2016.02.21

ただ履いているだけではダメ?知っておきたいブーツの種類&豆知識

秋冬シーズンに重宝するシューズと言えば「ブーツ」。今回は、そんなブーツの種類や意外と知られていない豆知識をご紹介します。デザイン性で選ぶのも良いですが、しっかり適正を見極めて貴方にぴったりの1足をセレクトしてくださいね!

ブーツの種類を知って、場面で履き分けれる男に。

ブーツの種類

かっこいいブーツを持っているのも大切ですが、おしゃれ上級者は、ブーツの種類まで把握しています。そこで今回は、そんなブーツにこだわる男性のエッセンスやブーツの基礎知識についてご紹介。しっかりとマスターして、足元からおしゃれな男性を目指してくださいね。

では、ブーツの種類7つをご覧ください。

 

ブーツの種類1. ワークブーツ

労働者の作業用ブーツとして作られたシューズの総称で、エンジニアブーツ(技師)やペコスブーツ(農作業者)を指す事あります。

販売サイトで購入

 

2. エンジニアブーツ

エンジニアブーツとは、労働者(エンジニア)が作業時に履く安全靴です。頑丈な作りでかつ作業しやすい安全靴の役割をしてくれるように作られています。主につま先の方に鉄板が入っています。

販売サイトで購入

 

3. ペコスブーツ

ペコスブーツとは、カウボーイ達が着用していたウェスタンブーツを日常生活の基盤である農業に適するように変化させたブーツです。ヒールがあるブーツと・ないブーツの2種類に分かれます。ヒールが無いブーツをクレープソールタイプと呼びます。

販売サイトで購入

 

4. トレッキングブーツ

トレッキングブーツとは、登山用のブーツのこと。一般的にアウトドアブーツ(アウトドアでの使用を目的としたブーツ)というとトレッキングブーツを指すことが多いです。

販売サイトで購入

 

5. カントリーブーツ

カントリーブーツとは、もともと英国の紳士達が狩りやハイキングをするときに履くブーツでした。そのためヒールが高くなく靴底がゴム製のものが多いです。Tricker’sがカントリーブーツでは有名です。

販売サイトで購入

 

6. サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは別名チェルシーブーツともいい、もともとロンドンのチェルシー地区に住んでいた芸術家が履いていたブーツです。サイドに伸縮性のあるエラスティックゴアを施したブーツで、着脱が非常に簡単です。J.M.WESTONやCrockett & Jonesなどが代表的なブランドです。

販売サイトで購入

 

7. チャッカブーツ

チャッカブーツは20世紀前半まで紳士靴として履かれていましたが最近ではカジュアルなファッションにも取り入れられています。チャッカブーツで最も有名なブランドがALDENです!値段は張りますが、100年以上受け継がれてきた製法から作られるブーツは超一級品です!

販売サイトで購入

 

まとめ

ブーツの種類と豆知識をお届けしました。本当におしゃれを楽しんでいる男性は、ただデザイン性の良いブーツを履いている訳ではないんですね。しっかり種類を理解して、シーンやコーデに応じた1足をセレクトしてくださいね!

【参考記事】種類を把握した後は、おすすめのメンズブーツをチェックしてみて▽

【参考記事】ブーツにも引けを取らない、人気ブランドのスニーカーを厳選▽

【参考記事】シューズドライヤーがあれば、いつでも靴を清潔に保てますよ▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事