アイスコーヒー用コーヒー豆の人気おすすめ10選|自宅で美味しい珈琲を楽しもう!

アイスコーヒーに最適なコーヒー豆をお探しの方へ。今記事では、アイスコーヒー用のコーヒー豆を選ぶポイントから、おすすめのコーヒー豆まで詳しくご紹介します。豆によって味や香りも異なるため、気になる商品があれば、ぜひチェックしてみてください!

アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方|購入する前に確認すべき点とは

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ

「アイスコーヒーを作るためのコーヒー豆は、普通の珈琲豆でいいの?」と気になっている人は多いはず。

まずは、アイスコーヒー用のコーヒー豆の選び方をご紹介します。

納得のいくコーヒー豆を選ぶためにも、ぜひチェックしてみてください。


アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方1. 好みの味わいで選ぶ

コーヒー豆は、焙煎方法によって味わいが変わります。焙煎とは、コーヒー豆を炒る加熱作業を指し、生豆を炒ることで風味が生まれます。

アイスコーヒーには、時間をかけて加熱した深煎りがおすすめです。特に焙煎の中で最も深煎りの「イタリアンロースト」や酸味の強い「フレンチロースト」は、アイスコーヒーに向いています。

コーヒーの苦味が苦手ですっきりとした味わいを好む場合は、焙煎時間の短い「浅煎り」のコーヒー豆を選ぶといいでしょう。


アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方2. 焙煎度合いによる味の違いを把握し、産地で選ぶ

コーヒー豆は育った環境によっても、味わいが左右されます。アイスコーヒー用のコーヒー豆を選ぶ時には、バランスの良い南米の豆をベースに選びましょう。

コーヒー豆の生産量世界一のブラジルのコーヒー豆は、酸味と苦味のバランスがよく飲みやすいのが特徴。一方、コロンビアのコーヒー豆は、フルーティーで華やかな風味を堪能できますよ。

産地による味の違いは深煎りに焙煎するほど感じにくいので、焙煎度合いと産地のバランスを見ながら検討してみてください。


アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方3. 飲む頻度を考えてサイズを選ぶ

コーヒー豆の賞味期限は焙煎方法や種類により異なりますが、長くても1年程度です。短いと1ヶ月程度で、風味や味わいが変化してしまうことがあります。美味しく味わうためにも、アイスコーヒーを飲む頻度に合わせて使い切れるサイズを選ぶことが大切です。

1杯のアイスコーヒーには約20gのコーヒー豆を使用するので、1日1杯アイスコーヒーを飲む場合は1ヶ月で600gほどのコーヒー豆を消費します。どの頻度で飲むか考えながら自分に合う容量を検討してみてください。


アイスコーヒー用コーヒー豆の選び方4. 豆の挽き方を確認して選ぶ

コーヒー豆には粗さによって、細挽き、中挽き、粗挽きなどの挽き方があります。挽き方によってお湯と接する面積が異なり、風味や香りが変わります。

アイスコーヒーには、グラニュー糖ほどの粒子の大きさになる中細挽き程度が理想です。ウォータードリップをする場合は、もう少し粒子が細かい細挽きも向いています。自宅でコーヒー豆を挽く場合も、できるだけ細かくしましょう。

粗挽きの場合は粒が大きく旨味の抽出に時間がかかるので、ゆっくりとお湯を注ぎながら抽出するようにしてください。


美味しいアイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ10選

ここからは、市販や通販で購入できる人気のアイスコーヒー用のコーヒー豆をご紹介します。

安い価格で購入しやすい商品や産地にこだわった商品、バランスの取れた風味の商品などを厳選しました。

ぜひ、飲んでみたい商品を見つけてみてください。


アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ1. BITTERなアイスブレンド

澤井珈琲 コーヒー 専門店 BITTERなアイスブレンド (アイスコーヒー 水出し珈琲用) セット 1.5kg (500g x 3) 150杯分 超大入り 【 中細挽き 】
  • 500g入りなので、毎日飲みたい人やアイスコーヒーを作り置きしておきたい場合に便利。
  • 香りの良い飲みやすい味わいとなっているため、リラックスしたい時に最適
  • 通常の2倍の時間をかけてじっくりと焙煎しているので、コクや苦みのある味わいに仕上がっている。

自宅で喫茶店のようなアイスコーヒーが楽しめたら、嬉しいですよね。

コーヒー専門店「澤井珈琲」の『BITTERなアイスブレンド』は、アイスコーヒーにした時の水っぽさや酸味を抑えるために通常の2倍の時間をかけてじっくりと焙煎しているところが特徴。深みのあるコクと香ばしい香りが印象的で、アイスコーヒーにした時に美味しいブラジル産のコーヒー豆を厳選して使用しています。

