冷風除湿機ってクーラー代わりに使える?電気代やおすすめ機種も徹底ガイド

冷風機能を搭載しつつ除湿も出来る「冷風除湿機」。今記事では、そんな冷風除湿機の特徴から、役立つ場面や実際におすすめの商品まで詳しくご紹介します。気になる電気代はもちろん、クーラー代わりに使えるのかなど。細かい部分も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

クーラー代わりになる?冷風除湿機の特徴とは

冷風除湿機の人気おすすめ商品

冷風除湿機とは、冷風が出る除湿機のこと。除湿しながら冷風を浴びることができるので、涼しく過ごせるのが便利ですが、除湿をするために熱を発生してしまうため、前からは冷風が出ても後ろからは温風がでています。

そのため、部屋全体を冷やすことができるエアコンとは違った使い方をする必要があるのです。

冷房機能に期待して真夏の暑い部屋で使いたくなってしまいますが、クーラー代わりではなく、あくまで「除湿機の一種」として理解しておくことが大切です。


混同されがちな「冷風機」との違いについて

冷風機は、エアコンのクーラーのように取り込んだ空気を冷たくしてから排出します。コンパクトなエアコンともいえる機能で、エアコンが置けない部屋などでも活躍してくれて、熱を排気するためのダクトが付いているものが多いです。

冷風除湿機は同じように涼しい空気を排出しますが、エアコンではなく、除湿機としての機能に優れた家電になります。


「冷風除湿機」が効果的な場面とは

冷風除湿機は部屋全体を冷やすことができませんから、エアコンとは区別して使う必要があります。

前面からは扇風機のように常温の風ではなく、とても涼しい風が出てきますから、真夏の外出から帰宅した際やお風呂上がりなど、「火照った体を今すぐ冷やしたい」という場合や、「一時的に自分だけ冷やしたい」といった場合に大変重宝してくれます。


冷風除湿機の「上手な選び方」とは

一家に一台あると便利な冷風除湿機ですが、どのような使い方をするか、または家庭の状況などにより、選ぶべき機種が変わります。

ここからは、冷風除湿機を購入する前にチェックしておきたい選び方のポイントをご紹介しますので、ぜひ一読しておいてくださいね。


冷風除湿機の選び方1. 電気代を確認して選ぶ

冷風除湿機はエアコンよりは電気代がかかりませんが、除湿機能が付いているため、冷風機よりは電気代が高くなります。

電気代の一般的な金額は、1時間あたり約10円前後だと言われているので、この金額を基準にして電気代が安いものを選ぶのがおすすめの選び方です。

もちろん使い方や搭載している機能によって金額は前後するから注意が必要ですが、どの機種にしようか迷ってしまったら、おおよその月平均の電気代を計算してみて、家計の負担にならない機種を選んでみてください。


冷風除湿機の選び方2. 設置場所の広さに合う製品を選ぶ

除湿をしっかりと行うために購入前に確認しておくべきなのが、機種が対応している床面積です。冷風除湿機を置きたいと思っている部屋の広さを考慮して選ばなければ、せっかく冷風除湿機を購入しても確実な仕事をしてもらうことができません。

部屋の広さに合わない機種を購入してしまうと、除湿がきちんとできない可能性も。対応している床面積は、できるだけ実際の部屋より余裕のある広さを意識して選ぶのがおすすめです


冷風除湿機の選び方3. 排熱ダクトのある製品を選ぶ

冷風除湿機は涼しい風が出るのですが、除湿をするために熱を持ってしまい、本体の後ろからは熱風が出る場合があります。この熱風により部屋が暖まってしまうため、エアコンのように部屋全体を冷やすことができません。

