カセットコンロのおすすめ集|アウトドア&家庭用の人気商品を比較

アウトドアや家庭で活躍する「カセットコンロ」。今回は、カセットコンロのメリットや種類から、選び方、おすすめの商品まで紹介します。キャンプやバーベキューで重宝する屋外向けの商品から、自宅で焼肉などを楽しめる家庭用まで、用途に合わせて最適なカセットコンロをGETしましょう!

そもそも「カセットコンロ」を使うメリットって何?

カセットコンロのおすすめ

冬はこたつに入って家族団らんしながら鍋をつつき、夏はアウトドアやキャンプでバーベーキューパーティーと、いろいろなシーンで大活躍する「カセットコンロ」

幅広い用途で利用できるので、近年では防災グッズとしても注目されています。そんなカセットコンロのメリットとは何でしょうか。

まずは使うことで得られるカセットコンロならではの魅了をチェックしていきましょう。


カセットコンロのメリット1. 高火力で調理ができる

カセットコンロは本体にセットしたガスボンベ内のガスを燃焼させることにより、着火した瞬間から高火力で調理可能な点が大きなメリットの一つです。炭火のように火起こしに時間がかかることはありません。

使いたい時にすぐに高火力が得られるので、調理にかかる時間がそれだけ短くなります


カセットコンロのメリット2. ガスボンベがあればどこでも使える

カセットコンロは電力やガス配管を必要としないので、本体とガスボンベさえあれば、どこでも調理可能です。

屋内であればリビングのテーブルやこたつの上。野外であればキャンプやバーベーキューなど、ガスボンベさえあれば場所を選ばずどこでも使えますよ。


「カセットコンロ」は大きく2種類に分けられる

カセットコンロは、室内で使うのに適した「家庭用コンロ」と、屋外で使うのに便利な「アウトドア向けコンロ」の2種類に分けられます。

それぞれ特徴が異なるので、用途に合わせて適した製品を選ぶようにしましょう。


室内で使うのに適した「家庭用コンロ」

室内で使うのに適した家庭用コンロは、「とろ火」機能など火加減調節機能に優れたものや、鍋や鉄板など数種類のプレートが付属している製品が多いのが特徴です。プレートを付け替えることで様々な調理が可能なので、料理の幅が広がります

冬季など頻繁にカセットコンロをご家庭で利用する方ならば、エコタイプのカセットコンロが特におすすめ。1回の燃料代にそれほど違いはなくとも、長い目で見るとカセットボンベの消費量にかなりの違いが出てきます。

また密閉された屋内で使用することになるので、万が一の事故を防止するためにも、「ガス漏れを防止機能」などが付いている安全性の高いコンロが家庭用にはおすすめです。


屋外でも使うのに便利な「アウトドア向けコンロ」

野外でカセットコンロを使用する際に一番やっかいなのが「風」による火の揺れや鎮火です。そのためアウトドア向けのコンロは、野外でも安定して火力が維持できるように、しっかりと「風よけ」対策が施されているのが特徴です。

その他にも軽量設計だったり、キャリーケースが付属していたりと、持ち運びやすくなっているのもポイント。しっかりとした作りで耐久性に優れている製品なども、アウトドア向けのカセットコンロとして適していますよ。


どれを買うべき?カセットコンロの正しい選び方

現在カセットコンロは複数のメーカーから様々な製品が販売されているので、商品選びに迷ってしまうもの。そこでここでは、カセットコンロの正しい選び方を詳しく解説していきます。

カセットコンロは以下の5点をしっかりと確認しておくと、失敗せずに満足いく製品が選べますよ。


カセットコンロの選び方1. 安全機能の有無をチェックして選ぶ

カセットコンロは正しく使用しないと火災の危険性もあるので、次のような安全機能が備わっている製品を選びましょう

まず確認したいのがボンベの圧力を感知して自動的にカセットボンベが外れる安全機能である「圧力感知機能」。この機能によりカセットボンベが過熱されてしまい、爆発してしまう危険がなくなります。