「家中にコーヒーのいい香りが広がりって、まるで喫茶店にいるような気分」という口コミもあるので、本格的なアイスコーヒーを飲みたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:極深煎り
  • 挽き方:中細挽き
  • 産地:ブラジル
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 500 (g)
  • メーカー:澤井珈琲

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ2. 深煎り コーヒー 豆 ヨーロピアンブレンド

深煎り コーヒー 豆 ヨーロピアンブレンド 260g ( 豆のまま ) 自家焙煎 珈琲豆 アイスコーヒー や 水出しコーヒー にも
  • 年間を通じて味わえる銘柄を選んでおり、アイスコーヒーやカフェオレ、ホットコーヒーなど様々な飲み方ができる。
  • ガス抜きのついた150gずつの個包装になっているので、鮮度を保ちやすい。
  • 1,200円程度の安い価格で購入できるため、試しに使ってみたい人に向いている。

美味しいアイスコーヒーを作るには、どのような豆を使っているのか気になるところ。

「神戸ファクトリーナコーヒー」の『深煎りコーヒー豆 ヨーロピアンブレンド』はグアテマラやコロンビアで育ったコーヒー豆をブレンドし、日本人好みのヨーロピアンブレンドに仕上げています。コーヒー豆を品種ごとに焙煎し、その後独自のレシピでブレンドをする方法を採用しており、風味や味わいのバランスに優れているところもポイント。

美味しい風味になるよう産地や焙煎方法にこだわっているので、自宅で本格的なコーヒーを飲みたい人はぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:深煎り
  • 挽き方:ー
  • 産地:グアテマラ、コロンビア
  • 豆の品種:アラビカ種
  • 内容量: 150(g)
  • メーカー:神戸ファクトリーナコーヒー

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ3. 専門店のアイス珈琲 イタリアンロースト

専門店のアイス珈琲 《イタリアンロースト》 【粗挽き】 土居珈琲 200g コーヒー豆 珈琲豆 粉 ブレンドコーヒー アイスコーヒー
  • 注文を受けてから焙煎をするので、時間が経過したコーヒー豆の雑味を抑えられる。
  • 人の手作業で不良豆を取り除いており、良質なコーヒー豆を厳選している。
  • 上品な苦みを引き立たたせ、アイスコーヒーで味わいたい風味に仕上がっている。

「焙煎をしてから時間が経つと雑味が出て、アイスコーヒーで美味しく味わえるのか心配。」

「土居珈琲」の『専門店のアイス珈琲』は生豆のまま保管し、注文を受けてから丁寧に焙煎をしています。焙煎後時間が経過すると発生するえぐみや苦みを抑え、鮮度の高い風味が楽しめるところが特徴。40年以上の実績がある創業者の焙煎技術を継承し、小さな焙煎釜で一人一人に合う焙煎を行います。

焙煎したての状態で発送されるので、鮮度の高いアイスコーヒー用のコーヒー豆が欲しい人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:極深煎り
  • 挽き方:粗挽き
  • 産地:ー
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 200 (g)
  • メーカー:土居珈琲

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ4. 東京コーヒー オーガニックコーヒー豆

水出し アイスコーヒー 「ダッチブレンド」オーガニック コーヒー豆 ライトフレンチロースト Tokyo Coffee Organic Cold Brew (豆のまま 200g)
  • 焙煎仕立てのコーヒー豆を発送しているため、香り高い新鮮なアイスコーヒーを楽しめる。
  • 自家焙煎でアイスコーヒーにぴったりなライトフレンチローストに仕上げている。
  • 農薬や化学肥料を使わないJAS認証を受けたコーヒー豆を使用している。

毎日アイスコーヒーを飲んでいる場合、安心して飲めるものを選びたいですよね。

「東京コーヒー」の『オーガニックコーヒー豆』は、JAS認証を受けた100%オーガニックコーヒー豆を使用しています。 農薬や化学肥料に頼らず栽培されたコーヒー豆なので、環境や体への負荷が少ないところが特徴。自家焙煎したばかりの香りや風味を楽しんでもらいたいという思いから、焙煎直後の商品を発送しています。

自然の恵みを受けて育ったコーヒー豆なので、オーガニック商品を好む人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:深煎り
  • 挽き方:ー
  • 産地:ー
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 200 (g)
  • メーカー:東京コーヒー

