結婚相談所のお見合い写真を完全解説。プロフィールの印象を格段に上げる方法とは?

お見合いの写真は結婚相談所に入会したときに作成するプロフィールで一番大事です。今回は、スタジオで写真を撮るのをおすすめする理由、写真を掲載したほうがいい訳、男性・女性それぞぞれの写真撮影時の服装例など、成婚率を上げる写真のイロハを全て解説します!

お見合いに進めるかどうかを左右するプロフィール写真は超重要!!!

結婚相談所のお見合い写真

人は見た目が9割とも言われいているほど、印象に左右されやすいのは婚活でも同じ。プロフィール写真の印象で、プロフィールを見るか、会ってみるか、お見合いをするか、などを判断しています。

ただしイケメンや美女じゃなくても、お見合い写真として正しい写真を撮って掲載すれば、お相手には好印象を持ってくれます。では一体、容姿以外に何が重要なのでしょうか。

そこで今回は、結婚相談所で使うお見合い写真で気をつける点や服装、撮影スタジオの選び方をご紹介。「結局写真はどうすればいいの?」「何に気をつければいいの?」という疑問にお答えします。


結婚相談所で使うお見合い写真の撮影や選ぶときのポイントとは?

撮影スタジオの選び方

結婚相談所で使う写真は、マッチングアプリなどと違って自由に写真を撮って掲載できるわけではありません。

入会する結婚相談所にもよりますが、スマホで撮ったようなラフな写真や証明写真のような堅い写真は避けるべきです。ではどんなポイントに注意して写真を撮影すれば良いのか解説していきます。


【大前提】プロフィール写真がないのは絶対ダメ。必ず載せること!

そもそも論ですが、プロフィール写真を載せないのは絶対に避けましょう。真剣に結婚を考えているのに自分の写真を載せず、まるで素性を隠しているようなプロフィールを誰も見たいと思いません。写真がない人はまっさきに候補から外れると言っていいほど。

容姿に自身がないから、写真写りが悪いから、とかの理由はプロのカメラマンに任せれば解決できます。それに容姿で判断するためにお見合い写真を乗っけているわけではないので、きちんと写真を撮って、プロフィールに載せましょう。


写真は必ずプロが居る写真スタジオで撮る。スナップ写真やスマホの写真はだめ。

プロのカメラマンに依頼する

写真は必ず、写真屋さんかフォトスタジオで撮りましょう。婚活やお見合い用の写真を撮ってくれる店舗はたくさんあります。

スマホや自前のカメラで撮った写真、プリクラだと、光の具合や表情、周りの景色似印象が左右される、画質が荒くてよく見えないなどの問題が起きます。

お見合い写真は、結婚で大切な誠実さや清潔感を感じさせて、「会ってみたい」と思わせる写真であることが大切。写真スタジオだと、服装のアドバイスやヘアメイクなども完璧に行ってくれるため、写真で相手に与えたい印象をそのまま表現しているベストショットを撮影してくれますよ。


屋内と屋外はどちらでも良い。必ずプロの写真家に撮ってもらうこと

屋内野外どちらでも良い

お見合い写真は背景が屋内・屋外どちらでも大丈夫です。屋外は光の具合や背景チョイスが難しいので、野外撮影を行っている写真家にお願いしましょう。

基本は屋内で撮った写真が一番無難で、良い印象を与えられます。どちらが良いかは、結婚相談所のカウンセラーやカメラマンと相談しながら決めれば問題ありません。

特に入会手続きを行っているときに、婚活のプロに相談すれば、今までの経験から成婚確率が高い写真のレイアウトなどを教えてくれますよ。


会ったときに全く違う印象を持たれないように加工は最小限orやらない

加工や派手なメイクはやらないで最小限に留める

最近はスマホでも簡単に加工ができて、誰でも美人やイケメンになれますよね。結婚相談所で使うお見合い写真は加工は必要最小限に留めましょう。

仮に加工してすごく良い写真にしたらお見合いが組める確率は上がるかもしれません。しかし実際にお見合いで対面したときの印象が違いすぎて「写真と違う…」と不信感を持たれたり、相手が騙されたと感じたりして、2回目以降のデート(仮交際)に進む可能性は皆無です。

等身大の自分を写している写真を使って、魅力を感じてもらえるようにする方が、結果的に素敵な結婚相手が見つかりますよ。


婚活用プロフィール写真が上手な撮影スタジオを選ぶコツは?