その他にも、正しくガスボンベをセットしていないとゴトクが水平にならない機能。本体とボンベの接続部分を密閉してガス漏れを防ぐように工夫された機能。

火力調節部分のつまみが「消」になっていないと、ボンベを設置できない機能。着火失敗時や火が消えてしまった時などに、自動的にガス供給を遮断する機能などが付いているコンロを選ぶと安心ですよ。

どんな安全機能が付いているのか、どんなシーンで役立つのかを想定しながら、商品を選択していきましょう。


カセットコンロの選び方2. 安定感を重視するなら薄いコンロを選ぶ

カセットコンロの形状によっては、ゴトクから鍋がズレ落ちて、火傷してしまうなんて危険性も考えられますよ。

そのため特に小さなお子さんがいるご家庭ならば、大きな鍋を乗せても安定感がある、薄型コンロがおすすめです。薄型のコンロはその分重心が低いので、たとえ大きな鍋を乗せたとしても安定感が抜群です。

1cmに満たない薄さのコンロもあるので、グラグラと揺れない商品を求めるならなるべく薄いタイプを選びましょう。


カセットコンロの選び方3. 用途に合うサイズを選ぶ

一般的なカセットコンロは、1人~2人用の30cm × 30cmくらいの小型サイズが主流です。しかしこのサイズだと、野外で大人数のバーベキューパーティーで使用するには、少々パワー不足。

そのためカセットコンロを選ぶ際には、使用人数に適しているサイズかどうかもチェックしておきましょう。3人から6人で使用するならば30cmから50cmくらいのファミリータイプのカセットコンロが適しています。

またコンロに対して鍋や鉄板が大きすぎると、ボンベが過熱されてしまう恐れがあるので大変危険です。そのためご家庭にあるお手持ちの鍋や鉄板が使用できるサイズかどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

カセットコンロを選ぶ際には、用途に合わせてサイズを選ぶようにしてくださいね。


カセットコンロの選び方4. お手入れが簡単な製品を選ぶ

カセットコンロは調理器具なので当然ですが使用しているうちに、油がはねたり、汁が吹きこぼれたりして汚れてしまいます。なるべくお手入れが簡単な製品かどうかもチェックしておきましょう。

ゴトクや汁受けが取り外して丸洗いできるようになっている製品がおすすめ。

その他にもプレート表面にフッ素加工が施されており、軽く拭いただけで汚れが落ちやすくなっているかどうかなど、本体の加工や材質もしっかりと確認しておきましょう。


カセットコンロの選び方5. 人気メーカーのコンロを選ぶ

カセットボンベの注意書きをよく読むと「自社製品以外のカセットガス器具には使用しないように」とあります。

ただこれは、自社製品以外のカセットコンロでは使用できないという意味ではありません。現在ガスボンベは、JIS規格(日本工業規格)により細かな仕様が決められているので、異なるメーカーでも互換性があるのです。

しかし互換性があるといっても、ガスコンロとガスボンベはメーカーを揃えて使用するのが一般的で、人気メーカーのカセットコンロを選ぶのが安心です。また、何よりも人気メーカー製のガスボンベは流通量が多いので、単純にカセットコンロと同メーカーのボンベを入手しやすいという利点もあるので、特にこだわりがない場合は、人気メーカーから選びましょう。


カセットコンロの人気メーカー2選

最近は「ニトリ」などでもお手頃価格で販売されているカセットコンロがあります。しかし日本国内で根強い人気を誇るカセットコンロメーカーといえば、なんといっても「イワタニ」と「ニチネン」ですよね。

そこで今回はこの2つのメーカーのカセットコンロを中心に紹介していきます。

実際におすすめカセットコンロを紹介する前に、まずこの2つのメーカーについてどんな魅力があるのかチェックしてみましょう。


人気メーカー1. 「イワタニ」

1969年に日本で初めてガスホースが無くても使用できるガスコンロを製造・販売したのが「イワタニ」です。以降イワタニは、家庭用からアウトドア用まで数多くのカセットコンロを販売し、現在ではカセットコンロ市場で国内65%のシェアを誇る人気メーカーへと成長しました。

