フリスビー(フライングディスク)の人気おすすめランキングTOP15

フリスビーのおすすめを知りたい方へ。本記事ではフリスビーの遊び方や人気競技から、知っておきたい選び方、おすすめ人気ランキングまで大公開!ドッヂビーやアルティメットにも最適なフライングディスクを紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

そもそも、フリスビー(フライングディスク)とは?

フリスビーのおすすめ

フリスビーとは円盤や輪っかなどの形状をした飛行特性に優れたアイテムです。もともとはおもちゃとして人気があったものですが、現在は競技として11種目が生み出されており、スポーツとしても親しまれています。

現在でも大人・子供共におもちゃとして人気があるアイテムですが、人間だけでなく犬などのペット用としても使われており、サイズの種類も多いです。

遊び方も簡単なことから、フリスビーは幅広い人に、遊びやスポーツで親しまれていますよ。


フリスビー(フライングディスク)の遊び方&人気の競技を紹介!

フリスビーには投げ合って楽しんだり犬に拾わせたりする以外にも様々な遊び方があり、活用の幅が広いです。そこで、特におすすめできるフリスビーの遊び方や人気競技を紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


フリスビーの遊び方1. ドッヂビー

ドッヂビーとは、ボールの代わりにフライングディスクを使った、ドッジボールのような遊びです。競技の場合は、バレーボールコートの大きさでソフトディスクを使用し、1チーム13人ずつで行います。相手チームにディスクを当てられた人は外野に出て、当てた人は内野に入れるルールです。

ゲーム時間は決まっており、相手チームよりも人数が多く内野に残っていたチームが勝者となります。ボールを使うのに比べて怪我しにくいことから、授業でも取り入れられています。


フリスビーの遊び方2. アルティメット

アルティメットとはフリスビーを使った7人制のチームスポーツで、100m×37mのフィールド上で、フライングディスクを落とさずにパスをして運んでいきます。コート両端のゾーン内でディスクを受けとめれば得点を得られる競技です。

体の接触が禁止されている上、セルフジャッジ制でフェアプレーが最重要視されています。選手には審判としての役割もありますが、事実に基づいて判断をすることが求められ、中学校の学習指導要領にも採用されている競技です。


フリスビーの遊び方3. ディスクゴルフ

バスケット型のゴールが設置されたコースを回る種目で、通常は18ホールあります。バスケットボールとゴルフ両方の要素が含まれており、バスケットにディスクを入れるまで何回投げたかがそのホールのスコアとなる競技で、全ホールの合計投数が少ない人が勝者です。

それぞれディスクを持った4人1組のパーティーで一緒になって周ります。ディスクの投げ方や持ち方などで飛び方が変わるので使い分けたり、ディスクを交換したりしながら攻略していく面白さがある競技です。


フリスビーの遊び方4. 的当て

的当てとは、予め設定した的や枠にフリスビーを投げて当てられるかどうかを競う遊び方です。競技としては『アキュラシー』という種目があり、高さ1mの足をつけた1辺1.5mの正方形の枠をゴールとし、7箇所から各4投し、正確さを競います。

遊びで行う場合も的の設定は簡単にでき、1人でもグループでも遊べる方法の一つで、フリスビーを正確にコントロールできるようになりたい人が練習として遊ぶにもおすすめです。


フリスビー(フライングディスク)の「選び方」とは

フリスビー(フライングディスク)には大きさや素材、形状などが異なるいくつかの種類があり、どう使うのかによって適したタイプが異なります。ここでは、購入前に知っておきたいフリスビーの選び方を紹介していきます。


フリスビーの選び方1. サイズ・重さで選ぶ

人が使うフリスビーの大きさは、直径200~270mmが一般的です。直径235mm程度が最も投げやすい大きさとされていますが、小さめなのでキャッチしやすいとは言えないことから、子供が使う場合には少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

重量は40~175g程度と幅広く、素材や形状によって大きく異なります。少し重い方が風の影響を受けにくいことで、安定して飛ばしやすく、飛距離を伸ばしたい人におすすめです。


フリスビーの選び方2. 素材で選ぶ

フリスビーの素材は、飛行が安定しやすいプラスチック製が一般的ですが、硬い材質なので、屋内で使うにはあまり適していません。屋内でフリスビーを使用するのであれば、万が一窓などに当たっても割れてしまう心配が少ない柔らかい素材を使うといいでしょう。

