2017.09.22

彼女を虜にする香水。メンズ人気おすすめフレグランス“17選”

香り高い香水で、魅力的なメンズになりませんか?10代高校生や20代大学生、30代男性、40代紳士にもおすすめな2017年を代表するフレグランスを女性が17個セレクトしてご紹介。ブルガリなどの人気のブランドが生み出した“彼女を虜にする香水”で、雰囲気からモテる男に。

香り一つで男の印象は決まる。

メンズ香水

”香り=その人のイメージ”になる、と言っても過言ではありません。エチケットの一つとして香水を使うという意図もありますが、どうせ付けるなら女性の脳裏に焼きつく香りや、ビジネスでも好感度アップになる香りを身にまといたいもの。洗練された香水を見つけたい貴方に、“彼女を虜にする”17個の選りすぐりのフレグランスを【初心者向け/上級者向け】の2本立てでご紹介。記事最後では「正しい香水の付け方」まで徹底レクチャーします。香水をつけ始める10代の高校生や20代の大学生、30代の男性、40代の紳士まで、香水を制覇したいならこれを見ておけば間違いなし!

 

【初心者向け】

香水をあまり使ったことがない方へ。まず持ってみて欲しいフレグランス13個。

GUCCI (グッチ)

ブランドの人気はあまりに高く、財布にバッグと全身グッチで固める強者も。世界中から愛されている一流ブランドの1つです。

 

1.「ビジネスで第一印象アップ」ブラックギルティオム

ほのかな甘さとセクシーな香りが特徴のブラックギルティプールオム。ボトルから「洗練された大人の男」の貫禄を感じます。強すぎない香りで、20代30代男性のビジネスシーンでも多く使われています。

販売サイトで購入

 

2.「甘さ×セクシー」ギルティプールオム

ブラックギルティオムと比べて香りの持続が長いフレグランスです。プライベートやデートで身に付けたいセクシーな男の香りが特徴です。出会いの場にもぴったり。飲み会や合コンの時につければ第一印象アップです。

販売サイトで購入

 

CHANEL (シャネル)

「古い価値観にとらわれない女性像」がポリシーのブランドです。洋服だけでなくコスメ、フレグランスにかけては高級ブランドの中でも長い歴史を持っています。

 

3.「フレッシュ×ほのかな甘さ」アリュールオムスポーツ

「彼氏に使って欲しい香水NO.1」と豪語する女性もいるほどアリュールオムスポーツの香りは女性の心を鷲掴みにする香りです。元々スポーツ後に使うコンセプトで作られた香水で汗のにおいと混ざってさらに良い香りに引き立ててくれるでしょう。よく運動をする人、汗をかきやすい人にイチオシの香水です。

販売サイトで購入

 

4.「男も女も魅了」エゴイスト プラチナム

女性も愛用している方が多いプラチナムエゴイスト。シンプルなボトルデザインからシャネル独特の不動の高級感を感じます。また、GACKTさんが愛用していることでも有名。共演した方が「(GACKTさんは)良いにおいがした」と老若男女問わずささやいているそうですよ。

販売サイトで購入

 

Calvin Klein (カルバンクライン)

メンズアンダーウェアで定評となっているカルヴァンクライン。機能的でシンプルなデザインが特徴的です。

 

5.「甘め×親近感で好感度アップ」エタニティフォーメン

ロングセラーのエタニティ。一度使ったら他のものになかなか変えられないという人が続出しています。香水ビギナーの人におすすめの一品です。さわやかで上品な香りが親近感を感じさせます。

販売サイトで購入

 

6.「安定×癒しで女性の記憶に残りやすい」CK-One

シトラスの香りで安定感のあるCK-one。抱きついた時に男性の首元から香ったらそのまま顔をうずめたくなりますね。こちらもロングセラーで多くの女性のハートを射止めてきた香りです。

販売サイトで購入

 

BVLGARI (ブルガリ)

ジュエリー、時計で不動の人気を誇るブルガリ。本格的に香水業界に進出し始めたのは1990年代以降といわれていますが、香水の種類はとても豊富です。

 

7.「できる男の香り」ブルガリアクアプールオム

スパイシーな香りが特徴のアクアプールオム。巷で「できる男、良い男」の香りと噂されています。一言で表現するならば「憧れの先輩・上司」というイメージ。「もっとできる男」を目指して、一度試してみてはいかがでしょうか?

