【メンズ】キャップの人気ブランドを比較!おしゃれ男子におすすめの帽子とは

キャップの人気ブランドについて知りたい男性へ。今記事では、キャップの上手な選び方から、人気ブランドやおすすめ商品まで詳しくご紹介します。普段のコーディネートによって、似合うキャップも異なるため、しっかりと自分に合うブランドの帽子をGETしましょう!

おしゃれメンズ必見!キャップの「上手な選び方」とは

人気のキャップブランド

おしゃれな人は小物使いも上手で、キャップなどをポイントとして取り入れています。「キャップなんて何でもいいのでは」と思われがちですが、サイズや作りが骨格に合っていないと、おしゃれなファッションをしていてもダサくみえてしまうこともあるのです。

そこで、かっこいいだけでなく、おしゃれに決まるキャップの選び方を紹介します。


選び方1. 頭の形やサイズに合った帽子を選ぶ

キャップ選びに大切なのは、自分の顔や頭のサイズに合うかどうかです。特に頭の形が帽子と合っていないと帽子が浮いてしまったり、大きすぎたりとチグハグな印象になることも。帽子がフィットしていると、違和感がなく見た目も美しく仕上がります。

帽子は調整できるアジャスターが付いているものも多く、ある程度は調整可能。しかし、中にはアジャスターが付いていない帽子もあるので、その場合は試着をして隙間があるかどうかは確認しましょう。帽子を買う前に自分の頭のサイズをメジャーで測っておくと選びやすくなりますよ。


選び方2. デザインや色の好みで選ぶ

自分の好みのデザインや色であれば、長く使うだけでなくキャップを被ると自分の中でスイッチが切り替わることもあるでしょう。ひと目に付きやすいアイテムだからこそ、自分のお気に入りのキャップを選ぶのがおすすめ。

モードでもカジュアルでも使えるデザインが良いのかなど自分がどのシーンで使いたいのかで、選ぶキャップが変わってきます。また、素材でも雰囲気が変わるので自分はどんなデザインが好きなのか、把握してお気に入りのキャップを見つけましょう。


選び方3. 好きな系統のブランドキャップを選ぶ

キャップの選び方で大切なのは、形やデザインだけではありません。自分が普段着る洋服の系統に、似合うブランドを選ぶことです。そうるすことで、全体的に統一され、おしゃれ度がグッとUPします。

モード系で大人っぽい服装が多い人は、ハイブランドのキャップやベーシックなラインを揃えているブランドがおすすめ。ブランドによって、形は同じでも細部のデザインや素材が全く違うので、自分の好きな系統のブランドを知っておくことで選びやすくなります。


ストリート系のおすすめキャップブランド8選

ヒップホップやスケーターなど、ストリート系のキャップブランドは幅広く展開し、カジュアルな服装には取り入れやすいキャップです。

そこで、ベーシックなものから個性派まで2019年流行りのキャップブランドを8つ紹介します。


ストリート系ブランド1. NEW ERA(ニューエラ)

1920年に誕生した『NEW ERA』。元々は、MLB選手が着用するキャップを製造するメーカーです。人気のモデル59FIFTYはストリートな雰囲気が出せるので、カジュアルなコーデに大活躍。

スポーツ系のキャップだと、大人のコーデには合わせづらいと思われがちですが NEW ERAのキャップはカジュアルすぎず、大人のおしゃれを楽しめる帽子です。


おすすめ商品:ニューエラ キャップ 59FIFTY ベーシック

ストリート系のおすすめキャップブランドはNEW ERA(ニューエラ)

出典:zozo.jp

  • 帽子の被り方で雰囲気が変わり、浅くかぶるとカジュアルライクな装いに。
  • 深めのクラウンだから、スッポリと頭を包み込み風が吹いても飛ばされにくい
  • 丈夫な作りだから、カバンに入れてもシワになりにくく長く使える

「ストリート系のメジャーなキャップを試してみたい」という人におすすめなのは、メンズキャップの中でも人気の高い『59FIFTY 』。シンプルなデザインと豊富なカラーが特徴です。深めなクラウンと平らなツバがポイント。シンプルなデザインだから、ファッションを選ばず合わせられるのもGOOD。

メジャーリーグでも実際に使われているデザインで、ベーシックなラインだから流行りに流されることなく使い続けられます。メジャーなストリート系キャップを探しているなら、59FIFTYがぴったりです。

公式サイトで見る


ストリート系ブランド2. STUSSY(ステューシー)

世界的に人気のあるアパレルショップ『STUSSY』は1980年アメリカで誕生しました。レゲエミュージックが身につけたことで一気に広がり、日本ではスケーターやサーファーなどが愛用しているブランドです。

