ノースフェイスの人気バッグ24選|おしゃれで機能性抜群のおすすめカバンとは

ノースフェイスの人気バッグをお求めの方へ。今記事では、ノースフェイスならではのバッグの魅力から、種類別のおすすめバッグまで詳しくご紹介します。コンパクトなミニバッグから、旅行にも使える大容量リュックまで、用途に合うカバンをGETしましょう!

前提として「ノースフェイス」とは?

ノースフェイスのおすすめバッグ

ノースフェイスは、正式ブランド名が「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」といい、1966年にアメリカで創業した老舗のアウトドアブランドです。

当時、高機能な寝袋で注目を集め、一躍有名となりました。その後、現在のダウンパーカーの原型となる「シエラ・パーカ」や、世界初のドーム型テントなど、次々にヒット作を生み出します。

そんなザ・ノース・フェイスの魅力は、タフネスで高性能な商品で、登山からキャンプ、アウトドアウェアなど幅広いアイテムを展開していること。また、デザイン性も高く、シティユースとしてファッションに取り入れている人も増えているところが特徴です。


ノースフェイスならではの「バッグ」の魅力とは

ザ・ノースフェイスのアイテムの中でも、人気を集めるカバン。

種類も豊富で、本格的なアウトドアから旅行や通勤、通学などのシティーユースまで幅広く使えます。まずは、ザ・ノース・フェイスのバックの魅力をご紹介します。


ノースフェイスの魅力1. 機能性に長けたバッグが多い

ザ・ノースフェイスのバックは過酷な環境下でも大切な荷物を守れるように、機能性が高い商品が多いです。摩擦に強い特殊な素材を使っていたり、長時間利用に耐えられるよう軽量化されていたりと、アウトドアを楽しむ人のニーズが詰まっています。

また、急な悪天候にも耐えられるよう防水加工が施されている商品が多く、特に防水透湿性素材であるゴアテックスを採用している商品は、湿気にも強くムレを解消してくれます。


ノースフェイスの魅力2. 種類やサイズのバリエーションが豊富

使用するシーンに合わせてぴったりなサイズを選べるところも、ザ・ノースフェイスの大きな魅力。斜めがけやウェットポシェットのような小さいバックから通勤通学に使えるリュック、アウトドアシーンで使える大容量の30Lバックパックなど、バリエーションが豊富。

使用するシーンに合わせて持ち歩くバックを選べるので、ついついノースフェイスのバックばかりになってしまう人もいるくらいですよ。


ノースフェイス製バックの失敗しない「選び方」とは?

ここからは、ザ・ノースフェイスのバックを選ぶときのポイントをご紹介します。種類が豊富なバックだからこそ、使いやすいアイテムを選ぶのが大切です。

ぜひ、お気に入りの商品を選ぶための参考にしてみてくださいね。


バッグの選び方1. 用途に最適な種類のバッグを選ぶ

ザ・ノースフェイスは多彩な種類のカバンを扱っており、大容量のバックパックや斜めがけ、トートバッグなど種類により特徴が異なります。

だからこそ、用途に合わせた使いやすいバッグを選ぶようにしましょう。


汎用性抜群の「バッグパック」

バックパックとは、日本語にすると「背中に背負う荷物袋」の意味で、基本的にリュックサックと変わりません。両手が開くため、荷物が多いときや手を使わなければならない登山、トラッキングなどのアウトドア時に役立ちます。

ザ・ノースフェイスのバックパックは大容量の商品が多く、キャンプなど荷物が多いときにも便利。また、ノートパソコンなども収納できる商品が多く、通勤や通学バックとしても活躍します。

さらに、防水加工など過酷な環境でも安心して使える性能が備わっていることも多く、天候に左右されず使えるから便利ですよ。


軽くて普段遣いに便利な「ショルダーバッグ」

肩からかけて使えるバックで、バックパックと同様に両手が空くのがメリット。バックパックと比べると小型で身動きが取りやすく、キャンプやアウトドア時のサブバックとして便利です。

ザ・ノースフェイスの場合は、丈夫で収納量にこだわった商品が目立ち、アクティブに動くシーンでも負担なく使えるところがポイント。財布やスマートフォン、飲み物など必要最低限のアイテムを持ち歩くときに重宝します。


