ヘッドライトクリーナーのおすすめランキング|黄ばみを除去する人気製品を徹底比較

車のヘッドライトを綺麗にしたい方へ。今記事では、ヘッドライトクリーナーのメリットや選び方から、実際におすすめのヘッドライトクリーナーまで詳しくご紹介します。さらに、上手な使い方も解説するので、黄ばみや曇りを除去して、自身の愛車をキレイに仕上げましょう!

ヘッドライトクリーナーを活用する「メリット」とは?

ヘッドライトクリーナーの人気おすすめ商品

車のヘッドライトはきちんとお手入れしているつもりでも、いつの間にか黄ばんでいたり、くすんでいたりするもの。そんなお悩みを解決するのが『ヘッドライトクリーナー』です。

ヘッドライトクリーナーは紫外線による黄ばみや曇りなどを磨き落とし、透明感のある状態に戻すアイテム。初めてでも使いやすい一般用から、なかなか落ちない頑固な汚れにも効果的な業務用まで幅広い商品があります。

このヘッドライトクリーナーを活用することで、どのようなメリットが得られるのか詳しく見ていきましょう。


ヘッドライトが綺麗なメリット1. 安全運転に繋がる

黄ばみや曇りのあるヘッドライトは、光量が落ちてしまい大変危険です。クリーナーを使い透明な状態に戻すことで、光量がアップし視界がクリアに。特に暗い夜道や雨の日は視界が悪いことも多いですが、しっかりと前を見渡せますよ。

ヘッドライトを綺麗にすると見た目が良くなるだけでなく、このように安全運転に繋がることも大きなメリットといえるでしょう。


ヘッドライトが綺麗なメリット2. ヘッドライトの劣化を防げる

汚れたヘッドライトを放置していると、表面にひび割れが起きたり、ふちにすき間ができたりという恐れも。さらに、このすき間から汚れが入り込み、ヘッドライトの交換が必要になる可能性もあります。

こうしたヘッドライトの劣化を防げることも、クリーナーを活用するメリットの一つ。クリーナーでお手入れすることにより、黄ばみや汚れを防ぎ、常に綺麗な状態をキープできます


ヘッドライトが綺麗なメリット3. 車検にも通りやすくなる

車検対策に効果的なのもクリーナーを活用するメリットです。車検では光量のチェックも行われため、黄ばみや汚れがひどいと光量不足で通らないことも。

クリーナーで常にヘッドライトを綺麗にしておけば、車検に通らないという心配をなくせます。また、市販のクリーナーを使ったお手入れは、専門の業者に頼むより安価で済むことも魅力の一つですよ。


ヘッドライトクリーナーの「失敗しない選び方」5つ

活用することで多くのメリットを得られるヘッドライトクリーナーですが、どう選べば良いのか分からずお困りの方も多いですよね。そこで、ここからはヘッドライトクリーナーの失敗しない選び方を見ていきましょう。

どこに注目して選ぶと、満足のいくクリーナーが買えるのか詳しくご紹介します。


クリーナーの選び方1. クリーナーのタイプを確認して選ぶ

クリーナーは大きく分けて、『液体タイプ』と『チューブタイプ』の2種類に分けられます。種類によって形状や使いやすさが異なるため、それぞれの違いを把握して最適な方を選びましょう。

具体的にどのような特徴があるのか詳しく解説します。


大容量な製品も多い「液体タイプ」

チューブタイプに比べて大容量の製品も多いのが『液体タイプ』です。量を気にせずに使えるため、黄ばみや汚れをしっかり落とせます。また、伸びが良いので、広範囲を一気に磨けることも魅力の一つ。

使用する際は柔らかいタオルなどに液体を染み込ませて使います。一本で何度も使えるため、コスパ重視の方におすすめのタイプといえるでしょう。


しっかり塗れる「チューブタイプ」

『チューブタイプ』は、汚れが気になる部分にピンポイントで塗りやすいのが魅力です。ペースト状なので、必要な分だけ中身を出せるのもGOOD。また、こぼしたり垂れたりといった失敗もありません。