ウレタン製やゴム製のフリスビーであれば柔らかいため、ドッヂビーで使う場合や屋内での使用でも安心して使用できます。とにかく丈夫で投げやすい素材を選びたいのであれば、頑丈なポリプロピレン製がおすすめです。


フリスビーの選び方3. 飛距離で選ぶ

風の影響を受けにくい方が飛行させやすく、直径が小さく重いフリスビーが飛距離を伸ばしやすいです。長距離を投げ合って楽しみたくても、軽く面積が大きいフリスビーを選んでしまうと、思ったほど飛距離が伸びず、求める遊び方ができないこともあります。

また、ドッヂビーなど短距離で投げ合って楽しむ場合であれば、そう飛距離は必要ないので、飛距離より柔らかさや投げやすさを重視するといいでしょう。ネットの口コミやレビューを確認した上で、求める遊び方に適した飛距離のフリスビーかどうかを確認しておくのが、選び方の大切なポイントです。


フリスビー(フライングディスク)の人気おすすめランキングTOP15

フリスビーとは投げることで手軽に遊べるフライングディスクのことですが、遊び方や競技の種類によって選ぶべき製品が異なるのでよく確認しておきましょう。

ここでは、フリスビーのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。


【おすすめ人気ランキング第15位】フリスビー Pocket Disc(ポケットディスク) 

  • グアテマラのマヤ族によって作られた手織りフリスビーで、丁寧に織られしっかりしたつくりで安心
  • 布でできており、体にぶつかっても痛くないので、子供の日常的な使用に最適
  • 個性的な柄がおしゃれなので、人と違うものを持ちたい人に人気がある

一般的なフリスビーってどれもシンプルで、同じようなデザインに見えてしまいがちです。

こちらの製品はグアテマラのマヤ族によるお手製のフリスビーで、手織りで他のフリスビーにはない個性的な模様が描かれています。布でできているので体にぶつかっても痛さを感じにくく、子供用としてもおすすめのフリスビーです。

少数民族ならではの個性あふれるデザインが特徴のフリスビーは、他の人と同じものを持ちたくない人でも、気に入るでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:205×205(mm)
  • 重量:ー
  • 素材:布
  • 使用用途:ドッチビー、屋内、屋外

【おすすめ人気ランキング第14位】アルティメット フライング キッド

  • パステルカラーのボディにかわいいイラストが印字されており、子供が喜んで使いやすい
  • 柔らかい素材を使っており、体に当たっても痛みを感じにくい
  • フリスビー専門メーカーの製品で、飛行しやすさを考えて作られており、子供でも長距離飛ばしやすい

子供に使わせるのであれば、サイズが合っているだけでなく、色やデザインにもこだわりたいもの。

『アルティメット フライング キッド』はフリスビーメーカーの製品ながら、子供用として発売されており、パステルカラーのボディにかわいいイラストがプリントされています。柔らかいポリウレタン製のディスクは、子供の体に当たっても衝撃を吸収しやすく、痛みを感じにくいでしょう。

子供用のかわいいフリスビーは、安心して使いやすく、甥や姪などへのプレゼントにもおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:240×240×25(mm)
  • 重量:105g
  • 素材:発泡ポリウレタン
  • 使用用途:ドッチビー、屋内、屋外

【おすすめ人気ランキング第13位】コングフライヤー L

  • 犬専用の天然ゴム製フリスビーで、犬が思いっきりかんでも歯を痛めにくい
  • 中・大型犬サイズに作られており、かむ力が強くても安心して使える
  • 犬のアゴに負担がかかりにくい重さなので、アゴを痛める心配が少なく済む

ドッグ用としてフリスビーを使いたくても、プラスチック製では犬のアゴに負担がかかってしまわないか心配になってしまいます。

『コングフライヤー L 』は犬専用の天然ゴム製フリスビーで、かんでもアゴや歯を傷めにくいです。中・大型犬サイズなので、大きな犬を飼っている人にちょうど良いサイズ。

犬がかむことを前提に作られており、犬でも安心して使えるから、愛犬と一緒に走り回って遊びたいと思っている人に最適です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:229×229×25(mm)
  • 重量:220g
  • 素材:天然ゴム
  • 使用用途:屋外、犬用

【おすすめ人気ランキング第12位】CHUMS フライングディスク ドッチビー

  • ファッションブランドとフリスビー専門メーカーのコラボアイテムなので、おしゃれさと実用性を兼ね備えている
  • 布でできており、体に当たっても痛くないので、ドッヂビーに最適
  • 投げやすい大きさなので、安定した飛行をさせやすく、おもちゃとしての機能も高い

