米焼酎のおすすめランキング15選|お米の甘みを楽しめる美味しい人気銘柄を紹介

美味しいおすすめの米焼酎をお探しの方へ。今記事では、米焼酎の特徴や選ぶポイントから、おすすめの米焼酎ランキングまで詳しくご紹介します。お米の甘みや香りが味わえる人気銘柄のお酒を解説するので、気になる商品があれば、ぜひチェックしてみてください!

米焼酎とは|日本酒との違いは何?

米焼酎のおすすめランキング

米焼酎は、酒米を発酵させて造った日本酒を加熱し、気体にしてから冷却して液化させたお酒のこと。造り方の違いから日本酒は醸造酒、米焼酎は蒸留酒と呼ばれています。

同量換算の場合、カロリーは米焼酎が高くなりますが、適量で考えると米焼酎の方が低カロリー。また、糖質量は日本酒一合が約7gであるのに対し、米焼酎は一般的に0gです。

これらのことから、米焼酎は摂取カロリーに気を遣っている方、糖質制限中の方におすすめのお酒といえるでしょう。


米焼酎の選び方|購入する前に確認すべき点とは

同じ米焼酎でも、銘柄によって味わいや特徴は異なるもの。せっかく買ったのに満足できなければ後悔が残るばかりです。

そこで美味しい米焼酎に出会える選び方の重要なポイントをまとめました。

事前にチェックすれば、お酒選びが成功すること間違いなしですよ。


米焼酎の選び方1. こだわりのある「酒造好適米」を選ぶ

米焼酎の銘柄によって飲み口が違うと感じることもあるでしょう。これは酒造好適米、いわゆる酒米の種類が違うためです。

酒造好適米とは酒造りに用いられる米のことで、100を超える品種が栽培されています。中でも代表的なのが以下の4品種。

  • 山田錦
    甘さや辛さなどバランスのとれた美味しさ。
  • 五百万石
    キレが良くすっきりとした味わいが楽しめる。
  • 美山錦
    フルーティーで飲みやすい味わい。
  • 雄町
    深みのある飲み口。

好みの米焼酎を見つけたいなら、ぜひ酒米の種類に注目してみてください。


米焼酎の選び方2. 味の決め手となる「麹の種類」で選ぶ

米焼酎の美味しさには、原料となる麹も大きく関係しています。麹の種類は以下の3種類。

  • 白麹
  • 黄麹
  • 黒麹

種類によって飲みやすさや吟醸香などに違いが生じます。好きな味わいの銘柄を楽しむためには、麹の特徴を踏まえて選ぶのがおすすめ。以下に特徴などをまとめたので参考にしてください。


すっきりとした味わいになる「白麹」の特徴とは

黒麹が突然変異を起こしたことで生まれた白麹はクエン酸が豊富で、雑菌の繁殖抑制に効果的。原料として用いることで、すっきりとした軽快な口当たりとマイルドな飲み口が特徴的な米焼酎が完成します。

クセがなく飲みやすいことから、お酒初心者から米焼酎好きな方まで万人受けすること請け合い。初めて飲む銘柄でも美味しいと感じることが多いでしょう。


フルーティな味わいになる「黄麹」の特徴とは

黄麹は3種類の中でもっとも歴史が古く、もともとは日本酒の原料として使用されていました。

クエン酸をつくらないため品質管理が難しいですが、徹底した管理のもとで造った米焼酎は、日本酒のようにフルーティーな香り広がる美味しさに。軽い味わいで飲み口もあっさりとしているので、米焼酎を飲んだことがない方にもおすすめですよ。


コクのある深い味わいになる「黒麹」の特徴とは

クエン酸の分泌量が豊富な黒麹は、雑菌繁殖を防ぐ効果が高いとされており、温暖な気候の土地で重宝されています。黒麹由来の米焼酎は強めのコクと鋭いキレが魅力的で、香りも芳醇