こちらも液体タイプと同じく、タオルやクロスなどに付けて使用します。非常に扱いやすいため、クリーナーを初めて使う方におすすめのタイプですよ。


クリーナーの選び方2. 一般用か業務用のどちらかを選ぶ

市販されているクリーナーは、一般用と業務用の2つに分類されます。一般用は1,000円前後の製品が多く、手軽に使えるのが特徴。軽い黄ばみや曇りなら十分落とせます。

一方で、業務用は5,000円前後という高額な製品が多いものの、頑固な汚れもすっきり落とせるのが魅力です。まるでプロに頼んだような仕上がりになりますよ。ただし、初心者には使い方が難しい製品も多いので注意しましょう。

汚れの程度や扱いやすさに合わせて選ぶのが失敗しないポイントです。


クリーナーの選び方3. 研磨剤の有無をチェックして選ぶ

クリーナーの中には研磨剤が入っているタイプもあります。研磨剤の粒子が汚れをしっかり削り落とすため、なかなか落ちない黄ばみや曇りもしっかり綺麗な状態に。

ただし、研磨剤の粒子が粗いと、汚れだけでなくヘッドライトの表面まで削ってしまうこともあるので注意が必要です。研磨剤入りの製品を使う場合には、粒子の細かいタイプを選びましょう。

また、使用中は力を入れすぎないことと、傷が付いていないか細かくチェックをしながら作業を進めることが大切です。


クリーナーの選び方4. 有機溶剤の有無を確認して選ぶ

価格が安いクリーナーによく含まれているエタノールをはじめとした有機溶剤。この有機溶剤が入っていると表面を溶かしてしまうため、ヘッドライトが白く濁ったり傷んだりする原因になります。

また、使用直後は綺麗な状態でも、日が経つにつれ白濁した状態になることも。こういった状態になってしまうと、再度表面を削らなくてはなりません。

余計な手間を増やさないためにも、価格だけでなく使われている成分も合わせて確認して、有機溶剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。


クリーナーの選び方5. コーティングもできるかチェックして選ぶ

ただ汚れを落とすだけでなく、新たな黄ばみや曇りの発生を防ぐコーティングができるかどうかも忘れずにチェックしましょう。磨いたヘッドライトの表面をコーティング剤が保護してくれるので、綺麗な状態を長くキープできます。

ただし、コーティング剤の持続期間を超えて放置してしまうと、逆に汚れが付きやすくなるため注意が必要です。製品によってコーティングの持続期間は違いますので、どのくらいの頻度で塗り直す必要があるのか購入時に確認してくださいね。


ヘッドライトクリーナーの人気おすすめランキングBEST10

魅力あふれるヘッドライトクリーナーですが、どの製品が良いのか迷っている方も多いはず。そこで、ここからは実際におすすめのヘッドライトクリーナーをランキング形式でご紹介します。

なかなか落ちない汚れを撃退してくれる強力なものや、高いコーティング効果をもつ製品まで幅広くランクインしました。数あるクリーナーの中でも人気の売れ筋商品ですので、用途に合ったぴったりのクリーナーを見つけてくださいね。


【おすすめランキング第10位】ソフト99 ライトワン ヘッドライトリフレッシュ

SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]
  • コーティング剤の効果が6か月続くため、長期間綺麗な状態をキープできる
  • 本格的な2液仕上げなので、頑固な黄ばみ・曇りにも効果的
  • 1,000円以下の製品のため、お財布に優しく気軽にお試しできる

せっかくクリーナーでピカピカの状態になったのに、すぐ効果がなくなってしまったら残念ですよね。何度もお手入れするのは手間もかかり大変です。

ソフト99のクリーナーは、一度使用するだけで、コーティング効果が約6か月間もキープできる優秀な商品。耐久性の高いガラス状の硬質コートが、新たな黄ばみや曇りをしっかりガードします。一方で、価格は1,000円以下というコスパの良さも嬉しいポイント。

