【メンズ】アウトドアキャップのおすすめ10選|おしゃれな人気帽子を大公開!

アウトドアシーンでかぶるのに適したキャップをお求めの男性へ。今記事では、アウトドア向けキャップの特徴や選び方から、おすすめの帽子まで詳しくご紹介します。定番のベースボールキャップを筆頭に、おしゃれな帽子を解説するので、ぜひコーデに取り入れてみてください!

「アウトドアに最適なキャップ」の特徴とは?

アウトドア キャップのおすすめ

アウトドアでアクティビティを楽しむ時に帽子を被らないという人は意外と多いです。確かに道具やウェア類に比べ、帽子は持っていなくても問題なさそうに感じてしまうので、その気持ちはわからなくもありません。

しかし、アウトドアキャップは過酷な自然環境から頭部を守り、快適に過ごすために重要な意味を持つアイテムです。強い日差しや突然の雨、暑さ寒さに配慮した機能性を持っているので、フェスやアウトドアでの行動をしっかりとサポートしてくれますよ。もちろんファッション性に優れた製品も多いので、あなたの魅力を引き立ててくれること間違いなしです。

ベストコンディションでアウトドアの活動を存分に楽しむなら帽子着用は必須。これまで帽子を使ってこなかった人は、この機会にアウトドアキャップを意識して使ってみてくださいね。


メンズ向けアウトドアキャップの選び方|野外で役立つ帽子とは

メンズ向けアウトドアキャップはタウンユースと異なり、どのような用途で被るか、どの時期に被るかをしっかりイメージして購入することが大切です。単純に好みのデザインという理由だけで選んでしまうと後悔することが少なくありません。

そこで、ここからは男性にぴったりなアウトドアキャップの選び方を解説していきます。


メンズ向けアウトドアキャップの選び方1. 日差しを遮るために、つばが5〜6cmの帽子を選ぶ

屋外で使用するアウトドアキャップは、安全に活動するためにも日差しのカットと視界の確保を両立させることが大切。特に夏場に使用する帽子の場合、「つば」のサイズは大切なチェックポイントになります。

眩しい日差しを遮るとともに視界をしっかりと確保するなら、つばのサイズは5〜6cmほどがおすすめです。このくらいのサイズなら、帽子を深めに被った時でも顔が隠れてしまうことがありません。実際に人気の定番アウトドアブランドでも5〜6cmサイズのつばを採用するところは多いので、アウトドア用途の帽子はこのつばサイズが適していると覚えておきましょう。

「つば」が大きい方が好きだから、邪魔だから小さい方が良い、という選び方は失敗のもとになりやすいですよ。特にキャンプや釣りなどの、眩しい日差しを遮るとともに視界をしっかりと確保したいアクティビティを楽しむ人は、つばサイズをしっかりチェックしてくださいね。


メンズ向けアウトドアキャップの選び方2. 季節に応じた機能のキャップを選ぶ

デザインが気に入っているからと一年中同じ帽子を被り、夏の暑さや冬の寒さを我慢するのはナンセンス。コンディションの悪い状態でアウトドア活動しても充分に楽しむことはできませんよ。野外で快適に過ごすためには、その季節にあった機能性を持つ帽子を被ることが大切です。

春から夏にかけては日差しが強いので、帽子の周囲がつばに囲まれたハットタイプが理想的。後頭部もしっかりと直射日光から守ってくれるので、熱中症対策に有効ですよ。また、汗をかいて帽子が湿りやすくなる時期でもあるので、ベンチレーション機能や吸湿速乾素材を採用したものを選ぶようにしましょう。

秋から冬にかけては寒さ対策に有効な機能を持つ帽子を選びます。特に体から出る湿気を熱に変える吸湿発熱機能を持つ素材は高い効果を実感できるため、おすすめ。フリースやニットなど定番の防寒素材であるかと同時に、吸湿発熱素材も使われているかチェックしてみましょう。

天候や気温などの影響を強く受けるアウトドア活動において、身につけるアイテムの機能性は重要なチェックポイントとなります。出かける時期に合わせて帽子を選んでみてくださいね。


メンズ向けアウトドアキャップの選び方3. 雨や汗で不快にならないよう防水/撥水機能の有無を確認する

アウトドアでは急な天候の変化がつきものです。突然の雨で大切な帽子が濡れてしまい、ビショビショで気持ち悪くて被っていられなくなる経験をしたことはありませんか。また、夏場は汗を大量にかくので、帽子の中が蒸れて不快に感じることも多いことも。

