ラフロイグの人気な種類とは?おすすめの飲み方/お酒に合うおつまみを紹介

多くの人から支持されている人気のウイスキー「ラフロイグ」。そこで今回は、ラフロイグの歴史から、種類別のおすすめ銘柄や美味しい飲み方を詳しくご紹介します。ウイスキーが好きな方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「ラフロイグ」とは?

ラフロイグの人気銘柄

ラフロイグとは、世界で最も愛されているアイラモルトで、「アイラモルトの王」とも呼ばれています。アイラモルトとは、スコッチウイスキーの種類に分類されますよ。

ピートと言われる泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥させるため、特有のスモーキーな香りが強くなるところが特徴。

また、ラフロイグとは1815年の創業から変わらず、モルト島に蒸溜所を構えており、広大な自然の中でウイスキー作りを続けています。

「惚れ込むか、大嫌いになるかどちらか」という、癖のある独特な風味が今日まで愛され続ける由縁です。


ラフロイグの歴史について

アイラ島の南部で、ラフロイグ蒸溜所をスタートさせたのは1815年のこと。ウイスキーの聖地にて、本格的なスコッチウイスキー作りをスタートさせました。

20世紀に入るとアメリカでは禁酒法により、お酒の販売が制限されることに。その中でも、アメリカ政府より「薬用効果がある」として、薬用酒の種類として販売され続けた歴史もあります。

1994年にはチャールズ皇太子より品質の良さが認められ、シングルモルトウイスキーで初の王室御用達許可証を受け取りました。

また、同年にはラフロイグ愛好者のための会員制クラブ「フレンズ・オブ・ラフロイグ(FOL)クラブ」をスタートさせています。


どんなお酒なの?ラフロイグの味や香りの特徴

ラフロイグは薬用酒として愛されてきた歴史からも分かるように、薬品を思わせる正露丸やヨウ素のような香りが特徴です。

味わいは濃厚で少し塩っぽく、ドライな後味が印象的。泥炭に火をつけて大麦麦芽を乾燥させるため、潮の香りや癖のあるスモーキーな香りを感じられるところも大きな魅力です。

「惚れ込むか、大嫌いになるかどちらか」と誰もが口にする個性的な風味で、ウイスキーファンを虜にしています。


【種類別】ラフロイグのおすすめ人気銘柄を大公開!

ここからは、人気のラフロイグを厳選してご紹介します。熟成方法やこだわりのポイントにより、風味や香りが異なります。ぜひ、どのような種類があるのかチェックしてみてくださいね。


人気銘柄1. ラフロイグ セレクトカスク

シングルモルト ウイスキー ラフロイグ セレクトカスク [イギリス 700ml ]
  • ノンエイジならではの鮮やかな香りが魅力的。
  • 長期間熟成していないため苦味が少なく、ロックやストレートにおすすめ。
  • ヨーロピアンシェリー樽やペドロヒメネス樽も使用ししており、後味がフルーティー。

ノンエイジならではの、フレッシュな香りや味わいが楽しめるところがポイント。ラフロイグのスモーキーな香りが抑えられ、丸みのある香りが堪能できます。

原酒にはバーボン樽だけでなくヨーロピアンシェリー樽やペドロヒメネス樽も使用しているので、一口飲んでみると奥行きのある味わいが楽しめるはず。

また、長期間熟成されていないからこそ苦味や酸味が抑えられているので、ロックやストレートで味わってみたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:40%

人気銘柄2. ラフロイグ QAカスク

ラフロイグ QA カスク [ ウイスキー イギリス 1000ml ] [並行輸入品]
  • 免税店向けに開発された限定商品で、手に入りにくい。
  • 2度熟成をさせたダブルマチュアードで、甘さが引き立っている。
  • 苦味や酸味よりも、後味を楽しみたい人におすすめ。

