ソイルのおすすめ13選|選び方のポイントも解説!

おすすめのソイルをお探しの方へ。本記事では、ソイルの選び方&比較方法、人気商品まで大公開!ぜひチェックしてくださいね。

水槽の基本「ソイル」って何?

ソイルのおすすめ

ソイルとは、アクアリウム用に土を高温で焼いて粒状に加工して固めたもので、水槽の底に敷く底材のこと。

通常の土とは違って焼き固めているので水中の中でも形が崩れたり、泥が舞ったりすることはありません。

ソイルを使うことで、

  • 水草が育ちやすくなる
  • 生体に害のある物質を吸着し、水の状態を良く保ってくれる

など、様々なメリットがあるので、アクアリウムを立ち上げるならぜひ使ってほしいアイテム。

また、一般的なソイルの場合、寿命は半年~1年くらいとされています。

栄養がなくなったり、形状が崩れたりしてきたら寿命と考え交換したり、新しいソイルを追加してあげましょう。


ソイルの選び方|購入する前に確認すべき点とは

アクアリウムの水草の成長や水質を安定させるのに欠かせないのが「ソイル」

ソイルと言っても、様々な種類のソイルが販売されているので、何を買ったらいいのか分からないという方も多いでしょう。

そこでここからは、ソイルの選び方について3つのポイントを押さえながら解説していきます。

購入前に必ずチェックして、目的や生体に合ったソイルを選んでみてくださいね。


ソイルの選び方1. 目的に合った種類で選ぶ

ソイルを使う場合、自分のアクアリウムでどのような効果を発揮してほしいのかによって使用する種類が異なります。

一般的に、ソイルには

  • 吸着系
  • 栄養系
  • セラミック系

に分けられ、それぞれ得られる効果が異なります。

ここでは、この3種類のソイルを使うとどのような効果が得られるのか詳しく解説していきます。

自分のアクアリウムに足りない効果を補うためにも、目的に合ったソイルを探してみましょう。


シュリンプやメダカの飼育なら吸着系

吸着系ソイルとは、生体にとって害となる水中のアンモニアや亜硝酸などの有害物質を吸着してくれるソイルのこと

特に水質の変化を嫌う魚やシュリンプを飼っている水槽におすすめです。

水槽立ち上げ直後は、特に水質が不安定になり生体へのトラブルも多くなりがちで、初心者には難関と言えるポイント。

そこで、他のタイプよりも吸着に特化している吸着系ソイルを入れてみましょう。

汚れや有害物質を吸着し水槽の立ち上げ直後から水質が安定しやすくなりますよ。


水草を育成したいなら栄養系

栄養系ソイルには、有機物が豊富に含まれる黒土を原料としたものが多いので、水草の育成に必要な栄養素がたっぷり含まれているのが特徴。

水草は、砂などの底材では根が張りにくく育ちづらいですが、ソイルなら根も張りやすく比較的簡単に水草を育成することができます。

水草が多く生い茂るおしゃれなレイアウトにしたい場合、栄養系ソイルを使うと良いでしょう。

ただし、栄養が豊富なため苔やバクテリアが発生しやすく初心者にとってコントロールするのがなかなか難しいのがデメリット。


コスパ重視ならセラミック系

セラミック系ソイルは、かなりの硬さまで焼き固められているため、形崩れがしにくく水の浄化作用効果も高いです。

一方で、肥料を含んでいないため、水草の育成を目的としたアクアリウムというよりも生体メインで水質を維持したい場合に使用するのがおすすめ。

また、他のソイルは半年~1年と寿命がありますが、セラミック系ソイルは洗うことができ長期間使えるので、コストを抑えることが可能

水質を弱酸性にするものや、アルカリ性にするものなど色々と種類があるので、飼育する生体に合わせて購入するようにしましょう。


ソイルの選び方2. 生体との相性で変わる形状で選ぶ

ソイルを選ぶ時には、粒の大きさも重要なポイント。

最初はどんな形状のソイルを選んでいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