快適にアウトドアで過ごすためには、雨や汗などの対策をしっかりと行いたいものです。そのためには防水・撥水機能のある帽子が有効。防水や撥水に優れた素材はいろいろありますが、ゴアテックス素材は特におすすめです。ゴアテックス素材は防水性だけでなく透湿性にも優れていることが特徴。雨水の染み込みを防ぎ、頭から出る汗の湿気を外部に逃がしてくれるので、段違いの快適性を実感できますよ

厳しい天候から頭部を保護してくれる帽子も、濡れや蒸れで不快だと被っているのが嫌になりますよね。防水や撥水、透湿機能がある素材か否かは購入時にしっかりチェックしましょう。


メンズ向けアウトドアキャップの選び方4. おしゃれで品質が良いアウトドアブランドの帽子を選ぶ

安い帽子は極端に言ってしまうと機能性までこだわらずに作られたものが多く、品質も製品によってまちまち。もちろん、ちゃんと作られた「掘り出し物」も中にはありますが、帽子について詳しくない人が見極めるには難しく、手軽に良いものを手に入れるにはやはりアウトドアブランド製品がおすすめです。

アウトドアブランドの強みは、専門ジャンルの製品を作り続けてきた実績にあります。これまで積み重ねてきた経験と研究結果が製品にフィードバックされているので、詳しい知識がない人でもアウトドアブランドを選べば機能性の高い製品を手にすることができますよ。デザイン面も優秀なデザイナーが手掛けていることが多いので、ファッション性に優れることも魅力です

機能性とファッション性を両立しているアウトドアブランドなら使って満足すること間違いなし。帽子選びで迷った時は、まずアウトドアブランドをチェックしてみてくださいね。


メンズ用アウトドアキャップのおすすめ10選|男性に人気のおしゃれな人気帽子とは

メンズ向けアウトドアキャップに必要な機能がわかったところで、次に気になるのはどんな帽子が人気を集めているかではないでしょうか。おしゃれにこだわる男性にとってはアウトドアでもカッコいいスタイルで決めたいものですよね。

そこでここからは、ユーザーからの評判が高いおすすめのメンズ向けアウトドアキャップをご紹介していきたいと思います。いずれも名の通ったブランドアイテムで、品質、使いやすさともに優れた逸品揃い。アウトドアキャップを検討中の人はぜひ参考にしてみてください。


メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ1. SIERRA DESIGNS × CLEF 60/40 クロス B.キャップ

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめはSIERRA_DESIGNS___CLEF60_40クロス_B.キャップ.jpg

出典:zozo.jp

  • 撥水力と通気性に優れた60/40クロス製なので、水濡れや頭部の蒸れが気にならず、一日気持ちよく被っていられる。
  • ゆったりしたフォルムなので、ベースボールキャップタイプにありがちな締めつけ感が気にならず楽に過ごせる。
  • 同じ素材のマウンテンパーカーと合わせることでトータルコーディネートが可能。おしゃれにアウトドアを演出できる。

ベースボールキャップタイプは気軽に身に着けられるデザインということもあり、アウトドアファンから幅広く支持されている帽子です。しかし、通気性はお世辞にも良いとは言えない製品が多く、一日被っていると頭が蒸れて不快になることもあります。もし、そんな悩みを抱えているならば、SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)がCLEF(クレ)とのコラボで作った『60/40クロス B.キャップ』を試してみてください。

『60/40クロス B.キャップ』は、SIERRA DESIGNSの人気マウンテンパーカーと同じ60/40クロスを素材にして作られた帽子。60/40クロスはナイロンにコットンを組み合わせた生地で、通気性と撥水力に優れています。ベースボールキャップタイプながら、ゆったりしたシルエットとソフトな手触りなので長時間被っていても負担にならず、釣りやキャンプを思う存分楽しめますよ。

せっかくおしゃれに決めても、頭が蒸れると臭いなどが気になってしまいますよね。特に汗を書きやすい人には快適に使える帽子なのでおすすめです

ZOZOTOWNで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:フリーサイズ
  • 防水/撥水:×/◯
  • ブランド:SIERRA DESIGNS

