筋トレシューズのおすすめ人気ランキング|ジム靴がもたらす良いメリットとは?

筋トレに効果的なおすすめシューズを知りたい男性へ。今回は、筋トレシューズを履くメリットや選び方、筋トレシューズのおすすめ人気ランキングを大公開!安い値段で買えるものや、有名ブランドのアイテム、ランニングにも適したモデルと幅広く厳選しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

筋トレシューズのメリット|ジム向け靴のどんな良い効果が生まれるの?

筋トレシューズのメリットとは?

筋トレ専用の靴って必要なのかな?
マシンを使ったハードな筋トレをするわけじゃないし、シューズにこだわらなくても大丈夫?

ジムでトレーニングをする際は、トレーニング内容に適したシューズを用意した方が良いのか、悩んでしまいがちですね。

しかし、どんな強度の筋トレをする場合でも、専用のシューズを履くメリットがいくつかあります。

そこでここからは、筋トレシューズを履くメリットを詳しくご紹介していきましょう。


筋トレシューズのメリット1. 運動効率が高くなる

筋トレシューズのメリット:運動効率が上がる

筋トレ向けのシューズは、ソール(足の裏)部分がゴムでできている商品が多く、滑りにくいため足で地面をつかみやすいのが特徴です。

しっかりと踏ん張れることで、体重バランスが前体重になって、高重量のウエイトでも力を発揮しやすいのがメリット

また、動きやすさに配慮して作られていることから、正しいフォームで筋トレを行えて、目的としている筋肉部位に対して、効果的に刺激が与えられます。

動きにくいシューズだと、足首部分が固くてスクワットで深くしゃがみづらいなど、思うような動きができません。そうすると、狙った筋肉にうまく刺激が伝わらないので、正しい方法で効率的に運動するためにも、筋トレに適したシューズを履くことが大切です。


筋トレシューズのメリット2. とりあえずテンションが上がる

筋トレシューズのメリット:とりあえずテンションが上がる

筋トレは単発で行っても効果が現れにくいため、一定期間継続することが欠かせません。しかし、貴重な時間を費やして、あえて疲れるような運動を繰り返すのは、だんだんとめんどくさくなって挫折してしまう人も多いでしょう。

そんな時にお気に入りの筋トレシューズを履けば、それだけで気分が上がって「今日も筋トレ頑張るぞ!」と、ポジティブな気持ちでトレーニングに臨めます

せっかく筋トレを頑張るなら、いつも楽しい気持ちで取り組みたいもの。

現在では、おしゃれでかっこいい筋トレシューズがたくさん発売されているので、お気に入りのデザインを選んでおけば、筋トレのモチベーション維持に役立ちますよ。


筋トレシューズのメリット3. 怪我のリスクが低い

筋トレシューズのメリット:怪我のリスクが低い

筋トレを行うと、踏ん張ったり関節を曲げ伸ばししたりする動きがあるため、足裏やひざなどに負担がかかりやすくなっています。そのため、場合によっては関節を傷めてしまうなど、ケガにつながることも。

トレーニング向けのシューズは、地面をしっかりつかむためのグリップ力や、衝撃を吸収する性能が備わっているため、筋トレ中に履くことで、足裏・ひざに負担がかかるのを和らげてくれます

また、リフティングなどのウエイトトレーニングを行う時は、身体のバランスを保つことが重要です。筋トレシューズを履くと、足元が安定して重心をキープしやすくなるので、効果的に鍛えられる上、バランスが崩れることによるケガの防止にも繋がります。


筋トレシューズの選び方|トレーニング効果が上がるシューズ選びの方法とは?

「筋トレシューズの効果やメリットはわかったけど、商品がたくさんありすぎてどう選べばいいのか分からない…」とお困りの人もいることでしょう。

いくつかのポンとをチェックしながら商品を選ぶことで、初心者でも筋トレに適したシューズが見つけられますよ。次に、筋トレシューズの選び方をまとめてみました。

商品を効率良く絞り込んでいくために役立つので、ぜひあなたもしっかり確認しておいてくださいね。


筋トレシューズの選び方1. 軽量でランニングにも使いやすいか

筋トレシューズのメリット:軽量でランニングにも使いやすいか

シューズが重たいと、動きにくい他脚へ負担をかけやすいため、できるだけ軽量タイプのトレーニングシューズを選ぶのがおすすめです。

軽量シューズなら、ランニングマシンで長時間走りやすいですし、俊敏な動きを要求されるようなスタジオプログラムの際も、身体をスムーズに動かしやすいので、筋トレ以外にも幅広いトレーニングで活躍してくれます。

