デッキシューズのおすすめブランド12選|おしゃれメンズに人気の靴を解説

デッキシューズのおすすめ商品をお探しの男性へ。今記事では、デッキシューズの選び方から、人気ブランドやおすすめ商品まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、自分に合う一足をGETしましょう!

そもそも「デッキシューズ」とは?

デッキシューズのおすすめ

デッキシューズとは、簡単にいえばボートやヨットなどご利用する際に船の甲板で使用する時に履くシューズのこと。

特徴としては、水や雨で濡れた甲板の上でも滑らないように様々な工夫がされており、甲板で使用するに見合った作りをしています。

というのも、濡れた甲板で足を滑らせて怪我をしたり、落下して命を落とす危険があるのを防ぐためです。最近では、ファッションアイテムとしておしゃれに着こなす男性が多く、普段使いできるシューズとして人気を集めていますよ。


デッキシューズを履くのに最適な季節とは?

デッキシューズが一番活躍してくれるのは梅雨〜夏の季節になります。元々デッキシューズは、水に濡れても滑らないように対策をされている靴なので、梅雨時期も利用しやすいのです。

そして、夏は海の日がありますからそれに合わせて、ボートやクルーザーなど船をご利用する方が多くなります。

夏場は冬場と違って船など水辺のイベントが多いシーズンなので、梅雨から夏の間に適している靴といえるでしょう。


デッキシューズは「靴下」を履かない方が良いの?

デッキシューズは足の甲が露出しているものが多いので、靴下を履くと見栄えも悪く、涼しげな足元も失われてしまいます。

なので、基本的には履かない方が良いと言われています。

しかし、カバーソックス・フットカバーなどのタイプの靴下は、足の甲までの面積がないので素足のように見えますよね。

それならデッキシューズに履いても涼しげな足元も演出できますし、靴との摩擦からも守ってくれるので、素足風に見える靴下を履くのがおすすめですよ。


自分の足にフィットするデッキシューズの選び方とは

実際にデッキシューズが欲しいけど様々なメンズ用のシューズが出回っており、何を基準にして選んでいいのか分からない方も多いはず。

そこで、ここではデッキシューズの重視しておくべきポイントを絞って説明していきます。どう選ぶのが正解なのかをしっかり確認しておきましょう。


選び方1. 素材を確認して選ぶ

デッキシューズにはレザー素材とキャンバス地が存在します。元々はレザー素材が主流でしたが、最近はキャンバス地も一般的になりました。

キャンバス地は、見た目が軽快でお値段も比較的安いのが特徴です。レザー素材の場合は、素材の高級感があり見た目もシックで大人っぽく魅せてくれますが、お値段は素材の関係から少し高めになります。

足元をどう魅せたいかや、自分に合った使いやすい素材は何かを確認して選ぶ必要性がありますよ。


選び方2. デザインや色合いで選ぶ

デッキシューズには、紐がついているシューズや、付いていないスタンダードなデザインの物まで幅広いおしゃれな種類があります。

また、色のカラーバリエーションも豊富だから、ファッションのコーデネートとしても大変重要になってくるアイテムといえます。

おしゃれの基本は足元からと言われているように、デッキシューズもコーデネートの一つでアクセントになるので、普段の自分の着こなしに合わせたデザインやカラーを選んでおしゃれを楽しみましょう。


選び方3. ブランドで選ぶ

メンズ用デッキシューズには、デッキシューズブランドだけではなく、元々人気の高い靴のブランドから出ているデッキシューズもあります。

ブランドのシューズは知名度があるだけでなく、質が高品質で履き心地はもちろん、作りも丈夫でしっかりしています。

そして代表的なブランドなどは、機能性に特化したり、特徴的なデザインであったりと、履く側のニーズに合わせて両方を兼ね備えていますよ。初めてデッキシューズを購入する人は、ブランドから選んでみるのもおすすめします。


【2019年版】デッキシューズのおすすめ人気靴ブランド12選

デッキシューズを履きたいおしゃれメンズには欠かせないのが、グッとくるおしゃれな着こなしコーデができるブランドシューズ。

ここでは、誰でもおしゃれに使って頂けるメンズデッキシューズの人気おすすめブランドのデッキシューズをご紹介します。素敵なシューズを見つけましょう。


おすすめブランド1. Paraboot(パラブーツ)

MADE IN FRANCEを貫くパラブーツ。圧倒的なクオリティーを持ち、気の遠くなるような膨大な過程を経て作りあげられているデッキシューズは、使用している原料も70%はフランス製という完璧な徹底ぶりを誇るブランドです。