クエン酸の作用により辛口タイプが多いことも、黒麹の米焼酎に見られる特徴の一つです。濃厚な味わいのお酒が好きな方にとって、黒麹使用の米焼酎はベストな銘柄といえるでしょう。


米焼酎の選び方3. 飲みやすさを意識した「蒸留方式」を選ぶ

お酒の製造方法も、米焼酎の美味しさを決める重要なポイントの一つです。

米焼酎の製造には常圧蒸留と減圧蒸留、2種類の蒸留方式が用いられています。

蒸留方式の違いによって米焼酎の風味が変わるので、特徴を踏まえて銘柄を選ぶようにしましょう。


クセのある風味が好みなら「常圧蒸留」がおすすめ

常圧蒸留は気圧を変化させず、高温状態で気化した蒸気を冷却して造る伝統的手法のこと。原料に含まれる成分を豊富に抽出できるため、香りも味わいも濃厚でしっかりとした仕上がりになります

米焼酎の風味が豊かな分クセもありますが、主張の強いお酒が好きな方は美味しいと感じられるはず。ふくよかな香りを楽しみたい方、飲みやすいお酒では物足りない方におすすめです。


飲みやすさを重視するなら「減圧蒸留」がおすすめ

減圧蒸留は蒸留タンク内の気圧を下げ、低温での気化を可能にした蒸留方式です。通常90°近くの温度で気化するところを50°前後に抑えることで、雑味がなくクリアで飲みやすい、すっきりとした米焼酎が完成します。

香りも控えめなので、米焼酎ならではの吟醸香が苦手な方も美味しいと思えるはず。飲みやすい銘柄で徐々に米焼酎に慣れていきたい時にも重宝しますよ。


米焼酎の選び方4. 迷ったら「有名産地」で選ぶ

お酒初心者にとっては、麹の種類や蒸留方式などで選ぶと言われてもピンとこないもの。選び方がイマイチ分からない時は、思い切って産地を参考にしてみましょう。

米焼酎の有名な産地といえば、球磨焼酎として知られる熊本県が代表的です。近年では、日本酒の産地である新潟県も「八海山 よろしく千萬あるべし」を販売するなど、人気を博しています。

多くの方々から人気を集めている産地から選べば、きっと美味しいお酒に出会えるはず。まずは有名産地の米焼酎から試してみて。


米焼酎のおすすめランキング15選|飲みやすくて美味しい人気銘柄を徹底ガイド

美味しい米焼酎を選ぶコツを知ったところで、次に気になるのが銘柄ですよね。

ここからは人気の高い米焼酎を、コスパや味わいなどを参考にランキング形式にてご紹介します。

一度飲んだらハマる、リピート必至の銘柄を揃えました。


【米焼酎のおすすめランキング第15位】 鶴齢 本格粕取り焼酎 雪男 25°

  • 吟醸酒の酒粕を使用しており、上品に広がる吟醸の香りが楽しめる
  • 軟水仕込みの辛口タイプなのですっきりとした飲み口を好む方なら満足必至
  • 抜群のキレの奥に米の甘みが感じられるため、海鮮料理とも相性が良い

「甘いお酒は飽きやすい。」米本来の甘さが気になると、ひと口飲めばもう十分ということもあるはず。

青木酒造の『鶴齢 本格粕取り焼酎 雪男』は、吟醸酒の酒粕や軟水などで仕込んだ辛口すっきりタイプの米焼酎です。キレが良くて米の甘みも余韻として感じられる程度なので、風味が後に残りません。上品かつ豊かな香りも楽しめますよ。

すっきりとした爽快感のある米焼酎が好きな方なら、きっと美味しく飲めるはず。キレの良い味わいをぜひ堪能してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:越淡麗
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:ー
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:青木酒造(新潟県)

【米焼酎のおすすめランキング第14位】 黒木本店 米焼酎 野うさぎの走り 37度 600ml

黒木本店 米焼酎 野うさぎの走り 37度 600ml
  • 600ml3,000円台の高級プレミア焼酎。特別な日の一杯に最適
  • 長期熟成の古酒ともち米焼酎をブレンド。繊細な口当たりで米の上品な甘さも感じられる
  • 飲み進めるごとに味わいに深みが増すから、飲むたびにクセになる