また、トレーニングの際には、シューズの他にもウェアやドリンクなど、用意しなければならないアイテムが多くて荷物が重たくなってしまいがち。軽量シューズは、動きやすいだけでなく、軽くて持ち運びしやすいという点でも、使い勝手が良いでしょう。


筋トレシューズの選び方2. 滑り止め機能は高いかどうか

筋トレシューズのメリット:滑り止め機能は高いかどうか

ウエイトトレーニングを行う際は、足元が滑ってしまうと地面をつかみづらいため、脚でまっすぐ地面が押せず、バランスが不安定になってしまいます。身体のバランスが悪いと力を十分発揮できず、筋トレの効果が思うように得られません。

またランニングをする時も、滑ってしまうと地面を力強く蹴れないので、前へ進む力が出せずに走りにくさを感じてしまいます。

そのため、シューズを選ぶ際は、ソール素材がゴム製になっているものや、デコボコ形状になっているものなど、滑り止め機能があるかどうかを確認しておきましょう

グリップの効くシューズなら、トレーニングに必要な、ふんばる・蹴るといった動作が行いやすくなります


筋トレシューズの選び方3. 少し派手めでかっこいいデザインを選ぶ

筋トレシューズのメリット:少し派手めのデザインを選ぶ

どんなに性能の良いシューズを買っても、トレーニングが嫌になって挫折したら、履く機会がなくなってしまうので、筋トレへのモチベーションを維持するためにも、お気に入りのデザインに注目してみましょう。

トレーニング用シューズに使うなら、あえて非日常なデザインのものを選ぶのがベストです。それだけで「筋トレにきたんだ!」と気分を切り替えて前向きになれますし、テンションを上げてトレーニングを始められるでしょう。

好きなブランドやかっこいいデザインから選ぶなど、たくさんの選択肢があるため、普段はシンプルなメンズファッションを選ぶ人でも、ぜひ筋トレシューズは、派手めでテンションが上がるものを手に取ってみてください。


筋トレシューズの選び方4. ブランド物のシューズを選ぶ

特にトレーニング初心者だと、いきなり高性能なブランド物のシューズを買うのはハードルが高く、ノーブランド品などの安い製品を選びたくなってしまうもの。

価格が安いと気軽に試しやすいものの、その分どうしても品質が劣ってしまうため、消耗が早くて短いサイクルで買い替えが必要になることも多いです。その結果として、安いノーブランド品の方が、コスパが悪くなってしまうことも少なくありません。

名前を聞けばわかるような有名ブランドを選んでおくと、品質に信頼があっておすすめ。

せっかくシューズを買うなら、性能・コスパともにメリットが大きいブランド物の靴を使いましょう。


筋トレシューズのおすすめ人気ランキング|ジム靴として使える最強シューズとは?

筋トレ向けシューズのメリットや選び方のコツが理解できたところで、ここからは、気になる具体的な商品について見ていきましょう。

今回は、特におすすめの筋トレシューズをランキング形式で紹介していきます。

コスパが良い商品や、男性向けのかっこいいデザインなど、それぞれの特徴を解説しているので、ぜひランキングを商品選びの参考にしてください。


【おすすめ人気ランキング第15位】イノヴェイト トレーニングシューズ F-LITE 235 V3 MS

[イノヴェイト] トレーニングシューズ F-LITE 235 V3 MS メンズ ブラック/ガム 29.5 cm

「筋トレの効果をアップさせるためにも、安定感があって踏ん張りやすいシューズを探したい。」

イギリスブランド「イノヴェイト」から発売されている『F-LITE 235 V3』は、左右方向から脚をサポートして、優れた安定性を発揮してくれます。

スクワットやランジ、レッグプレスなど、どんな筋トレメニューを行っても、足元がぐらつきにくく、狙った部位に的確な刺激が与えられるでしょう。

アッパーのサポート性が高くて安定感抜群なので、しっかり踏ん張って鍛えたい時は、ぜひ検討して見ましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:イノヴェイト
  • サイズ:25.0~30.0cm
  • ソール素材:-