イワタニの製品は、高火力を維持したまま最後までガスボンベを使い切れるタイプや、アウトドア使用に最適な防風機能が備わったタイプ、炉端焼きが楽しめる専用タイプなど、ユーザーの幅広いニーズに合わせた実用性の高いカセットコンロが多数揃っているのがポイント。

カセットコンロ選びで迷ったら、まずイワタニの製品をチェックしてみるのがおすすめですよ。


人気メーカー2. 「ニチネン」

「ニチネン」はカセットコンロのみならず、固形燃料やガスボンベなども豊富に取り扱っている国内の人気メーカーです。

ニチネンのカセットコンロは、特に安全性に配慮された製品が多く、高品質ながらお求めやすい価格帯の製品が多いのが特徴的。

圧力感知安全装置を始めとした各種の安全機能を備えながらも、リーズナブルなカセットコンロが多いので、コスパや安全性を重視する方には、特におすすめのメーカーですよ。


【シーン別】おすすめのカセットコンロを大公開!

それではいよいよ、おすすめのカセットコンロを大公開!

今回は家庭用とアウトドアのカセットコンロの2つに分けて、各製品の特徴からおすすめポイントまで一つ一つ詳しく紹介していきます。

ご自身がカセットコンロに求めるニーズを考えて、気になる製品はぜひチェックしてくださいね。


室内で使用するのにおすすめのカセットコンロ5選

まずは室内で使用するカセットコンロをお探しの方のために、家庭用でおすすめコンロを5つ紹介します。

室内用のカセットコンロは、機能面やお手入れのしやすさを売りにしている製品が多いのが特徴です。今回は数あるカセットコンロの中から厳選した5つなので、どのコンロも本当に使い勝手良くておすすめですよ。


室内向けカセットコンロ1. イワタニ カセットフー 達人スリムIII

  • 薄さたったの74mm、重量1.3kgとイワタニのカセットコンロシリーズで最も薄い軽量小型コンロ
  • 無駄火を抑制する縦型炎口バーナー設計で、ボンベ代の節約にもつながる
  • 天板部分は耐久性に優れた高耐久フッ素コート加工が施されているので、お手入れ簡単

お鍋を乗せたときに安定感のあるカセットコンロをお探しの方には、「イワタニ」の『カセットフー達人スリムⅢ』がおすすめですよ。

こちらのコンロは、薄さたったの74mmとイワタニのカセットコンロシリーズの中でも最も薄型のコンロなので、安定感が抜群です。さらに鍋が着地するゴトク部分を太くすることで、より一層安定感がでるように工夫もされていますよ。重量もわずか1.3kgと超軽量なので準備や後片づけも簡単ですし、収納時する際にもコンパクトなので場所を取らないのもポイント。

プレートや鍋を置いてもグラグラ揺れにくいから、安定感抜群の使いやすいカセットコンロが欲しい方にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:335(幅) × 275(奥行) × 84(高さ)(mm)
  • 重量:約1.3kg
  • 連続燃焼時間:約70分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

室内向けカセットコンロ2. イワタニ アモルフォ プレミアム

アモルフォ プレミアム
  • 2010年度グッドデザイン賞を受賞しているおしゃれな高級カセットコンロ
  • 「立ち消え安全機構」や「圧力感知安全装置」なと安全性に配慮した機能面も充実
  • 内炎式燃焼のエコバーナーを搭載し2,500kcal/hの出力で3,000kcal/h相当の加熱効率を実現

「なるべくおしゃれなコンロが欲しい」という方に絶対おすすめなのが、「イワタニ」の『アモルフォ プレミアム』です。

2010年度のグッドデザイン賞を受賞しているこちらのコンロは、高級感がありながらもシンプルで飽きのこないおしゃれなデザイン性が最大の魅力。吹きこぼれなどで火が消えてしまっても、自動的に再着火する「立ち消え安全機構」を搭載しているので、ガス漏れの心配もありません。高級感のあるデザイン性に相応しい高い安全性を備えているのもおすすめの理由ですね。