免税店向けに作られている商品です。樽材として使用しているアメリカンホワイトオークを指しており、2度熟成をさせたダブルマチュアードであるところが特徴。

じっくりと時間をかけて熟成させることで苦味や酸味の奥にある、バニラやハチミツといった甘さをしっかりと引き立てています。

この甘さが癖になる人や、ピートとのバランスのよさに感動する人も。ラフロイグの中でもまろやかな後味を楽しみたい人に、イチオシの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:1000ml
  • 度数:40%

人気銘柄3. ラフロイグ 10年

ラフロイグ 10年 700ml 40度 [並行輸入品]
  • ラフロイグの定番商品で、初めて挑戦したい人におすすめ。
  • じっくりと熟成しているからこそ、ビート香など特有の風味を楽しめる。
  • コクのあるくちどけで、個性ある味わいが口の中に広がる。

定番のラフロイグと言えばこちら。10年じっくりと熟成されたからこそ、ピートの香りや潮の香りがしっかりと感じられるところが特徴。

ややオイリーなコクは、ラフロイグ特有の風味を味わうにはちょうどよく、口の中に広がる芳しい香りは多くのファンを魅了しています。

ストレートやロックはもちろんのこと、ハイボールなどの割り方をしても美味しく味わえるところも魅力的。まずは、定番の風味を知っておきたいという人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:40%

人気銘柄4. ラフロイグ クオーターカスク

シングルモルト ウイスキー ラフロイグ クオーターカスク [イギリス 700ml ]
  • 馬の運搬に使っていた小樽からヒントを貰って、小樽で熟成しているところが特徴。
  • 熟成期間が早まり、味や風味にぐっと奥行きが出る。
  • 渋さのある辛口ウイスキーを好む人におすすめ。

クオーターカスクは、19世紀に馬を運搬するための樽として使われていた小樽からヒントを得て商品化した商品です。

通常の大きさの樽で熟成した原酒を、ファーストフィルバーボン樽を解体して作った小樽に入れ替えて熟成させているところが特徴。

小さな樽の方が熟成期間が早まるため、香りや味わいともに深みがある仕上がりになっています。口に入れた瞬間と後味の違いを楽しめるでしょう。

渋さのあるウイスキーを好む人にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:48%

人気銘柄5. ラフロイグ トリプルウッド

ラフロイグ トリプルウッド 並行品 48度 700ml
  • 3つの段階を経てじっくりと熟成する、特殊な方法を使っているところが特徴。
  • フルーティーな甘さが引き立ち、柔らかい口当たりが楽しめる。
  • アルコール度数が高いので、ハイボールやモヒートなど割り方をアレンジして味わうのもおすすめ。

こちらも免税店向けの商品で、バーボン樽で熟成させた後にクォーターカスク樽で熟成、最後にオロロソ・シェリー樽で熟成させるという特殊な方法で熟成させているところが特徴。その分、甘さが引き立ち口に入れた瞬間にフルーティーな風味が楽しめます

トップからフィニッシュまで柔らかな口当たりが続くため、甘さのあるモルトを好む人におすすめ。

ハイボールやモヒートにして味わっても、美味しいラフロイグの風味が引き立ち美味しく味わえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700mi
  • 度数:48%

人気銘柄6. ラフロイグ 1815 レガシー・エディション

ラフロイグ 1815 レガシー・エディション 並行品 48度 700ml [並行輸入品]
  • 高級感のあるブラックのパッケージで、プレゼントにもおすすめ。
  • バーボン樽での熟成後に、ヨーロピアンオークの新樽で熟成させる方法を取っている。
  • スモーキーな香りにバニラ系の香りがプラスされている。

2017年に免税店向けに発表された現在は終売している商品で、高級感のあるブラックのパッケージが印象的。バーボン樽で熟成させた後に、ヨーロピアンオークの新樽で再熟成させているところが特徴です。