自分へのご褒美として、高級銘柄を選びたい時もあるはず。特別な日を彩るお酒だからこそ、失敗したくはないですよね。

黒木本店の『米焼酎 野うさぎの走り』は、かめの中で長期熟成させた古酒ともち米焼酎を合わせて造られたプレミア焼酎です。価格は3,000円台と高いものの、美味しさは値段以上。米の優しい甘みが特徴ですが、飲み進めるうちに奥深さを感じられるでしょう。

「高い買い物だから、確実に美味しい米焼酎が良い。」そんな方の願いを叶えてくれる絶品銘柄です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:白麹
  • 蒸留方法:常圧蒸留
  • アルコール度数:37 (度)
  • 製造酒造:黒木本店(宮崎県)

【米焼酎のおすすめランキング第13位】やま里 もち米焼酎 25度 1800ml

  • 国産もち米を使用。とろみがあり、口に広がる優しい旨みと甘みが魅力的
  • 米ならではの甘い香りがほど良く広がり、男女問わず楽しめる
  • ロックでもお湯割りでも美味しいお酒。気分や料理に合わせて飲み方を変えやすい

「コクが感じられなくて美味しくない。」飲みやすい米焼酎はあっさりとしていて、ストレートで飲んでも米の風味が感じられないことってありますよね。

姫泉酒造の『やま里 もち米焼酎』は黒麹でコクを、常圧蒸留式でふくよかな味わいを実現した、もち米100%の米焼酎。とろりとしたお酒の中に米本来の甘みが感じられ、飲めば飲むほどクセになること間違いなしの美味しさです。

しっかりとした味わいが好みの方なら、すぐに気に入るはず。ぜひチェックしてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:黒麹
  • 蒸留方法:常圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:姫泉酒造(宮崎県)

【米焼酎のおすすめランキング第12位】 本格焼酎よかいち 紙パック

本格焼酎よかいち 紙パック [ 焼酎 25度 宮崎県 1800ml ]
  • 独自開発による香り酵母の働きで、華やかな香りが楽しめる
  • 黄麹と低温発酵の効果により飲みやすい味わいを実現
  • 紙パックだから瓶よりも軽量で安い。ごみ捨ても楽でコスパも申し分なし

米焼酎が飲みたくても、瓶タイプだと重くて持ち運ぶのが面倒くさいですよね。ごみを捨てる際もかさばるから、と購入を躊躇している方もいるはず。

宝酒造の『本格焼酎よかいち 紙パック』は、片手でも簡単に持てる紙パック入りの米焼酎で、収納場所から取り出すときもグラスに注ぐ際も楽々。飲み終わったら畳めば小さくなりますし、ごみ袋に入れて簡単に捨てられますよ。

「手軽に扱えるなら購入してみたい。」という方にぴったりな包装タイプのお酒です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:黄麹
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:宝酒造(宮崎県)

【米焼酎のおすすめランキング第11位】 本家 田舎侍720ml

  • 厳選した玄米を焙煎。口に残る芳ばしい風味が和食と合う
  • リラックス効果の高い玄米の香りが魅力。1日の終わりに飲めばリフレッシュ間違いなし
  • 1,000円とリーズナブルな価格帯で日常飲みに最適

「味の違いがよく分からない。」米焼酎をいくつか飲んだけど、どの銘柄も香りや口当たりが同じだと感じている方もいるでしょう。

本家松浦酒造の『本家 田舎侍』は、米焼酎の中でも珍しい玄米が原料のお酒。焙煎してから使用しているため、口に含むと玄米の芳ばしさが香ります。飲んだ後で口の中に残る玄米ならではの深い味わいが心地よく、するするっと飲み進めたくなる美味しさです。