かわいいフリスビーは機能的にはいまいちなことって多いですよね。

『CHUMS フライングディスク ドッチビー』なら、ファッションブランドのCHUMSとフリスビー専門メーカーHeroがコラボして作られた製品で、おしゃれかつ実用的です。布でできたフリスビーで、体に当たっても痛さを感じにくく、ドッヂビーにもおすすめです。

デザイン性が高いフリスビーは、ダサいものは持ちたくない人でも、つい使ってみたくなりますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:235×235(mm)
  • 重量:ー
  • 素材:布
  • 使用用途:ドッチビー、屋外、屋内

【おすすめ人気ランキング第11位】LEDで光る フライングディスク LED FLYING DISC 25cm

  • LEDライトが内蔵されており、電源を入れると夜でも遊べる
  • 電源を切ると普通のフリスビーと同じように使え、昼も夜も変わりなく使える
  • 大きめのフリスビーなので、どこにあるのかわかりやすく、キャッチしやすい

キャンプなど屋外にフリスビーを持っていくと、夕方になってくるとフリスビーが見えにくくなってしまい、遊びにくいです。

こちらの製品はLEDライト内蔵で、スイッチを入れると光り、夕方でもフリスビーの場所を把握できます。昼間はスイッチをオフにしておけ、普通のフリスビーと同じように使用可能です。

暗くても目立つフリスビーなので、薄暗くなってきてもフリスビーがどこにあるかわかるので、日が落ちても危険を避けて遊び続けられ、キャンプに持っていきたい人はこれを持っておくといいでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:250×250×25(mm)
  • 重量:ー
  • 素材:プラスティック
  • 使用用途:屋外

【おすすめ人気ランキング第10位】エアロビースーパーディスク

  • 航空力学に基づいて作られており、風の抵抗を受けにくく、飛行が安定しやすい
  • 柔らかいエラストマー樹脂が使用されており、体に当たっても痛くない
  • カラーバリエーションが4色あり、好みの色を選びやすい

軽めのフリスビーは、風が強いと影響を受けやすく、思った方向へなかなか投げられません。

28年のロングセラーである『エアロビースーパーディスク』は、航空力学に基づいたデザインになっており、風の抵抗を受けにくく、飛行が安定しやすいです。柔らかいエラストマー樹脂が使われており、体に当たってもドッジボールのような痛みを感じることはなく、ドッヂビーにも適しています。

軽くても安定した飛行ができるフリスビーは、思いがけない方向に風が吹いても影響されにくく、不器用な人でも楽しく遊べるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:246×246×18(mm)
  • 重量:117.5g
  • 素材:ポリプロピレン、エラストマー樹脂
  • 使用用途:アルティメット、ディスクゴルフ、ドッチビー、屋内、屋外

【おすすめ人気ランキング第9位】ボリー社 ソフトソーサー

  • 素材は柔らかいポリウレタン製で、受け取った手にも衝撃を与えにくく安心して使える
  • 直径25cmと小さいサイズで、子供の手でも投げやすい
  • 握るとしわくちゃにたためるので、手遊びを覚え始めた子供におすすめ

小さい子供のおもちゃとしてフリスビーを使う場合、大人と同じようなものだと、怪我の原因にならないか心配になってしまいます。

『ボリー社 ソフトソーサー』はとても柔らかいポリウレタン製なので、子供が上手に受け取れなくても、怪我する心配がありません。直径25cmととても小さいので、小さな子供の手でも投げたり受け取ったりしやすいでしょう。

小さい子供用のフリスビーなので、フリスビーなど道具を使って遊べる年齢の子供への、プレゼントにもおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:25×25×3(mm)
  • 重量:65g
  • 素材:ポリウレタン
  • 使用用途:ドッチビー、屋内、子供用

【おすすめ人気ランキング第8位】スカイドッグ ドッグディスク ピンク Mサイズ

  • 小型犬の体のサイズに合うフリスビーで、無理なくくわえられる
  • 柔らかい素材でできており、固い素材に比べて傷むスピードが遅く済む
  • 犬のフリスビー競技で使われるサイズの製品なので、競技を目指したい人におすすめ

犬の遊び用に使うのであれば、犬の体に合うサイズのフリスビーを選びたいところ。

こちらの製品は小型犬用のフリスビーで、人が使うフリスビーに比べて小さいサイズなので、小型犬でも無理なくくわえられます。柔らかいポリエチレン製は硬い素材に比べて傷になりにくく、傷むスピードが遅く済む点もメリットです。