デザイナーであるショーンが独自に作り出したショーンフォントが特徴で、キャップにも使用されているSTUSSYを代表するデザイン。カチッとした服装ではなく、Tシャツや短パンなどラフな格好をする人におすすめです。


おすすめ商品:Stock Low Pro Cap

ストリート系のおすすめキャップブランドはSTUSSY(ステューシー)

出典:zozo.jp

  • コットン素材で肌触りもよく、汗をかきやすい夏でもガンガン使える
  • ストリート系の服装が好きな人なら、1つは持っておきたい帽子
  • ラベンダーの珍しいキャップもあるので、コーデのワンポイントとして使うのもGOOD

カジュアルでラフさのあるキャップを探しているなら、メンズブランドの中でも人気の高い『STUSSY』がおすすめ。その中でもこのキャップはシンプルな作りで年齢問わず被れるのが魅力です。フロントパネルには、ショーンフォントでデザインされたSTUSSYのロゴが刺しゅうされています。

サイズ調整はベルトで行えるのでカジュアルな服装の時は浅めに被り、男らしく見せたい時は深めに被ると雰囲気が変わりますよ。カジュアルな服装が多い人にぴったりのキャップです。

公式サイトで見る


ストリート系ブランド3. Off-White(オフホワイト)

2014年に創業した『Off-White』は比較的新しいストリートファッションブランド。「ラグジュアリーなストリートウェア」をコンセプトに、世界中のセレブや日本のアーティストが取り入れ、今では世界的に有名になりました。

カジュアルでありながら、ハイセンスの要素も散りばめられている高級キャップは、おしゃれに敏感な人におすすめのブランドです。


おすすめ商品:OFF-WHITE キャップ

  • ボタン穴で調節がしやすいから、コーデに合わせて帽子の被る深さが変えられる
  • モノトーンでまとめれば、キャップが引き立つおしゃれコーデが完成
  • 無駄のないシンプルなデザインで、大人の男性へのプレゼントに最適

「モノトーンのキャップでも、シンプルすぎず他の人と被りにくいデザインが欲しい」と思う人にぴったりなのは『OFF-WHITE』です。両サイドのクラウン部分に大きくデザインされたキャップは、おしゃれな人ならひと目で分かるデザインでしょう。ホワイトとブラックの2色展開で、シンプルなコーデにもぴったり。素材はコットン100%で肌触りもよく、被ってても心地良く暑くてもムレにくいキャップです。

OFF-WHITEのキャップは、スタイリッシュなコートと合わせてもカジュアルダウンしたおしゃれを楽しめます。カジュアルになりすぎないデザインで、人と被りにくいモノトーンキャップを探している人におすすめです。

楽天で詳細を見る


ストリート系ブランド4. KITH NYC(キスニューヨークシティ)

2011年アメリカニューヨークで誕生した『KITH NYC』。ブランド理念は「顧客には支払った物以上の価値を与えたい」と考え、オリジナル商品とセレクトショップとして絶大な人気を誇るブランドです。キャップはブランドとのコラボ商品が多く、すぐに人気で完売してしまうほど

カジュアルでラフさのあるメンズキャップを探している人に最適です。


おすすめ商品:CLASSIC COCA-COLA LOGO HAT

  • 100%コットンで、汗をかいてもムレにくいのが嬉しいポイント
  • Tシャツに短パンなどラフな格好にベスト
  • COCA-COLAのロゴが遊び心のあるから、大人なストリートカジュアルにぴったり

ヤンチャな雰囲気を出したいと思う人にぴったりな、『COCA-COLA』のコラボキャップ。人気のKITH NYCとコラボしたことで有名になりました。バックアジャスターにはマジックテープを採用したことで自由に調節可能です。

キャップのバック部分にはKITHのロゴも刺しゅうしてあり、COCA-COLAの文字が目を引くデザインでかっこいい。オーバーサイズのアウターと組み合わせればおしゃれに決まります。女性と兼用のキャップなので、彼女とお揃いや共有するのもいいでしょう。大人でもどこかヤンチャ感残るコーデを楽しみたい人におすすめです。

楽天で詳細を見る


ストリート系ブランド5. Palm Angels(パームエンジェルス)

2015年に創業した『Palm Angels』。フォトグラファーであるフランチェスコ・ラガッツィがその独特の世界観を小物やアイテムに反映させたブランドです。メンズキャップはクラウンを浅めに作っており、被るというよりはふんわりと乗せるイメージ

大人のカジュアルコーデに小物をプラスしたい人におすすめです。


おすすめ商品:PALM ANGELS キャップ

  • モノトーンだから、カジュアルでもきちんとした格好でも被りやすいキャップ
  • 帽子が浅く作られているので、表情が明るく見せられる
  • 後ろ被りをするなら、軽く乗せる感覚で被るとストリート系な雰囲気に