薬草のような香りや潮の香りなどのスモーキーさにプラスし、バニラ系の甘い香りを感じられる仕上がりに。

定番の味わいよりも、さらに個性が引き立っていると感じる人が多いよう。甘さとスモーキーさのどちらも堪能したい人に向いています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:48%

人気銘柄7. ラフロイグ ブローディア

ラフロイグ BRODIR (ブローディア) ポート・ウッド・フィニッシュ バッチ2 48度 700ml [並行輸入品]
  • 2013年より1年に1度発売される、ロディアシリーズの商品。
  • 樽をいれかて2度熟成させることで、深みのある味わいに仕上がっている。
  • ロックやストレートで、じっくりと味わうのがおすすめ。

2013年より毎年発売されているロディアシリーズの、終売となっている2015年バージョンがこちらです。

「ブローディア」とはスイス語で兄弟という意味があります。原酒をバーボン樽で熟成させてからルビーポート樽に詰め替え、追加熟成しているところが特徴

2度の熟成によって、より深みのある味わいになっていますよ。スモーキーな香りだけでなく、後味には豊かな甘さを感じられます。

ストレートやロックで、ラフロイグならではの風味の変化を楽しんでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:48%

人気銘柄8. ラフロイグ PXカスク

ラフロイグ PX カスク [ ウイスキー イギリス 1000ml ] [並行輸入品]
  • 製造方法にこだわっており、時間をかけて3段階熟成をしている。
  • 正露丸のような香りより、スモーキーさやフルーティーさが引き立っているため、飲みやすい。
  • 飲み方により風味が異なり、気分に合わせて楽しめる。

こちらも免税店向けの種類で、製造方法にこだわっているところが特徴。まずは、メーカーズマークの樽で5~7年熟成させ、その後クオーターカスクで7~9ヵ月、最後に商品名にもなっているペドロヒメネス(PX)樽で熟成させています。

時間をかけて3段階の熟成をすることで、フルーティーな香りやスモーキーさが引き立つところがポイント。

また、飲み方によって風味が変化し、様々な口当たりが楽しめる商品でもあります。フルーティーな香りのモルト好きなら一度は味わってみたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:100ml
  • 度数:48%

人気銘柄9. ラフロイグ 18年

[北米向け] ラフロイグ 18年 48度 750ml [並行輸入品]
  • 18年間バーボン樽でのみ熟成させた、こだわりの熟成方法。
  • 長期間熟成だからこその甘みのある柔らかい口当たりが魅力的。
  • 定番の10年熟成と飲み比べをしてみると、味の違いを実感できる。

18年物のラフロイグは、バーボン樽のみで18年熟成させ、ノンチルフィルターでボトリングしているところが特徴。じっくりと熟成させた分、温かみのあるスモーキーさが感じられます。

定番の10年熟成よりも柔らかい口当たりで、よりフルーティーさが引き立っているところも魅力的。

とろみのある濃厚な口当たりの中にも、チョコレートのような甘みを含んでいますよ。10年熟成と飲み比べをするのはもちろんのこと、じっくりと熟成させたモルトを好む人にイチオシの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:750ml
  • 度数:48%

人気銘柄10. ラフロイグ オリジナル カスク ストレングス

ラフロイグ オリジナル カスク ストレングス 10年 700ml 55.7度 [並行輸入品]
  • 10年熟成のラフロイグから、高品質なものだけを厳選した商品。
  • スモーキーな香りやバニラ系の甘さを堪能できる。
  • アルコール度数は55%以上と高いため、ゆっくりと時間をかけて飲みたい人にも向いている。

10年熟成のラフロイグの中から、より上質なものだけを厳選した特別な商品。

その分価格も高くなりますが、風味や味わいがワンランク上でラフロイグの癖のある味わいを好む人におすすめです。スモーキーな香りだけでなく、バニラ系の甘さも堪能できます。

また、アルコール度数が55%以上と、通常のラフロイグよりも高いところが特徴。ロックやストレートでじっくりと味わいたい人やソーダなどで割って楽しみたい人にもイチオシの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:55.7%