販売サイトで購入

 

8.「気品をアピール」プールオム

透明感を感じさせるボトルデザインなプールオム。メンズ香水業界で不動の人気を誇ります。香水で失敗したくないという人にとって鉄板の一本。清潔感とほんのりとした甘さが女性を魅了します。一度この香りを嗅げば、無条件に「上品でセンスのある人」と認識されます。センスと気品を身にまといましょう。

販売サイトで購入

 

GIVENCHY (ジバンシィ)

オードリー・ヘップバーンの衣装を手がけたことで有名なジバンシィ。メンズもレディースも色合いはダークでゴシックテイストなデザインが特徴です。

 

9.「自由×不動のモテる香り」ウルトラマリン

ジバンシィーの中最も日本で売れた香水と言われているウルトラマリン。EXILEのHIROさんも長年愛用しているとか。ウルトラマリンのイメージは「自然と自由を謳歌する男性」。自由で奔放な男性の香りに女心がくすぐられます。

販売サイトで購入

 

10.「知的×紳士の風格」ジェントルマン

名前のごとく知的で紳士な風格を漂わせるジェントルマン。コンセプトは「真の紳士が持つ、究極のエレガンス」。デート中紳士の香りを身にまとって女性をリードしてあげて下さいね。

販売サイトで購入

 

DOLCE & GABBANA (ドルチェ & ガッバーナ)

セクシーさと伝統的なスタイルで大人の色気を感じさせるドルチェ&ガッバーナ。サッカーイタリア代表のスーツのデザインを手がける世界的な高級ブランドです。

 

11.「爽やかさ×ピュア」ライトブルー

地中海をモチーフにしたボトルデザインのライトブルー。爽やかでピュアな香りに優しさを感じます。多くの女性を虜にしてしまうこと間違いなし。ここぞというシーンで使って。

販売サイトで購入

 

12.「自信×カリスマ」ザ ワン フォーメン

パーティーや夜のシーンで多く用いられるザ ワン。カリスマ性を感じさせる個性的な香りで大人数のパーティーでも女性の記憶に強く残るでしょう。普段さっぱりめの香水を使っている人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

販売サイトで購入

 

HERMES(エルメス)

ラグジュアリーでエレガント…HERMES(エルメス)のブランド力は他の追随を許しません。妥協のないもの作りの姿勢は、香水にも表れています。

 

13.「エレガント×華やか」ナイルの庭

ナイル川の庭園をイメージして作られた香水。フルーツを思わせる女性的でやわらかな香りがします。高級で上品で、甘すぎないエレガントさも魅力。@Cosme香水ランキングでメンズ部門第1位であったこともある男性香水界で殿堂入り間違いなしの人気香水です。20代30代40代と、世代を選ばず付けられます。

販売サイトで購入

 

【上級者向け】

有名どころの香水をある程度使ってみた方へ。遊び心のあるワンンランク上のラグジュアリーな香りをご紹介します。

TOMFORD (トムフォード)

アメリカのラグジュアリーブランド、トムフォード。ハリウッドスターから世界のセレブたちに圧倒的人気を誇るブランドです。ブランドコンセプトは「力強く、タフで、そしてセクシー」。

 

14.「ラグジュアリー×爽やかさ」プライベートネロリポルトフィーノ

トムフォードの高級ライン、プライベートブレンドで人気No.1のネロリポートフィーノ。イタリアの澄んだ海を連想させるアズールブルーのボトルデザインが、高級感を感じさせます。

販売サイトで購入

 

15.「都会の洗練された男」の香りフォーメンオードトワレ

メンズ香水 tomford


同じく、トムフォードのメンズ用オードトワレ。創業者トムフォードを反映させた、上品で洗練された都会の男性像が思い浮かぶ香りです。少し非日常感を感じさせる香りに女性もうっとり。ドレスコード時のデートやパーティーシーンにぴったりな一品です。