お部屋の和洋を問わずあらゆる空間に馴染む高いデザイン性は、もはやインテリアといっても過言ではありません。雰囲気を楽しみながら料理を楽しみたい方は、ぜひ選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:35.5 x 31 x 8.4 (cm)
  • 重量:約2.2kg
  • 連続燃焼時間:約72分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:連続スパーク方式
  • メーカー:イワタニ

室内向けカセットコンロ3. イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1
  • 煙やにおいを気にせずご家庭でお手軽に焼き肉がたのしめるカセットコンロ
  • プレート表面はフッ素加工が施されているので、お肉がこびりつかず洗うのも簡単
  • テーブルの上でも場所をとらないコンパクトサイズなので、収納スペースに困らない

「煙やにおいを気にせず、お家で焼肉パーティーがしたい!」そんな人にぴったりなのがイワタニの『スモークレス焼肉グリル やきまる』ですよ。

こちらのコンロは、プレートの表面温度を210度から250度に一定コントロールすることで、お肉の脂が煙火するのを抑制してくれます。さらにお肉から出た脂は、火に直接触れることなく、プレート下部にある水皿に落される構造に。これにより、気になるにおいが室内に充満することもなく、煙の発生もさらに軽減されるように工夫されています。もちろん直火なので、お肉もこんがりジューシーに焼けてとっても美味しい。

気になる匂いが部屋中にこもることもないので、ご家庭でいつでも気軽に焼肉屋さん気分が楽しめますよ。焼肉好きの方には本当におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:303(幅)×278(奥行)×149(高さ) (mm)
  • 重量:約2.0kg
  • 連続燃焼時間:約217分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

室内向けカセットコンロ4. カセットフー スーパー達人スリム

イワタニ カセットコンロ カッパーオレンジカセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1(イワタニ)
  • 高さ74ミリはイワタニのカセットコンロシリーズ最薄で、それゆえに安定感は最高レベルだから、安全性を求める方に人気
  • 人間工学の観点からデザインされた回しやすい点火つまみが使いやすい
  • カッパーオレンジの色合いが目を惹く、おしゃれなでスタイリッシュなデザイン

薄型でコスパに優れた安いカセットコンロをお探しの方には、こちらがおすすめ。

最初に紹介した『カセットフー達人スリムⅢ』の初期型ですが、薄さは『カセットフー達人スリムⅢ』と全く同じ74ミリ。これは現在でもイワタニのカセットコンロシリーズでは、最も薄い設計です。それゆえ鍋を乗せたときの安定感は抜群で、鍋を倒してしまう心配がありません。

圧力感知安全装置など基本的な安全装置も搭載しており、トッププレートはお手入れが簡単なフッ素コート加工が施されているなど機能面も申し分なし。

それでいてお値段は安いので、コスパを重視する人には、本当におすすめのカセットコンロです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:335(幅)× 275(奥行)× 84(高さ) (mm)
  • 重量:約1.3kg
  • 連続燃焼時間:約70分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

室内向けカセットコンロ5. ニチネン CCI-101

  • お肉から出た余分な脂は網下にある水受け皿に落ちるので、煙も少なくヘルシーに調理可能
  • セラミックバーナーによる遠赤外線効果により、本格的な焼肉の味がおうちで楽しめる
  • 専用グリルプレート付きなので、焼肉やBBQ以外にも調理の幅が広がります

お肉の味にこだわりながらも煙の少ないカセットコンロをお求めの人に、自信を持っておすすめするのがニチネンの『CCI-101』です。

こちらのコンロは、熱源としてセラミックバーナーを採用しているので、遠赤外線効果を利用した炭火焼き風の本格的な焼肉が楽しめます。また調理中の脂は直接熱源に落ちない構造になっているので、煙やにおいの発生が少ないのもおすすめの理由。

遠赤外線でじっくりと炙られたお肉の焼きあがりは、他のカセットコンロとは一線を画す極上の美味しさ。煙による近所迷惑を気にせず、本格的な焼肉の味を楽しみたいなら、このコンロで決まりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:414(幅)×273(奥行)×152(高さ) (mm)
  • 重量:約3.8kg
  • 連続燃焼時間:約95分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:イグナイター方式(単3電池1本使用※別売)
  • メーカー:ニチネン