カジュアルコーデにもマッチする「トートバッグ」

手に持ったり肩からかけたりと様々な持ち方ができ、アウトドアシーンから通勤、通学など幅広く使えます。ザ・ノースフェイスの場合は、アウトドアシーンでも気兼ねなく使えるような防水性能が高い商品や大容量の商品が多いです。

開口部分も大きいので、レジャーシートやキッチン用品、パソコンやノートも楽に収納でき、幅広いシーンで使えるので人気があります。


旅行やアウトドアで役立つ「ダッフルバッグ」

ダッフルバッグとは、その昔船員や水兵が私物を入れて携帯するのに使っていた円柱バッグのこと。収納スペースが多く、しかも持ち歩きやすいので、キャンプやアウトドア、スポーツシーンでも使われるようになりました。

リュックのように背負ったり肩からかけたり手に持ったりと3wayの使い方ができるところが特徴で、大容量の荷物くを快適に持ち歩きたい人におすすめ。

特にザ・ノースフェイスのダッフルバッグはタフネスで大容量なところが人気を集めています。


バッグの選び方2. 好みのデザインやカラーで選ぶ

好みのデザインやカラーの商品を選べば、飽きることなく長く愛用できます。通勤や通学などに使う場合は、スーツや制服と合わせやすいブラックやグレーのシンプルなデザインがおすすめ。

反対に、おしゃれなウェアと合わせてタウンユースする場合は、ファッションテイストに合うデザインやカラーバリエーションが豊富な商品から選びましょう。

使用するシーンに合わせて、デザインやカラーを選んでみると、長く愛用できるようになりますよ。


バッグの選び方3. 水濡れが心配なら防水バッグを選ぶ

アウトドアには急な天候不良がつきもので、防水性がないとバッグの中身まで濡れてしまいます。だからこそ、防水加工が施されていたりポリエステルやゴアテックスなどの防水性能の高い材質を使ったバッグを選ぶことが大切です。

バックに防水加工が施されていれば、バックの中身が濡れて汚れてしまう心配がありません。特に、登山やトラッキングなど長時間の使用を検討する場合にはバッグに防水加工が施されていると、荷物の心配をすることなく使えます。


【種類別】ノースフェイスバッグの人気おすすめモデル24選

ここからは、ザ・ノースフェイスで人気のカバンを選びやすいよう「種類別」でご紹介します。アウトドアで重宝するカバンからシティユースできるおしゃれなカバンまで、思わず欲しくなる商品ばかり。

ぜひ、気になるアイテムを見つけてみてくださいね。


プライベートから仕事まで使えるバックパック6選

まずは、アウトドアからビジネスシーンまで幅広く使える人気のバックパックをご紹介します。

軽い素材を使っている商品や丈夫でヘビーユースできる商品など、シーンによって使い分けたくなるバックパックばかり。ぜひ、お気に入りを探してみてください。


人気のバックパック1. ピーエフスタッフパック

ロールトップ式のアウトドアにピッタリなリュック

出典:zozo.jp

  • ユニセックスで使えるロゴが引き立つおしゃれなデザインが魅力的。
  • 軽量ナイロン素材を使用しており、通勤や通学など長時間利用におすすめ。
  • 通気性のエアメッシュショルダーベルトで、夏場でも汗をかきにくい。

『ピーエフスタッフパック』は、タウンユースできるおしゃれなデザインにこだわりたい人におすすめ。

フロントには大きくロゴがプリントされており、インパクトのあるデザインに。モノトーンで固めているので派手になりすぎず、通勤や通学にも使えるところも特徴です。また、開口部分はロールタイプで、バックルで留めるシンプルなスタイルとなっており、無駄のないデザインに仕上がっています。

おしゃれなバックパックが欲しい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:45.5 × 33 × 15 (cm)
  • 容量:18L
  • 重量:ー
  • 素材:75Dリップストップポリエステル(シリコン/PUコーティング)

人気のバックパック2. SINGLE SHOT

[ザ・ノース・フェイス] リュック シングルショット ブラック
  • フロントにはジップポケットがあり、タオルやスマートフォンなどすぐ取り出したいものが収納できる。
  • たっぷり入る23Lで、登山やキャンプなど幅広いアウトドアで活用可能。
  • 背面は軽量エアメッシュ構造で、汗ばむ季節でも通気性を確保している。