ストリート系で帽子を浅く被りたい人には、クラウン部分を浅めに作ってある『PALM ANGELS 』がぴったり。他のキャップと違い浅く被る作りになっています。あえてキャップを浅く被ることで、トレンド感のある着こなしに見せることが可能です。

キャップの調整は、テープアジャスターバックルのため紐で長さを調節すれば簡単なのもいいですね。フロント部分には白文字で「PALM ANGELS」と刺しゅうがしてあり、バック部分にもさり気なく黒文字で刺しゅうされているので細部までこだわりを感じるでしょう。

ジャケットなどにも合わせやすいキャップで、無造作ヘアと組み合わせると大人のこなれ感が出せるキャップ。ストリート系でクラウンの浅めのキャップを探している人におすすめしたいアイテムです。

楽天で詳細を見る


ストリート系ブランド6. THRASHER(スラッシャー)

1981年アメリカで誕生したストリート系ファッションブランド『THRASHER』。元々はスケーターの雑誌がきっかけで誕生したブランドで、スケーターのみならず最近ではアーティストやミュージシャンでも愛用している人が増えています。

キャップには「THRASHER」という定番のロゴが刺しゅうされており、ストリート系のファッション好きなら見たことがある人も多いでしょう。THRASHERはストリート系の着こなしが好きな人にぴったりのブランドです。


おすすめ商品:THRASHER ツイル ベースボールキャップ

ストリート系のおすすめキャップブランドはTHRASHER(スラッシャー)

出典:zozo.jp

  • ライトイエローのキャップを被れば、暗くなりがちなコーデも一気に明るい雰囲気に
  • スタイリング要らずでサマになるから、寝坊した朝でもかっこよく決まる
  • ライトインディゴブルーにTシャツ、短パンを組み合わせれば夏のおしゃれコーデが完成

カラーが豊富なストリート系のキャップを探しているなら『THRASHER』がおすすめ。トレードマークでもある定番のロゴが、フロント部分に入っているキャップです。

帽子を被るだけで、おしゃれに見えてしまうので髪をスタイリングしていなくても、無造作ヘアが様になるキャップです。ユニセックスの作りなので、パートナーとお揃いにしてもGOOD。

カラー展開も8色と豊富で、ストリート系のファッションから大人カジュアルのファッションまで幅広いコーデに活躍します。コットン100%で作られており、通気性が良いから一年中使える優れもの。価格は5千円以下で買えるのでコスパも良いことから、キャップを試してみたいという人におすすめの帽子です。

公式サイトで見る


ストリート系ブランド7. MISHKA(ミシカ)

ニューヨークブルックリンでストリートブランドとして2003年にスタートした『MISHKA』。独創的なデザインでありながら、どこかポップな個性派ブランドです。MISHKAはロシア語で「小熊」を意味し、ロシア語に直すとMNWKAとなるため、ブランドロゴには「MNWKA」が使われています。

他の人とキャップが被りたくない人にはぴったりのブランドです。


おすすめ商品:KEEP WATCHオリジナルデザインベースボールキャップ

ストリート系のおすすめキャップブランドはMISHKA(ミシカ)

出典:zozo.jp

  • ベーシックなカラーも揃えているので、大人の男性でも合わせやすい
  • ユニセックスなデザインだから、パートナーと共有できる
  • 人と差をつけたいなら、レインボーカラーが目を引くデザインのKEEP WATCHがおすすめ

「モノトーンのキャップじゃつまらない」という人には、ブリム部分に刺しゅうされたレインボーカラーが目を引く『KEEP WATCH』がGOOD。ベーシックなカラーでカジュアルなコーデにも合います。KEEP WATCHのワッペンは個性的でカッコよさのあるキャップです。

カラーは7色展開で、淡いピンクベースのキャップもあるので爽やかさのあるキャップに仕上がっています。バック部分は簡単に調整できるので、被り方次第で雰囲気が変えられます。KEEP WATCHはシンプル過ぎるキャップに飽きてきた人に最適な帽子です。

公式サイトで見る


シートミス。おすすめアイテムを追加する。ストリート系ブランド8. Supreme(シュプリーム)

1994年にアメリカで誕生した世界的に有名なファッションブランド。赤字の白文字の『Supreme』と描かれているロゴは目にしたことがある人も多いでしょう。

キャップはベーシックなデザインが多く展開されています。

セレブにも愛用者が多く、新作商品はすぐに完売してしまうほど購入ハードルが高いのも欲しくなる魅力でしょう。Supremeは、シンプルなデザインだから大人のかっこいいスタイルをしたい人にぴったりなキャップです。


