スマホ向きイヤホンのおすすめ13選。有線&無線の高音質機種をGET!

「スマホで音楽を聞いている時に電話がかかってきた。」そんな時、イヤホンがマイクやスイッチに対応しておらず、スマホを都度取り出す人もいるはず。そこで今回は、手軽に通話に出れるスマホユーザーにおすすめの人気イヤホンをご紹介。有線からBluetooth無線まで、参考にしてみて!

通話にも便利!スマホユーザーにおすすめのイヤホンとは

スマホアプリの盗聴器発見器

携帯型音楽プレイヤーに代わりスマホがその役割を担うようになり、スマホ用のイヤホンが各種販売されるようになりました。しかし、iPhoneのイヤホンジャック廃止により、有線に代わりワイヤレスのイヤホンが普及しつつあります。通勤・通学、ランニングなどのトレーニングのお供に音楽は欠かせません。

今回は、トレンドのスポーツ仕様のワイヤレスタイプからカジュアルに使える格安品まで、各種のスマホ用イヤホンをご紹介します。お気に入りの1つをこの機会に手に入れてみてください。


スマホユーザー向けイヤホンのタイプは主に2種類ある。

ランニングなど何かをしながらちょっと音楽を聴きたいとき、もしくは通勤・通学時などに、音楽を聴くためにイヤホンを使う人は非常に多いはず。しかし、身体を動かすようなアクティブなシーンでは、有線タイプのイヤホンでは邪魔になってしまうことも多々あります。そんなとき便利なのが無線タイプのイヤホンです。各自の環境や利用の仕方で最適なタイプのイヤホンが違ってきます。


有線タイプのイヤホンのメリット&デメリット

有線タイプのイヤホンのメリットは、適性なコード長であれば音質が安定しているという点です。ゲームや動画編集など、音質にこだわる人は、有線タイプを好んで使っています。音質が良い一方で、コードの物理的な特性と日本人ユーザーが多いiPhoneに関することがデメリットとしてあげられるでしょう。

有線のコードは絡まったり、内部の断線が起こることがあるため、取り扱いには注意が必要です。また、iPhoneの7以降のモデルはイヤホンジャックが廃止されたため、有線のイヤホンを使う場合は変換ケーブルが必要になるなど、面倒な部分も。Androidユーザーであれば問題ありませんが、iPhoneを使っている方は、コードの有無について考えておきましょう。


無線タイプのイヤホンのメリット&デメリット

無線タイプのイヤホンのメリットとデメリットは、有線タイプと相反する機種になります。有線ではデメリットとなる物理的な扱いづらさとは無縁になり、イヤホンジャック未搭載のiPhoneユーザーは余計なアダプタを購入する必要がありません。

無線タイプは使用に際しても耳にかけるだけで済み、多くの人がすぐに使えるという利便性の高さが最大の利点です。反対にデメリットとしては、有線のイヤホンに比べて音の再現性が劣るところになります。


スマホユーザー向けイヤホン選びで大切なこと

おすすめのイヤホンを見ていく前に、まずはスマホユーザー向けイヤホン選びで大切なポイントについて確認していきましょう。スマホ向けのイヤホン選びは、

  1. 通話
  2. 無線 or 有線
  3. iPhone or Android対応か
  4. リモコン
  5. 音質

の5点を確認しておくことが大切です。ここからは5つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 通話

スマホはもともと通信端末なので、音楽を聴いている時に電話がかかってくることもあります。そんな時、いったんイヤホンの接続を切って電話に出るのが面倒という方には、通話用マイクつきのスマホ用のイヤホンを購入するのがおすすめです。通話用マイクの位置は様々で、リモコンで通話の切替ができるイヤホンもあります。

よくスマホを使って通話する方は、マイク付きかどうかしっかりと確認しておきましょう。


2. 無線 or 有線

スマホ用のイヤホンにはワイヤレスの無線タイプと旧来型の有線タイプがありますが、使用環境によってどちらが良いかが決まってくるでしょう。エクササイズ時や通勤・通学時の車内など、コードの取り回しや扱いが面倒なときは無線タイプを、静かな環境で個人的に音楽を楽しみたいといった向きには、有線タイプのスマホ用のイヤホンがおすすめです。