粒の大きさは

  • ノーマルタイプ
  • パウダータイプ

の順に小さくなり、通水性や水草の根の張りやすさなどに影響してきます。

ここからは一般的なノーマルタイプ、さらに粒が細かいパウダータイプに分けて、2種類のソイルの特徴を詳しく解説していきます。

メーカーによっても粒の大きさが変わるので、自分のアクアリウムに合ったソイルを見つけてみてくださいね。


安くて通気性抜群のノーマルタイプ

丸い粒状で、一般的に多く販売されているのがノーマルタイプ。

粒が大きいため通気性抜群でコケが生えにくく形崩れしにくいのが特徴です。

パウダータイプと比較しても、ノーマルタイプの方が価格も安いのでコスパが気になる方にもぴったり。

吸着系のノーマルタイプを使用するとさらに水質を安定させることが可能で、初心者にも使いやすいのでおすすめですよ。


水草が植えやすいパウダータイプ

パウダータイプは粒が小さいため、草丈が低めの水草でも植えやすく抜けにくいのが特徴です。

水草が育ちやすいので、水草をメインにしたレイアウトにしたいという方におすすめ。

ただし、ノーマルタイプと比較すると粒が小さいことで通水性がイマイチ。

そのため、底にコケが生えやすいのでノーマルタイプを下に敷いておくと通水性もよくなりますよ。

メーカーによっては、ス―パーパウダータイプも販売されているので、好みに合わせて選んでみましょう。


ソイルの選び方3. 生体に合わせたソイルのpHで選ぶ

ソイルには、水質を弱酸性に傾けるものとアルカリ性へと傾けるものがあります。

一般的に水草は弱酸性、メダカは弱酸性~中性、グッピーや海水魚などは弱アルカリ性を好みます。

このように生体によって、合うpHが異なるので、飼っている生体に合わせてソイルを選ぶことが重要

水質が生体に合っていない状態だと生体へ負荷がかかり、全滅してしまうこともあるので注意が必要です。

さらに、販売されている多くのソイルは中性~弱酸性に傾けるものがほとんど。

アルカリ性を好む生体の場合、ソイルの表記をしっかり確認してから購入しましょう。


ソイルのおすすめ13選

ここからは数多くのソイルの中から厳選した、おすすめのソイルを紹介していきます。

ぜひ自分のアクアリウムに合った1つを見つけてみてくださいね。


1.ジュン (JUN) プラチナソイル パウダー ブラック

ジュン (JUN) プラチナソイル パウダー ブラック 8リットル
おすすめポイント
  • 8kgで1,500円台と価格も安いので、コスパが高く、試しやすい
  • ブラック以外にブラウンもあるので、アクアリウムをおしゃれにレイアウトできる
  • 水槽立ち上げ後、すぐにクリアな水になるので、初心者でも使いやすい

流木の色素・コケの原因のリン酸など生体の害となる物質を天然ソイルの力で吸着してくれます。

また、水草や生体に最適な弱酸性の軟水の環境を長期間保つことができ、コケの発生も少なく扱いやすいですよ。

パウダータイプなので、水草の根が抜けにくく水草の育成にもGOOD。

水質の改善と水草の育成の両方ができるソイルなので、初心者の方にも使いやすいでしょう。

どんなソイルを使っていいのか迷っているアクアリウムビギナーの方には、1つのソイルで色んな役目を果たしてくれるこの商品がおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:1. 6~3mm
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:8kg

2. ジェックス メダカの天然ろ過ソイル

ジェックス メダカ水景 メダカの天然ろ過ソイル 2.5L
おすすめポイント
  • メダカ飼育初心者でもすぐにメダカに適した水質に変えることができるので便利
  • バクテリアがろ過してくれるので、フィルターがない水槽でも綺麗な水を保てる
  • 黒色のソイルなので、メダカの綺麗な色が際立ちやすい