【定番】コスパ抜群の人気キャップブランド7選

かっこいいメンズキャップを探しているものの「キャップを被らないから値段が高いのは抵抗がある」と考え、キャップ購入を躊躇してしまう人もいるでしょう。そこで、かっこいいだけでなくおしゃれに決まる、コスパのいいブランドを紹介します。


定番キャップブランド1. NIKE(ナイキ)

世界的企業の『NIKE』は1964年アメリカオレゴン州で創業。2019年には、テニスの大坂なおみ選手とのスポンサー契約でも話題になりました。NIKEのキャップはストリート感のあるデザインやスポーツでも使えるデザインを幅広く展開しています。

カジュアルなコーデから、モード系のコーデまでファッションを選ぶことなく使えるのが魅力。幅広い年代に合うNIKEのキャップは、スポーティな格好をする人におすすめです。


おすすめ商品:スウッシュプロブルー

  • 深めのクラウンで、かぶりやすいから風が強い日でもGOOD
  • ステンカラーコートに組み合わせることで、カジュアルダウンのファッションに変身
  • 価格が手頃だから、キャップ初心者でも挑戦しやすい

数多くの種類を出している『NIKE』の中で、キャップを探しているならまずは、定番のロゴであるスウィシュを刺しゅうしたシンプルなデザインキャップがおすすめです。キャップのつばの部分になるブリムは浅く、クラウンは深めに作られているのが特徴です。ブリム裏はグリーンカラーとなっており、暗くなりすぎず差し色としてさり気なくおしゃれに仕上がっています。

NIKEの帽子は、深く被るとスポーツ感が出ますし、浅く被ればストリートの雰囲気に変わるのも魅力。NIKEのキャップを探している人にイチオシのアイテムです。

楽天で詳細を見る


定番キャップブランド2. adidas(アディダス)

ドイツに本社を置く世界的に有名なスポーツメーカーの『adidas』。サッカー日本代表のユニフォームを作っていることでも有名です。キャップは、スポーツによって幅広く展開され、種類も豊富にあります。

もちろん、スポーツをする人だけでなく普段のファッションにも取り入れやすい、シンプルなデザインも用意してあるので年代問わず被れます。adidasは安い価格帯のキャップも多いので、ストリート系のファッションだけでなく、モード系ファッションにも取り入れやすくコスパのいいキャップを探している人に最適です。


おすすめ商品:トレフォイル フラットキャップ

コスパ抜群の定番キャップブランドはadidas(アディダス)

出典:zozo.jp

  • 黒とピンクの2色で男女兼用だから、女性でも被りやすいベーシックなデザイン
  • ベーシックな形で、コーデに取り入れやすくキャップコーデが苦手な人にもOK
  • Tシャツとの組み合わせも似合うから、カジュアルコーデにも大活躍

スポーティさとラフさのあるキャップなら『トレフォイルフラットキャップ 』がイチオシ。フロント中央部分に定番のロゴをあしらったスタンダードなデザインです。被りやすく程よくカーブのついた設計がされているブリムで、忙しい朝にもサッと被りやすいのがポイント

古着のような風合いのキャップだから、ラフさもありジーパンやTシャツなどの格好にベスト。キャップの調節はボタンでできるので調節も簡単。古着との相性も抜群で、ラフな格好をする人におすすめです。

公式サイトで見る


定番キャップブランド3. Champion(チャンピオン)

アメリカのカジュアルスポーツブランド『Champion』は、機能性に優れるだけでなくそのデザイン性も高く評価されているブランドです。

Championのアイテムは、日本ではキャップだけでなくTシャツなどもスポーツミックスのコーデが使われ、若い世代を中心に人気。キャップのデザインの特徴は、シンプルなデザインにフロント部分に「Champion」や「C」といった定番のロゴが使われ、おしゃれなに敏感な人が見たらすぐに分かるブランド。おしゃれに敏感な10〜30代のメンズにおすすめです。


おすすめ商品:Champion LOWキャップ

コスパ抜群の定番キャップブランドはChampion(チャンピオン)

出典:zozo.jp

  • ベーシックなカラーを取り入れれば、モード系のファッションもOK
  • 3,000円以下で買えるのでキャップ初挑戦でもOKなコスパ抜群のキャップ。
  • 男女兼用だから、彼女とおそろいとしても使える

スポーティなデザインで、おしゃれなメンズキャップを探しているなら、『Champion LOWキャップ』がぴったり。レディースにも対応しているので、カップルでお揃いに合わせることも可能です。カラーは6色展開で、ビビットカラーのオレンジがコーデの差し色として使うのがGOOD。