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ2. コロンビア ジョンリムキャップ

  • UPF50の紫外線遮断能力があるので、紫外線が気になる人でも思い切りアウトドアで楽しめる。
  • 内側が吸湿速乾素材で作られていて汗対策が万全。夏も汗を気にすることなく被っていられる。
  • ベルトで自由にサイズ調整できるので、頭部にベストフィットして快適に使える。

キャンプなどのアウトドアでは日差しを遮る場所が少ないこともあり、紫外線への対策はしっかり行いたいものです。一般的なアウトドアキャップでもある程度は紫外線を防いでくれますが、万全の対策を取りたいならばコロンビアの『ジョンリムキャップ』を使ってみてください。

ジョンリムキャップのサンプロテクション性能はなんとUPF50。UPFとは、20分間素肌を日光に晒した状態と同じになるまでどれくらいの時間が必要になるかを表す紫外線遮断能力の指標。UPF50は50倍の時間がかかることを意味するので、ジョンリムキャップでは約16時間半日光を浴び続けても20分間相当の紫外線の影響しか受けないということになります

紫外線の浴び過ぎは皮膚に大きなダメージを与えることに。酷い日焼けに悩んでいる男性にこそ、紫外線遮断能力が高いジョンリムキャップがおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:フリーサイズ
  • 防水/撥水:×/×
  • ブランド:コロンビア

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ3. カーハート M Buffalo MESH Cap

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめはカーハートのM_Buffalo_MESH_Cap.jpg

出典:zozo.jp

  • 後ろ半分がメッシュ素材なので通気性がよく、頭の蒸れを気にしないで被っていられる。
  • 後頭部のスナップでサイズ調整できるので、頭にフィットしやすく楽に被れる。
  • 速乾吸湿性を高めるクールマックス加工がされているので、汗っかきでも快適に使える。

アウトドアでの必要性は理解していても、帽子は頭が蒸れる原因になるので苦手だという汗っかきの人は多いと思います。そんな人でもカーハートの『M Buffalo MESH Cap』なら快適に被ることができますよ。

『M Buffalo MESH Cap』は本体の後ろ半分がメッシュ素材になっているベースボールキャップタイプの帽子。通気性がよく頭が蒸れないと人気を集めています。帽子のメッシュ素材は固めになっているイメージがありますが、この製品のメッシュ素材は柔らかく、後頭部にあるスナップでサイズ調整もできるのでフィット感も抜群なのが良いですね。

汗っかきでも一日中快適に被っていられるM Buffalo MESH Cap。涼しく過ごせるキャップを探している男性はぜひ使ってみてください

ZOZOTOWNで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:フリーサイズ
  • 防水/撥水:×/×
  • ブランド:カーハート

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ4. THE NORTH FACE ホライズンハット

THE NORTH FACE ノースフェイス ホライズンハット S ツイルベージュ
  • 頭を囲むようにベンチレーション用のメッシュパネルを配置。通気性抜群で頭はいつも爽やか。
  • 大きめのつばに加え85%以上の紫外線をカットするUVケア機能があるので、強い日差しの中でも安心。
  • 着脱可能なあごひもとサイズ調整機能があるので、風の強い日でもしっかりと被ることができる。

周囲をつばに囲まれたハットタイプは深さがあるため、しっかりと被りたい人に人気の帽子です。しかし、深く被るスタイルのためどうしても頭が蒸れやすいことが悩みの種。蒸れが気になって、アウトドア活動中にちょくちょく脱いでしまう人も少なくないと思います。「もっと快適に被れるハットタイプはないものか?」と探している人にはTHE NORTH FACEの『ホライズンハット』がおすすめ。

ホライズンハットは頭部を囲むようにベンチレーションの役割を果たすメッシュ素材を配置。帽子の中にこもる熱をしっかり逃してくれるので、真夏のアウトドア活動でも快適に一日中被っていることができます。また、大きめのつばとUVカット機能が強い日差しから頭を守ってくれて、紫外線対策の面でも頼りになる帽子です。

通気性の良いホライズンハットはキャンプなどで被るのに理想的。ハットタイプが好きな人はぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S、M、L、XL
  • 防水/撥水:×/◯
  • ブランド:THE NORTH FACE

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ5. KAVU Strap Bucket Hat

[カブ―] アウトドア ハット 11863452 Khaki US L-(日本サイズL相当)
  • 帆布に近い10ozのキャンパス生地を使っているので頑丈。壊れにくいので、長く使い続けることができる。
  • ハットを装飾するテープのバリエーションが豊富で、自分好みのデザインを見つけやすい。
  • 丈夫なのでしっかり洗って汚れを落とすことができ、いつでも清潔な状態で使える。