今まで飲んだことのないような味わいの銘柄を求める方におすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:ー
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:本家松浦酒造(徳島県)

【米焼酎のおすすめランキング第10位】 豊永酒造 豊永蔵

  • 1本3,000円台と高級感ある米焼酎。大切な方への贈り物にぴったり
  • 酵母の働きにより、控えめに香る華やかな吟醸香が楽しめる
  • 優しい上品な味わいで料理の美味しさを邪魔しない

「特別な日のお祝いにお酒を贈りたい。」お酒が好きな方へのプレゼントとして、ちょっと高級な銘柄を探している方はいませんか。

豊永酒造の『豊永蔵』は、1800mlで約3,000円と高価格帯ながら、値段以上の美味しさを誇る米焼酎。農薬や化学肥料を使用せず栽培した米など、厳選された原料で造られており、華やかな香りと優しい口当たりが魅力の銘柄に仕上がっています。

上質な美味しい米焼酎なら、嬉しいと喜ばれること間違いなし。祝福の気持ちを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:豊永酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第9位】 天草 25度 1800ml

  • まろやかな飲み口でクセがない定番銘柄。米焼酎にトライしたい方におすすめ
  • 約2,000円と手頃な価格で購入しやすい
  • 食事内容を選ばないお酒だから、和食から洋食まで食中酒に最適

米の旨みやフルーティーな香りは、ときに料理の味を邪魔してしまうことも。かといって料理に合わせてお酒を変えるのも面倒くさいですよね。

天草酒造の『天草』は、マイルドな口当たりで雑味やクセがない米焼酎です。旨みや甘みのバランスが絶妙な仕上がりで、どんな料理に合わせてもお酒の味が目立ちすぎることなく見事にマッチ。食事が引き立ちますよ。

和食でも洋食メニューでも美味しく楽しみたいなら、ぜひこちらの米焼酎を購入してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ヒノヒカリ
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:天草酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第8位】 本格米焼酎 熊野水軍 720ml

  • 熊野川の伏流水をはじめ、厳選した原料で造り上げた本格派で吟醸香の高さが魅力
  • あっさりとした飲み口でクセがなく飲みやすい
  • 720ml1,000円台と安い価格で購入可能なのでコスパの良さを求める方におすすめ

気軽に飲みたい場合リーズナブルな米焼酎を選びたくても安いと品質が気になりますよね。

尾崎酒造の『本格米焼酎 熊野水軍』は、こだわりの水と米、米麹そして吟醸粕を使用した本格派の米焼酎です。豊かな吟醸香とすっきりとした飲み口を併せ持った上質な銘柄が、約1,200円と比較的お手頃な価格で楽しめますよ。

「美味しくて安い米焼酎があれば、もっと頻繁に飲めるのに。」そんな悩みを持つ方にぜひおすすめしたい、コスパ抜群の銘柄です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:ー
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:尾崎酒造(和歌山県)

【米焼酎のおすすめランキング第7位】 六調子酒造 特吟六調子 米

六調子酒造 特吟六調子 米 [ 焼酎 35度 熊本県 720ml ]
  • コク深さと米の風味が際立つ美味しさ。すっきりとした飲み口が好きな方向け
  • 黄麹と長期間の貯蔵により甘みが感じられる仕上がりに
  • ロックもお湯割りも相性が良く、季節問わず楽しめる

「上品な米焼酎は口に合わない。」味や香りがマイルドな米焼酎に物足りなさを感じてしまい、美味しく飲めなかった経験のある方はいませんか。

六調子酒造の『特吟六調子 米』は、常圧蒸留式を採用することで米の風味をしっかりと抽出。コク深い味わいと米本来の旨み、芳醇な香りのバランスが絶妙な米焼酎に仕上がっています。黄麹を使用しているため、濃厚な飲み口の中に甘さも感じられますよ。

