2017.02.01

大事なものこそ長く愛用したい。腕時計の手入れの仕方&正しい保管方法

貴方は大切な時計を毎日拭いたり、手入れをしたりしていますか?高級腕時計でも手入れをしないと壊れたり、ステンレスも錆びたりします。そこで今記事では、腕時計を一生使える宝物にするために、手入れの仕方&正しい保管方法をまとめました。

腕時計は“手入れ次第”でいつまでも使用できる

腕時計の手入れの仕方

社会人の必需品とも言える「腕時計」。男のステータスを具現化するアイテムとしても言われ、世の男性を魅了してやまな代物です。そんな大事な腕時計だからこそ、長く愛用したいところ。そこで今回は、毎日簡単に取り組める腕時計の正しい手入れ方法をご紹介します。

 

そもそも毎日拭くのは当たり前

腕時計は毎日拭くようにする

一日時計を付けると汗や皮脂などの汚れがつきます。柔らかい布やセーム皮で拭きましょう。ガラス縁の部分は、柔らかい歯ブラシで 優しく擦るのがおすすめ。まずはとにかく拭いて表面の汚れを取り除きましょう。

 

汗と脂が大敵

汗や脂を拭き取らずに放置してしまうと成分が乾燥し、ステンレスは腐食してしまいます。そのため、夏場はこまめに拭くようにしましょう。細かい隙間の汚れは、爪楊枝の先で軽く擦ると傷付けること無く簡単に落とせるのでぜひお試しください。

 

何もしないとステンレスも錆びる

ステンレスでもほっておくと錆びつく

ステンレススチールは、クロムという成分が酸素から時計を守り酸化を防いでいます。しかし、汗や脂などの汚れが付着しているとクロムの効果が薄れるため、腕時計は錆る原因となってしまうのです。

 

意外と知らないやってはいけない保管の仕方

やってはいけない腕時計の保管方法

テレビ やスピーカーなどの電磁波を発生させる場所はムーブメントに影響するので避けましょう。湿気やホコリの少ない清潔な場所を選んで保管します。この他にも

  • 飲み物の近く
  • スマートフォンや電化製品のそば
  • 机の端
  • 日の当たる場所

このような場所で時計を置くこともやめましょう。パソコンやスマホを使う際も、なるべく近くに置かないのが◎。微弱電波ながら時計内に蓄積されてしまい、ムーブメントに影響を及ぼしてしまいます。

 

まとめ

腕時計の正しいメンテナンス方法

正しい手入れ・管理を行えば、安い腕時計でも長く愛用できます。もちろん逆も然り、どんなに高く高機能の腕時計でも、手入れを間違えてしまうと壊れる原因に。正しい手入れ方法をしっかりマスターして、長く使い込んであげましょうね。

【参考記事】男の格を上げてくれる高貴な一本をセレクトしてみて▽

【参考記事】予算10万円以内で購入できるおしゃれなビジネスウォッチを集約!▽

【参考記事】恋人と揃えて持ちたいデザインウォッチをピックアップ▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事