登山やキャンプなどアウトドアでは、収納のしやすさを重視したいと悩む人も多いはず。そんな時には『SINGLE SHOT』が向いています。

大容量の23Lで、メイン収納はかさばるものも収納しやすいよう開口部が広くなっているところが特徴。第2コンパートメントは小物収納がしやすいよう小さなポケットが設けられており、大切なものが紛失しません。また、サイドにはポールループがついているので、傘やステッキなどの持ち運びが楽に。

必要なものをコンパクトにまとめて持ち運びたい時には、ぜひ使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:44 × 31 × 18 (cm)
  • 容量:23L
  • 重量:660g
  • 素材:420Dナイロン(カラーにより異なる)、1680Dナイロン

人気のバックパック3. ピボター

普段使いのしやすい機能性抜群なリュック

出典:zozo.jp

  • サイドのメッシュポケットやフロントポケットなど、細かなアイテムが収納できるよう工夫されている。
  • バックパネルは高い通気性とクッション性を備えているので、長時間背負っていても使い心地抜群。
  • ノートパソコンやタブレットを保護できる、パッド付きのスリーブも搭載している。

汗ばむ季節も快適にバックパックを使いたい人には、人気商品の『ピボター』がベストです。

高い通気性を備える「フレックスベントサスペンションシステム」を採用しているバックパネルなので、長時間背負っていても汗が溜まりにくくなっています。また、バックパネルは背負いやすいよう線が入っており体の曲線にフィットし、疲れにくくなっているところも魅力的。

通勤やハイキングなど長時間背負っていることが多い人は、使い心地にこだわった商品をぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:49.5 × 32.5 × 24 (cm)
  • 容量:27L
  • 重量:830g
  • 素材:600D50%リサイクルポリエステル、300Dポリエステルヘザー(カラーにより異なる)

人気のバックパック4. BCヒューズボックス2

丈夫な作りで大きめサイズのリュック

出典:zozo.jp

  • フラップ裏にはキープリップつきのメッシュポケットがあり、鍵やスマートフォンなどの収納に便利。
  • カラフルなカラーバリエーションと大きなフロントロゴが目を引くデザインで、おしゃれなバックパックを探している人にぴったり。
  • 摩擦と耐水性に優れたTPEファブリックラミネートポリエステルを使用しており、デイリーユースにおすすめ。

「デザイン性が高く、周囲に差がつくおしゃれなバックパックバックパックが欲しい!」

そんな方にはロングセラー商品の『BCヒューズボックス2』がおすすめ。

ポップな色合いとフロントに大きくプリントされたブランドロゴが目を引き、コーディネートを楽しめるおしゃれなデザインとなっています。型崩れにしくいボックス型で開口部分が大きく開くため、ノートパソコンや雑誌なども入れやすく、タウンユースにぴったり。

「街で見かけるおしゃれなアウトドアリュックといえばコレ!」ぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:46 × 33 × 15 (cm)
  • 容量:30L
  • 重量:1010g
  • 素材:1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)など

人気のバックパック5. アイアンピーク

収納機能が高いリュック

出典:zozo.jp

  • ショルダーハーネスとサイドポケットにリフレクターを装備し、夜間の可視性を高めているため、夜道でも安心して使える。
  • フロントにはアクセサリーポケットがあり、すぐに出し入れしたいスマートフォンや財布の収納に便利。
  • ハイドレーション対応で、トレイルランニングや登山など過酷なアウトドアにも最適。

アウトドアでもタウンユースでも使える便利なバックパックが欲しいという人は、『アイアンピーク』をチェック。

登山やトラッキングなどハードなアウトドアで活躍するハイドレーション対応となっており、本格的なアウトドアでも利用することが可能。また、15インチまで対応のノートパソコンやタブレットスペースも設けられており、タウンユースにも向いています。

必要最小限な機能のみ搭載しあえてシンプルに仕上げることで使い方を制限しない魅力的な人気商品となっているので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:50 × 31 × 17 (cm)
  • 容量:28L
  • 重量:1049g
  • 素材:210Dコーデュラリップストップナイロンなど

人気のバックパック6. テルス35 L

大容量のアウトドアに丁度良いリュック

出典:zozo.jp

  • バックパネルは通気性を重視し、長時間背負っていても蒸れないようになっている。
  • ヒップハーネスはポケット付きで、スマートフォンなどすぐに取り出したいアイテムの収納に便利。
  • 35Lの大容量で1310gと軽いため、長時間の使用におすすめ。