アウトドアではちょっとしたことでアイテムを傷つけてしまうことがあります。お気に入りの帽子を被って山歩きをして、枝に引っ掛けて破いてしまったような経験をしたことはありませんか。アウトドアで安心して使うためには丈夫であることも大切。その点、KAVU(カブー)の『Strap Bucket Hat』は頑丈にできているので安心して使うことができますよ。

Strap Bucket Hatに使われている素材は分厚い10ozのキャンパス生地。帆布に近い厚みを持っているのでちょっとやそっとのことでは破れることがありません。さらにキャンパス生地は使い込むごとに良い雰囲気に色落ちしていくので、長く使う間にどんどん愛着が湧くこと間違いなしです。

ハードな環境でもへこたれない『Strap Bucket Hat』はアウトドアハットとして理想的。一つのものを大切に使い続けたい人はぜひ選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S、L
  • 防水/撥水:×/×
  • ブランド:KAVU

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ6. Patagonia WAVEFARER BUCKET HAT

  • 防水・撥水加工がされているので、水濡れを気にすることなく水辺のアウトドアを楽しめる。
  • 水に浮くので水面にうっかり落としてしまっても大丈夫。沈んでしまわないのでなくすこともなく安心。
  • UPF50+のUVカット力で紫外線から頭を保護。紫外線の強い水辺での大活躍間違いなし。

水遊びや釣りなど、水辺のアクテビティは水濡れのトラブルがつきもの。お気に入りの帽子を水の中に落としてしまい、びしょ濡れにしてしまっては快適に被ることができませんよね。

そんなアクシデントに強いのがPatagonia(パタゴニア)の『WAVEFARER BUCKET HAT』。水辺でのアウトドアを楽しみたい人におすすめです。

WAVEFARER BUCKET HATは防水・撥水加工が施された水に強い帽子。水に浮く素材で作られているので、川釣りなどでうっかり水の上に落としてしまった時でも沈むことがなく安心です。UPF50+ランクのUVカット力もあるので、紫外線の強い水上でもしっかり頭部を紫外線から守ってくれますよ。

水に落として帽子を台無しにしてしまってはアウトドアの楽しさも半減。水濡れのアクシデントを気にせずアクテビティを満喫しましょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S/M、L/XL
  • 防水/撥水:×/◯
  • ブランド:Patagonia

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ7. NEW ERA ゴアテックス アドベンチャーハット

  • ストリートコーデで人気のNEW ERA製。アウトドアでもおしゃれな自分をアピールできる。
  • ゴアテックス素材を採用しているので、厳しい環境下でも快適な被り心地をキープ。
  • アウトドアだけでなく、普段はタウンユースでも使えるマルチなデザインがGOOD。

「アウトドアブランドも悪くないけれど、もっとクールなイメージのアウトドアハットはないかな。」と考えている人がいたら、NEW ERA(ニューエラ)の『ゴアテックス アドベンチャーハット』に注目です。

ゴアテックス アドベンチャーハットは、ストリート系キャップで男性から人気を集めるNEW ERAが作るアウトドア向けの帽子。防水、透湿、防風に優れたゴアテックスを素材にし、ハードな環境下でもスタイリッシュなイメージを保ちながら快適に被ることができます。サイドにあしらわれたNEW ERAのロゴでさりげなくおしゃれさをアピールできるのもいいですね。

アウトドアだけでなくタウンユースでも目立てる秀逸なデザインがGOOD。アウトドアブランドの帽子にはない魅力を求めている男性は、本製品をぜひ選択肢の一つにしてみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S/M、M/L、L/XL
  • 防水/撥水:◯/◯
  • ブランド:NEW ERA

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ8. KAVU シンセティックストラップバケットハット

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめはKAVU_のシンセティックストラップバケットハット.jpg

出典:zozo.jp

  • 丸洗いできるのでいつでも清潔な状態をキープ。爽やかな気分で被ることができる。
  • 真夏には濡らした状態で使うことで気化熱を利用したクールダウンが可。段違いの涼しさを体感できる。
  • 柔らかいのでコンパクトに折りたため、必要がない時にはバッグやポケットにしまって身軽に活動できる。