アウトドア向けのおすすめ人気カセットコンロ5選

ここからはキャンプやバーベキューで重宝すること間違いなしのアウトドア向けカセットコンロを5つ紹介していきます。

どれも「風よけ」対策がしっかりと施されているので、野外でも快適に使用可能な逸品ぞろいですよ。


屋外向けカセットコンロ1. カセットフー BO(ボー) EX CB-AH-41

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX 【強火力コンロ / 最大発熱量4.1kW】 ヘアラインシルバー CB-AH-41
  • ダブル風防構造で、野外調理時の大敵である横風をシャットアウトするから、火が消えにくい
  • カセットコンロでは最強クラスの高火力で調理時間を短縮できる
  • 専用のキャリーケース付きで、持ち運びも簡単だから、アウトドアには最適

野外でも火が消えてしまうことなく、快適に使えるカセットコンロをお求めならば、イワタニの『カセットフー BO』がおすすめです。

こちらのコンロは、風よけが2重になっている「ダブル風防構造」なので、野外で使っても火の揺れや鎮火の心配はほぼありません。さらにカセットボンベ1本で4.1キロワット(3,500kcal/h)と、カセットコンロでは最強クラスの火力を誇っているので、短時間で調理可能。

風を気にせずに使える野外用カセットコンロが欲しい方は、ダブル風防構造で邪魔な横風をピシャリと遮ってくれる『カセットフー BO』をぜひチェックしてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:幅337 × 奥行302 × 高さ93 (mm)
  • 重量:約1.9kg
  • 連続燃焼時間:約55分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

屋外向けカセットコンロ2. イワタニ カセットフー マーベラスII

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2
  • 本体に取っ手が付いているから、屋外への持ち運びに便利
  • 大きなトップカバーとバーナーを囲む風防リングによるダブル風防で、アウトドアに最適
  • 火力を維持したままガスボンベを最後まで無駄なく使える「ヒートパネル」搭載

「バーベキューばかりでなく、野外でもいろいろな料理ができたらなぁ」こんな悩みをお持ちの方にぴったりなのが、「イワタニ」の『カセットフー マーベラスII』です。

イワタニのアクセサリーシリーズ専用セットアダプターが付いているので、別売りのプレートを購入すれば、野外でもたこ焼きや鉄板焼き、網焼きなどが楽しめて、料理の幅がグンと広がりますよ

取り外し可能なトップカバーを開くと大きな風防となり、さらにはバーナー周りをぐるりと囲む風防リングにより風の影響を大幅に軽減。282個の炎口から出る炎は、風の影響を受けにくく安定した燃焼を実現しています。本体には取っ手が付いているので、持ち運びしやすいのもおすすめポイントですね。

自宅の庭でたこ焼きパーティーがしたい時や、キャンプで網焼きや鉄板焼をしたい時には、『カセットフー マーベラスII』こそがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:380(幅)× 329(奥行)× 110(高さ) (mm)
  • 重量:約2.8kg
  • 連続燃焼時間:約70分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

屋外向けカセットコンロ3. イワタニ カセットフー 風まる2

  • 耐荷重は15㎏までOKで大きな鍋を使った調理も可能だから、大人数用の野外調理に最適
  • 専用のキャリングケース付きだから持ち運びしやすく、スッキリ収納できる
  • 「ダブル風防ユニット」を搭載し、風がある野外でも優れた過熱効果が得られる

「アウトドアで大人数分の調理がしたい。」そんな方には「イワタニ」の『風まる2』がおすすめですよ。

こちらのコンロは、見た目どおりの頑丈な作りで、耐荷重は15㎏までOK。これならば寸胴鍋を使った炊き出しや、野外イベント用にも最適です。

アウトドア使用で気になる風防対策も、イワタニが特許を取得しているダブル風防ユニット搭載なので完璧。燃焼に必要な風は取り込みつつも、炎に悪影響を及ぼす風は内側と外側のダブルプロテクト構造によって、しっかりと遮ってくれるから、大勢の料理もサクッと作れます。