おすすめの靴:UASP ローファー

ガラスレザーを使用したドレッシーな装いのデッキシューズ

出典:zozo.jp

  • 様々な場面に適応する汎用性が高い靴なので、オン・オフ気にすることなく様々な場面で使っていただけます
  • サイズが23.5〜28㎝まであるのでどんな方にも足のサイズを気にすることなく安心して選べます
  • 質が高く丈夫に作られているので安心して長く使っていただけます

素材を生かし、厳しい自然環境でも対応可能な登山靴など手がけているパラブーツのUASPローファー。軽快な履き心地はもちろん、雨の日でも滑りにくいソールでガラスレーザーを採用したことでドレッシーな印象となっております。

シックでモノトーンなデザインのため、普段からシンプルでカジュアルな服装をしている男性には、とても合わせやすく使いやすいデッキシューズですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • 素材:ー
  • カラー:ブラック・ホワイト

おすすめブランド2. REGAL(リーガル)

REGALは品質に徹した安全性の高い靴を提供しています。リーガルメイドと呼ばれる伝統を受け継ぎながら、常に進化を計る靴作り。

歩きやすさを追求したリーガルウォーカーや、大切な人と共に作るパターンオーダーシューズなど、世界に誇れるMADE IN JAPANを発信しているブランドとなります。

おしゃれで可愛らしさも交えた魅了的なデッキシューズが数多くありますよ。


おすすめの靴:リーガル 72PR

[リーガル] 靴 72PR デッキシューズ レザー メンズ モカシン カジュアルシューズ ネイビーワイン 24.0cm
  • インソールにはクッション材が入っているのでフィット感はもちろん足が疲れにくいので歩きやすいです
  • 耐久性があるので長持ちが出来きるためすぐに買い換える必要がありません
  • 機能性とブランドデザインのわりにお値段が比較的安いので初めて購入する方にも手が伸ばしやすい

リーガルファン待望の、カジュアルでクラシックなデッキシューズ・ボートモカシン。

デッキシューズでお馴染みのスペイリーソールを採用し、ライニングにもレザーを使うことで感触が心地よく、快適な履き心地を実現。

そのため、デッキシューズをファッションとして普段から履いて楽しんでいただくことが出来るので、デートや旅行先などでも活躍したい方にはぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:牛革
  • カラー: ネイビー・ワイン

おすすめブランド3. LACOSTE(ラコステ)

ワニの絵柄がトレードマークのLACOSTE。カジュアルスポーティーなポロシャツ・セーター・シューズなど多くのファッション製品を手掛ける高品質のフランスのアパレルブランドです。

スポーティなデッキシューズから、モダンでシックな大人さを演出するデザインの靴まで、魅力的な種類が豊富に揃っています。


おすすめの靴:MARINA 1192

シンプルながらも機能性の高いデッキシューズ

出典:zozo.jp

  • 3種類のカラー揃えがあるので、自分の好みや普段の服装に合わせて選択していただけます
  • サイズが28㎝まであるので大きめの足の方でもぴったりのサイズが見つかる
  • 同色のエンボス加工部分の切り替えもできるので自分のお好みでおしゃれを楽しめる

LACOSTEならではのワニの絵柄をアクセントにした、ベーシックとスポーティーさを融合させたシンプルなデッキシューズ。

ラコステならではの定番スタイルを、ロープロファイル仕様のホワイトスニーカーソールでアレンジしているハイブリッドな一足になっています。

とてもシンプルでどんな場面にでも使いやすいので、夏場はもちろん、冬までの長い期間おしゃれに履きこなせます。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • 素材:レザー
  • カラー:ブラック・ホワイト・ネイビー

おすすめブランド4. Timberland(ティンバーランド)

ティンバーランドは登山ブーツをモチーフとしたストリートでも絶大な人気を誇っている靴のブランドになります。

デッキシューズでは、完全防水や滑りにくいノンマーキングソールなど、おしゃれなデザイン性だけではなく履く側の機能性を十分に考えたデッキシューズが特徴となります。


おすすめの靴:3EYELET CLASSIC LUG BURGUNDY

[ティンバーランド] 3EYELET CLASSIC LUG BURGUNDY (50009)
  • フィット感を調節できるレーシングデザインなので履きやすい
  • 本格的なデッキシューズなのでお手入れの仕方一つで長く愛用していただけます
  • 耐久性は高い作りになっているので丈夫で痛みにくい