1泊~2泊程度のアウトドアに使える高性能なバックパックを探している人は、このバックパックを選んでみて。

利便性を追及してきた人気モデル「テルス」シリーズで、生地の強度を高めながらも1310gと軽いところが特徴。フロントドロップポケットの裏面にはレインカバーが内蔵されているので、急な雨でも慌てることがありません。

ポケット数も多く必要なアイテムを細かく分けて収納できるので、本格的なアウトドアのお供にぜひ使ってみてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:66 × 27 × 22 (cm)
  • 容量:35L
  • 重量:1310g
  • 素材:210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン

手荷物を手軽に収納できるショルダーバッグ6選

ここからは、荷物が少ない時のお出かけやアウトドア時のサブバッグとして重宝する人気のショルダーバッグをご紹介します。

手軽に購入できる安い商品やデザイン性の高いおしゃれな商品も。ぜひ、チェックしてみてくださいね。


人気のショルダーバッグ1. CANISTER M

ロゴだけのシンプルなデザインのカバン

出典:zozo.jp

  • シンプルでクールなワンカラーデザインで、シティユースにも活用できる。
  • 仕分けに便利なスリーブポケットがついているので、意外とスッキリ収納できる。
  • 50gという超軽量で、持ち歩くことが億劫にならない。

軽さを重視したショルダーバッグを探している人は『CANISTER M』がぴったり!

軽さと耐久性を兼ね備えた素材であるパーテックスナイロンを使用することで、50gの超軽量化を実現しており、楽に持ち歩けるところが特徴。ショルダーストラップは取り外し可能で、キャニスターを使えばポーチとしても活用できます。

軽くて持ち歩くことが手間にならないので、アウトドアシーンだけでなくシティユースしたくなる商品ですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:16.5 × 24.5 × 8 (cm)
  • 容量:5L
  • 重量:50g
  • 素材:パーテックスナイロン

人気のショルダーバッグ2. MUSETTE BAG

[ノースフェイス] THE NORTH FACE MUSETTE BAG (TR)ナチュラルxTNFレッド
  • 優しい肌触りのオーガニックコットンを使っており、素材感を生かした風合いが魅力的。
  • 3,000円台で購入できる安い価格設定で、手軽に購入できる。
  • 長さ調整ができるショルダーベルトなので、身長に左右されず使える。

『MUSETTE BAG』は、素材やデザインにこだわったおしゃれなアイテムを探している人におすすめ。

オーガニック製品認定機関であるSkal認定のオーガニックコットンを使用しており、ナチュラルな風合いが魅力的。フロント部分にはブランドロゴはプリントされており、シンプルながらもおしゃれなデザインとなっています。

ナチュラルな風合いがおしゃれなショルダーバッグを探している人は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:28 × 36 (cm)
  • 容量:ー
  • 重量:ー
  • 素材:オーガニックコットン100%

人気のショルダーバッグ3. FuseBoxPouch

  • 大きくプリントされたブランドロゴがおしゃれで、コーディネートのアクセントにぴったり。
  • 形状維持のために背面パッドを採用しており型崩れしにくく、長く愛用できる。
  • 財布やスマートフォンなど必要なものを収納するのにベストなサイズで使いやすい。

『FuseBoxPouch』は、おしゃれのアクセントとして使えるショルダーバッグを探している人にイチオシの定番アイテム。

大きくプリントされたブランドロゴが引き立つエッジの効いたデザインとなっており、シンプルなコーディネートのアクセントとして使えます。カラフルな11色のカラーバリエーションで、好みに合わせて選択できるところも人気の秘訣です。

シティユースはもちろんのこと、アウトドアウェアのアクセントとしても取り入れてみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:23.5 × 16 × 7.5 (cm)
  • 容量:3L
  • 重量:230g
  • 素材:1000DTPEファブリックラミネート、840Dナイロンなど

人気のショルダーバッグ4. SC Pertex Canister Sバッグ

小物入れに丁度良いコンパクトなカバン

出典:zozo.jp

  • 総重量45gと超軽量で、アウトドアシーンでも負担にならない。
  • ショルダーストラップは取り外し可能で、ポーチとしても使用可能。
  • 内部にはスリーブポケットがあり、小物を分けて収納できる。

