【家庭用】生ゴミ処理機おすすめランキング。人気モデルを徹底比較!

家庭の生ゴミをいつでも処理できる「生ゴミ処理機」。ゴミを減らすだけでなく、嫌な臭いも防げて助成金が出る製品もある便利なアイテムです。今回は、生ゴミ処理機のメリットや選び方、生ゴミ処理機おすすめ人気ランキングを紹介!パナソニックや日立など人気モデルを厳選しました。

生ゴミ処理機の魅力|家庭用に買うメリットとは

生ゴミ処理機のおすすめ

毎日食事を作る際に出てくる生ゴミ。台所に置いたままにすると臭いうえに、コバエが寄ってきたり腐敗も気になりますよね。

そんな生ゴミを減らせるのが、家庭用生ゴミ処理機です。

今回はそんな生ゴミ処理機を家庭に置けばどんなメリットがあるか、詳しく紹介していきます。


生ゴミ処理機の魅力1. 台所を衛生的に保てる

料理を作る際にどうしても出てしまう生ゴミ。ほぼ毎日のように肉や魚など菌が繁殖しやすいものを調理しますが、菌が気になるからといって即捨てるのはなかなか大変です。

しかし、生ゴミ処理機なら何も気にせず、ゴミをそのまま入れるだけでいいので、放置することなく、すぐに処理できます。菌の発生を抑えるだけでなく、コバエ対策にもなるので、台所を常に衛生的に保てるのがメリット。

生ゴミを流さずに済めば、排水溝の汚れやぬめりも軽減され、綺麗なキッチンをキープできますよ。


生ゴミ処理機の魅力2. ゴミ出しの量を減らせる

生ゴミは毎日の食事を作る際に必ず出てきますよね。毎日三食作られる方は三食分ともなるので、積み重なると結構なゴミの量になり、ゴミ出しも一苦労。

家庭用に生ごみ処理機を用意しておけば、毎回出ていた生ゴミを自宅で処理することで、生活ゴミの削減に繋がります。

「毎週ゴミ出しが大変。」というご家庭でも、一台用意しておけば、重宝すること間違いなしです。


生ゴミ処理機の魅力3. 堆肥として土に還すことができるのでエコ

生ゴミ処理機の中には、処理後のカスを堆肥として使えるタイプもあります。

ゴミの量を減らせるだけでなく、土に還すことが出来るので、地球に優しく非常にエコなのがメリット。また、肥料としても使えるタイプもあり、臭いが気にならなくなる上、ガーデニングや家庭菜園にも利用できるのは嬉しいポイントです。

家庭での生ゴミ処理に困っていた方だけでなく、エコ活動に力を入れている方にもぜひ使って頂きたいアイテムですね。


生ゴミ処理機の比較方法|失敗しない選び方を解説

生ゴミ処理機といっても様々な種類があります。

自分の生活に大きく関わる生ゴミ処理機なので、買って失敗することがないように、色んなタイプのものと比較して詳しく解説していきます。

買うか迷っている方や気になっている方は要チェックですよ。


生ゴミ処理機の選び方1. タイプで選ぶ

家庭用に販売されている生ゴミ処理機の中には、大きく分けて大乾燥式・バイオ式の2つのタイプがあります。

臭いや、処理する時間、処理時の騒音、電気代などタイプによって違いがあるので、自分の生活スタイルにマッチしたものを選ぶのがポイントです。

また、タイプによって置く場所も違うので、メリットと合わせながら見ていきましょう。


生ごみ処理機のタイプ① 乾燥式

手軽に処理ができ、家庭用として取り入れやすいタイプがこちらの乾燥式。生ゴミに熱や風を加えて水分を蒸発させ、カラカラに乾燥させる仕組みになっています。

コンパクトなものが多く、台所に置いておくことができるの便利さがメリット。また、処理した後は、可燃ゴミとして捨てられるので楽ですね。

  • 臭い:密閉度の高いものを買えば、臭いは気にならない
  • 騒音:処理時の音はバイオ式と比較するとやや大きめ
  • 電気代:他のタイプに比べると高め
  • 価格帯:比較的安いので、家庭用におすすめ

生ごみ処理機のタイプ② バイオ式

処理後のカスを肥料に変えてくれるのが、バイオ式の生ごみ処理機。

バイオチップと混ぜ合わせて使い、その中で微生物が生ゴミを水と炭酸ガスに分解する仕組みです。家庭菜園やガーデニングをやっている方は、処理後肥料になったものを再利用できるのが嬉しいですよね。