撮影がうまいスタジオの選び方

第一印象やお見合いの決定を左右するお見合い写真ですが、どこでも良いわけではありません。写真撮影はプロのカメラマンがいるスタジオや写真屋さんで撮るのが鉄則。しかも婚活用・お見合い用の写真を得意とする、経験があるカメラマンにお願いするのが一番良いです。

そこでいい写真を撮ってくれるスタジオや写真屋さんを選ぶちょっとしたコツをお教えします。


結婚相談所におすすめを聞くのが一番早い

一番手っ取り早いのは、入会予定の結婚相談所に聞くことです。相談所のアドバイザーは、写真に関する相談を多く受けていますし、数々のお見合い写真を見ているから、どんな写真が良いのかも熟知しています。

結婚相談所によっては提携をしていたりするので、まずは無料カウンセリングや入会手続きのときに訪ねてみましょう。


写真スタジオのホームページに撮影例が掲載されいてるお店を選ぶ

どんな写真を撮ってくれるスタジオなのかを知るなら、実際に撮影された写真を見るのが一番分かりやすいです。ホームページを見て実際の撮影例があるスタジオを選びましょう。そのほか、下記項目にも注目して選んでみると良いですね。

  • カウンセリング(打ち合わせ)があるか
  • 自然な仕上がりを意識してくれているか
  • メイクやヘアセットのオプションがあるか

使用目的はなにか、どんな写真を撮りたいか、をカメラマンとしっかりと打ち合わせできるスタジオだと、写真のイメージにズレがなくなって素敵な写真が撮れるでしょう。予約時だけでなく、当日撮影前に丁寧に打ち合わせを行っているスタジを選んでください。


プロフィール写真の撮影時の服装は?

撮影時の服装

お見合い写真はバストアップで顔がよく見える構図が基本です。そのため、服装にあまり気を使わない方がたまにいますが、ほんの少ししか見えない服装次第で、表情の捉え方が変わったり、印象が変化したりします。

むしろ容姿に自信がなくても、服装に力を入れることでイメージアップできるほど大切なこと。男性と女性に分けて、ポイントを解説していきます。


男性の服装は基本スーツでOK。誠実で真面目な印象を与えられます。

だん生の格好はスーツで良い

基本は真面目で誠実な印象を与えられる、スーツで大丈夫です。ただしきちんと髭をそって髪を整えて清潔感ある見た目を意識、スーツはきちんと採寸したジャストサイズを着用してくださいね。

赤系は情熱や気持ちの高まりを、青系は落ち着きや冷静さの印象を与え、ネクタイの色で与える印象が変わるので、ネクタイにこだわってみてもいいでしょう。


女性の服装は比較的自由。清楚な女子アナをイメージしたワンピースやスカートを基本に。

wearから持ってくる

女性の場合は特に決まりはありません。テレビ局の女性アナウンサーの服装を参考にすれば、良い印象を与え得られる服装になります。ただし派手な服装や化粧はせずに清楚で、落ち着きがある印象を与えられる服装にすることが鉄則です。

もし適切な衣装がないなら、貸衣装付きのスタジを選ぶか、ファッションレンタルサービスを利用してみてください。イチから買い揃えるよりも安く済みますよ。


お見合い写真に一番力を入れば、お見合いの確率が簡単に上がる

お見合い写真で婚活が成功するかどうか決まると言っても過言ではありません。婚活は出会いの数が多くないといけませんが、写真が悪いと「会ってみたい」と思われずお見合いまで進めません。

決してイケメンでもなく美人でもない方が結婚をしているのは写真に力を入れているから。ありのままの自分を表現して、好印象を持ってくれる写真撮影にこだわって、婚活のスタートダッシュを決めてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事