部活やサークルなどで大人数が集まる野外イベント時に使いたい時、はたまた大家族が勢ぞろいしたキャンプの時など、野外で一度に大人数分の調理をする必要があるならば、耐荷重に優れ一度に大量の調理が可能なイワタニの『風まる2』を検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:357(幅)× 278(奥行)× 115(高さ) (mm)
  • 重量:約2.2kg
  • 連続燃焼時間:約66分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタ

屋外向けカセットコンロ4. イワタニ 焼き上手さんα

イワタニ 【カセットこんろとしても使える】 カセットガスホットプレート 焼き上手さんα(アルファ) CB-GHP-A
  • 付属のプレートで、鉄板料理ができる
  • 本体サイドに点火確認窓があるので、炎の状態が分かりやすい
  • ヒートパネル搭載だから、火力を維持したまま最後まで無駄なくボンベを消費できる

ホットプレートとしても使えるカセットコンロをお探しならば、「イワタニ」の『焼き上手さんα』がぴったりですよ。

基本的にはホットプレートとしての使用を想定していますが、付属のプレートを外すとゴトクが付いているので、直火式カセットコンロとしても使用可能です。そしてこの「焼き上手さんα」の最大の特徴は、ガラス窓付きの深型カバーが付いている点。これにより通常のカセットコンロでは難しい蒸し料理もできますし、カバーが深いので、高さ5cmまでの食材ならば素早く火を通すことが可能です。分厚いステーキだって野外でも素早く火を通せますよ。

通常のカセットコンロとしての使用はもちろん、付属のホットプレートをセットすれば野外でパンケーキも焼けますよ。また蓋を閉めて使えば、お魚と野菜の蒸し焼きなど蒸し料理だってできちゃいます。ホットプレートとして使っても優秀なカセットコンロをお探しならば、ぜひチェックしてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:471(幅)× 325(奥行)× 169(高さ) (mm)
  • 重量:約4.1kg
  • 連続燃焼時間:約120分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

屋外向けカセットコンロ5. イワタニ カセットフー ビストロの達人II CB-GP-W

  • 「焼く」「蒸す」「煮る」「焚く」「鍋モノ」「無水料理」と1台あれば多彩なメニューが楽しめる
  • 専用のレシピブック「ビストロレシピ (25メニュー収録)」付属だから、料理が苦手な人でも美味しく調理できる
  • プレートと蓋を外せばコンロとしても使用でき、調理の幅が広がる

一台あればマルチに調理ができるカセットコンロをお探しならば、イワタニの『ビストロの達人II』がおすすめです。

こちらの製品に付属している専用プレート「シャローグリルパン」は、底面積が広く通常のプレートよりも深さのある独自の形状のため、グリル鍋としてもホットプレートとしても使用可能。蓋も付いているので、「焼く」「蒸す」「煮る」「焚く」「鍋モノ」「無水料理」と6通りの調理ができます。また専用プレートを外すとゴトクがあり、カセットコンロとしての使用もOK。ご家庭にあるお手持ちの鍋なども使えますよ。

「多彩なメニューが楽しめるカセットコンロが欲しい」という方は、ぜひこのモデルでいろいろな料理にチャレンジしてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:幅406×奥行320×高さ187 (mm)
  • 重量:約3.4kg
  • 連続燃焼時間:約120分
  • 安全装置:◯
  • 点火方式:圧電点火方式
  • メーカー:イワタニ

カセットコンロを使用する際の注意点

1台あると何かと便利なカセットコンロですが、火を使用するので使い方を誤ると怪我や火災、事故につながる危険性もあります。そこでここからは、カセットコンロを使用する際の注意点を3つ紹介します。