3. iPhone or Android対応か

有線タイプのスマホ用イヤホンはスマホに差し込んで使いますが、Android用のイヤホンはミニプラグ、iPhone用はライトニング端子と、スマホの種類によってイヤホンの差し込みプラグの形状が異なっています。購入を検討しているスマホ用イヤホンはiPhone用なのかAndroid用なのか、事前に確認するようにしましょう。


4. リモコン

スマホ用イヤホンの中には、音量調節など、わざわざスマホを取り出して操作しなくて済むようなリモコンつきの製品があります。カバンやポケットにスマホを入れたまま、リモコン操作のみで制御できるのはとても便利です。イヤホンによってリモコン操作できる機能は様々ですが、リモコンつきの安価なイヤホンも多く販売されています。特にリモコン機能が必要ない方は、その分安い価格で購入できる機種を選ぶと良いでしょう。


5. 音質

音質にこだわるなら有線タイプのイヤホンが安定した音を出せるのでおすすめです。ハイレゾ対応のスマホを持っているなら、イヤホンもハイレゾ対応のものにすれば申し分ないでしょう。

また、周囲の雑音を打ち消してくれるノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンなら、音楽を聴く環境の影響をあまり受けずにいい音が楽しめることでしょう。


通話・音楽でも使える。スマホユーザー向けイヤホンのおすすめ13選

簡単に電話に出れるスマホユーザーにおすすめのイヤホン

イヤホンの選び方について確認したところで、ここから、スマホ向けのおすすめイヤホンの5機種ご紹介します。音楽好きの方に人気の有線タイプのイヤホンを5つ、誰にでも使いやすいワイヤレスイヤホンを5つ、3,000円以下で気軽に購入できる安価なイヤホンを3つ、合計13点の人気のイヤホンをニーズ別に選んでみました。お気に入りのイヤホンをここで見つけてみてください。


高音質がウリ。スマホ向けのおすすめ有線イヤホン5選

最近はワイヤレスイヤホンが流行っていますが、有線タイプは安定した音質の良さで根強い人気があります。絡まりにくい仕様のコードを採用した有線のイヤホンも出ていますので、音楽好きなら迷わず有線タイプをまずはチェックしてみてください。ここから、おすすめの有線イヤホンを5モデル解説します。


1. ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバーMDR-XB55

ソニー SONY イヤホン 重低音モデル MDR-XB55 :...

耳への密着度を高めた構造で、重低音のグルーブ感ある音の再生に優れています。重低音でも音割れしにくく、メリハリある音が楽しめます。比較的安価で重低音にこだわりたいという人におすすめ。小型のイヤホンなので耳奥まで装着でき、遮音性も高く快適に音楽が聴けます。

ケーブルは表面を細かい溝に加工しているので、摩擦しにくく、非常にからみにくい設計に。カラーは耳穴に露出する部分はメタリック調で、他はマットでクールな色味の5色を揃えています。ひとつだけ欠点をあげるとするなら、周囲の音が聞こえにくく音楽への没入感が高く楽しめる分、歩行中など周囲に注意が必要な場には不適応な点です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約8g(コードは含みません)
  • ケーブルの長さ:約1.2m リッツ線Y型
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

2. ゼンハイザー イヤーモニター IE 80 S

ゼンハイザー カナル型イヤホン 耳かけ式/低音域調整機能 【国...

ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーで、その製品はプロの現場でよく使用されています。IE 80 Sは各所から好評を博したIE80を改良した新モデルで、プロ御用達のメーカーらしく、自分好みにカスタマイズできる機能を搭載。ドライバの周波数特性を変更できるほか、ハウジング部のネジで音質も調整可能です。

イヤホンとケーブルは脱着可能で、オプションのマイクつきリモコンケーブルに変更もできます。右のイヤホンコネクターには赤いストレインリリーフを採用し、左右の判別も簡単です。防水対応ではないですが耐久性もあり、2年間の長期保証で安心して使えます。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約18 g
  • ケーブルの長さ:1.2m(Y型- 脱着可能)
  • マイク:✕ (別売)
  • リモコン: ✕ (別売)
  • 防水:✕

3. ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX155

ソニー SONY イヤホン MDR-EX155 : カナル型 ...

ユーザーからコスパの高さが評価されている有線のカナル型イヤホンです。中高音の外部流出を抑える、音漏れに配慮した設計。異なる硬度のシリコンを組み合わせたイヤーピースを使い、音質劣化を防ぐと同時に耳へのフィット感も向上させています。さらに4つのサイズのイヤーピースが付属しており、自分の耳に最適な大きさが選べ、長時間装用でも快適に使えるのもいいところ。

ソニー独特のからみにくいセレーションケーブルにケーブルスライダーを使用し、収納時のからまりも防止してくれます。カラフルでポップな10色から気に入ったカラーを選べます。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約3g
  • ケーブルの長さ:約1.2m リッツ線Y型
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

【参考記事】イヤーピースにこだわれば快適な音楽ライフを楽しめる


4. ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX255

ソニー SONY イヤホン MDR-EX255 : カナル型 ...

軽量で安い価格が魅力的な有線のカナル型イヤホンです。音漏れで特に気になる中高音の外部流出を抑えた設計。12mmのドライバーユニット採用で、深みのある高音質が味わえます。異なる硬度のシリコンを組み合わせたイヤーピースを使い、音質劣化を防ぐと同時に耳へのフィット感も向上させています。

4つのサイズのイヤーピースが付属しており、自分の耳に最適な大きさが選べるので、長時間装用でも快適に使えるのもいいところ。ソニー独特のからみにくいセレーションケーブルにケーブルスライダーを使用し、収納時のからまりも防止してくれます。光沢が抑えめなメタリックカラーが5色揃っています。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約3g
  • ケーブルの長さ:約1.2m リッツ線Y型
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

5. JVCケンウッド インナーイヤーヘッドホン HA-FX14

JVC ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラウン)JVC H...

音響機器で伝統あるJVCのイヤホンの新商品です。価格の安いエントリーモデルながら、ネオジウムマグネットのドライバーユニットを使用しているため、迫力の重低音やクリアな中高音が楽しめます。イヤーピースは若年層や小柄な人も使いやすいXSとS、Mの3種類が付属しています。

コードの色とマッチする落ち着いたメタリックカラーのヘッドが印象的。ポップなカラーから大人向きのシックなカラーまで8色の中から好みの色を選べます。マグネット式の機構なので外観が若干大きめですが、音が良く屋外で使用するより家で落ちついて音楽を楽しむといった使い方をする人もいます。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約3.7g
  • ケーブルの長さ:1.2m(Y型)
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

線が邪魔にならない。スマホユーザーにおすすめのワイヤレスイヤホン5選

最近はワイヤレス技術が進化し、音楽をコードレスイヤホンで聴くのが一般的になってきました。特に、iPhoneのイヤホンジャック廃止により、その傾向がますます強まってきています。次に、誰でも気軽に使えるワイヤレスタイプのイヤホンを見ていきましょう。スポーツマン向けの防水・防滴仕様のイヤホンもご紹介します。


6. ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ...

