2015.04.25

日本人が海外モデルのコーディネートを真似てはいけない驚きの理由

ファッションセンスを磨くのって難しいですよね。お店だとかっこ良く見えた服も、手持ちの服と合わせたらチグハグだったり。オシャレな人って、こういうミスがないんです。じゃあ、オシャレな人は一体何を意識しているんでしょうか?それには欧米人のコーデを参考にすると、意外な答えが見えてきました。

服を買う時、ファッション雑誌を参考にする方も多いのではないでしょうか。

その雑誌でモデルをしているのは、日本人じゃない海外のモデルさんであることも多いですね。
しかし、そのファッション誌に載っているコーディネートをそのまま合わせても、実は私たちに似合わないことが多いのです。

今回はその理由をお伝えしたいと思います。

 

本当に大切なコトは「ドレス要素とカジュアル要素のバランス」

まず一番大事なことを教えます。

メンズファッションを構築する上で最も重要な要素はなんでしょうか。

それはドレス要素とカジュアル要素のバランスです。

【ドレスなコーディネートとはスーツやテーラードジャケットや、スラックスのこと。】

【カジュアルなコーディネートとはパーカーやスウェットパンツのことです。】

 

100%ドレスだと「スーツ」になり、ビジネスやパーティーに合う服装になります。

同じく、100%カジュアルだと「部屋着」や「パジャマ」になり、リラックスしたい場に合う服装になります。

 

この両者のバランスをとった、中間に位置するのが「街着」なのです。

カッチリとし過ぎず、またそれでいてルーズ過ぎず。

 

自分に合ったドレスとカジュアルの最適なバランスを見つけることが男性ファッションにおけるオシャレを成り立たせる肝なのです。

 

「日本人」にとっての最適なバランス

そしてその「最適なバランス」とは日本人においては「若干ドレス寄り」です。

日本人とは異なり、欧米人はカジュアルとドレスの中間を着こなすことが多いです。

日本人が欧米と同様にカジュアルとドレスの中間を狙う様に着こなしても、日本人の童顔・胴長・短足体型ではどうしても子供っぽくなってしまいます。

欧米人は顔や体型がドレス寄りなのでドレス対カジュアルが50:50くらいで美しく見えるのですが

私たち日本人は70:30くらいじゃないと子どもっぽい印象が拭えないわけです。

 

欧米人が載っているファッション雑誌を参考に服を買っても、なかなかうまくいかないのはこういった理由です。

日本人でも、目鼻立ちのホリが深いような顔がドレス寄りの人は、欧米人のファッションをそのまま真似ても似合うんですけどね。

 

まとめ

童顔で、胴長短足の日本人の特性をカバーするという意味で、ドレス寄りのスタイル作りを心がけるということは非常に重要なメンズファッションを構築する上で軸となる考え方です。

そのために、欧米人のファッションは参考にすれど鵜呑みにしすぎないことが大切です。

みなさんのファッションセンスを磨く、一助になれば幸いです。

お気に入り

注目の記事

関連する記事