ストリートブランドでは欠かせないイエローブーツのティンバーランドから、一つ一つ手縫いで仕上げた伝統を誇るモカシンシューズになります。

デッキシューズ全体のフィット感と快適さをパワーアップしてくれるのが魅力ですよ。

スタイリッシュなデザインが、デニムやチノパンとの相性が抜群なので、よくデニムファッションをしている方に使って頂けます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:デニム
  • カラー:ー

おすすめブランド5. SPERRY TOP-SIDER(スペリートップサイダー)

アメリカで誕生したSPERRY TOP-SIDERは、世界初のボートシューズのブランドとして今も変わらず愛され続けているブランドです。

デッキシューズは、シンプルでカジュアルなものから、おしゃれを楽しむ凝ったデザインやスリッポンなど使い勝手が良いニーズに合わせたモデルが数多くあります。


おすすめの靴:SEAMATE

流行に左右されないオーソドックスなデッキシューズ

出典:zozo.jp

  • デッキシューズブランドなのにお値段が安いから初めての人におすすめ
  • サイズが29㎝と幅が広いので足が大きめの方もしっかりと履けます
  • シューズ作りが軽快なので足が疲れにくく一日中履いていても負担が少ない

デッキシューズに特化したスペリートップサイダーより定番モデルのSEAMATE。定番モデルなので飽きがなく、夏場でも涼しさを感じるブルーのデッキシューズとなっています。

トップサイダーの特徴でもあるスペリーソールは波形の切れ込みが入っており、濡れた場所でもグリップ力を発揮してくれること間違いなし。

夏服の涼しい白のTシャツやYシャツにブルーがよく映えるので、白い洋服を着こなしている方には、おしゃれをより楽しくさせてくれるアイテム。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • 素材:キャンバス
  • カラー:ブルー

おすすめブランド6. Dubarry(デュバリー)

モカシンメーカー世界トップクラスを誇るデュバリーは、機能性を重視したマリンシューズブランド。

その中でも防水性・低吸水性に優れた、乾きが早く柔らかいというヨット競技に特化したシューズ技術をフルに発揮した最高級シューズを生み出しています。


おすすめの靴:Dubarry クリッパー 3603-02

Dubarry(デュバリー) デッキシューズ クリッパー ドンキーブラウン×ブラウン UK7H(26.0cm) 3603-02
  • 耐久性が優れていて靴底が中々減ることがないので常に丈夫なまま使って頂けます
  • 防水加工がされているので雨の日でもためらいなく使用ができます
  • ソールはノンスリップ・ノンマーキング素材なので足が痛くなりにくく滑らないので履き心地がよく普段でも使いやすくなっています

最高級モカシンのを生み出す技術と、世界最高水準のソールが合わされたことで世界で最も優れていると言われているクリッパーのデッキシューズです。

世界を誇るだけあって、高級皮革を使用しさらにゴアテックスレイヤーとの融合によって抜群の通気性を実現化。そのため、暑い夏場での使用では、シューズの中は常にドライで蒸れることがありません。

冬場でも湿気による指先の冷えがないので、冷え性の方でも使いやすく安心して履いて頂けるのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:皮革
  • カラー:ドンキーブラウン

おすすめブランド7. Henri Lloyd(ヘンリーロイド)

世界最高峰のヨットウェアブランドとして、幅広く支持されているヘンリー・ロイド。

機能性や利便性に特化し、特に通気性や速乾性が強いスポーツタイプのデッキシューズは人気が高いです。また、足のブレを防いでくれるグリップ力の強いのもヘンリーロイドのデッキシューズの特徴となります。


おすすめの靴: Henri Lloyd デッキグリッププロファイル 600001

2018 Henri LloydデッキグリッププロファイルII Deck Shoes In Navy yf600001 Uk Size 12
  • 軽量で柔軟な設計がされているので、外で活発に動いても足への負担がありません
  • 防臭効果があるので夏場でも臭いの心配がなく履きやすくなっています
  • 速乾性があり洗ってもすぐに乾くのでこまめにお手入れができます

繊細な素材や機能にこだわったウェアを生み出すヘンリー・ロイドの、パフォーマンスグリップ技術とスポーツシューズの快適さを配合させた新しいデッキシューズ。

これまでのカジュアルで大人っぽいデザインのデッキシューズとは異なり、スポーツシューズのデザインを取り入れたことで一味違ったスタイリッシュでカッコいい仕上がりになっています。