綿100%で作られているから、柔らかい素材で被り心地もよく1年中使えるキャップです。Tシャツだけでなく、シャツやニットと組み合わせると大人カジュアルなコーデが完成します。スポーティなキャップを求めている人に、おすすめのキャップです。

公式サイトで見る


定番キャップブランド4. THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

アウトドア用品で有名な世界的ブランド『THE NORTH FACE』。アウターを始め、バックパックやテントなどアウトドアに必要なアイテムを数多く取り揃えています。キャップは、伸縮性と速乾性に優れた機能的な作りで、アウトドアやキャンプなどにベスト。

サイズの調整にはストレッチバックルを採用し、つけ心地が向上しました。キャンプなどアウトドアをする人におすすめの帽子です。


おすすめ商品:GTD CAP

コスパ抜群の定番キャップブランドはTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

出典:zozo.jp

  • 視認性を高めるため、ロゴ部分には反射板を採用し夜道で歩いていても安心
  • サングラスをかけても干渉しにくいから、釣りやキャンプなどにベスト
  • コーデを選ばないシンプルなデザインで、アウトドアする人なら1つは持っておきたい

アウトドアで被るキャップで機能性を重視しているなら『GTD CAP』がおすすめ。速乾性と吸水性に優れた素材で作られた機能的な帽子です。帽子の悩みでありがちな「耳に当たる」「サングラスがぶつかる」などの悩みを解消したデザインで、耳に部分には緩やかなカーブが設計されています。

また、UVケアも備えているから日差しの強いアウトドアや野外フェスなど夏のシーズンに大活躍するでしょう。フロント部分に「THE NORTH FACE」と定番のロゴがあり、ベーシックな作りになっているので、コーデを選ばず使えるのもGOOD。機能が充実しているキャップを探している人にTHE NORTH FACEは、ベストな帽子です。

公式サイトで見る


定番キャップブランド5. LACOSTE(ラコステ)

フランスで1933年に創業した『LACOSTE』。ワニのロゴが特徴的なアパレルブランド。洋服やバック、靴など幅広く展開していますが、ポロシャツで有名なブランドです。

ラフでカジュアルなファッションに似合うLACOSTEのキャップですが、シンプルでベーシックなラインが多いことから大人カジュアルにもマッチします。子供っぽくなりすぎないキャップを探している人におすすめです。


おすすめ商品:LACOSTE 6パネルフライスキャップ

コスパ抜群の定番キャップブランドはLACOSTE(ラコステ)

出典:zozo.jp

  • パーマをかけたヘアで被れば、サイドからほどよく髪の毛が出てさらにおしゃれに見せるベーシックなデザイン
  • アイレットがあるから、暑い季節でもムレにくく快適に被れる
  • シルエットが美しく、ジャケットとの組み合わせがGOOD

スポーティになりすぎない、カジュアルなキャップなら『6パネルフライスキャップ』がベスト。LACOSTEのワニマークが、グラデーションのようにデザインされているキャップです。吸水性があるから汗をかく夏の時期にぴったり

カラーはネイビーとレッドの2色展開で、カジュアルになりすぎず上品にまとまります。遊び心のあるデザインだから、20代〜40代の大人のカジュアルコーデにワンポイント入れたい人に最適です。

公式サイトで見る


定番キャップブランド6. DIESEL(ディーゼル)

デニムウェアなどカジュアルファッションを中心に展開する、世界的ファッションブランド『DIESEL』は、1978年にイタリアで創業しました。カジュアルさがありながらも、砕けすぎない大人の着こなしが特徴

キャップは控えめなカラーながらも、エッジの効いたデザインはファッション上級者にぴったりです。


おすすめ商品:メンズ キャップ エンブロイダリーキャップ

コスパ抜群の定番キャップブランドはDIESEL(ディーゼル)

出典:zozo.jp

  • ホワイトカラーのアジャスター部分は、ブラック仕様で引き締まった印象に
  • 柔らかな素材で、かぶり心地が良いからデイリー使いにもぴったり
  • 綺麗めなアウターと合わせても、キャップがシンプルだから統一感のあるコーデに

カッコよさのある大人のモード系キャップなら、2019年に発売された『エンブロイダリーキャップ』がベスト。フロント部分にあるエンブロイダリーデザインが特徴のキャップです。洗礼された無駄のないデザインで、クールに決まります。

カラーはホワイトとブラックの2色展開で、ベーシックなコーデにもぴったり。クラウンも程よくフィットするデザインに作られており、モード系のファッションにも合います。キャップの素材にはコットンが使われているので被り心地がよく、大人カジュアルを楽しむならDIESELのキャップがおすすめです。