一度使えばクリーナーの頻度をグッと減らしてくれる製品ですので、綺麗な状態を長くキープできる商品をお探しの方は一度使ってみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:一般用
  • 内容量:ベースクリーナー50ml・ハードトップコート8ml
  • 研磨剤:◯
  • 有機溶剤:◯
  • コーティング:◯
  • 持続時間:6ヶ月
  • メーカー:ソフト99

【おすすめランキング第9位】オカモト産業 ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス

オカモト産業(CARALL) ヘッドライトクリーナー ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス プラスチックレンズ・カバー用 2070
  • 900円台というリーズナブルな価格のため、とても経済的
  • 紫外線からヘッドライトを守る硬質クリアポリマーでコーティングするので、耐久性が高い
  • 粒子の細かい研磨剤を使用しているため、ヘッドライトに傷がつきにくい

「定期的にお手入れしたいから、できるだけ価格が安いと嬉しい。」という方も多いのではないでしょうか。

オカモト産業のクリーナーは、900円台で購入できるコスパ抜群の製品として人気を集めています。もちろん価格以外にも、耐久性の高いコーティング効果のある成分が使われていたり、専用スポンジが付いていたりと魅力たっぷり。また、ヘッドライトへの負担が少ない粒子の細かい研磨剤が使われていることも人気の理由ですよ。

クリーナーとして十分な機能がありながらも、トップクラスの安さを誇る製品。カーケアにかかる費用を抑えたいという方にイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:一般用
  • 内容量:80 g
  • 研磨剤:◯
  • 有機溶剤:◯
  • コーティング:◯
  • 持続時間:ー
  • メーカー:オカモト産業

【おすすめランキング第7位】ワコーズ ハードコート復元キット

  • 作業に必要な研磨パッドやスポンジなどが揃うキットなので、他に用意する手間がかからない
  • チューブ式のため、使い方が簡単で初心者でも扱いやすい
  • カーケア用品の老舗メーカーの売れ筋製品なので、品質が高く安心して使える

クリーナーは基本的にクロスなどに付けて使用します。そのため、いざクリーナーを使おうとした時に、「クロスもスポンジも用意してなかった…。」という事態になる可能性も。

このワコーズのキットは、作業に必要な研磨パッドや専用スポンジがセットになった製品です。わざわざ自分で用意する手間なく使えるのが嬉しいですね。また、市販のクロスなどを使うより、専用スポンジの方がより高い効果を得られることも魅力の一つ。

作業に必要なクロスやスポンジを何も持っていないという方は、購入後すぐに使えるワコーズのキットがぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:チューブ
  • 種類:一般用
  • 内容量:ベース処理剤 50g・コート剤 15ml
  • 研磨剤:ー
  • 有機溶剤:ー
  • コーティング:◯
  • 持続時間:ー
  • メーカー:ワコーズ

【おすすめランキング第6位】ブライトフォーム BF-001

ブライトフォーム BRIGHT FOAM プラスチックレンズクリーナー&コーティング剤 BF-001
  • スプレー式の泡状なので、液だれしづらく、初心者でも扱いやすい
  • ヘッドライト以外にボディやホイールにも使えるため、汎用性が抜群
  • 1本で洗浄・ツヤ出し・コーティングの3つを行なえるので、経済的

初めてクリーナーを使う場合、上手くできるかどうか不安になってしまいますよね。

ブライトフォームの業務用クリーナー『BF-001』は、初心者にも使いやすい泡状の製品です。液だれしづらいため、汚れが気になる部分にシュッとスプレーすればOK。黄ばみや白濁した部分に、ピンポイントで洗剤成分を吹きかけることができます。また、ボディやホイールにも使えたり、一本で洗浄・ツヤ出し・コーティングまで行えたりとコスパも抜群。