普段から活発に活動する方には動きやすく、どんな服装にも合うのでおしゃれとしても楽しんでいただけますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:ナイロン
  • カラー:ネイビー

おすすめブランド8. VANS(バンズ)

お馴染みの代表的なスニーカーブランドVANS。履き心地を常に追求したシンプルなデザインからおしゃれなものが揃っています。

機能性としては、軽量でクッション性とグリップ力にすぐれたデッキシューズが多いため、季節を問わず履きやすいのが特徴になります。


おすすめの靴:VANS AUTHENTIC キャンバスデッキシューズ

[バンズ] Authentic TRUE WHITE VN000EE3W00 [並行輸入品]
  • クッション性とグリップ力に優れたワッフルソールなので足に負担がかかりにくく歩きやすい
  • お値段が安いので初めての方や幅広い年代の方にも気軽に購入がしやすいです
  • アウトソールはラバーゴムなので滑りにくく歩く時や走る時もしっかりとしているので安全性が高く安心して履けます

VANSの象徴ともいえる定番の大人気のオールドスクールに続く、履き心地抜群のVANSらしさを取り入れたクラシックモデルデッキシューズ。このデッキシューズはベーシックなデザインのため、男性の幅広いコーディネートが楽しめます。

シーズンやトレンドを気にすることがなく、いつでも愛用できるデザインなのでオールシーズンで使えるのも嬉しいですよね。季節に関係なく四季ごとのファッションコーデに合わせやすいですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:キャンバス
  • カラー:port royale/black

おすすめブランド9. ROCKPORT(ロックポート)

アメリカで誕生したレザーシューズのブランドROCKPORT。スタイル・履き心地を追求した妥協のない機能性の優れたシューズコレクションを展開しています。

デッキシューズは、機能性はもちろん、デザインはカジュアルでシンプルなものが多いのが特徴です。誰にでも似合う靴という点も人気の一つとなっています。


おすすめの靴:ROCKPOORT スリッポン トゥルーウォークゼロ ツー ローファー

[ロックポート] スリッポン トゥルーウォークゼロ ツー ローファー メンズ ブラック US 7W(25 cm)
  • 通気性が抜群なので蒸れの心配がなく快適に過ごせます
  • 軽量なので長い時間履いていても疲れにくく履き心地がとてもいい
  • 耐久性が高く傷みにくく丈夫なので、安心して履いていただけます

ロックポートの最大の特徴を活かした、定番コレクションDRESSPORTSの見た目には分からないテクノロジーを起用したデッキシューズスリッポン。

上質なレザーアッパーにラバー・EVA・TPUの3つの構造のアウトソールを融合させているので、安全性が高く快適さ抜群のハイブリットローファーになっています。見た目のおしゃれなデザインと機能性にこだわった上質な一品。

使用時期が多い夏場に使うとかなり活躍してくれるアイテム。滑りにくく丈夫な作りから海や湖に行く予定が多い男性におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:レザー
  • カラー:ネイビー・トープ・ブラック

おすすめブランド10. Cole Haan(コールハーン)

バック・ウェア・小物からライフスタイルブランドとして幅広く取り扱うコールハーン。元々はアメリカントラッドの代表ブランドとして知名度を誇っていました。

デッキシューズは、良質な革製品を使用したカジュアルで高級感が溢れるデザインのものが魅力的です。


おすすめの靴:ColeHaan ゼログランド キャンプ モック ドライバー

履き心地を追求したデッキシューズ

出典:zozo.jp

  • 超軽量で快適な履き心地になっているため、長時間履いていても疲れにくい
  • つま先とかかとの強度が高めになっていて傷みにくいのでいつまでも長持ちさせることができます

カラーソールのブームを作り出した有名モデル・ルナグランドのコールハーンより、シンプルで上品なデッキシューズです。

デザインからは上質なレザーの質感がしっかりと伝わってくる、大人らしい装いになっています。滑らず安定感のあるEVA素材アウトソールに、気を配られたラバーがしっかりと地面にグリップ力を発揮してくれます。

機能性含め、カジュアルで上品な仕上がりになっているので、普段派手めなファッションをしている方には一味違ったおしゃれを楽しんでいただけます。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • 素材:レザー・牛革
  • カラー:ピンク

おすすめブランド11. BALLY(バリー)