米焼酎の独特なクセを堪能したい方に飲んでもらいたい、パンチのある辛口タイプです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:黄麹
  • 蒸留方法:常圧蒸留
  • アルコール度数:35 (度)
  • 製造酒造:六調子酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第6位】 高橋酒造 白岳 吟麗しろ(銀しろ)

高橋酒造 白岳 吟麗しろ(銀しろ) [ 焼酎 25度 熊本県 720ml ]
  • 吟醸酵母と低温発酵により、フルーツのような甘い香りが広がる一杯に
  • 米焼酎ならではの旨みが魚料理と相性ぴったり
  • 柔らかい味わいとクセのないのど越しで、初心者にも飲みやすい

香りや味わいが良くても、独特の風味が口に残る米焼酎では飲みづらいもの。クセがあるタイプが好きなら良いですが、苦手な場合は選びたくないですよね。

高橋酒造の『白岳 吟麗しろ』は、水と米に吟醸酵母を加えて低温発酵することで、フルーティーな香りを実現した人気の米焼酎。口当たりは柔らかく、口に残る後味もさっぱりとしているので、焼酎ならではのクセが得意でなくても美味しく感じられるでしょう。

米焼酎に慣れていない方、飲みやすいお酒が好きな方と相性ぴったりな銘柄です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:高橋酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第5位】 耶馬美人1.8L 純米25°旭酒造

耶馬美人1.8L 純米25°旭酒造
  • 仕込みから熟成まで丁寧に造り上げた本格米焼酎なので繊細かつまろやか
  • そのまま飲むことで銘柄本来の旨さが楽しめるため、ストレート好きにおすすめ
  • のど越しすっきりタイプで、甘いお酒が苦手でも美味しく飲める

米焼酎も飲むけど、甘さが強いとすぐに飽きてしまうという方は多いでしょう。

旭酒造の『耶馬美人』は、まろやかで繊細な味わいとすっきりとしたのど越しが特徴の本格米焼酎です。ストレートで飲むことで銘柄本来の旨さが引き立ち、何杯飲んでも飲み飽きない美味しさ。お湯割りや水割りとも相性が良いので、気分で飲み方を変えても美味しく楽しめますよ。

「爽やかな味わいの米焼酎があれば飲んでみたい。」そんなさっぱりタイプがお好みの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:ー
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:旭酒造(大分県)

【米焼酎のおすすめランキング第4位】 八海山 本格米焼酎黄麹三段仕込み よろしく千萬あるべし

八海山 本格米焼酎黄麹三段仕込み 宜有千萬(よろしくせんまんあるべし) 1800ml [新潟県]
  • 清酒粕を使用することで品の良い飲み口を実現。女性もするすると飲める
  • 吟醸酒のような優しい香りが特徴。上品な吟醸香を好む方におすすめ
  • 2年以上貯蔵してから販売するため、豊かでまろやかな美味しさが楽しめる

「主張が強すぎるお酒はちょっと苦手。」パンチのある米焼酎では美味しいと思えず、グラスが進まないことってありますよね。

八海醸造の『本格米焼酎黄麹三段仕込み よろしく千萬あるべし』は、清酒粕を原料に使用することで品のある味わいに仕上げた米焼酎。香りも優しくマイルドな美味しさがあり、すっきりとしていて飲みやすいと好評です。

清酒のような爽やかな香りと華やかな味わいを兼ね備えた銘柄なら、上品な米焼酎を求める方も満足できるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:黄麹
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:八海醸造(新潟県)

【米焼酎のおすすめランキング第3位】 繊月酒造 川辺

繊月酒造 川辺 [ 焼酎 25度 熊本県 1800ml ]
  • 世界的な品評会で金賞を獲得。外国人の口にも合うためプレゼントにも最適
  • 水質日本一の水と地元の米で造った純米焼酎なのでクリアな飲み口で美味しい
  • 和食と相性抜群。焼き魚や煮物、肉料理のおともにおすすめ