生きたバクテリアを配合しているため、メダカのフンや食べ残しの餌など底にたまった汚れや沈殿物をすばやく分解してくれる優れもの

「メダカの天然ろ過ソイル」は、天然黒ボク土を使用しているため、分解酵素を素早く吸着し透き通った水を立ち上げることが可能です。

メダカの飼育に適した中性~弱酸性に水質を安定させてくれるので、難しいpHのコントロールをしなくてOK。

メダカが好む水質になるので、メダカメインでアクアリウムを立ち上げたい方におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:1~3mm
  • 対応pH:中性~弱酸性
  • 内容量:2.5kg

3. ジェックス メダカソイル

ジェックス メダカ水景 メダカソイル1kg 中性~弱酸性(粒サイズ2-4mm)
おすすめポイント
  • ろ過装置が必要なので、ビギナーでコストをかけたくない方にもおすすめ
  • 粒が大きくないので、メダカの産卵草の育成にもGOOD。
  • 1kgと他の商品と比較しても量が少ないので、小さな水槽の方でも手に取りやすい

「メダカソイル」は、日本のメダカが本来育ってきた環境に近づけるために作られたメダカ専用の大人気ソイル。

常にメダカに適した水質を維持してくれるので、メダカを初めて飼う方にも安心して使えるのがポイントです。

さらに、ソイルの中に竹炭が配合されているので、フィルターを使わなくても水質が維持できますよ。

ただし、勢いよく水槽に入れてしまうと黒い土が舞ってしまうので、水槽立ち上げ時はゆっくりと慎重に入れるようにしましょう。

ろ過装置が必要ないため、鉢などフィルターのないおしゃれな水槽でメダカを飼ってみたい方は、使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:2〜4mm
  • 対応pH:中性~弱酸性
  • 内容量:1kg

4. アクアシステム プロジェクトソイル

アクアシステム プロジェクトソイル 2KG
おすすめポイント
  • 粒が硬めなので、立ち上げ直後もソイルが舞い上がらず水が濁らない
  • 水質を安定させる力が強いので、pHが大きくブレることがなく使いやすい
  • 希少ミネラルが配合されているので、ろ過バクテリアが活性しやすく透き通った水を保ってくれる

アルミニウムと炭素のダブルイオンの強力な吸着効果のおかげで、生体が好むpH6.7±0.2の弱酸性の軟水を長期間維持してくれます。

また、表面の小さな凸凹が水の濁りとなる原因を素早くキャッチ。

超多孔質構造により通水性が抜群で、ソイルにバクテリアが定着しやすく、綺麗な水質を保ってくれますよ。

立ち上げ直後でも水が濁らず生体に適した弱酸性を長期間保てるので、生体メインで育成したい方におすすめのソイルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:2kg

5. 寿工芸 ドクターソイル

寿工芸 ドクターソイル 8kg
おすすめポイント
  • 水洗い不要なので、すぐに水槽を立ち上げることができて便利
  • 底面フィルターと併用するとろ過能力がさらにアップし、長期間透き通った水を維持できる
  • 寿命は1年と長く使えるので、コスパが良い

水質維持・改善効果が高いと人気のソイル

他のソイルと比較しても特に多孔質で吸着・ろ過効果に優れているため、水質調整や大量の水換えの必要がないのが嬉しいですね。

水質が安定しやすいため、やや繊細な熱帯魚やシュリンプにも使用することが可能ですよ。

頻繁に大量の水替えや水質のコントロールをしなくて済むので、

「アクアリウムのお手入れをできるだけ簡単に済ませたい!」

と思っている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:8kg

6. アクアシステム ソイル

アクアシステム プロジェクトソイル プレミアム 2KG
おすすめポイント
  • 生体や水草の育成に必要なものが揃った高機能ソイル
  • ソイルのカラーがナチュラルブラウンなので明るい水槽を演出できる
  • 他のソイルよりも価格は高めだけれど、圧倒的な吸着力でいつも水が綺麗