小型犬に適したサイズのフリスビーは、犬に負担を強いることなく遊べ、公園などで犬と一緒に楽しい時間を過ごせるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:190×190×27(mm)
  • 重量:ー
  • 素材:ポリエチレン
  • 使用用途:犬用

【おすすめ人気ランキング第7位】Zip Chip フライングディスク フリスビー

ZipChip - The New Way to Play (Neon Yellow)
  • 手のひらに納められるサイズのフリスビーで、バッグに入れずとも持ち運びできる
  • 小さく軽いフリスビーは、ポケットに納められ、子供でも簡単に持ち運びできる
  • 目立ちやすい蛍光イエローは、他の方向に飛んでいっても探しやすい

近所の公園にフリスビーで遊びたくても、手で持っていくにはちょっと持ちにくい大きさだと感じることってありませんか。

こちらのフリスビーは手のひらサイズのフリスビーなので、子供でもポケットに入れて持ち運びでき、気兼ねなく使えます。蛍光イエローなので目立ちやすく、飛んでいってもすぐに探せる色合いで、紛失してしまう心配がありません。

持たなくても持ち運べるフリスビーなので、持ち運びの際両手が塞がらずに済み、毎日遊ぶのにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:89×89(mm)
  • 重量:ー
  • 素材:ー
  • 使用用途:屋外、屋内

【おすすめ人気ランキング第6位】Hero disc Airman(エアマン)235

Hero disc Airman(エアマン)235 V-model 1枚 (オレンジ)
  • 投げやすい大きさなので、フリスビー初心者でも扱いやすい
  • 軽めの100gになっており、力が弱い女性でも無理なく投げられる
  • 柔らかいポリエチレン製で、体に当たってもダメージが少なく、ドッヂビーにおすすめ

遠投用のフリスビーって、力が弱いと重くて、かえって投げにくいことがあります。

『Hero disc Airman』は投げやすい大きさと言われる直径235mmながら、重さは100g程度と軽めにできており、女性でも扱いやすいサイズ感です。素材は柔らかいポリエチレン製なので、体に当てるドッチビー用としてもおすすめできます。

誰でも扱いやすいフリスビーなので、アウトドアで遊びたいアクティブな女性の必需品になるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:235×235(mm)
  • 重量:100g
  • 素材:ポリエチレン
  • 使用用途:ドッチビー、屋内、屋外

【おすすめ人気ランキング第5位】patagonia パタゴニア フリスビー ディスク HAWAII

  • アメリカの人気アウトドアブランドの製品で、おしゃれなデザインは気分が上がる
  • 大きく重量があるので、コツを掴むと遠くへ投げやすい
  • 再生プラスチックを使用しており地球に優しい

キャンプやバーベキューなどの時に遊ぶなら、おしゃれなフリスビーを持っていくと気分が上がるもの。

こちらの製品は、アメリカの人気アウトドアブランドであるパタゴニアのフリスビーで、おしゃれなデザインが人気を集めています。アルティメット用のフリスビーとほぼ同サイズになっており投げやすく、広い公園で遊ぶ時にもおすすめです。

デザイン性の高いフリスビーは、つい取り出して遊びたくなるような、お気に入りの一品になるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:270×270(mm)
  • 重量:170g
  • 素材:再生プラスチック
  • 使用用途:アルティメット、ディスクゴルフ、屋外

【おすすめ人気ランキング第4位】WHAM-O GPA ガッツ フリスビー® ディスク

WHAM-O GPA ガッツディスク (オレンジ)
  • フリスビー競技・ガッツの公認フライングディスクなので、大会出場を検討している人におすすめ
  • 大人が投げやすい大きさは、屋外で投げ合って遊ぶのに最適
  • 派手なオレンジ色のディスクは目立つので飛んでいってしまっても見付けやすい

フライングディスク競技に挑戦するのであれば、大会公認のフリスビーを使って少しでも慣れておきたいもの。

こちらの製品はフリスビー競技の一つである『ガッツ』の公認フライングディスクで、日本の大会で大会公認ディスクとして使用されています。大人が投げやすい大きさの製品なので、キャンプなどで投げ合って遊ぶのにもおすすめです。

ガッツの大会公認製品は、試合と同じフリスビーで練習できるから、大会に参加する方はぜひチェックしてみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:235×235(mm)
  • 重量:110g
  • 素材:ー
  • 使用用途:ガッツ、屋外

