ペアーズは顔写真なしでも出会える?|顔を隠すメリット/デメリットを解説

ペアーズは顔写真なしでも出会える?|顔を隠すメリット/デメリットを解説

大人気マッチングアプリ「ペアーズ」。顔写真を載せるのが当たり前ですが、顔写真なしでも出会えるのか気になりますよね。身バレしたくない、ネットに写真をアップしたくない、など様々な理由から顔写真を載せない会員も多いです。顔写真なしのメリットとデメリットなどをご紹介します。

ペアーズは顔写真がなくても、マッチングはできる。

マッチングアプリ『ペアーズ』を使いたいけど、顔が分かる写真を載せたくない、そんな方も多いと思います。

実際のところ、ペアーズは顔写真がなくてもマッチングして会えます。

顔写真がある方がマッチング率は高くなりますが、無くても載せる写真やプロフィールの工夫次第で出会いは探せますよ。


ペアーズで顔写真を載せないで使うメリット/デメリット

ペアーズで顔写真を載せないとどのような影響があるのか、実際に使った体験談から導き出した、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット・デメリットを確認して顔写真を載せるか載せないか判断してみてください。


顔写真を載せないメリット

  • 知り合いがいても身バレしない
  • 写真を悪用される心配がない
  • 見た目だけで判断されない

大きなメリットとしては、知り合いが使っていてもバレないことでしょう。

またルックスだけで判断されたくない人が敢えて写真を載せずにプロフィールで判断してもらえるメリットもあります。


顔写真を載せないデメリット

ペアーズは検索結果に写真が大きく表示されるので、写真が大きな判断材料になります。なので、写真を載せないデメリットは出会いに直結するものばかりです。

  • マッチング率が下がったりいいね数が減る
  • 業者やサクラだと勘違いされる
  • 写真リクエストが多くなり鬱陶しい

写真がないと見られる確率が下がるので、必然的にマッチング率やもらういいね数も減ります。


ペアーズは顔を隠してもマッチングする!顔写真以外の写真ランキング

顔写真なしだとメリットもデメリットもありますが、顔写真がなくてもペアーズは使えますしマッチングすることが分かりました。

そこでここでは、顔写真に変わるおすすめ写真ランキングをご紹介。

顔写真なしでもマッチングできる構図の写真使って賢く出会いを探しましょう。


第1位:後ろ姿や横顔など正面以外からの写真を使う

後ろ姿や横顔など正面以外からの写真を使う

ペアーズで、顔が分からない写真を使う会員で最も多いのが、横顔や後ろ姿の写真です。

顔はわからないですが、雰囲気やスタイル、服装が分かるので、顔写真を載せていないダメージを最小限に抑えられます

顔が分からないものの、なんとなく表情が推測できる写真となっているので、顔写真を載せたくない場合は、横顔や正面以外の写真を使うのがおすすめです。


第2位:きれいな景色や美味しそうな料理の写真を使う

きれいな景色や美味しそうな料理の写真を使う

顔写真を載せなくても、ハマっていることや趣味の写真を使うのもおすすめです。

旅行好きなら景色や観光地の写真、グルメ好きなら好きなお店の料理など、見ていて話の話題になりそうな写真も顔写真に変わる写真を載せることで、マッチング後の会話や会ったときのトークネタになりやすいので、おすすめです。