公式サイトで見る


定番キャップブランド7. patagonia(パタゴニア)

アメリカのアウトドアブランドとして有名な『patagonia』。環境問題などに積極的に取り組む企業としても有名です。キャップに使用されているコットンは全てオーガニックコットンを採用しているので生地が柔らかく頭を優しく包みます。

環境に配慮しながらも、デザイン性があり機能的なキャップを販売し続けています。


おすすめ商品:patagonia メンズキャップ

  • メッシュ素材だから、暑い日でもムレにくく通気性抜群
  • 浅めにかぶるとヤンチャな少年のような雰囲気に変わる
  • カジュアルファッションとも相性ぴったりなので、デイリー使いとして重宝

キャンプやアウトドアに被れるキャップなら『patagonia』がおすすめ。定番のロゴをフロント部分にあしらったデザインは、アルゼンチンにあるフィッツ・ロイを表したロゴデザインが特徴です。

後頭部のクラウンはメッシュ素材でできており、釣りや野外フェスなど汗をかきやすい暑い日にも通気性がよくアウトドアにはベスト

ブリム部分はほどよくカーブしているので、かぶりやすいでしょう。patagoniaのキャップは、流行りのないシンプルなデザインでアウトドアのキャップを探している人におすすめです。

楽天で詳細を見る


キャップも手がける人気のハイブランド8選

バックやアクセサリーなどを手がける高級ブランドも、実はキャップを販売しているブランドは多くそのハイセンスなデザインが特徴です。

そこで、ここでは高級ブランドから出ているかっこいいキャップを8つ紹介します。

いつものコーデがワンランクUPするので、ぜひ取り入れてみてくださいね。


ハイブランド1. GUCCI(グッチ)

バックや靴や洋服から、香水まで多岐に渡って展開している世界的に有名なハイブランド『GUCCI』は、1921年にイタリアフィレンツェで創業しました。デザイナーが2015年に変わってからは、若い人にも取り入れやすいデザインも展開

GUCCIのキャップはシンプルでありながらも、細部にはGUCCIと分かるラインやロゴが散りばめられています。シンプルなファッションに、さり気なくワンポイントとして取り入れたい人におすすめです。


おすすめ商品:ベースボールキャップ

  • 洗礼されたデザインで、カジュアルにもモード系にもぴったり
  • アイレットがないから、カジュアルになりすぎず大人のキャップとして使える
  • ブランドロゴが主張しすぎずコーデの邪魔をしない

ハイブランドのキャップを探しているなら『GUCCI』がおすすめ。GUCCIの特徴でもある、GGのロゴがサイドにさり気なく使われているベースボールキャップは、黒を基調とした高級感のある作りに、グリーンのGGが映えます。

バック部分には、GUCCIのオリジナルラインの緑赤ラインカラーが印象的。ブリムは若干眺めに作られているので、深めに被ると男らしい無骨さを演出できます。モノトーンでまとめるとスタイリッシュな印象に。上品でかっこいいメンズコーデをするならベースボールキャップが最適です。

楽天で詳細を見る


ハイブランド2. RonHerman(ロンハーマン)

アメリカのセレクトショップとして世界的に有名な『RonHerman』は、洋服だけでなく家具など幅広く展開しています。

カリフォルニアテイストのカジュアルファッションを提案し、世界中のセレブに人気。リラックスコーデにぴったりのRonHermanのキャップは、プライベート用のキャップを探している人におすすめです。


おすすめ商品:RHC Ron Herman

  • アイレットがデザインされているので、通気性抜群で暑い日にもOK
  • 刺しゅうされたChillaxの通り、ラフさのあるGジャンなどリラックスコーデにぴったり
  • 幼くならないデザインだから、大人カジュアルのコーデに最適

ラフさのあるカジュアルなキャップを探しているなら『RHC Ron Herman』のChillaxがベスト。キャップのフロント部分にと刺しゅうされたロゴが特徴です。

Chillaxとは、Chill out×Relaxを組み合わせた造語で、カジュアルテイストを得意とするRon Hermanならではの言葉です。素材はアクリルとウールから出来ているため、かぶり心地がよくデイリー使いにもぴったり

ブリムがストレートにデザインされているので、帽子を浅めにかぶると表情が明るく見えます。サングラスと組み合わせるとワイルドな印象になりますよ。RHC Ron Hermanは、リラックスコーデに合う帽子を探している人に最適です。

楽天で詳細を見る


ハイブランド3. KENZO(ケンゾー)

日本のファッションデザイナー高田賢三氏がフランスパリで創業したファッションブランド『KENZO』。その個性的なデザインは、エネルギッシュさが溢れ、KENZO独特の世界観があります。