パリジェンヌの靴に魅了されたことから、創業者のカール・フランツ・バリーがシューズ製品の開発をスタートさせ誕生したスイスのブランドがバリー。

今現在はモダンなドレスシューズや、スポーティーなスニーカーまで幅広く取り扱っており、世界に人気のあるブランドとなっています。

デッキシューズでは、カジュアルテイストなアンティーク感なデザインのものが多く、高級感にも溢れています。


おすすめの靴:BALLY デッキシューズ BA-098

  • ソールに厚みがあるので足の負担を軽減してくれるため快適に履いていただけます
  • グリップ力抜群なので雨の日でも滑らず活用できて便利
  • 丸みの帯びた細すぎないつま先になっているため、つま先が痛くならずゆったりとした履き心地で過ごせます

色鮮やかでアンティーク感のあるバリーの特徴をよく活かした、シューレースがクラシカルなルックスをしたデッキシューズとなります。

創業以来の絶対的なクオリティーの高さを誇り、カーフとストライプキャンバスを融合させた良質のデザイン。きめ細やかな銀面が高級感を漂わせ、シンプルかつ上品でスタイリッシュなシューズとなりました。

デニムやチノパンとの相性が良いので、普段からカジュアルなファッションをしている男性にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:カーフ
  • カラー: RADICA(ブラウン×レッド×ホワイト)

おすすめブランド12. CONVERSE(コンバース)

世界中で愛さずにはいられない親しみやすいアメリカブランドのコンバース。誰もが一度は見たことがある最も代表的なオールスターがトレードマークのスニーカーが有名ですね。

デッキシューズには、特徴を良く活かしたオールスターが入っているデザインや、スニーカーに似せたデッキシューズなど、コンバースならではの工夫がされています。


おすすめの靴:CONVERSE スキッドグリップ マリンシー

  • 丈夫で扱いやすくなっているので気負なく履いていただけます
  • ヘリンボーンパターンをラバーソールに採用しているのでグリップ力が優れどんな道でも安定して歩ける
  • お値段が安いので、初めてデッキシューズを購入する人におすすめ

見た目もコンバースらしい軽快な仕上がりで、トップレースの通したシューレースは、コーデのアクセントになるはず。

素足に合わせれば、爽快感のあるカジュアルなスタイルとして楽しんでいただけます。

春夏に活躍させるなら裾が短いパンツとの相性が良いので、普段パンツスタイルが多い方には新しいファッションを取り入れられるのでおすすめのシューズです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:キャンバス
  • カラー:ホワイト

デッキシューズの正しいお手入れ方法とは?

デッキシューズは買った後もお手入れをする事で長く愛用していただけます。しかし、ただ洗えばいいだけという問題ではありません。

デッキシューズが痛まず安全で長持ちするお手入れ方法がきちんとありますよ。

それぞれメイン素材によってお手入れの方法が異なるので、正しいお手入れ方法をきちんと理解しましょう。


キャンバス/人工皮革素材のデッキシューズのお手入れ法

キャンバスの場合は洗って乾かすだけが最もおすすめのお手入れ方法となります。

手順としては、クリーナーもしくは中性洗剤で洗っていただき、すすぎは石鹸成分を残さず清水でしっかりと行ってください。

洗い終わったら、陰干しで乾燥させていただければ大丈夫。この時シューキーパー・丸めた新聞紙などを入れていただくと、型崩れを防ぐことが出来るのでおすすめです。

また、デッキシューズのご使用前には防水スプレーをかけておくと汚れにくく、お手入れの手間も掛からず楽に出来ますよ。


天然皮革素材(表皮)を用いたデッキシューズのお手入れ方法

天然皮革(表皮)の場合は、スムースレーザー・フルグレインレーザーなど表面がつるっとした所のお手入れになります。

洗わず、汚れは柔らかい布で拭き取ってくださいね。海水で濡れた場合と街履きの場合には塩抜きのため、清水ですすぐかクリーナーで汚れを落とします。

また、皮革には保湿が必要なので、靴用のクリーム・ミンクオイルなどを布やブラシで均等に塗っていただけると、革をしっかりと長持ちさせれますよ。

乾燥は新聞やシューキーパーなどを入れて陰干しで行なってください。


天然皮革素材(起毛革)を用いたデッキシューズのお手入れ方法

天然皮革(起毛皮)の場合は、スウェードやヌバック起毛した天然皮革のお手入れになります。軽い汚れや毛が潰れてテカリのある場合は真鍮ブラシなど専用のブラシでブラッシングを行なってください。