人気銘柄11. ラフロイグ 30年

ラフロイグ 30年 53.5度 700ml [並行輸入品]
  • 10万円以上の高級ウイスキーで、プレゼントとしてもおすすめ。
  • 30年間じっくりとシェリー樽熟成しており、独特の風味が味わえる。
  • ラフロイグならではのパンチの効いたスモーキーな香りが広がる。

高級ウイスキーとして知られる、ラフロイグ30年。10万円以上の価格ですが、30年以上の年月をかけることでしか表現できない、独特の風味が堪能できます

シェリー樽でじっくりと熟成しているので、力強いスモーキーフレーバーが感じられるところが特徴。奥行きのある風味は、口の中に入れるだけでふわっと広がります。

ラフロイグ好きが大切に飲むウイスキーとしてはもちろんのこと、ウイスキーが好きな人へのプレゼントとしても向いています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:700ml
  • 度数:53.5%

割り方のおすすめは?ラフロイグの美味しい飲み方

ラフロイグを味わう時に迷うのが、ラフロイグの割り方です。ここでは、ロックやトワイスアップなど、どのような種類の味わい方ができるのかご紹介します。

好みのテイストや後味、味わいに合わせて、ラフロイグを美味しい状態で堪能してみてくださいね。


美味しい飲み方1. 「ロック」

フロイグはアルコール度数が43度もあるため、氷で冷やしながら飲むオンザロックがおすすめです。

ストレートで飲むよりも香りが抑えられるため、初めてラフロイグを飲む場合にも抵抗が少ないはず。濃厚な口当りもまろやかになります

癖のあるラフロイグも一口、二口飲むのに慣れてしまえば、潮の香りや薬草の風味の奥にある深い甘みに辿りつけることも。これが、ラフロイグに夢中になってしまう理由です。


美味しい飲み方2. 「ストレート」

ラフロイグを飲み慣れている場合や、ラフロイグの独特な風味を好む場合は、ぜひストレートで味わってみましょう。グラスに注くだけでも、鮮やかな香りが広がります

タイプによって絶妙に異なるテイストを、楽しむことも可能。口に入れた瞬間から少しずつ変化していく味わいをじっくり堪能できます。

ただし、アルコール度数は高いため、チェイサーを用意しておくことをおすすめします。


美味しい飲み方3. 「ソーダ割り(ハイボール)」

スッキリとした爽快感を好む場合には、ソーダで割ってハイボールに仕上げましょう。

アルコール度数も低くなるため、グンと飲みやすくなります。ラフロイグの個性ある風味もまろやかになり、スコッチウイスキーに慣れていない人でも飲みやすいところもポイント。

ミントを入れたりハチミツやシロップをプラスしたりして、ラフロイグに合う美味しい香りをプラスし、好みの風味に仕上げてみるのもおすすめです。


美味しい飲み方4. 「トワイスアップ」

トワイスアップとは、常温のミネラルウォーターとウイスキーを1:1で混ぜ合わせる飲み方です。ウイスキーの風味を楽しみたいけれど、アルコール度数が高いのは苦手という人におすすめ。