KENZOのキャップは、トラ柄や大きなロゴをあしらった大胆なデザイン。ワンパターンになりがちなコーデのアクセントとして取り入れたい人におすすめです。


おすすめ商品:Tiger Cap

  • フロント正面にあるトラ柄が、コーデのアクセントに
  • 爽やかなブルカラーが、暗くなりがちなコーデを華やかに変える
  • 人と違うキャップを選ぶなら、おしゃれ上級者のTiger Capで決まり

モノトーンやシンプルなキャップじゃなく、派手さを求めている人もいるでしょう。そんな人におすすめなのは見た目のインパクトが強い『Tiger Cap』です。かぶってみると意外とコーデと合う不思議なキャップ。鮮やかに刺しゅうされたトラが美しくも強く、コーデのアクセントになること間違いなし

バックの調整部分はマジックテープで調整できるので、不器用さんでも簡単に調整できます。ブリム部分は、程よくカーブがあるので顔とのバランスもベスト。Gジャンとの相性もよく、キャップメインのコーデを試してみたい人に最適なキャップです。

公式サイトで見る


ハイブランド4. Y-3(ワイスリー)

2003年に誕生した『Y-3』は、日本を代表するファッションデザイナーYohji Yamamotoとアディダスがコラボレーションしたブランドです。

「スボーツウェアとモードの融合」をコンセプトに作られています。キャップは、伸縮性やフィット感に優れた機能性も充実しながらもシンプルに仕上がるのが特徴。機能面とおしゃれを両方取り入れたい人に最適なブランドです。


おすすめ商品:Y-3 FOLDA CAP

ハイブランドなキャップのおすすめはY-3(ワイスリー)

出典:zozo.jp

  • デザインだけでなく、機能性も充実しているからシーンを選ばず使える
  • バックにはY-3とadidasのロゴが描かれているから、モードにもスポーティにもなる
  • コンパクトに折り畳めるから、バックやポッケにしまっておける

ポリエステル100%で作られている『Y-3 FOLDA CAP』は、折りたためるので持ち運びに便利。シンプルなデザインでコーデを選ばず被れるのも嬉しいポイントです。

さらに、ウォータープルーフナイロンだから夏フェスや釣りなどアウトドアで使うのもOK。デイリー使いではモード系に、アウトドアではカジュアルに使えます。Y-3 FOLDA CAPは、おしゃれも機能性も満足したいという人にベストなキャップです。

公式サイトで見る


ハイブランド5. FENDI(フェンディ)

革製品店として1925年にイタリアで創業した世界的高級ブランド『FENDI』は、ブランドのアイコンでもあるダブルFが特徴です。

キャップにも存分にダブルFがデザインされており、ひと目見ただけで分かるデザイン。

モード系にもカジュアルにもOKなデザインは、ワンランク上の大人のファッションに最適です。


おすすめ商品:FENDI FFロゴ

  • ブリム部分に、さり気ないイエローカラーがおしゃれ度UP
  • 全体をモノトーンでまとめれば、キャップメインのコーデが完成
  • インレイデザインが、遊び心のある大人のファッションを見せてくれる

ハイブランドで、上品さもあるキャップならダブルFが目印の『FENDI』がGOOD。キャップにさり気なくデザインされているインレイが特徴です。するどい目つきでありながら、どこか可愛げのあるデザインがキュートに仕上がっています。

ダークブラウンにイエローが映えるので、モードでもカジュアルテイストのファッションでもどちらにでもGOOD。シンプルな作りでありながら、高級感溢れるFENDIのキャップは、年齢を重ねた人にぴったり。大人のおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

楽天で詳細を見る


ハイブランド6. MONCLER(モンクレール)

ダウンジャケットで有名な『MONCLER』は、1952年フランスで誕生しました。シンプルなデザインと抜群の機能性で、流行りに関係なく着られるブランドです。ベーシックなカラーを揃えているので、シーンを選ばずかぶれるのがポイント

20〜40代のおしゃれな男性へのプレゼントにも最適です。


おすすめ商品:MONCLER メンズキャップ

  • ベーシックカラーの3色展開だから、コーデに合わせやすい
  • シンプルなデザインで、かっこいいだけでなくおしゃれにもなれる
  • 流行りに流されないデザインだから、長くかぶれる

大人カジュアルのキャップには『MONCLER』がおすすめ。定番のロゴがフロント部分に刺しゅうしてあり、バック部分にはフランス国旗と同じトリコロールカラーが取り入れられているのが魅力的です。

さらに、キャップの大きさを調整して余ってしまった紐は穴に通すことで、しまえるように工夫されています。コットン100%だから肌触りもよく、夏場のムレやすい時期も快適にかぶれて1年中使える優れもの。MONCLERのキャップは、カジュアルでもアウトドアでもマルチに使えるので大人カジュアルのキャップを探している人におすすめです。