ろ過材としての効果が高いソイル

pHの急激な変動もないので、生体にストレスを与えず育成できるのがポイントです。

さらに、表面の凸凹により吸着力が強く、流木のアクや水の汚れになる物質を綺麗に吸い取ってしまうので、いつも綺麗な水を保てます。

カラーはナチュラルブラウンなのでブラックよりも水槽の中が明るく映え、おしゃれなアクアリウムが作れるでしょう。

しっかりろ過して水質を一定に保ちたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:2kg

7. ジェックス ピュアソイル ブラック 4972547025166

ジェックス ピュアソイル ブラック 2kg 2キログラム (x 1)
おすすめポイント
  • 複雑な水質管理が必要ないため、アクアリウム初心者でも使いやすい
  • コケの発生を抑えてくれるので、透明感のある綺麗な水が続く
  • 他のソイルよりも値段が安いので、試しやすい

こちらのソイルは水洗い不要。

すぐに水槽を立ち上げることが可能です。

ゆっくりと水槽に入れれば透明感のある綺麗な水へと水質調整してくれ、しばらくしてもコケも付かず透き通った水が続いてくれますよ。

また、天然土を無菌の状態で加熱処理する特殊製法により、粒状の底砂が潰れにくいので長期使用も問題なし。

水質は中性を保ち、自然の水質調整機能で魚やシュリンプ、水草に優しい環境作りが可能です。

他のソイルと比較しても価格が安いので、まずはソイルがどのようなものか試してみたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:中性
  • 内容量:2kg

8. アクアシステム プロジェクトソイル プレミアム 5.2

アクアシステム プロジェクトソイル プレミアム 5.2 2KG
おすすめポイント
  • 扱いは難しいが、水質を安定した酸性に傾けることができる
  • 日本の水では飼うことができなかった魚や水草を飼育できる
  • 酸性のソイルなのにバクテリアが増えやすく、綺麗な水質維持が期待できると人気

pHを5.2±0.4に調整し長期にわたり安定維持してくれるソイルです。

日本の水道水では飼育が困難な酸性を好む魚種、水草に理想的な水質が作れます。

一般的に、酸性の水ではバクテリアが繁殖しにくい環境ですが、多孔質のソイルのためバクテリアが定着しやすいのが特徴。

そのため、他の酸性に傾けるソイル製品と比較しても多くのバクテリアが繁殖し、フンや汚れを素早く分解してくれ、綺麗な飼育水を維持してくれますよ。

ワイルドディスカスなど酸性でしか育成できない魚や水草を飼いたいという方にこそおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:酸性
  • 内容量:2kg

9. サクラドットコム 紅蜂ブラックソイル

サクラドットコム(sakura.com) シュリンプ ブラックソイル フルボ スーパーパウダー(1粒1mm以下) 3L
おすすめポイント
  • フルボ酸効果で、シュリンプの繁殖や稚エビの成長が促進されやすくなる
  • 汚れをしっかり吸い取ってくれて立ち上げ直後から水が濁らないので使いやすい
  • スーパーパウダータイプなので、ノーマルタイプでは根が張りにくい水草でも育成しやすい

シュリンプや多くの水草が育つのに適した弱酸性の水質を維持してくれるソイルです。

抗酸化作用や抗菌作用、成長促進作用があるとされているフルボ酸が配合されているので、シュリンプの繁殖を促進してくれます。

ブラックソイルにより、水草の緑やシュリンプの様々な色が映えてより綺麗に映り、おしゃれに決まりますね。

また、粒が細かいスーパーパウダータイプなので、丈の短めな水草でも抜けにくく、育ちやすいですよ。

繊細なシュリンプに適した水質を保つことができるので、シュリンプや水草をメインでレイアウトしたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:1mm以下
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:3kg

10. マーフィド 水質調整底床 コントロソイル

マーフィード 水質調整底床 コントロソイル 3L
おすすめポイント
  • 吸着力が強いため不純物を吸い取り、高い透明度を維持してくれる
  • 粒が硬めなので、崩れにくく、長期間使用することができるのでコスパも良い
  • 特殊粒構造により水草の根まで酸素が含まれた水を送り届けることができるので、水草の育成にもGOOD