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ5. 藤田珈琲 アイスコーヒー ラオスブレンド

アイスコーヒー ラオスブレンド(豆) 500g×4袋【計2Kg】 【藤田珈琲 コーヒー豆】
  • 焙煎後にコーヒー豆をブレンドするアフターミックス製法を採用しているので、それぞれのコーヒー豆の良さが引き立つ。
  • ラオス産のコーヒー豆を中心にブレンドし、苦みのあるアイスコーヒーらしい風味に仕上がっている。
  • 保存袋の表面にガス抜きができるバルブがついており、鮮度の高い状態で保管できる。

アイスコーヒーだからこそ感じられるきりっとした苦みを堪能できると嬉しいですよね。

「藤田珈琲」の『アイスコーヒー ラオスブレンド』はラオス産のコーヒー豆を中心にブレンドしており、キリッとした苦みのある風味が特徴。アイスコーヒーに合う味わいに仕上がっています。複数のコーヒー豆を別々に焙煎し、焙煎後にミックスをするアフターミックス製法を取り入れており、それぞれのコーヒー豆のおいしさを最大限に引き出しているのもポイント。

「酸味は少なめで、苦みがある風味に仕上がっている」というレビューもあるので、アイスコーヒーの苦みが好きな人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:深煎り
  • 挽き方:ー
  • 産地:ラオスなど
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 500 (g)
  • メーカー:藤田珈琲

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ6. ドリップコーヒーファクトリー アイスコーヒーブレンド

ドリップコーヒーファクトリー アイス コーヒー ブレンド 豆のまま 1kg ( 500g × 2袋 ) 珈琲
  • 世界の有名ロースターで使用されている焙煎機を使いじっくりと焙煎しているので香り高い。
  • 苦みを抑えまろやかさのあるバランスの取れた味わいで飲みやすい。
  • 焙煎の技術を競う大会で1位に輝いた焙煎士が監修しており、妥協のない風味に仕上がっている。

アイスコーヒーの苦みや酸味が苦手で、どんなコーヒー豆を選べばいいのか迷っていませんか。

「ドリップコーヒーファクトリー」の『アイスコーヒーブレンド』は、焙煎の技術などを競うジャパンエアロプレスチャンピオンシップローストコンペティション2019で優勝をした焙煎士監修のもと丁寧に焙煎しています。苦みを抑えたバランスのいい風味で、甘さを感じられるところが特徴。

爽やかでフルーティーな印象を与えるブレンドなので、まろやかで飲みやすいアイスコーヒーを探している人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:ー
  • 挽き方:中挽き、豆のまま
  • 産地:ブラジル、ホンジュラス
  • 豆の品種:
  • 内容量: 500 (g)
  • メーカー:ドリップコーヒーファクトリー

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ7. 木炭焙煎珈琲豆 深々煎りコーヒー

コーヒー豆 木炭焙煎 珈琲豆 深煎り の魅力を楽しめます フレンチ (豆のまま) 300g 深々煎りコーヒー アイスコーヒー カフェオレ 等アレンジ珈琲も楽しめます 1日1杯約1か月分
  • 風味や栽培方法にこだわった契約農家のコーヒー豆を使用している。
  • ブラジルやコロンビア産など複数のコーヒー豆をブレンドしており、深煎りで起こりやすい苦みを抑えている。
  • 国産の木炭を使用し焙煎しているので、遠赤外線効果で表面はカリッと中はふんわり仕上がる。

アイスコーヒーの場合、氷などの水分で味が薄くなると最後まで美味しく味わえないですよね。

「木炭焙煎珈琲豆」の『深々煎りコーヒー』は濃いめの深みがある味わいなので、最後までしっかりと風味が楽しめるところが特徴。ブラジルやコロンビア産の複数のコーヒー豆をブレンドしているため、苦みを抑えた飲みやすい味わいに仕上がっています。焙煎には機械を使用せず国産の木炭を使い、温度や火力を調整しながらふっくらと焼き上げているのもポイント。

氷を淹れても変わらない風味なので、最後の一滴まで美味しく飲みたい人は必見です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:深々煎り
  • 挽き方:ー
  • 産地:ブラジル、コロンビアなど
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 300 (g)
  • メーカー:木炭焙煎珈琲豆

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ8. 辻本珈琲 イツモアイスブレンド

【アイスコーヒー専用】イツモアイスブレンド 500g 豆のまま
  • 爽やかでキレのある味わいで、喉ごしのいい飲みやすいアイスコーヒー。
  • インドネシアやブラジルなど複数の産地のコーヒー豆をブレンドし、バランスの取れた風味に仕上げている。
  • 水出しコーヒー用にも使えるので、手軽にアイスコーヒーが作れる。