汚れがひどい時は、起毛革に適したクリーナーで汚れを落としましょう。

乾燥方法は、新聞紙・シューキーパーなどを入れて乾燥をしないように陰干ししてくださいね。

また、起毛革専用の保護剤を使用して革の製品補給と防水効果を高め保湿すると汚れにくく、長持ちするのでおすすめです。


デッキシューズと合わせて買いたい「靴下」3選

基本は素足で履くと言われているデッキシューズ。しかしサンダルと違って開放感がなく、足が密封されているので臭いや蒸れなどの心配もあり素足で履くのに抵抗を持っている方も多いはず。

そんな方には、デッキシューズと合わせて買いたいおすすめのメンズ靴下をご紹介します。


おすすめ靴下1. Tabio MEN 浅履き無縫製カバー

靴が脱げにくくなる浅めのフットカバー

出典:zozo.jp

  • カラーバリエーションが豊富なので靴や自分の好みに合わせて楽しくセレクトできます
  • 縫い目のごろつきがなく無縫製なので肌へのストレスを感じず快適に過ごせます
  • 脱げにくいように工夫されているのでスポーツなどのシーンでも安心して履いていただけます

飽きのこない素材・今を感じさせるデザインモチーフとして設立当初から手作り感覚にこだわり抜いたTabioから販売されている浅履き靴下。

編み地がタック編みになっている足の甲部分、横方向には伸びやすく縦方向には伸びにくいため足に心地よくフィットし、常に快適に履いていただける靴下となっています。

素足に見せながらデッキシューズでおしゃれを楽しみたい方に、特におすすめの浅履きソックスですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 素材:綿52%・アクリル28%・ナイロン19%・ポリウレタン1%
  • カラー:ブラック・オフホワイト・ダークグレー・杢グレー・ベージュ・ライトグリーン・グリーン・ネイビー・ブルー・ローズ・レッド・オレンジ

おすすめ靴下2. FALKE 'STEP' ローファーソックス

履き心地に拘って作ったフットカバー

出典:zozo.jp

  • 左右非対称のデザインでも間違えないようつま先にRとLのマークが入っているので急いでいる時でも簡単に素早く履いていただけます
  • カラーがシンプルなのでどの靴のデザインにも合わせやすい

紳士ソックスやパンティーストッキングに定評があり、素材・素材開発にこだわり続けるドイツのメーカーFALKEのローファーソックスになります。

スポーツライン・カジュアルライン・ビジネスラインを幅広く展開しているファルケですが、その中でもこの商品はスポーツラインに着手したこだわり抜いた履きやすいソックスとなっています。

足の形とつま先の形に合わせた左右非対称のデザインにすることによって、より履きやすくフィット感も抜群。普段から活発に動く方や、歩き回る時間が長い方にはストレスを感じず快適に履いていただけます。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 素材:綿92%・ナイロン6%・ポリウレタン2%
  • カラー:ネイビー・グレー

おすすめ靴下3. ラコステ 足底パイルフットカバー

脱げにくいデザインのフットカバー

出典:zozo.jp

  • 脱げにくいソックス仕立てで作られているので活発に動いても長い時間履ける
  • ラコステならではのマークが入っているので靴を抜いだ時でもアクセントになりおしゃれを楽しんでいただけます
  • ラコステのブランド価格を考えたら比較的安いので質のいいソックスを一束持っておくには気軽に買いやすいです

スポーティで高品質なポロシャツやトレーナーを幅広く提供しているフランスブランドのラコステより、シンプルでおしゃれなフィットカバーソックスが販売されています。

デッキシューズだけでなく、ローファーなどローカットシューズと合わせても素足のように見せてくれる使い勝手のいいソックスですよ。

ストレッチテープを採用した脱げにくいオリジナルシステムの他、肌触りがとてもいい薄パイル仕立てになっているので履いている時の着用感が抜群。

まるで履いていないような感覚で、肌に敏感な人や靴下にこだわりがある方にもストレスフリーで快適に使っていただけるソックスです。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 素材:綿・ポリウレタン
  • カラー:ネイビー・ブラック・グレー

お気に入りのデッキシューズでお出かけを楽しもう!

初めてデッキシューズを履く人は、どんな靴を選んでいいかわからなくて困ってしまうかもしれませんが、ブランドごとにこだわっている機能性の特徴の違い・デザイン性の違いなどしっかりと把握すれば、自分に合った魅力的なシューズは見つかります。

紹介したデッキシューズを参考に、自分に合った履きやすい、おしゃれなファッションのコーディネートとして楽しめる素敵なシューズを見つけましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事