汗やホコリでアウトドアキャップは汚れがち。できることなら洗濯したいものですが、防水・撥水加工がされている帽子は気軽に洗うことができないのが辛いところです。そんな悩みを解決してくれるのがKAVU(カブー)の『シンセティックストラップバケットハット』。

シンセティックストラップバケットハットの素材は速乾性に優れているポリエステル。すぐに乾いてくれるので、使わない時は家庭で洗って干すだけで常に清潔な状態を保つことができますよ。また、暑さの厳しい時期に活動する時は、全体を濡らしてから被ることで頭部をクールダウンする使い方もできます。

防水・撥水加工された帽子もいいですが、本製品のように丸洗いできる帽子の利点もまた見逃せません。家庭で気軽に洗いたい人は、ぜひシンセティックストラップバケットハットを使ってみてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • サイズ:S、L
  • 防水/撥水:×/×
  • ブランド:KAVU

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ9. コロンビア ハット PU5002-F14

[コロンビア] ハット PU5002-F14 メンズ Black 日本 S/M-(日本サイズS相当)
  • フリース素材を使っているので、風を冷たく感じる日でも暖かく過ごすことができる。
  • UVカット機能が日差しの強い日でもしっかり紫外線から頭部をガードするので安心。
  • パッカブル構造になっていてコンパクトに収納可。持ち運びしやすく必要な時だけ使うことができる。

春や秋は中途半端な季節。肌寒さを感じるものの紫外線が強く、夏物や冬物の帽子では上手に対応できないことがあります。そんな時期におすすめするのがコロンビアの『ハット PU5002-F14』です。

本製品はフリース素材を使った暖かい手触りのアウトドアハット。UVカット機能が備わっているので、日中と夕方との温暖差が大きく、日差しもまだ気になる春や秋に便利さを実感できます。使わない時はコンパクトにまとめることができるパッカブル構造になっているので、普段はバッグにしまっておいて必要な時だけ使えるのも便利でいいですよ。

季節の変わり目はどんなウェアなら快適に過ごせるか悩むことが多いですよね。春や秋に被る帽子に迷ったら、コロンビアのハットを選んでみてはいかがでしょうか

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S/M
  • 防水/撥水:×/×
  • ブランド:コロンビア

メンズ向けアウトドアキャップのおすすめ10. Canadian East アウトドア用 レインハット

[カナディアンイースト] 登山・アウトドア用 レインハット CEH1020S [ ユニセックス ] フォレスト 日本 頭囲61cm (日本サイズL相当)
  • 強力な防水性能を持っているので、突然の雨から頭部を保護し体力を温存できる。
  • 透湿力に優れるので、頭部が蒸れずに快適な被り心地を体感できる。
  • ワンタッチで閉められるあごひも付き。風の中でも安心して被っていられる。

山歩きやキャンプをしていると突然の雨に出くわすときがあります。体温を奪い、夏であっても著しく体力を消耗させる雨から体を守るには防水力の高いレインハットが最適。そんなレインハットでおすすめしたいのがCanadian East(カナディアンイースト)の『アウトドア用 レインハット』です。

本製品は防水力、透湿力の高さで注目を集めている素材「ブリザテック」を使用した帽子。素材開発元によれば、従来のゴアテックス素材よりも優れた防水・透湿能力を持っています。本製品で頭部をしっかり保護した上で、体にポンチョ等を羽織れば全身を雨からしっかりガードすることが可能。体力を温存しながら安全に行動することができますよ。

山で怖いのはムダに体力を消耗してしまうこと。山で行動することが多い人は、いざという時のためにCanadian Eastのアウトドア用レインハットを使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:S、M、L
  • 防水/撥水:◯/×
  • ブランド:Canadian East

アウトドアでもおしゃれを忘れない男性に。機能性が高くてかっこいいメンズキャップを被ろう!

アウトドアでは自然環境の中に身を置くため、安全・快適にアクティビティを楽しむためにも頭部をしっかり保護できる帽子は必須ともいえるアイテムです。帽子のことを軽く見ていたために体調を崩してしまっては元も子もありません。

スタイリング重視のタウンユースキャップとは異なり、野外で快適に過ごすためのノウハウが盛り込まれたアウトドアキャップは一度使えばそのありがたさが身に染みてわかります。

大切な家族や仲間たちと楽しいひとときを送るためにも、ぜひ目的に合ったアウトドアキャップを選んで使ってみてくださいね

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事