アクティブなシーンで重宝するスポーツタイプのワイヤレスイヤホンの最新モデル。ノンケーブルの左右独立型の防水スポーツタイプのイヤホンとして、2018年1月時点で、デジタルノイズキャンセリング機能を世界で初めて搭載。アクティブなスポーツシーンでもトレーニングに集中できます。

屋外での活動に最適なIPX4防水仕様に。汗などに耐えられるため、スポーツやランニングに取り組む方におすすめです。イヤホンケースが充電装置と兼務しており、最大2回分の充電が可能です。新開発のアークサポーターにより、激しい運動や態勢をとっても外れにくい。高音質なフォーマットのAACに対応し音質は良いものの、動画では遅延が発生することもあるようです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約7.6g
  • 連続再生時間:最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
  • 連続通話時間:最大3.5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:✕
  • 防水:◯
  • 充電方法:USB充電(ケース使用)

【参考記事】ヘッドセットのおすすめを種類別にご紹介


7. JVCケンウッド ワイヤレスステレオヘッドセット HA-FX27BT

JVC HA-FX27BT ワイヤレスイヤホン Bluetoo...

両方のイヤホンをケーブルでつないだ左右一体タイプで、格安なのになかなか多機能な“使える“イヤホンです。音量調節から電源ON/OFFまで各種の制御ができる3ボタンのリモコンを搭載。リモコンには通話用マイクも搭載されており、不意の着信でもあわてません。

小型・軽量設計によりイヤホンの重さを感じさせない快適なリスニングを楽しめます。バッテリー内蔵で4.5時間の再生も可能で、ネオジウムマグネット機構の高音質ドライバーユニットにより、低音から中高音までバランスよく再現。屋外使用に便利な防滴仕様で、アウトドアやトレーニングにも使えます。カラーはポップな4色展開です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約11g
  • 連続再生時間:連続約4.5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯
  • 充電方法:USB

8. ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ...

先ほど紹介したソニーのスポーツタイプのワイヤレスイヤホン【6. WF-SP700N】の旧モデルです。専用アプリで外部音のモード切替やサウンド効果のカスタマイズができます。スマホの加速度センサーを利用し、ユーザーの動作に合わせてノイズキャンセリングや外部音の取り込みモードを自動切替し、操作の手間がかかりません。

イヤホン搭載のボタンで各種操作や制御をしたり、着信を受けて終話することも可能です。イヤホンのボタン操作とマイクで話しかければ、iPhoneのSiriやGoogleアプリのようなスマホの音声アシスタント機能と連携もできます。充電は専用ケースにて2回分行え、取り出せば自動的に電源ONになり使うのも簡単です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約6.8g
  • 連続再生時間:最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
  • 連続通話時間:最大3.5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:✕
  • 防水: ✕
  • 充電方法:USB充電(ケース使用)

9. ボーズ SoundSport Free wireless headphones

Bose SoundSport Free wireless h...

ボーズ初のケーブルレスのワイヤレスイヤホンということで注目度の高い製品です。音量にあわせてイコライザーが最適な音質に最適化し、音量に関わらずクリアで迫力あるサウンドが楽しめます。イヤホンは軽量で、快適な装着感と外れにくさにこだわり、円錐形のノズルと独自形状のウィングで耳にやさしく安定してフィットします。

スポーツ仕様の設計で、屋外やアウトドアでの利用に便利な防滴機能も備わっているほか、万一イヤホンを紛失しても専用アプリで落とした場所を探すことも可能です。付属ケースは充電機能も兼務し、2回分の充電や15分の急速充電機能も備わっています。米国メーカーらしく、イヤホンの大きさ自体は若干大き目です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • サイズ:25×32×30mm
  • 本体重量:18g
  • 連続再生時間:最大5時間
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯
  • 充電方法:USB

10. EARIN M-2

EARIN M-2 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth...

スウェーデンの人気オーディオメーカー、EARIN製の超軽量・超小型のイヤホンです。高音質のコーデックのapt-xとAACに対応しています。左右のイヤホンに2個ずつマイクを搭載しており、通話時に周囲の環境音を抑えてくれ通話相手の声が聴きやすい。イヤホンにはタッチセンサー機能もあり、何回かタップしたり長押しすることで各種の操作が可能です。

本体は風切り音の低減や、ノイズを高いレベルでカットするデザインで、人の耳の形状にフィットするように設計されています。イヤホン装着で内蔵センサーが働き、左右を自動検出するので、イヤホンの左右を気にせず使えます。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • サイズ:14.5×21×17.2mm
  • 本体重量:3.6g
  • 連続再生時間:4時間(フル充電時)
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:✕
  • 充電方法:USB

安いのに高音質。3,000円以下のおすすめイヤホン3選

最後に、3000円以下で手に入る安いイヤホンを紹介します。負担のかかりにくい軽いイヤホンや、とにかく安いワイヤレスイヤホン、有線イヤホンの激安品まで、手頃な価格で気軽に使える各種のイヤホンを合計3点紹介しています。


11. オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ATH-CKF77

audio-technica GLAMORCY カナル型イヤホ...