【おすすめ人気ランキング第14位】アシックス ウエイトリフティング727

[アシックス] ウエイトリフティングシューズ ウエイトリフティング727 レッド/ホワイト 26 cm 2E

「筋トレで身体を傷めると日常生活や仕事にも支障が出てしまうから、身体への負担をやわらげてくれるようなシューズがあると良いんだけど…。」

第14位にランキング入りした『ウエイトリフティング727』は、ウエイトリフティング向けでは大定番となっている、人気シューズです。

グリップが利くラバーソールを採用し、さらにかかと部分を高く設計することによって、踏ん張って力を入れたり、スムーズにしゃがんだりしやすいのが特徴。

適切に力を入れられるため、ひざや腰への負担を軽減して、故障のリスクが押さえられますよ。ケガを防止しながら効果的にトレーニングをサポートしてくれるため、安全にトレーニングするためにもぜひ活用してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アシックス
  • サイズ:23.0~28.0cm
  • ソール素材:合成底

【おすすめ人気ランキング第13位】ナイキ メトコン レッパー DSX 898048-002

ナイキ(NIKE) メトコン レッパーDSX(ブラック/ホワイト) 898048-002 002 26.5cm

「筋トレと有酸素運動を同時並行でやっていきたいんだけど、どんなシューズを選べばいいのかな?」そうお悩みの時は、こちらの『メトコン レッパー DSX』をチェックしてみてください。

独自のソリッドラバーソールを採用しており、ウェイトトレーニングでは抜群の安定感を発揮してくれます。また、軽量でクッション性のある素材を使っているため、ジョギングなどの有酸素運動では、脚への負担をやわらげながら、スムーズな身体の動きをサポートしてくれるでしょう。

ウエイトとジョギング両方を楽しむトレーニーから人気のモデルは、いろんなトレーニング種目を取り入れたいあなたにふさわしいアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:ナイキ
  • サイズ:26.0~30.0cm
  • ソール素材:-

【おすすめ人気ランキング第12位】アディダス レスリングシューズ HVC AQ3325

[アディダス] レスリングシューズ HVC AQ3325 メンズ コアブラック/ランニングホワイト/アイロンメット 26.5 cm

「正しいフォームで筋トレができるように、フィット感があって動きやすいシューズが欲しい。」ランキング12位の『レスリングシューズ HVC』は、そんな時に一押しの、コスパ良好モデルです。

くるぶしをすっぽり包み込むようなデザインになっており、脚にしっかりフィットするのが特徴。また、ホールド感もあるので、足元の安定性をキープしやすいでしょう。

正しい姿勢を保ちやすく、適切に筋肉を刺激できるため、スムーズに動きやすいモデルをお求めの時には、検討してみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アディダス
  • サイズ:22.0~30.0cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第11位】リーボック クロスフィットナノ 8.0 CN1022

(リーボック) R クロスフィット ナノ 8.0 メンズ クロストレーニング シューズ Reebok R CrossFit Nano 8.0 CN1022 , 27.0 cm [並行輸入品]

「ウェイトトレーニング向けに安定感のあるものを選びたいけど、硬い質感のシューズだと疲れやすそうなので、もうちょっと履き心地が良い商品があれば嬉しいな…。」

そこでおすすめするのが「リーボック」の『クロスフィットナノ 8.0』です。耐久性がある他、重心が低いため安定性があり、ウェイトなどの高負荷トレーニングに最適

それと同時に、アッパーに屈曲性を持たせているため、硬すぎず気持ちいい履き心地なのが人気の理由です。

ジムトレーニング全般に使えて、長時間履いていても疲れにくいので、高い安定性と快適さを求める人にはぜひおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:リーボック
  • サイズ:24.5~32.0cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第10位】ビブラム ファイブフィンガーズ Men's KSO EVO

[vibram fivefingers ファイブフィンガーズ] Men's KSO EVO メンズ 18m0701 Black/Red (M43(28.0cm), Black/Red)

「ウェイトトレーニングの時に、しっかりパワーを発揮するためにも、グリップ力のあるシューズが欲しい」という男性も多いのでは。

ランキング10位にご紹介する『KSO EVO』は、5本指シューズで有名な「ビブラム」から発売されている人気モデル。

ソールがジグザグ模様に設計されており、グリップ力に優れているのが魅力。また、柔軟性のあるソールはわずか3mmと薄く、裸足感覚でトレーニングできるため、足で地面を感じながらしっかりと踏ん張れて、力を出しやすくなっていますよ。

十分なパワーを出すことで効果的なウェイトトレーニングができるので、グリップ力のあるものを探したい時には、ぜひ試してみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:ビブラム
  • サイズ:26.0~29.5cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第9位】アシックス レスリングシューズ MATFLEX 5 J504N 9093