カセットコンロを安全に利用するためにも、これから解説することをしっかりと覚えておいてくださいね。


カセットコンロの注意点1. 電磁調理器の上では使用を控える

「換気扇の下で使った方が煙や臭いが籠もらないのでは?」と考えて、カセットコンロを電磁調理器の上で使用するのは危険ですから、控えてください。

間違って電磁調理器のスイッチが入ってしまった場合に、カセットボンベが過熱され爆発する危険性があります

同様の理由でカセットコンロを石油ファンヒーターなど、熱を発するモノの側で使用・保管するのは危険ですので、やめておきましょう。


カセットコンロの注意点2. きちんと指定されたガスボンベを使用する

カセットコンロによっては、使用するガスボンベを指定している製品もあります。

指定されたガスボンベを使わなかった場合に着火しにくかったり、コンロが正常に機能しなかったりするケースがあるため、きちんとその製品に対応したガスボンベを使用しましょう。

最悪の場合だとガス漏れや火災の原因となることもあるので、きちんと指定されたガスボンベを使用するようにしてくださいね。


カセットコンロの注意点3. テントや車内など、狭い空間では使わない

テント内や車の中など「狭く密閉された空間」でカセットコンロを使用すると、酸欠や一酸化中毒の危険があるので、絶対に使わないようにしてください。

たとえ屋外であっても狭い場所でカセットコンロを使用する際には、換気に十分気を付けること。当然ですが、ご家庭でカセットコンロを使う場合も、必ず換気扇を回したりしましょう。


コンロと一緒にほしい人気のガスボンベ2選

カセットコンロの選び方からおすすめアイテム、使用上の注意点まで紹介してきました。

最後に「カセットコンロとセットで欲しいガス」として、特におすすめのガスボンベを2つご紹介します。ガスボンベ選びに迷った時には、ぜひこれから紹介する2つのボンベをチェックしてくださいね。


おすすめのガス1. イワタニ カセットガス

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR
  • 業界大手のイワタニ製だけあって、高品質で安心感が抜群
  • 使用期限は7年と長いので、災害用に備蓄しておくにもおすすめ
  • 日本全国どこでも入手しやすく、価格がとってもリーズナブルだから買いやすい

カセットコンロのみならず、暖房器具や災害用発電機など、マルチに使えるカセットボンベをお求めの方には、「イワタニ」のガスボンベがおすすめです。

日本全国に広く流通しているカセットボンベなので、他メーカー製のカセットコンロばかりでなく、災害用の発電機や暖房器具にも使用できる高い互換性が大きな特徴。業界最大手のイワタニ製だけあって高品質で信頼感がありながらも、価格が安く日本全国どこでも入手しやすいのもおすすめポイントですね。

せっかくカセットボンベを備蓄していても非常時に使えないのでは、意味がありません。その点イワタニのカセットボンベは、互換性に優れ、いろいろなメーカーのカセットボンベ式暖房機や発電機にも安心して使用できるのでおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめのガス2. マイボンベL

マイボンベL 250g×3本パック
  • 製缶から充填まで製造工程は全て安心・安全の日本国内製
  • 1本あたりの価格は約100円とリーズナブルなので、お財布に優しい
  • カセットコンロはもちろんバーナーやヒーター、アウトドアなど幅広く使用可能

「外国製のカセットボンベは安いけど安全性が心配」そんな方には、ニチネン製のボンベがおすすめですよ。

ニチネンのカセットボンベは、ボンベの缶を作る製造工程から、ガスの充填に至るまで全てが安心・安全の日本国内製なのが最大の特徴。高い安全性を誇りながらも、1本あたり約100円とリーズナブルなのも嬉しいですね。

安全性の高いカセットボンベをお求めならば、ニチネンのマイボンベこそおすすめです。

Amazonで詳細を見る


カセットコンロでいつでも料理を楽しみましょう!

カセットコンロの選び方から使用上の注意点、おすすめ商品まで詳しく紹介しました。

屋内でも屋外でも場所も選ばずどこでも使用できるカセットコンロは、使用方法さえ間違えなければ、食生活を豊かに彩ってくれる便利なアイテムです。

ぜひこの記事を参考にして、ご自身のニーズにあった素敵なカセットコンロをチョイスしてくださいね


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事