イヤホンの重量が約2.5gととにかく軽く、おしゃれなデザインの有線イヤホンです。他の製品にくらべ非常に軽く、装着するとその軽さに驚くことでしょう。デザインも3000円以下の安いイヤホンと思えないほど、おしゃれで高級感があります。

メタリックなふち取りのデザインが印象的な単色のほか、迷彩やアニマル柄、ポップでビビッドなカラーまで揃っているので、自分にあったものが選べるはず。コードも表裏で色を替えており、とても凝っています。音にこだわりのあるオーディオメーカーらしく、キレのある重低音が楽しめる機構を施し、音楽ファンの期待を裏切りません。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約2.5g
  • ケーブルの長さ:1.0m(Y型)
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

12. JVCケンウッド ワイヤレスステレオヘッドセット HA-EB7BT

JVC HA-EB7BT ワイヤレスイヤホン Bluetoot...

3000円を切る格安なワイヤレスイヤホンになります。対応コーディックはBluetooth標準のSBCで、かつ防滴仕様なのでトレーニングやアウトドア用にちょっとワイヤレスイヤホンを試してみたいという方におすすめです。

左右一体タイプでハンズフリー通話にも対応し、バッテリー内蔵で電池の持続時間も4.5時間とそこそこ持ちます。オーディオメーカーのJVCらしく、高磁力のネオジウムドライバーユニットを搭載し、音質の高さも確保しています。3ボタン式のリモコンつきで、スマホを取り出さなくても簡単な操作が可能です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約12g
  • マイク:◯
  • リモコン:◯
  • 防水:◯

13. パナソニック ステレオインサイドホン RP-HJE150

パナソニック カナル型イヤホン レッド RP-HJE150-R

とにかく安いスマホ用イヤホンが欲しい人におすすめの人気のベストセラー商品です。ユーザーからも「安くて丈夫で値段の割に音も良く、日常使いに良い。廃盤にしないで欲しい。」と評価の高いロングセラー商品でもあります。ただ、安価なイヤホンによく見られるようにイヤーピースのサイズが小さ目なので、大柄な男性には不向きです。

カジュアルに使える小型で軽量のイヤホンで、ポップなキャンディーカラーのほか、大人向きの落ち着いた色味もあります。ノイズキャンセリングには非対応です。未使用時はからみ防止スライダーを上げて保管すれば、コードもからまりにくいです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 本体重量:約3g
  • ケーブルの長さ:約1.2m
  • マイク:✕
  • リモコン:✕
  • 防水:✕

スマホ使用に最適な高音質イヤホンを手に入れよう!

スマホ用のイヤホンは手頃な価格の有線タイプのほか、iPhoneでイヤホンジャックが廃止されたことを受けてワイヤレスのイヤホンが各種販売されています。完全コードレスのスポーツ仕様の高級イヤホンや、あらゆるシーンに使える左右一体型、通話可能なマイクつきタイプ、iPhoneのSiriやGoogleアプリのようなスマホの音声アシスタントと連携するイヤホンなどです。音楽を携帯するという利便性だけでなく、ウェアラブルツールとしての可能性を持つスマホ用イヤホンはこれから注目されるアイテムとなることでしょう。

【参考記事】邪魔な線から解放された充実した音楽ライフを▽

【参考記事】時代は片耳。高音質な人気イヤホンを厳選しました▽

【参考記事】最強はどれ?おすすめの高音質イヤホンをご紹介▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事