しかし、冷風除湿機の中には、熱風を排出できる排熱ダクトが付いているメーカーがあります。

熱風を外に逃がすことで、夏の利用はより快適になりますので、涼しさを求めて購入したいという人は、排熱ダクトの有無も確認してみましょう。


冷風除湿機のおすすめ人気モデル2選

冷風除湿機の選び方を理解していただいたところで、ここからは実際におすすめの人気冷風除湿機を紹介していきます。

おすすめポイントなど分かりやすく解説していますので、冷風除湿機を購入する際には参考にしてくださいね。


人気の冷風除湿機1. シャープ CM-J100-W プラズマクラスター搭載 冷風・衣類乾燥除湿機

  • 冷風機能や衣類乾燥機能など一台で4役もこなしてくれるから、年間通して大活躍してくれる
  • シャープ独自開発のプラズマクラスター機能で、消臭しながら衣類を乾燥できる
  • 小型だから部屋に置いても邪魔にならず、コンパクトに使える

冷風除湿機は便利ですが、もっと欲張ってたくさんの機能が付いていると家族で使えて嬉しいですよね。

日本生まれのメーカー「シャープ」が販売している『CM-J100-W』は、「冷風、除湿、衣類乾燥、消臭」と、4つの贅沢な機能が付いた人気の冷風除湿機。暑い日には冷風で涼むことができ、ジメジメした季節にはカラリとした湿度を保ってくれます。さらに、シャープが独自開発したプラズマクラスターが部屋干しのにおいをおさえた衣類乾燥、部屋のにおいから衣類のにおいまで消臭。

梅雨や夏など湿気が気になるシーズンだけではなく、オールシーズン使える冷風除湿機があれば、いつでも家族が気持ちよく過ごせますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:31.5 × 23.5 × 57.7 (cm)
  • 重量:12.5kg
  • 適応畳数:50Hz 11〜23畳(19~38㎡)/60Hz 13~25畳(21~42㎡)
  • 電気代の目安:除湿 245W(約6.6円)/ 290W(約7.8円1時間あたり)・冷風 245W(約6.6円)/ 290W(約7.8円1時間あたり)
  • 排熱ダクト:×
  • メーカー:シャープ

人気の冷風除湿機2. コロナ 冷風・衣類乾燥除湿機 どこでもクーラー

  • 排熱ダクトが付属しているから、熱風を排出し涼しく使える
  • ダクトから出る熱風を押入れに入れれば、押入れ乾燥もできる
  • 内部乾燥モードで本体を乾燥させるから、嫌なカビの発生を防ぐ

冷風が出てくるのが便利な冷風除湿機ですから、冷風機能に力を入れた製品があれば暑い夏も快適に過ごせるようになりますよね。

日本の住宅設備メーカー「コロナ」が販売する人気の冷風除湿機『どこでもクーラー』は、本体から出る熱風を排出してくれる排熱ダクトが付いた機種。暖かい空気は外に逃してくれますから、室温が暑くなりすぎず快適に使用できます。また、除湿機本体のカビが気になる人も多いと思いますが、どこでもクーラーには内部乾燥モードが付いているので、本体の乾燥を保ちカビの発生を防いでくれるのです。

上手に熱を逃しながら使えるこちらの機種。お風呂上がりなどのスポット冷風として優れた機能で、夏も涼しく過ごせますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:60 × 25 × 38.6 (cm)
  • 重量:13kg
  • 適応畳数:50Hz 木造11畳/鉄筋23畳・60Hz 木造13畳/鉄筋25畳
  • 電気代の目安:ー
  • 排熱ダクト:◯
  • メーカー:コロナ

便利な冷風除湿機を一家に一台用意してみて!

ご紹介したおすすめ冷風除湿機2機種は、どちらも信頼できる日本メーカーの製品ですし、それぞれ特徴がある人気機種です。

どちらを買っても損はありませんが、購入する際には迷ってしまうかもしれませんね。ご紹介した選び方、そして製品の特色を参考にしていただければ、我が家にぴったりの一台を見つけられるはずです。

ぜひ参考にして、便利な冷風除湿機を購入してみてください。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事