ウイスキーの香りを楽しむのに最適な飲み方だと言われており、グラスを揺らしながらラフロイグの個性的な香りを堪能してみてくださいね。

ゴクリと飲んだ後の甘さも引き立つので、ウイスキー本来の旨味が感じられるところもおすすめのポイントです。


美味しい飲み方5. 「水割り」

水割りはウイスキーに対し、ミネラルウオーター2~2.5の割合で仕上げるのがポイント。

グラスに氷を入れて冷やしておくことで、程よく冷えた状態で味わえます。トワイスアップを瞬時に冷やすため、立ち上がる香りも心地よく感じられるはずです。

ウイスキーの風味を程よく和らげてくれるため、食事と一緒に味わいわいたい時におすすめ。肉や魚の旨味を邪魔することなく、引き立ててくれます。


ラフロイグに合う!おすすめの「おつまみ」3選

最後に、ラフロイグの風味とマッチするおすすめのおつまみをご紹介します。酒の肴があると、より美味しく味わえるもの。

ラフロイグと一緒に味わいながら、リラックスタイムを楽しんでみてくださいね。


おすすめのおつまみ1. なとり 一度は食べていただきたい燻製チーズ

なとり 一度は食べていただきたい燻製チーズ 64g
  • りんご樹チップを使って燻製しており、癖のないさっぱりとした風味に仕上がっている。
  • 独自製法でまろやかな口当たりに仕上げており、ラフロイグの風味を邪魔しない。
  • 酸味が強くないので、ラフロイグのフルーティーさを引き立ててくれる。

りんご樹チップで燻した燻製チーズです。癖のないまろやかな口当たりのデンマーク産サムソーチーズを60%使っているところが特徴。独自製法で、滑らかな口当たりに仕上げています。

燻製チーズのスモーク感はラフロイグの香りと相性がよく、それぞれの風味を生かして楽しめるところも魅力的。また、酸味が強すぎないさっぱりとした後味なので、ラフロイグのフルーティーさも引き立ててくれますよ。

ロックやストレートで味わう時のおつまみとして、プラスしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:64g
  • 原材料:ナチュラルチーズ、食塩/加工でん粉、トレハロース、乳化剤、結晶セルロースなど

おすすめのおつまみ2. なとり 一度は食べていただきたい美味しいサラミ

なとり 一度は食べていただきたいおいしいサラミ 46g×5袋
  • クルミ樹のチップを使いスモーク仕立てにすることで、香りにもこだわっている。
  • 良質な豚肉をゆっくりと寝かせることで、旨味を凝縮している。

クルミ樹のチップを使って、スモーク仕立てに仕上げているところが特徴。ウイスキーと一緒に楽しめるように、香りにもこだわった商品です。良質な豚肉を低温でゆっくり寝かせており、嚙めば噛むほど肉の旨味を感じられます

ほどよく特製スパイスが効いているので、ソーダ割りや水割り、トワイスアップなどのあっさりとした割り方との相性が良いところも魅力。

ラフロイグの風味を邪魔せず、美味しく味わえるところが特徴ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:46g
  • 原材料:豚肉、豚脂肪、食塩、粉末水飴、結着材料など

おすすめのおつまみ3. やめられないバタピー

やめられないバタピー 500g×2袋(1Kg)チャック付き袋ピーナッツ
  • 香ばしいピーナッツにほど良い塩気がブレンドされているので、ウイスキーとよく合う。
  • ラフロイグのフルーティーな香りを引き立ててくれる。
  • 2袋に分かれているので手軽に食べられて、保管もしやすい。

香ばしいピーナッツにほど良い塩気をプラスしたおつまみです。ほど良い塩気がラフロイグの甘さを引き立ててくれます。ピーナッツをつまみながら、ロックやストレートで飲むと、より風味が引き立つこと間違いなし。

また、2袋に分かれているので、食べきりサイズとして保管しやすいところも嬉しいポイントです。

手軽に食べられるおつまみを探している人や、ラフロイグのフルーティーさを引き立たせたい人にイチオシの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:500g×2袋
  • 原材料:落花生、植物油、食塩

お酒好きなら、ラフロイグに挑戦してみて。

ラフロイグとは、ウイスキーの聖地であるスイスで誕生したスコッチウイスキーのこと。様々な種類があり、口当たりや好みの風味で飲み分けることができます。

個性的な風味は、一度はまると癖になるはずです。また、飲み方を変えるだけでも、引き立つ風味が変わるのも、ラフロイグならではです。ウイスキー好きな人はもちろんのこと、ウイスキー初心者もぜひ一度味わってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事