お湯を沸かしたり冷やしたりする手間がかかると面倒ですよね。

コーヒー専門店「辻本珈琲」の『イツモアイスブレンド』は、爽やかでキレのある味わいが特徴。インドネシアやブラジルなど複数の産地のコーヒー豆をブレンドし、飲みやすい味を実現しています。

水出しコーヒーにも向いており、手軽に美味しいアイスコーヒーが作れるところもポイント。

自宅でゴクゴク飲めるアイスコーヒーのために作られた商品なので、手軽にアイスコーヒーを楽しみたい人は要チェックです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:ー
  • 挽き方:中挽き、粗挽き、細挽き、極細挽き、豆のみ
  • 産地:インドネシア、ブラジル、コロンビア
  • 豆の品種:ー
  • 内容量:500 (g)
  • メーカー:辻本珈琲

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ9. 加藤珈琲店 金のアイス・カップオブエクセレンスブレンド

  • 酸味を抑えコクや香りが広がる、上品な風味に仕上がっている。
  • 希少価値の高いコーヒー豆をブレンドしており、風味や香りがワンランク上のアイスコーヒーが堪能できる。
  • 少量のコーヒー豆を時間をかけてじっくりと焙煎することで、コーヒー豆の持つ旨味を引き出している。

リフレッシュしたい時に飲める、ちょっぴり贅沢なアイスコーヒーがあると嬉しいですよね。

「加藤珈琲店」の『金のアイス・カップオブエクセレンスブレンド』は、国際的な品評会で高い評価を得たコーヒー豆だけが名乗れるカップオブエクセレンスコーヒー豆と、珈琲鑑定士が厳選した世界トップクラスの品質を誇るグレードコーヒー豆をブレンドしているところが特徴。

1年間で栽培できる量が限定されている貴重なコーヒー豆を使用しています。

希少価値の高いコーヒー豆なので、ワンランク上のアイスコーヒーを味わいたい人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:ー
  • 挽き方:中挽き、粗挽き、細挽き、極細挽き、豆のみ
  • 産地:ー
  • 豆の品種:アラビカ種
  • 内容量: 500 (g)
  • メーカー:加藤珈琲店

アイスコーヒー用コーヒー豆のおすすめ10. ネスレ スターバックス アイスコーヒーブレンド

ネスレ スターバックス コーヒー アイスコーヒー ブレンド 220g レギュラー(豆)
  • ミルクを注いでもまろやかでバランスの取れた味に仕上がるため、カフェオレにも向いている。
  • コクとさっぱりとしたシトラス感があり、後味がよく飲みやすい。
  • スターバックスが特別にブレンド、調合したアイスコーヒー用のコーヒー豆。

人気のコーヒーショップの味を自宅でも手軽に楽しめると嬉しいですよね。

「ネスレ」の『スターバックス アイスコーヒーブレンド』は、アイスコーヒーとして美味しく味わえるコーヒー豆をスターバックスが特別にブレンド、ローストしているところが特徴。

程良いコクとさっぱりとしたシトラス感があり、お店で飲むような本格的なアイスコーヒーに仕上がります。ブラックコーヒーだけでなく、ミルクを注いでもバランスのいい風味になるよう工夫されているのも魅力的。

スターバックスのアイスコーヒーを自宅で簡単に味わいたい人は要チェックです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 焙煎度合い:ー
  • 挽き方:ー
  • 産地:ー
  • 豆の品種:ー
  • 内容量: 220 (g)
  • メーカー:ネスレ

美味しいアイスコーヒーを入れるコツをレクチャー!

アイスコーヒーを淹れる時は、ホットコーヒーよりも濃く淹れることがポイントです。ホットコーヒーは10gを使用して120mlのコーヒーを作りますが、アイスコーヒーの場合は10gで60mlのコーヒーを作ります。

アイスコーヒーの抽出を終えたら、氷で素早く冷やしてお好みの濃さに整えましょう。

また、ドリッパーの穴の数によって最適な淹れ方が異なるので、事前にチェックしておいてください。


お気に入りのアイスコーヒー用珈琲豆を見つけてみて。

アイスコーヒー用のコーヒー豆があれば、自宅やオフィスでも本格的なアイスコーヒーを手軽に楽しめます。

風味にこだわった商品やコーヒー豆の品質にこだわった商品、安い価格で試しに買える商品などが揃っていましたね。

ぜひ、今回ご紹介した商品や選び方を参考に、自分に合うアイスコーヒー用のコーヒー豆を選んでみてください。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事