バイオ式は大型のものが多いので、屋外で使用するのが良いでしょう。

  • 臭い:臭いはやや感じるため、屋外で使用するのがベスト
  • 騒音:とても静かなので、夜間の使用でも気にならない程度
  • 電気代:比較的安く、家庭用におすすめ
  • 価格帯:バイオチップをタイプもあり、比較的高め

生ゴミ処理機の選び方2. 設置する場所によって大きさで選ぶ

設置場所と大きさが合わないと、結局置きたい場所に置けなくなり、押入れなどにしまったまま使わないなんてことも。

生ゴミ処理機の設置場所は非常に重要なポイントです。例えば台所に置く場合は、調理の邪魔にならないようにコンパクトなものを選ぶのが好ましいです。また、小さいものなら、一目につかないように収納スペースにも入れることができますよ。

室内に置き場所がなく屋外に設置する場合、スペースを確保しやすいので大型のものを選ぶのがGOOD。

商品を選ぶ前に置く場所の寸法を測っておき、そのサイズに入る大きさのアイテムを選ぶようにしましょう。


生ゴミ処理機の選び方3. 掃除や手入れの手間が少ないものを選ぶ

毎日使用する生ゴミ処理機は、当然中が汚れるので、お手入れが必要です。

製品によっては毎回掃除しなければいけないものもありますが、なかなか毎日お手入れするのは大変。また、処理した後といえども抵抗がある方もいますよね。

そんな生ゴミ処理機のなかでも、半年に一回のメンテナンスで済むものから、半永久的に中のバイオチップを変えなくて良いものもあります。あまりお手入れする時間が取れない方や、掃除の負担を減らしたい方は、手間がかからない生ゴミ処理機を選ぶのが良いでしょう。


【家庭用】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキングTOP10

色々なタイプを解説してきましたが、実際に人気の高いものはなにか気になりますよね。ここからは評判の高い最新生ゴミ処理機をランキング形式でご紹介していきます。

生ゴミ処理機選びで悩んでる方は、ぜひこのランキングの中で自分の生活スタイル合ったもの見つけてくださいね。


【おすすめランキング第10位】REBRAN エアドライ

REBRAN(リブラン) 生ゴミ処理機&乾燥機 エアドライ 容器2個セット RBIII
  • 乾燥機付きなので、生ゴミ用と調理用で使い方を分けられる
  • 処理後は遅効性肥料になるため、ガーデニングなどをやっている方にもおすすめ
  • ゴミの量の削減だけでなく、電気代も安く抑えられるのがメリット

「生ゴミ処理機を試してみたいけれど、最初は安いものを使いたい」そんな方にはこちらがおすすめ。

台所に置く乾燥式タイプで、生ゴミの水分を飛ばして処理してくれるので、嫌な臭いを抑えてくれます。それに加え、非常にコンパクトでデザインもおしゃれです。気になる電気代ですが、1日10時間つけっぱなしでも約4円ほどしかかからないので、家計にも優しいと口コミでも人気に。

安くて使い勝手が良いものが欲しい方は、こちらがおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:28.3×44.7×55.5(cm)
  • 本体重量: 3.4kg
  • タイプ:通風乾燥式
  • 電気代:約124円/月
  • 設置場所: 屋内専用

【おすすめランキング第9位】東北環境 NEWサム

東北環境 ほとんど臭ワン ニューサム TK210R レッド Newサム 生ゴミ処理機 犬型 家庭用 ROBOT
  • 生ゴミだけでなく、ペットのフンも一緒に入れて処理できる
  • わんちゃんモチーフの可愛いデザインなので、見た目でこだわりたい方にぴったり
  • 1ヶ月に1回のお手入れで済むので、掃除の負担がかからず楽

見た目を重視した生ゴミ処理機が欲しいという方にはこちらがぴったり。

東北環境のNEWサムは、わんちゃんをモチーフにしたバイオ式生ゴミ処理機になっているので、見た目がとてもキュートなのが魅力。それに加え、他の製品ではNGのペットのフンを、生ゴミと同じように一緒に入れることができるのもポイントです。また、口コミの意見ではお手入れも月に一回の水洗いで良いのが手間がかからなくて嬉しいとのこと。

生ごみ処理機といえど、インテリアを崩さずにお部屋にマッチしやすいので、可愛いデザインのものが欲しい方は、NEWサムがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:28.3×44.7×55.5(cm)
  • 本体重量:14kg
  • タイプ:バイオ式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:屋外専用

【おすすめランキング第8位】日立 キッチンマジック

日立 生ごみ処理機 屋内外兼用乾燥式HITACHI キッチンマジック ECO-VS30-S
  • 処理時の音が非常に静かなので、屋外で使用しても安心
  • 従来のものよりも容量が大きく、たくさん生ゴミを処理できる
  • 操作もお手入れも楽なため、忙しい時も負担がかからない