「アウトドア時に携帯しやすいショルダーバッグが欲しい!」そんな時には『SC Pertex Canister』がおすすめです。

総重量45gの超軽量で、バックパックなどを使用している時のサブバッグとして使っても邪魔にならないため、手軽に使えます。野外でのハードユースにも耐えられるよう高い耐久性のあるパーテックスナイロンを使っており、登山やキャンプにも安心。

「いちいち必要なアイテムをリュックから取り出すのが面倒」という時には、スマートフォンや財布をミニサイズの『SC Pertex Canister』に入れて携帯してみて。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:13 × 18 × 6 (cm)
  • 容量:2L
  • 重量:45g
  • 素材:パーテックスナイロン

人気のショルダーバッグ5. ポストマン

  • 大きなブランドロゴとツートンカラーが目を引くファッション性の高いデザインになっている。
  • ジオリップストップナイロンに防水性をアップするTPUコーティングを施しており、雨の日のお出かけも安心。
  • 11Lの収納量があるので、これだけでちょっとしたお出かけができる。

斜めがけバッグだけで出歩ける収納量が欲しい時には、人気商品の『ポストマン』がベスト。

1Lの収納量があり、財布などの必需品だけでなく、飲み物やタオル、ノートなども収納でき、これ1つでお出かけができる大きさを備えています。また、長時間の使用しても肩が痛くならないよう柔らかいソフトテープショルダーストラップを採用しており、お出かけ時のストレスを軽減することが可能。

ちょっとしたお買い物や旅行のサブバッグなど、手軽に持ち歩けるショルダーバッグとして重宝しますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:25 × 33 × 6 (cm)
  • 容量:11L
  • 重量:250g
  • 素材:10Dジオリップストップナイロン、500Dナイロン

人気のショルダーバッグ6. エレクトラスリングS

  • メイン収納内部には、スライニングスリットやキークリップがついており、整理整頓しながら使える。
  • マットな質感とラバープリントされたロゴがおしゃれで、シンプルながらもデザイン性が高い商品。
  • 体にフィットする形状で、アクティブに動いてもバッグが揺れて体に当たらない。

「サイクリングや登山時にバッグが揺れて体に当たるのを何とかしたい!」そんな人には『 エレクトラスリングS』がおすすめです。

シングルショルダーストラップの長さを調整すれば、バッグ部分をリュックのように背負うことができ体にフィットしやすい形状で作られておりバッグが揺れることなく、体との一体感を得られるところも嬉しいポイント。

アウトドア時にバッグが揺れるのが気になってしまう人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:14.5 × 9.5 × 44.5 (cm)
  • 容量:2L
  • 重量:140g
  • 素材:20Dナイロン、300Dポリエステル

普段遣いもできるおしゃれなトートバッグ5選

ここからは、様々なシーンで使えるおしゃれなトートバッグをご紹介します。

ブランドロゴが入った定番商品やサブバッグとして使いたいミニサイズの商品など、気になるものばかり。トートバッグを使いたいシーンに合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。


人気のトートバッグ1. オーガニック コットントートバッグ

[ザ・ノース・フェイス] トートバッグ TNFオーガニックコットントート ナチュラル×ブラック
  • フロント部分にブランドロゴが大きくプリントされており、おしゃれなデザインに仕上がっている。
  • 2,000円台で購入できる安い価格設定なので、手軽に購入できるところもポイント。
  • A4サイズが入る使い勝手のいいサイズ感なので、オールラウンダーとして重宝する。

『オーガニック コットントートバッグ』は、通勤や通学、旅行などオールマイティに使えるおしゃれなトートバッグを探している人におすすめの人気アイテム。

ナチュラルな風合いのSkal認定のオーガニックコットンを使用しており、どのようなファッションにも合わせやすいところが特徴。A4サイズの書類などが入る使いやすいサイズで、シーンを限定せずに使えるところも魅力的です。

1つ持っていると重宝するオールラウンダーなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:47 × 43 × 9 (cm)
  • 容量:20L
  • 重量:ー
  • 素材:オーガニックコットン100%

人気のトートバッグ2. ルラーデントート

  • 内側に大きいメッシュポケットがついているので、小物の収納に便利。
  • 取り外しできるショルダーストラップがついており、2Way仕様となっている。
  • 表地と裏地共に防水加工が施されているので、海水浴やウィンタースポーツなどのお供におすすめ。