楽天で詳細を見る


ハイブランド7. GIVENCHY(ジバンシィ)

フランスを代表する高級ファッションブランド『GIVENCHY』は、1952年に誕生しました。主に服飾やアクセサリーを取り扱い、デザイン性の高さから世界中の人を魅了しています。

キャップはベーシックなカラーが多いですが、その中でも存在感のあるデザインが特徴です。GIVENCHYは、モード系のキャップを探している人に最適です。


おすすめ商品:GIVENCHY メンズキャップ

  • アイレットが6箇所もあるから、通気性抜群で夏でも被れる
  • モード系ファッションに取り入れやすく、キャップ初心者でも挑戦しやすい
  • ブランドロゴがかっこいいから、かぶるだけでファッション上級者に

ベーシックでシンプルなハイブランドのデザインを求めるなら、2019年に発売された『GIVENCHY』新作キャップがイチオシ。ベーシックで合わせやすいブラックです。クラウンが深く作られているので被りやすい。ブリムは7cmと短めに設計されており、顔の表情がよく見え少しヤンチャな印象になるでしょう

バック部分の金具はヴィンテージ仕様で、ベルクロのアジャスターだからおしゃれでありながらも調節は簡単。モードでありながら、ストリートも楽しめるキャップを探している人におすすめです。

楽天で詳細を見る


ハイブランド8. BALENCIAGA(バレンシアガ)

1914年に創業した『BALENCIAGA』。ユニセックスなデザインで、上品さがありながらもカジュアルテイストを楽しめるブランドです。キャップはベーシックなデザインでシックなコーデにもOK

もちろん、Gジャンやパーカーなどカジュアルなコーデにも合います。帽子の被り方で、ヤンチャな雰囲気にしたり、大人っぽく見せたりと変えられるので1つ持っていると重宝するでしょう。20〜40代のモードもカジュアルも楽しみたいという人に最適なキャップです


おすすめ商品:BALENCIAGA メンズキャップ

  • 深めに被ると男らしさがUPするから、ストリート系ファッションにベスト
  • 浅く被ればあどけなさが残るから、ワイルドな人はTシャツ、短パンコーデがおすすめ
  • ユニセックスなデザインで、パートナーとお揃いもOK

パッと見ただけでハイブランドとインパクトのあるキャップが欲しい人には、ブリムの部分に『BALENCIAGA』と大胆にロゴがあしらわれたデザインがベスト。ホワイトとブラックの2色のカラー展開で使い勝手もよく、メンズキャップでも人気です。

Tシャツ短パンでコーデしても、カジュアルになりすぎず大人のスタイルになります。コットン素材で、夏の日でもムレにくく肌触りもいいから1年中使えるアイテム。6つ穴が付いているから、通気性もよく快適に被れます。男女問わず人気の高いBALENCIAGAのキャップは、インパクトのあるデザインが好きな人におすすめです。

楽天で詳細を見る


キャップのおしゃれな「かぶり方」とは?

おしゃれで高級なキャップを買ってもおしゃれな被り方でなければ、ダサくなってしまう可能性があります。せっかくお気に入りのかっこいいキャップを手にしたのなら、簡単にできるおすすめの被り方を紹介します。

ヘアスタイリングしなくてもおしゃれに決まる被り方もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。


後ろかぶりをする際のコツは?

ストリートやカジュアルスタイルに似合う後ろかぶり。幼く見られないようにするためには、ブリムの部分が短いものを選ぶのがポイントです。クラウン部分は深すぎないデザインを選ぶと全体のバランスがよくベスト。

後ろかぶりで前髪を出すと幼さがプラスされてしまうので、大人っぽくするなら前髪は分けた方が良いでしょう。


前髪はどうすべき?

前髪はその日のコーデや見せ方によって変わってきます。小顔効果とあどけなさを演出するなら、クラウンが浅めのキャップに前髪を出すのがベスト。前髪をしまって帽子を深めに被るとワイルドな印象に変わります。

また、帽子を浅めにかぶり前髪をしまうとこなれ感のある雰囲気になるので、大人カジュアルテイストの人にはおすすめです。


おしゃれキャップで、色々なコーデを楽しもう!

メンズキャップは種類が豊富にあり、ブランドによっても形やデザインが異なります。また、同じキャップでも被り方次第で、幼く見えたりワイルドに見えたりとガラッと変わるものです。

カジュアルテイストが好きなのかモード系が好きなのかでも、選ぶブランドが変わってくるので、今回紹介したブランドを参考にぜひ自分に合うキャップを探してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事