「従来のものより音が静かなモデルが欲しい。」そんな方にはこちらがおすすめ。

『日立 キッチンマジック』は乾燥式でありながら、音が非常に静かで、夜間の使用でも、隣家に迷惑をかけずに使えます。また、口コミでは容量が他の乾燥式よりも大きいため、一度にたくさんの生ゴミが処理できるという点も人気が高い秘訣です。

どの時間帯に使用しても安心の静かさなので、隣家が近い方や小さいお子さんがいる方におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:26.5×44.8×50.4(cm)
  • 本体重量:13kg
  • タイプ:乾燥式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:屋内・屋外両用

【おすすめランキング第7位】KGTO 自然にカエル

家庭用生ごみ処理機 屋内 バイオ 自然にカエル 基本セット(本体とチップ材8L×2袋)
  • 電気を使わないため、自然と家計に優しい
  • 処理後は肥料として使えるので、園芸や家庭菜園をやっている方にもおすすめ
  • バイオチップ剤が2年再利用でき、頻繁に新しいチップ剤を購入する必要がない

生ゴミ処理機を使用したいけれど、毎日使うとなると電気代が心配ですよね。

『自然にカエル』は、電気を一切使わないバイオ式の生ゴミ処理機です。朝と夜だけ手動でハンドルを回せば、その後はバイオの力で処理してくれる優れもの。また、バイオチップ剤は4~5か月ごとに半量だけ交換で良いのが楽です。使い方がシンプルで電気を使わないところも口コミで大人気。

電気代がかからず、家計に優しいから、節約中の方や毎月の費用を抑えたい方にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:42.8×34×41.8(cm)
  • 本体重量:4.5kg
  • タイプ:バイオ式
  • 電気代:0円/月
  • 設置場所: 屋内専用

【おすすめランキング第6位】サンコープラスチック EMワーカー

サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー 15L ブラック
  • 処理後は有機肥料になるため、自然に優しくエコ
  • 分離液は、消臭や下水の洗浄に使えるので無駄なく利用できる
  • 低価格で購入できるので、節約中の方でもチャレンジしやすい

家庭菜園を行っている方にとって、生ゴミから良質な有機肥料を作れたら、一石二鳥ですよね。

『EMワーカー』は、生ゴミに専用処理剤をかけるだけで、分離液と有機肥料に処理してくれ、放っておくだけて良質な有機肥料になり、庭の植木や家庭菜園に活用できるのが嬉しいポイント。分離液も、消臭剤として使えるので無駄になる部分がないのが良いですね。

処理後も色々な用途で利用したい方は、この生ごみ処理機をチェックしておきましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:31.4×31.4×34.4(cm)
  • 本体重量:約15L
  • タイプ:バイオ式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:ー

【おすすめランキング第5位】 サンコー コンポスター

三甲 サンコー 生ゴミ処理容器 コンポスターD-70型 804007-01 グリーン
  • 内部が二重構造になっているので、臭いが漏れにくく、水の侵入も防ぐ
  • 処理後は良質な堆肥になるため、地球に優しくエコなのが嬉しい
  • 女性でも扱いやすいほど、非常に軽量な作り

外に置いた際に、カラスなどに食い散らかされるのが心配な方には、サンコーの商品がおすすめ。

フタと壁が二重構造になっているので、外に置いていても動物や虫から荒らされる心配がありません。口コミでは、「臭いが気にならなく虫もあまり寄ってこないのが助かる」などの意見が見られ、満足度も◎。また、生ゴミの処理と堆肥の製造を同時にできるため、家庭から出た生ゴミを良質な堆肥に処理して自然に還すことも可能です。

処理機の中身を外部からしっかり守るから、荒らされないか不安な方は、ぜひ購入を検討してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:450×450×686(cm)
  • 本体重量:70L
  • タイプ:ー
  • 電気代:約0円/月
  • 設置場所:屋外専用

【おすすめランキング第4位】バイオクリーン 家庭用バイオ式生ごみ処理機 BS-02

家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02
  • 臭いが非常に少ないので、ベランダに出しておいても安心
  • 処理後は自動的に節電モードになるため、電気代を抑えられる
  • 使用する時の難しい工程が無く、家事の合間にサッと活用できるのが魅力

「マンションのベランダに置けるサイズのものが欲しい。」そんな方にぴったりの製品がこちらの『バイオクリーン』です。

コンパクトなモデルなので、狭いベランダでも場所を取らず、スッキリ置いておけます。使い方も非常にシンプルで、生ゴミを入れて放置するだけで完了なので、負担がかからないのもポイント。生ゴミの処理が終わると自動的に節電モードに切り替わるので、「節約できる」といった口コミも多く、人気度も高めです。