なんと3kgかなり安いのが魅力的なソイル。

天然の土壌から作られた「コントロソイル」は、熱帯淡水魚が好む弱酸性、軟水を維持し、水草からシュリンプまで幅広い生体で使用することができます。

粒が硬めなので水槽立ち上げ時に崩れることもなく、使いやすいのも嬉しいポイントですね。

価格が安いのに品質レベルも高いので、水槽の水質調整に悩んでいる方は一度使用してみてほしいソイルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:吸着
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:3kg

11. スドー メダカの焼茶玉土

スドー メダカの焼茶玉土 2.5L
おすすめポイント
  • セラミック系ソイルなので寿命が長く、長期間使える
  • メダカが好む水質に調整してくれるので、複雑なコントロールも必要なし
  • 明るい茶色のカラーがメダカの水槽をおしゃれに演出してくれる

明るめの茶色で色合いが良く水槽がおしゃれに映えるのがポイント

メダカの飼育や繁殖を目的に作られているメダカ専用の底床材なので、メダカの適した水質に水質を調整してくれます。

また、セラミック系ソイルなので汚れても洗うことが可能。

そのため、ほぼ永久的に使用することができ、コスパも良いです。

メダカを飼育したいけど、「半年に1回ソイルを入れ替えるのが面倒かも…」と感じている人におすすめのソイルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:セラミック
  • 粒の大きさ:1〜3mm
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:2.5kg

12. ジェックス 水草一番サンド 4kg

ジェックス 水草一番サンド4kg
おすすめポイント
  • 栄養系ソイルですが、吸着力もありアクや汚れをしっかりキャッチ
  • 「水草育てるなら、これ一択!」と口コミでも大人気
  • 水草が必要な栄養分が詰まっているので、元気がなかった水草も元気に成長できる

水草が成長するのに必要な養分をたっぷり配合しているので、水草がぐんぐんと成長していきます。

栄養分が多く含まれているソイルは崩れやすいのが特徴ですが、こちらは硬めに作られているので崩れにくいのが嬉しいポイント。

フィルターがない睡蓮鉢にも使えるので、おしゃれに水草レイアウトを楽しめますね。

水草への栄養が豊富なソイルなので、水草が生い茂るような水草メインのレイアウトにしたい方におすすめのソイルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:栄養
  • 粒の大きさ:2〜4mm
  • 対応pH:ー
  • 内容量:4kg

13. リベラソイル

リベラソイル 3リットル
おすすめポイント
  • アンモニアの溶出も少ないので、他の生体に影響が少なくて済む
  • 粒が重めなので、水草の植え込みがしやすく、根が抜けにくい
  • 水草が栄養をゆっくり吸収していくので、寿命が他の栄養系ソイルよりも長いのがGOOD

手軽に水草を育てて楽しめるように開発された水草用ソイルです。

良質な100%国産のソイルをブレンドし、水草の成長に必要な窒素成分や微量元素などを豊富に含んでいるのが特徴。

また、保肥性に優れているので、水草が根から栄養分を効率よく穏やかに吸収し、水草が長期間元気に育ちます。

粒に重さがあるので、パウダー状のソイルを使用しなくても丈の短い水草の植え込みもできますよ。

栄養系のソイルの中でも寿命が長いので、コスパ良く水草を育ててみたい方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品タイプ:栄養
  • 粒の大きさ:ー
  • 対応pH:弱酸性
  • 内容量:3kg

目的に合わせて最適なソイルを買って、アクアリウムを充実させよう!

水草や魚、シュリンプなどが元気に育つ環境作りに役立つ「ソイル」

コントロールが難しい水質維持や改善を手軽に行えるので、水槽の水質問題で悩んでいる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

水草メインのものから、生体メイン用のソイルなど、目的によって多種多様なソイルが販売されています。

どんなソイルがいいのか迷っている方も、本記事で紹介した選び方を参考に、自分のアクアリウムに最適なソイルを選んでみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事