第3位:犬や猫など動物の写真を代わりに使う

犬や猫など動物の写真を代わりに使う

犬や猫の写真はそれだけで目に留まる一枚になります。

一緒に写っている写真が理想ですが、顔バレしたくない場合はペットの写真でもないよりはマシです。

動物の写真を載せることで動物好きをアピールできますし、動物に優しい=正確が優しい人というイメージも与えられるので、おすすめの画像です。


第4位:写真全体に軽くぼかしを入れる

写真全体に軽くぼかしを入れる

顔を出さないデメリットは嫌だけど、顔写真を載せたくない。そんな人は加工アプリで画像全体をぼかして載せるのもおすすめです。

全く分からないくらいぼかすと意味がないですが、輪郭が分かる程度のぼかしを入れた写真を使っている会員は結構居ます。

ただし、スタンプや絵文字などで顔の一部を隠すような画像はあまりおすすめできません。

出会い系の業者やサクラのような画像になり、あまりいいイメージを持たれないので、いいねが来づらくなります。

顔を隠すなら、全体的にぼかし様な写真のほうがマシでしょう。


顔写真なしでペアーズのプロフィール写真例

ペット単体でもいいけど、犬や猫を抱き抱えている写真の方がリアリティがある。


インスタ映えするようなかわいいスイーツや、美味しそうな料理の写真も高評価。


後ろ姿だけよりも、景色を背景にした写真に写り込んだ後ろ姿のほうが自然で高評価。


ぼかすなら上記写真くらいがおすすめ。あまりぼかしすぎてもサクラや業者と勘違いされる可能性があります。


顔写真なしでもペアーズでマッチングを増やすためのテクニック

ペアーズでは顔写真が無くてもマッチングして出会うことができますが、顔写真なしよりも若干不利になります。

そこで、顔写真がないマイナスを補ってマッチングを増やすためのテクニックをご紹介します。

ペアーズを顔写真なしで使いたい方は、是非ここで紹介するテクニックを使ってみてください。


① 自己紹介やプロフィールを丁寧に書く、充実させる

ペアーズの場合、写真で相手に趣味や価値観を伝えられるのは、だいぶ優位に立てますが、写真を使わない場合はその代わりに自己紹介やプロフィールをしっかりと作らないといけません。

相手に自分のことを知ってもらうにはプロフィール項目の充実だけでなく、自己紹介文も丁寧に細かく書くことで、写真で伝えられない内容を伝えるようにしましょう。


② 顔が写ってなくても雰囲気が分かる写真を載せる

「第1位:後ろ姿や横顔など正面以外からの写真を使う」でも紹介したように、正面の写真じゃなくても、横や斜め、後ろからの写真など、何かしら姿が写っている写真を使うことをおすすめします

全く本人が写ってない写真ばかりよりも、一枚でも何かしらの姿が写った写真があるだけで、顔写真を載せなくてもかなりデメリットを抑えてマッチング率を上げることができますよ。


③ つぶやきに「写真はマッチング後に送ります」と書いておく

ペアーズは検索結果一覧でメイン写真と一緒に表示される「つぶやき」欄があります。

この欄に“写真はマッチング後に送ります”などと書いておくことで、写真がないことでスルーされることをある程度防げます

「写真は後で見れるから、先にプロフィールを見ておこう」と言う気持ちにもなれるので、より相性が良い人とマッチングできる可能性も高まりますよ。


④ サブ写真を5〜7枚にして充実させる

メイン写真だけでなく、サブ写真も趣味や価値観を表現できる写真を使うことで、回邪神がないマイナス部分を補足できます。

サブ写真は通常3〜5枚程度が望ましいですが、顔写真を載せないなら、ちょっとだけ多めに5枚以上は載せておきましょう

自分の趣味の写真、手料理の写真、飼ってるペットの写真などがおすすめです。


でも結局、ペアーズは顔写真がある方が、出会いやすい。

ここまで、顔写真がなくてもマッチングできること、顔写真がなくてもマッチングを増やす方法などを解説してきました。

でもやっぱり、顔写真を載せればこれらの面倒な写真選びやプロフィール作成をやらなくてもいいねが増えたり、マッチング率が上がります。

なるべく顔写真を載せるほうが楽だし簡単なので、下記の記事を参考に顔写真を載せることも検討してみて。

【参考記事】▽

【参考記事】▽


ペアーズは工夫次第で素顔を見せなくても活動できる。

ペアーズは会員数が多いので、顔写真を出していないで活動している人も結構います。

なので顔写真を出さなかったところで、他のマッチングアプリよりは不利になりにくいです。

それでも顔写真を出したほうがマッチング率は上がるので、顔写真なしで活動してみて、 あまりいい出会いがないなら顔写真を使うことも検討してみましょう。

よく一緒に読まれる記事