[アシックス] MATFLEX 5 マットフレックス WRESTLING SHOES (J504N 9093) (26.75cm(MENS 9.5/D)) [並行輸入品]

ウェイトトレーニング初心者は、身体のバランスがうまくキープできず、不安定な姿勢になってしまいがちですね。そんな時には、脚をしっかり固定してくれるタイプのシューズを試してみましょう。

こちらの『MATFLEX 5』は、ハイカットデザインになっており、足首を左右から固定してぐらつきが防げます。また、ソールが床に密着してグリップ力を発揮するので、さらに安定性が高まるでしょう。

レスリングシューズですが、グリップ性・安定性が高いことから、ウェイトトレーニングにもぴったり。ホールド力重視で選ぶなら、ぜひこちらのモデルをおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アシックス
  • サイズ:26.75cm
  • ソール素材:合成底

【おすすめ人気ランキング第8位】ナイキ ロマレオス 3 852933-700

ナイキ(NIKE) ナイキ ロマレオス 3 852933-700 ボルト/ブラック 31

「飽きやすいタイプなので、テンションを上げてトレーニングのモチベーションを保つためにも、派手な色合いのシューズを履きたい。」

人気スポーツブランド「ナイキ」の『ロマレオス 3』は、目が覚めるようなビビッドカラーが魅力のモデルです。パワーリフティング用に発売されているシューズで、おしゃれなデザインからトレーニング愛好家の間で高い人気を誇っていますよ。

明るいカラーのシューズを身に着ければ、気分が盛り上がって前向きな気持ちでトレーニングに取り組めるようになるため、派手なデザインを選びたい人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:ナイキ
  • サイズ:25.0~30.0cm
  • ソール素材:-

【おすすめ人気ランキング第7位】リーボック レガシーリフター BD1793

[リーボック] メンズ LEGACY LIFTER US サイズ: 8 D(M) US カラー: ブラック

「筋トレシューズって、似たような色合いの商品が多いけど、もうちょっと選べる幅があると、もっとコーディネートが楽しめるんだけどな…。」

第7位にランキング入りした『レガシーリフター』は、14パターンもの豊富なカラーバリエーションが用意されている、人気モデルです。様々な色の組み合わせがあるため、デザインにこだわりのある人でも、お気に入りのカラーが見つかるでしょう。

ブラックとホワイトをベースにしながら、ソールやかかとに差し色が使われるなど、おしゃれだけど派手過ぎないデザインで、コーディネートしやすいのが魅力。

おしゃれな男性には、ジムスタイルをより楽しませてくれるこちらのシューズが最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:リーボック
  • サイズ:24.5~30.5cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第6位】アンダーアーマー UA BAM トレーナー ニューマテリアル 3020755

[アンダーアーマー] BAMトレーナーニューマテリアル(トレーニングシューズ) 3020755 メンズ DTG/BLK/DTG 25 cm

「忙しくてどれくらいのペースでトレーニングできるかわからないから、まずは安い価格帯のシューズを試したい。」

そんな時は「アンダーアーマー」の『UABAM トレーナー』がおすすめです。6000円を切る価格で販売されており、トレーニングシューズの中では比較的安いのが魅力。

かかとのフィット感が良いため、筋トレ時は安定感が保ちやすい他、軽量で反発性能も高いため、ランニングで使っても走りやすいなど、品質にも定評があります。

クオリティと安い価格を両立させた人気アイテムなので、コスパを重視したい時はぜひご検討ください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アンダーアーマー
  • サイズ:25.0~28.5cm
  • ソール素材:合成底

【おすすめ人気ランキング第5位】ビブラム ファイブフィンガーズ EL-X

[ビブラムファイブフィンガーズ] スニーカー メンズ 13M010142 Black M42(26.5cm)

「ヒモやマジックテープが付いたシューズだと、毎回フィット感を調整しながらくくらないといけないし、ヒモをゆるめないと脱げないから、ちょっとめんどくさいな…」という人もいるのでは。

スポーツシューズブランド「ビブラム」の『EL-X』は、ユニークな5本指のシューズです。

伸縮性があるメッシュ素材でできており、ヒモやマジックテープが無いため、簡単に脱ぎ履きできるのがメリット。ライン部分の素材を工夫することで、ヒモなどで締めなくても、しっかり固定できるようになっていますよ。

サッと着脱できてストレスフリーのシューズは、ヒモやマジックテープがわずらわしく感じる人にはぴったりでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:ビブラム
  • サイズ:24.0~29.5cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第4位】アンダーアーマー TR96 3021296