販売サイトで購入


 

ISSEY MIYAKE (イッセイミヤケ)

スティーブ・ジョブスのトレードマークである黒色タートルネックで更に知名度があがったイッセイミヤケ。機能的なデザインと快適な着心地は着る人に安心感を与えてくれます。

 

16.「優しさ×官能的」ロードイッセイ

水をイメージしたボトルデザインのロードイッセイ。最初は優しさを感じさせる香りですが徐々に官能的でセクシーな香りに移り変わっていきます。部屋に飾ってもセンスが際立って男部屋に品を与えてくれます。

販売サイトで購入

 

Byredo (バレード)

スウェーデン発の香水ブランド、バレード。一切妥協のない原料選び、調合にクラフトマンシップを感じます。  

17.「使う人を選ぶ」ジプシーウォーター

柑橘系のさっぱりした香りとバニラの甘さが引き立つジプシーウォーター。香水を付ける位置(首元、うなじ、お腹)や体温によって日によって香り方が変わります。爽やかに香る日もあれば甘さが全面に出ている日もあるとか。まさに使う人を選ぶ香水です。

販売サイトで購入


【参考記事】バレードの香水は、貴方をワンランク上の男へと格上げしてくれますよ▽

 

香水の付けすぎは逆効果

メンズ香水

レディース向けの香水はファッションの一環として誕生しました。香りを纏う美しい女性はイメージが浮かびますよね。しかしメンズ用の香水は、元々体臭予防や汗の臭い対策として生まれたと言われています。つまり、香水の匂いがプンプンしている男は、周りから(特に女性から)見れば逆に“クサイ”のです。モテる男はいい匂いがするって言うじゃないか!と思われる方には悲報ですが「香水を付ける=いい匂いがする男性」という訳ではありません。

【参考記事】正しい付け方で女性を香りでも魅了してみて▽

 

多くの男性が正しいと勘違いしている“間違った”香水の付け方

香水の付け方

手首と首筋に香水を何プッシュもして、匂いを塗りつけるように擦り合わせていませんか?これこそ、多くの男性が正しいと勘違いしている“間違った”香水の付け方です。そもそも手首や首筋に香水を付けるのは、体温の高い部分にフレグランスを付けることで匂いを強くするためです。つまり、少量でも高い体温の部分に付ければ強烈に強い匂いを発するのです。そこに何プッシュもしたら、もはや異臭レベルに。香水を付けたが故に生理的に無理な男に認定されても文句は言えません。また擦り合わせる仕草は、香水の成分を傷付けます。擦り合わせるようにフレグランスを塗ると、香りが長続きしないのです。

 

では、男性の正しい香水(フレグランス)の付け方とは

香水 付け方 場所

フレグランスを付ける場所は腰回り、もしくは足首辺りの目立ちにくい部分で、付ける適量はワンプッシュ程度。男性の香水はあくまでふわりと匂いを感じるレベルがベストです。自分が匂いを感じるレベルは付けすぎ。自分では匂いを感じないレベルが素敵です。先ほど述べたように、擦らずにさらっと付けましょう。面倒なら、空気中にワンプッシュして香水の中をくぐる程度でも良いでしょう。とにかく、付けすぎないことを重要視しましょう。もしもたくさん付けて自分でもいい香りを感じたいなら、そもそも匂いが女子ウケするレディース用の香水を使うと良いでしょう。

【参考記事】正しく香水を身にまとって、色気のある男に▽

 

目的に合わせて“香り”を使い分ける男に。

自分のキャラクターに合う香水は見つかりましたか?ビジネスでもプライベートでも自分をどんな男性だと印象づけたいのか、好きな女性にどうアピールしていきたいのか、目的に合わせてフレグランスを使い分けてくださいね。

【参考記事】香水ではなくボディクリームで匂いを演出してみるのもアリ▽

【参考記事】いい男は、ニオイ対策にも気を抜きません▽

【参考記事】香水を有効活用して、生活に豊かな香りを取り入れてみて▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事