【おすすめ人気ランキング第3位】ラングスジャパン フリスビー マックスコースター ブルー

ラングスジャパン(RANGS) フリスビー マックスコースター ブルー
  • 輪っか状になっており、風の抵抗を受けにくく、飛距離を伸ばしやすい
  • 柔らかいラバークッションを用いており、受け取る時に手が痛くなりにくい
  • 85gと軽めのフリスビーは、力が弱くても投げやすい

飛距離が伸ばせるフリスビーって、重くて扱いにくいものが多く、体に負担がかかってしまいがちです。

こちらの製品は、輪っか状になっているフリスビーで、円盤状の製品に比べて風の抵抗を受けにくく、飛距離を伸ばしやすいです。重量も85gと軽めなので、肩や腕にさして負担をかけずとも長い距離投げやすくなっています。

軽くて遠くへ投げやすいフライングディスクだから、力が弱い女性や子供でも、長距離の投げ合いを楽しめるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:254×254(mm)
  • 重量:85g
  • 素材:ポリカーボネイト、PVC
  • 使用用途:屋外、屋内

【おすすめ人気ランキング第2位】ラングスジャパン ドッヂビー 235 クロスビーム

ラングスジャパン(RANGS) ドッヂビー 235 クロスビーム
  • ウレタン製で柔らかいので、ドッヂビーで体に当たっても痛くない
  • ドッジボールのように体に当たって怪我をしてしまうリスクが少ない
  • 水に浮くのでビーチサイドで遊ぶのにおすすめ

飛距離が伸びやすいフリスビーは固くて重いので、子供をドッヂビーで遊ばせるには、怪我しないか心配になります。

こちらの製品はウレタン製で柔らかいので、ドッヂビーで体に当てられても怪我や痛みのもとになりにくく、安心して使えるフライングディスクです。水に浮くので、ビーチサイドで遊びたい時にも沈まないので、適しています。

「当たっても痛くない」との口コミがあり、小さな子供と遊ぶ親御さんが多いフリスビーなので、子供の怪我のリスクを軽減したい親御さんにこそおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:235×235(mm)
  • 重量:45g
  • 素材:ナイロン、ウレタン
  • 使用用途:ドッヂビー、屋内など

【おすすめ人気ランキング第1位】Discraft ウルトラスター アルティメット・スポーツディスク

ディスクラフト アルティメットディスク ウルトラスター イエロー CJUS001-YEL
  • アルティメットやディスクゴルフなどの試合でも使われている製品なので、飛距離を競いたい人におすすめ
  • カラーバリエーションが10色以上あり、好きな色を見付けやすい
  • 実売価格約1,500円と安いので、気軽に購入しやすい

フライングディスクの競技で使われているフリスビーなら、よく飛ばせそうですよね。

こちらの製品はアルティメットやディスクゴルフなどの試合でも使われているフリスビーで、飛距離の出やすさには定評があります。カラーバリエーションも10色以上あり、好みの色のフライングディスクで遊びたい人にぴったり。

世界フライングディスク連盟公認のフリスビーなので、長い飛距離を競う競技に挑戦したい人にこそ、選んで欲しい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:270×270(mm)
  • 重量:175g
  • 素材:ー
  • 使用用途:アルティメット、ディスクゴルフなど

フリスビー(フライングディスク)の投げ方のコツは?

フリスビーは手のひらより大きく、空気抵抗を受けやすいことから、うまく投げるためには、持ち方や投げ方にコツがあり、コツを押さえることでコントロールしやすくなるでしょう。

最も基本的なバックハンドスローで投げる場合、基本的な持ち方は表面に親指を置いて、人差し指は縁に沿って伸ばします。

残り3本の指は裏側にそっと沿わせるように置くことで、スムーズに投げやすいです。ディスクを持っていない側の腕に体を巻き込み、体を正面に戻す反動を利用してディスクを投げるのが、まっすぐ飛ばしやすい投げ方のコツ。

反動を使うのが投げ方で一番大切なコツなので、まずはこのコツをマスターできるよう投げ方の練習をしてみましょう。


フリスビーを使って、休日をもっと楽しもう!

フリスビーとはディスクを使って楽しむ遊びや競技のことで、道具さえあれば誰でも始められます。投げ方のコツをマスターするまではまっすぐ投げられない人もいるかもしれませんが、そう難しくはないので、誰でもが楽しみやすいです。

自宅の中や学校の授業、休日の公園やビーチなど、様々な場所で楽しめるので、フリスビーをうまく使いながら、毎日を楽しく過ごす方法を増やしていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事