「水着やスキーウェアなど濡れたものを持ち歩けるトートバッグが欲しい」という場合には、『ルラーデントート』がぴったり。

摩擦に強いジオリップストップナイロンに表地はTPUコーティング、裏地はPUコーティングを施しており、両面とも防水性能が高いところが特徴。濡れたものを入れても安心なので、海水浴やウィンタースポーツなどのウェア収納に使えます。総重量は420gで折りたためる柔らかさがあり、使用しない時にはメインバッグに収納できるところもポイント。

意外と少ない全面防水加工が施されたトートバッグなので、アウトドアのお供に使ってみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:38 × 44 × 10 (cm)
  • 容量:34L
  • 重量:420g
  • 素材:210Dジオリップストップナイロン、500Dナイロン

人気のトートバッグ3. グラムトート

  • コンパクトに折りたためるパッカブル仕様だから、サブバッグとして気軽に携帯できる。
  • 表地にはシリコン、裏地にはポリウレタンコーティングを施しており、型崩れしにくい丈夫な造りとなっている。
  • 背負うこともできる2Way仕様で、ファッションやシーンに合わせて使い分けが可能。

荷物が増えたときのために、パッカブル仕様のトートバッグがほしいと思っている方へ。

『グラムトート』なら、収納時には直径9.5cmの小さいサイズにまとめることができ、バックパックなどの中に常備しておいても邪魔になりません。広げると18L分の荷物が収納できるちょうどいいサイズ感となり、旅行先でのお土産や着替え、スポーツ時のウェアなども楽に収納可能。

1つ携帯しておくと荷物が増えて持ちにくくなった時に役立つアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:40.5 × 31 × 12 (cm)
  • 容量:18L
  • 重量:355g
  • 素材:70Dリップストップナイロン

人気のトートバッグ4. エレクトラトート L

  • 17インチノートパソコンまで収納できるPCスリーブ付きで、ビジネスシーンにおすすめ。
  • 取り外し可能なショルダーストラップがついており、重い荷物がある時に便利。
  • 21L収納できる大容量で通勤や通学などに充分使えるサイズ感。

通勤や通学で使えるシンプルで使いやすいトートバッグを探している人には、『エレクトラトート』がイチオシ。

ブラックやラビットグレーなど落ち着いた色味の3色展開で、マットな質感が大人っぽさを引き出します。ファスナーで開閉可能な17インチノートパソコンまで収納できるPCスリーブも設けており、タブレットやノートパソコンを安全に携帯することが可能。

内側、外側ともに機能的なポケットも配置されており使いやすさにもこだわっているので、デイリーユースできるトートバッグとして取り入れてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:37 × 59 × 20 (cm)
  • 容量:21L
  • 重量:540g
  • 素材:400Dナイロン、1680Dポリエステル

人気のトートバッグ5. ジーアールトート

  • 防水透湿性の高い素材150Dゴアテックスを使っており、過酷な環境でも安心して使える。
  • クセントカラーが引き立つシンプルなデザインなので、使うシーンを選ばない。
  • 日本限定発売のアイテムで、限定品を使ってみたい人におすすめ。

『ジーアールトート』は、オールシーズン使える耐水性や耐久性を重視したトートバッグを探している人に向いています。

防水透湿性を持つ150Dゴアテックスを使い、優れた防水性能を実現しているので、天候不良の時でも安心して使用可能。また、細部までこだわりポケットには全てクアガードジッパーを使うことで、ちょっとした隙間からの雪や雨水の侵入が防げるところもポイントです。

シティユースやアウトドアなど機能性を重視したい様々なシーンで活躍するので、一度使ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:42 × 46 (cm)
  • 容量:20L
  • 重量:220g
  • 素材:150Dゴアテックス

旅行に便利!ノースフェイスのダッフルバッグ4選

最後に、大容量で旅行やアウトドアで大活躍する人気のダッフルバッグをご紹介します。連泊する旅行や登山やキャンプなど荷物が多いアウトドアにおすすめのカバンばかり。旅行を控えている方は、ぜひ参考にしてみて。


人気のダッフルバッグ1. BCダッフルS

  • 摩擦や汚れに強いTPEラミネート素材なので、汚れやすい野外でも安心して使える。
  • 12色のカラーバリエーションから、好みの柄や色が選べる。
  • 荷揚げに便利な4か所のグラブハンドルを搭載しており、大型荷物とまとめて持ち歩きやすい。