初心者でも失敗知らずで使えるスプレー式の製品ですので、「自分でヘッドライトを磨くのは難しそう…。」という方も要チェックですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ー
  • 種類:業務用
  • 内容量:300ml
  • 研磨剤:ー
  • 有機溶剤:ー
  • コーティング:◯
  • 持続時間:ー
  • メーカー:ブライトフォーム

【おすすめランキング第5位】マジカルクリーンHセット

  • ヘッドライト以外のウィンカーやバイザーなどの樹脂パーツにも使えて便利
  • 汚れを削らずに浮かせて落とす洗剤成分が使われているため、ヘッドライトを傷つけない
  • 軽めの黄ばみ・白濁であれば、5分ほどの作業でピカピカになる

「ヘッドライトだけじゃなくて、他の部分の汚れも気になる…。」という方も多いですよね。

業務用のマジカルクリーンHセットは、車の樹脂パーツ全てに使用可能です。ウィンカーはもちろん、バイザーやカウルトップもOK。ヘッドライト同様に、黄ばみや汚れを落とし透明感のある状態へと導きます。また、軽度の汚れであれば5分ほどの作業で済むことも、人気の理由といえるでしょう。

ヘッドライトと同じく光量が落ちると不安なウィンカーや、見た目に大きく影響するバイザーといった樹脂パーツに幅広く使えるクリーナー。オールマイティーに使える製品をお探しの方におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:業務用
  • 内容量:120ml
  • 研磨剤:×
  • 有機溶剤:ー
  • コーティング:ー
  • メーカー:シーアールエムズ

【おすすめランキング第4位】ビッグ・ヘッドライトクリーナー

(業務用ヘッドライト黄ばみ落とし)ビッグ・ヘッドライトクリーナー 100ml [459-103] 【研磨剤非配合】
  • 研磨剤不使用なので、ヘッドライトを傷つける心配がなく安心して使える
  • 内容量たっぷりのため、量を気にせずに使えてコスパもGOOD
  • 中古車店でも使われている業務用の売れ筋製品なので、信頼度が高く安心

研磨剤が使われている製品は汚れを落とす力が強いというメリットもありますが、ヘッドライトに傷がつかないか心配になってしまうもの。

業務用『ビッグ・ヘッドライトクリーナー』は研磨剤を一切使用していない製品のため、ヘッドライトを傷つける心配なく安心して使えます。もちろん汚れが落ちづらいということもなく、アルカリ性の強力な洗剤液で気になる黄ばみや曇りをしっかり撃退。

また、中古車店でも使われている業務用の製品という点も、信頼できるポイントですよ。クリーナーによる新たな傷が心配という方は、ヘッドライトへの負担を最小限に抑えたこの製品を使いましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:業務用
  • 内容量:100ml
  • 研磨剤:×
  • 有機溶剤:◯
  • コーティング:ー
  • メーカー:POWER

【おすすめランキング第3位】Linda Linda ヘッドライトコーティングシステムHD-1 BZ60

Linda Linda ヘッドライトコーティングシステムHD-1 BZ60
  • 汚れの浮き上がりがとても速いため、5分でピカピカな状態になる
  • 研磨不要なので、こする手間がかからず、ヘッドライトへの負担が少ない
  • 20台分使えるたっぷり入った業務用のため、何度も使えてコスパが良い

黄ばみや曇りといった汚れをしっかり落としたくても、作業時間がかかり過ぎてしまうのは困りますよね。

Linda Lindaの業務用クリーナーは、スピーディーにお手入れできる商品です。特殊洗浄成分の含まれたべースクリーナーが、ヘッドライト表面の汚れを一気に浮かび上がらせます。汚れ落としから仕上げのコーティングまで5分もあればピカピカな状態に。さらに、研磨不要なため、こする手間がかからずヘッドライトへの負担も少なく済みます。

時間をかけなくてもしっかり汚れを落としてくれる頼もしい製品ですので、「忙しくてお手入れする時間がない…。」という方は必ずチェックしてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:業務用
  • 内容量:500g
  • 研磨剤:ー
  • 有機溶剤:ー
  • コーティング:ー
  • 持続時間:ー
  • メーカー:横浜油脂工業