室内に置いておくのは、どこか衛生面が不安ですよね。そんな時は、ベランダの省スペースに置ける生ごみ処理機を選びましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:400×400×780(㎝)
  • 本体重量:25㎏
  • タイプ:バイオ式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:屋外専用

【おすすめランキング第3位】EMエコペール

GP 生ごみ 処理 EMエコペール 18L #18
  • 臭い漏れがないとレビューで高評価を獲得している
  • 落ち葉や庭の雑草も処理できるので、家庭ごみ以外の用途がたくさん
  • 取っ手つきで持ち運びしやすく、重ね置きもできる

「コスパの良い生ゴミ処理機を使いたい」という方はこちらがおすすめ。

手頃な価格でありながら、処理後は液体肥料に変わるという便利な製品です。液体を取るための蛇口がついているため、手を汚すことなく簡単にできるのがポイント。また、こちらは生ゴミ以外にも、落ち葉や庭の雑草も処理すること可能なので、庭掃除の際のゴミを削減することができるという口コミが多く見られ、機能面は至れり尽くせり。

価格が低いうえ、生ゴミだけでなく庭の掃除で出たゴミも処理することができるコスパ◎。今まで値段の高い処理機に手が出せなかった方に、ぜひおすすめしたい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:ー
  • 本体重量:ー
  • タイプ:バイオ式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:ー

【おすすめランキング第2位】島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 パリパリキューブ ライト トリコロール PCL-31-BWR

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】 トリコロール PCL-31-BWR
  • 分別をせずに、骨からスプーンまで入れられるから使いやすい
  • 音風だけで乾燥させて、音が非常に静かだから、子供が寝ていても起こす心配がない
  • 処理した乾燥物を有機肥料として使えるため、インテリアの観葉植物などに活用できる

ゴミを捨てる時は分別をしなければなりませんが、なかなか面倒に思うことってありますよね。

『パリパリキューブ』は分別する必要がなく、従来生ゴミ処理機では処理できない魚の骨や貝殻を入れてもしっかり処理してくれます。それに加え、深夜に使用しても気にならないほどの動作音なので、寝る前にセットしても安心。コンパクトでカラーが可愛く、使い勝手が良いと口コミでも話題です。

生ゴミであれば何でも入れてOKなので、面倒くさがりな方はぜひ手にしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:21.5×28.3(cm)
  • 本体重量:2.1kg
  • タイプ:乾燥式
  • 電気代:ー
  • 設置場所:ー

【おすすめランキング第1位】パナソニック 家庭用生ごみ処理機 シルバー MS-N53-S

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS-N53-S
  • パナソニック独自開発のソフト乾燥モードで、従来のものより質の高い肥料が作れる
  • ワンタッチで開けることが出来るため、片手がふさがっていても開けやすい
  • 脱臭力や密閉度が高く、臭いが漏れ出る心配がない

「肥料づくりに特化したものを使いたい。」そんな方には、パナソニックの『 MS-N53-S』がおすすめです。

口コミでも非常に評判の高い製品で、特に人気が高い理由が、肥料作りに最適なソフト乾燥モードを搭載していること。パナソニックが独自に開発した乾燥モードで有機質肥料を作れるので、家庭菜園をしている方にもぴったりです。また、脱臭力が高いため、室内に置いても臭いが気にならないのも嬉しいところ。

従来の製品より質が高い肥料を作ることができるので、園芸や家庭菜園を趣味にしている方にこそおすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:26.8×36.5×55.0(cm)
  • 本体重量:12kg
  • タイプ:乾燥式
  • 電気代:ー
  • 設置場所: 屋内

生ゴミ処理機の購入前に助成金対象かチェック

生ゴミ処理機はゴミの量を削減できるので、住んでいる地域によって助成金や補助金を支給してくれる自治体があります

自治体により額は様々で、平均的には2~3万まで助成金や補助金が出るところが多いです。生ごみ処理機の購入費用はかかりますが、長い目で見るとコスパが良いことが考えられます。

生ゴミ処理機を買う前には必ず住んでいる地域窓口かホームページで助成金や補助金が出るか確認して、うっかり損をしないよう注意してくださいね。


人気の高い生ごみ処理機を選んで、生活をより便利に!

食事で出る生ゴミを簡単に処理できる「生ゴミ処理機」は、一家に一台あると超便利。

環境に良いのはもちろんのこと、ゴミを減らして部屋の衛生を保ったり、堆肥として家庭菜園などに利用したりなど、使い勝手は抜群です。

今回紹介した製品は、どれも人気の高いものばかり。本記事を参考に、ぜひ暮らしを便利にしていきましょう!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事