「焼酎好きな外国人の友達に米焼酎をプレゼントしたい。でもどの銘柄を贈るか決めかねている。」という方はいませんか。

繊月酒造の『川辺』は、「ロサンゼルスワイン&スピリッツコンペティション2013」の焼酎部門にて最高金賞を獲得するなど、世界に認められた人気の米焼酎です。フルーティーでクリアな飲み口が特徴でクセがなく、するすると飲めるでしょう。

外国の方の口に合う銘柄なら、きっと相手の方にも喜んでもらえるはず。検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ひのひかり
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:繊月酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第2位】 高橋酒造 白岳しろ

高橋酒造 白岳しろ [ 焼酎 25度 熊本県 1800ml ]
  • 和食をはじめ、あらゆる料理の美味しさを引き立てる。食中酒にGOOD
  • 品のある甘い香りと軽やかな味わいで、飽きずに長く飲める
  • ロックやハイボールなど多彩な飲み方に対応しているので、シーンに合わせて柔軟な楽しみ方が可能

「食事中に美味しく飲める米焼酎を探している。」料理の味を引き立ててくれる米焼酎で晩酌を楽しみたい方も多いでしょう。

高橋酒造の『白岳しろ』は、主張しすぎない上品な吟醸香と軽快な飲み心地を有した定番の米焼酎です。ロックからクールショット、ハイボールまで飲み方は自由自在。多彩な料理と合わせても食材の味を邪魔しません。

味付けの濃い料理も、薄味の繊細な逸品にも相性抜群。食中酒に適した米焼酎が見つからないと悩んでいる方はぜひ購入してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:ー
  • 麹の種類:ー
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:高橋酒造(熊本県)

【米焼酎のおすすめランキング第1位】 吟香鳥飼(ぎんかとりかい)

吟香鳥飼(ぎんかとりかい) 米焼酎 25度 720ml [熊本県]
  • 万人受けする華やかな甘い香りが魅力的。米焼酎に初めてトライする方も飲みやすい
  • 日本酒風のすっきりとした後味で、宴席のラストを締めくくるお酒としても最適
  • 薄めても美味しさをキープできるため、ロックから水割りまで多彩な割り方で楽しめる

米焼酎を初めて飲む方にとって、最初に口にする一杯は非常に大事なもの。口に合わないと米焼酎に対する印象が悪くなり、二度と手を出したいとは思わなくなりますよね。

鳥飼酒造の『吟香鳥飼』は、吟醸麹と酵母によるフルーティーな香りが魅力的な米焼酎の定番銘柄です。口当たりも日本酒と似た上品さがあって飲みやすい、と男女問わず人気を集めています。

「最初は確実に美味しい銘柄を飲んでみたい。」という方はぜひ試してみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 米の種類:山田錦、五百万石
  • 麹の種類:黄麹
  • 蒸留方法:減圧蒸留
  • アルコール度数:25 (度)
  • 製造酒造:鳥飼酒造(熊本県)

米焼酎の美味しい飲み方とは

最後に米焼酎初心者に向けてご紹介したいのが、美味しい飲み方です。

シンプルな水割りは米焼酎の風味をシンプルに楽しみたい時におすすめ。お湯割りは香りが立ち、味わいもまろやかになります。

また、飲みやすさを重視するなら、すっきりとした飲み心地のソーダ割りや、ジュースで割って甘さを加えるのがベストでしょう。好きなお茶を合わせても美味しいですよ。


日本酒とは違う味わいの米焼酎を堪能してみましょう。

米焼酎といっても、原料の酒類や蒸留方法などによって美味しさは違うもの。割り方によっても味に差が出るので、お気に入りの銘柄を見つけるなら、まずは多彩な銘柄を味わってみることが大切です。

米焼酎を幅広く試してみるなら、ぜひ今回ご紹介した選び方や銘柄を参考にしてみてください。

繰り返し注文したくなる、好みのお酒と出会えるでしょう。


【参考記事】おすすめの焼酎をご紹介▽

【参考記事】初心者におすすめの日本酒をご紹介▽

【参考記事】おすすめの辛口日本酒をご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事