【おすすめランキング第2位】シーシーアイ スマートシャイン ヘッドライトクリーナー&コート

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン コーティング剤 ヘッドライトクリーナー&コート W-182
  • 耐久性の高い特殊UVカットポリマーのコーティング効果により、透明感が長持ちする
  • 2種類の特殊研磨剤成分の働きで、なかなか落ちない黄ばみ曇りもしっかり落ちる
  • 専用クロスが付属で付いているため、購入後すぐに使えて便利

「いつも綺麗にしておきたいけど、何回もお手入れするのは面倒くさい…。」と感じている方も多いのではないでしょうか。

人気メーカーであるシーシーアイのクリーナーなら、一度お手入れすれば透明感がしっかり長持ちします。耐久性の高いコーティング効果『特殊UVカットポリマー』が採用されており、紫外線からヘッドライトをがっちりガード。磨きたての透明感を長くキープできます。特殊な研磨剤を2種類配合しているため、汚れ落ちも最高ですよ。

一度のお手入れだけでピカピカなヘッドライトをしっかりキープしてくれる頼もしいクリーナー。カーケアの手間を減らせるコーティング効果の高い製品をお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:一般用
  • 内容量:70ml
  • 研磨剤:◯
  • 有機溶剤:ー
  • コーティング:◯
  • 持続時間:ー
  • メーカー:シーシーアイ

【おすすめランキング第1位】シュアラスター ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング ゼロリバイブ

シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング] ゼロリバイブ SurLuster S-104
  • クロスで軽くサッと拭くだけで、楽に汚れを落とせて簡単
  • トリプルコーティング効果が付いているため、ピカピカの状態をしっかりキープできる
  • 1,000円以下で購入できるので、初めてクリーナーを使う方でも気軽に試せる

初めてクリーナーを使う際には「汚れを落とすのって力が必要で大変そう…。」と不安になってしまいますよね。

シュアラスターのクリーナーなら、サッと拭くだけで汚れを落としてくれます。クリーナーの液体を付属のクロスに付け、吹き上げるだけですので、使い方は簡単。強力なアルカリ性の洗剤成分が汚れを浮き上がらせるため、力を入れる必要もありません。また、磨きたての綺麗な状態をキープできるトリプルコーティング効果があることも人気の理由ですよ。

難しい使い方や力も必要ない人気製品なので、クリーナー初心者の方はまずこちらの商品から試してみましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:液体
  • 種類:一般用
  • 内容量:70ml
  • 研磨剤:◯
  • 有機溶剤:×
  • コーティング:◯
  • 持続時間:ー
  • メーカー:シュアラスター

ヘッドライトクリーナーの「使い方やコツ」とは

手軽にヘッドライトのお手入れができるクリーナーですが、使い方によっては効果が上手く得られないことも。クリーナーの効果をしっかり活かすための使い方とコツを押さえておきましょう。

まずクリーナーを使う前に、ヘッドライトに付着した砂やホコリを落としておくことがポイントです。洗車をして綺麗な状態にしておきましょう。付着した汚れを落としたら、クリーナーの説明書に従って磨きます。

最後に仕上げとして、コーティングをしっかり行うことも重要。コーティング効果が付いていない製品の場合は、別で用意しておくことをおすすめします。コーティングまでしっかり行うことで、透明感が増し、ピカピカな状態をキープできますよ。


ヘッドライトクリーナーで愛車を綺麗に保ちましょう!

きちんと洗車をしていても、いつの間にか汚れてしまうヘッドライト。放置しておくと安全運転の妨げになったり、車検に通らなかったりと大変な事態になります。

そんな事態を防いでくれるのが、ヘッドライトクリーナーです。頑固な黄ばみや曇りをしっかり撃退して、透明感のあるヘッドライトを取り戻せること間違いなし。ぜひお気に入りのクリーナーをゲットして、快適なカーライフを送りましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事