[アンダーアーマー] TR96(トレーニングシューズ/Dフィット) 3021296 メンズ ARB/JGY/BLK 26.5 cm

汗をかきやすい男性だと、シューズ内で汗ムレが起こって、不快感を感じてしまうことが多いですね。そんな時にお試しいただきたいのが、スポーツブランド「アンダーアーマー」で人気の『TR96』。

アッパーには、通気性に優れた軽量のメッシュ素材を使っています。筋トレ中に汗をかいても素早く湿気を発散できるため、ムレにくいですよ。

また、たっぷり汗をかく長時間のランニングでも快適さが続くため、気持ちよく走りやすいでしょう。熱や湿気を逃がしてくれるメッシュ素材が魅力のシューズは、通気性が気になる男性に、ぜひ手に取ってみてほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アンダーアーマー
  • サイズ:25.0~32.0cm
  • ソール素材:ゴム

【おすすめ人気ランキング第3位】アシックス トレーニングシューズ ゲル クエスト

[アシックス] トレーニングシューズ スニーカー ゲル クエスト GEL-QUEST FF LE 【Amazon.co.jp限定】【Cyber Monday 記念発売】 メンズ ホワイト/ミッドグレー 27.5 cm 3E

「重たいシューズだと動きづらそうだから、できるだけ軽いものを探したい。」ランキング第3位におすすめする『ゲル クエスト』は、軽量性・クッション性・サポート性をバランス良く兼ね備えた、マルチトレーニングシューズです。

アシックスの研究所で約3年かけて開発したという、メーカー史上最軽量のミッドソール素材を使っているのが大きな特徴。

従来使われていたEVA素材と比較すると、約55%もの軽量化を実現しており、軽量タイプを使いたい男性には最適ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:アシックス
  • サイズ:25.5~29.0cm
  • ソール素材:合成底

【おすすめ人気ランキング第2位】ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース

[ミズノ] フィットネスシューズ ウエーブダイバース LG 3 ホワイト 24.0 cm 2E

「トレーニングウェアを派手めのアイテムでコーディネートしたいから、シューズはウェアが引き立つように控えめなデザインを選びたい。」

1906年創立の総合スポーツメーカー「ミズノ」の『ウエーブダイバース』は、ブラックやホワイトのベーシックカラーを基調とした商品です。

ワントーンでデザインされているため、シンプルでどんなジムコーディネートにも合わせやすいでしょう。かかとにはさりげなくロゴが配置されており、控えめながらもおしゃれ。明るい色合いのウェアと組み合わせるなら、ぜひこちらがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ブランド:ミズノ
  • サイズ:22.0~27.5cm
  • ソール素材:合成底

【おすすめ人気ランキング第1位】アディダス ソーラー LT

おすすめの筋トレシューズ「アディダス ソーラー LT 」

「いろんなトレーニングをしてみたいから、汎用性の高いシューズを選んでおきたいんだけど、どれを選べばいい?」

そんなあなたには、人気スポーツブランド「アディダス」の『ソーラー LT』が最適です。あらゆる種類のワークアウトに使える、軽量タイプの万能シューズで、安定感が必要となるバーベルをはじめ、アジリティトレーニング、ランニングなどにも活躍してくれますよ。

ジャンプ・ダッシュを含めて様々な動きに対応できる便利なメンズトレーニングシューズ。使い回しが利くアイテムをお求めの人は、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • ブランド:アディダス
  • サイズ27.5~32.5cm
  • ソール素材:ゴム

筋トレをするなら効果を上げてくれるシューズを用意しよう!

筋トレシューズは、トレーニングの効率や安全性を高めてくれるおすすめアイテムです。トレーニング内容に適したシューズを選ぶことで、踏ん張りやすくなりますし、身体への負担も軽減できるでしょう。

また、モチベーションを維持するためには、身に着けるだけでやる気が出てくるような、お気に入りのデザインを選ぶことも大切です。

現在は、様々なブランドから筋トレ向けシューズが発売されているため、コスパ重視で安い価格帯の商品を選ぶなど、費用面から絞り込んでいくのもおすすめ。

今回のランキングでは、コスパの良いアイテムや機能に優れた定番人気モデルをご紹介したので、ぜひあなたも筋トレシューズを手に入れてください。


【参考記事】筋トレに最適なメンズ用トレーニングウェアも揃えよう!▽

【参考記事】筋トレグッズも合わせてチェック!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事