屈な人と感じて、気持ちが冷めてしまいがち。

そのため誘い方がわからず、LINEのやりとりだけ2ヶ月も続けていれば、

「この人と付き合っても頼りにならなそう」

「きっとデート中も静かで盛り上がらないな」

などとお互いの印象が悪くなるだけです。

マッチングアプリでマッチしてから初対面までの期間が早い方が、お互いのことを「良い人かも!」と思うようになるでしょう。


理由7. 気持ちがどんどん冷めやすくなるから

マッチした頃はお互い気持ちが盛り上がっていても、会うまでの期間が長いと会話がなくなってマンネリ化するので、ドキドキ感も減少します。

そうすると、

「会ってもつまらなそうだな…」

「なんか最近◯◯さんと話すの楽しくないや」

などとテンションが下がってしまい、もし2ヶ月後にデートに誘われても、あまり乗り気になれません。

初めて会うまでの期間が長くなればなるほど、相手に対する感情は薄れてしまうのです。


一番大事なのはフィーリング。会うまでの期間は気にせずにデートに誘おう。

マッチングアプリでマッチしてから、初デートまでの平均期間は2週間ほど。

1ヶ月以上だらだら連絡していると、誘うチャンスがなくなったりライバルに取られたりして、会う前に終わってしまう可能性もあります。

とはいえマッチしてからすぐに誘うのは、なかなか勇気が出ないですよね。

そこでメッセージで盛り上がった時など、自分にとって適切なタイミングで初デートに誘い、恋が成就するよう頑張ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事