『BCダッフルS』は、アウトドアで使えるおしゃれなダッフルバッグを探している人にぴったりな定番アイテム。

12色のカラーバリエーションが選択でき、お気に入りの色合いが選べます。サイドにはブランドロゴも入っているので、高級感があるところもポイントです。また、手提げとして使うだけでなく背負えるようにもなっており、ファッションや荷物量に合わせて携帯方法を変えることが可能。

荷物が多いアウトドアや旅行、普段の外出などいつも使いたくなるおしゃれなデザインなので、自分好みのカラーがあるかどうか見てみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:53 × 32.5 (cm)
  • 容量:50L
  • 重量:1230g
  • 素材:1000DTPEファブリックラミネート、900DTPEファブリックラミネー、840Dナイロン

人気のダッフルバッグ2. BCギアコンテナ

  • 乗用車のトランクルームに収納しやすいサイズを意識しており、オートキャンプなどにもおすすめ。
  • 丈夫さと汚れにくさを兼ね備えたTPEファブリックラミネート素材を使っているので、アウトドアシーンで大活躍。
  • 80Lの大容量で荷物が多いときにも、愛用できる。

かさばる荷物を1つにまとめて持ち歩きたい人には、収納量が多い『BCギアコンテナ』がぴったり!

80L入る大容量で旅行などに重宝するのはもちろんのこと、メイン収納は4気室に仕切ることができ、開口部分がフルオープンとなるので必要なアイテムが取り出しやすくなっています。キャリー用ハンドルやクラブハンドルも装備されており、大型荷物と併せて持ち運びやすいところも魅力的。

荷物が多いときにこそ大活躍するダッフルバッグをチェックしてみましょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:33 × 70 × 40 (cm)
  • 容量:80L
  • 重量:2100g
  • 素材:900DTPEファブリックラミネート、840Dナイロン

人気のダッフルバッグ3. ジーアールダッフル

  • 手提げと取り外し可能なショルダーベルトがついており、様々な持ち方ができる。
  • レッドがアクセントカラーのシンプルなデザインで、飽きることなく使える。
  • 防水性能と丈夫さにこだわり細部まで作り込んでいるため、長く愛用できる。

過酷な環境で使っても長く愛用できるダッフルバッグを探している人は、『ジーアールダッフル』を選んでみてはいかがでしょうか。

防水透湿性を持つ150Dゴアテックス素材と止水性能が高いYKKアクアガードファスナー、そして劣化しやすい縫い目にはシームシーリング加工を施した、丈夫さと耐水性を兼ね備えたダッフルバッグです。

総重量は480gと軽量ですが61L収納できる大容量なので、宿泊をする場合や荷物が多い場合でもここぞという時に使える丈夫なダッフルバッグとして、検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:27 × 58 × 29.5 (cm)
  • 容量:61L
  • 重量:480g
  • 素材:150Dゴアテックス

人気のダッフルバッグ4. エックスピーシャトルダッフル

  • 15インチまでのノートパソコンや書類など、ビジネスの必需品をスッキリ収納できる。
  • 高強度素材の「X-pac fabric」を使っており、ヘビーユースにもおすすめ。
  • ビジネスシーンでも使えるブラックカラーのシンプルなデザイン。

『エックスピーシャトルダッフル』は、出張など荷物が多いときに使えるビジネスバッグが欲しい場合にイチオシです。

メイン収納はブック型に開閉でき、書類用のスリットや15インチのノートパソコンに対応している専用コンパートメントがあり、ビジネスの必需品をスッキリ収納できます。外側にはスマートフォンや筆記用具が収納できるポケットも備わっており、利便性にこだわっているところがも魅力的。

57Lの収納量があるため、出張や荷物が多い日などはぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:35 × 55 × 24.5 (cm)
  • 容量:57L
  • 重量:ー
  • 素材:X-pac fabric

ノースフェイスのお気に入りのバッグで出かけよう!

ザ・ノースフェイスのカバンはどれも使い勝手がよく、アウトドアからビジネスシーン、お出かけまで幅広く活用できます。

バッグの種類によっても重視している機能が異なるため、シーンに合わせて使い分けてみるのもおすすめ。

ぜひ、高機能でおしゃれなザ・ノースフェイスのバッグでより荷物を快適に持ち歩いてみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事