【女性向け】ペアーズのプロフィール写真例|メイン/サブ写真のポイントを解説

【女性向け】ペアーズのプロフィール写真例|メイン/サブ写真のポイントを解説

ペアーズでいいねをもらうためにはプロフィール写真の設定が必須です。しかも載せる写真でいいね数が変わるので、写真選びは重要なポイントです。そこで今回は、ペアーズを使う女性に向けて、写真を選ぶときのポイントやおすすめの写真例、写真を載せたくないときの対処法をご紹介します。

女性にとって、ペアーズのプロフィール写真はどれくらい重要?

ペアーズの女性会員は、男性よりも数が少ないのでいいねが集まりやすく、比較的写真にこだわらなくてもそこそこモテます

しかしもっと良い人、イケメンやハイスペックと出会うためには、プロフィール写真の載せ方選び方がかなり重要になります。

そこでこの記事では、いいねが倍増する写真選びをメインとサブに分けて解説します!


【重要】1枚だけじゃダメ。サブ写真も必ず設定する

ペアーズの女性会員を見ていると、写真を1枚だけ設定している会員がかなり居ます。

しかし良い人と出会うには、サブ写真を活用して自分をアピールする事がかなり大事です。

メインだけだと人となりの理解が進まずに、いいねをするかどうか迷う男性が増えます。

サブ写真で、違った一面を見せることで興味を持ってもらえる可能性が高まるので、サブ写真にも力も入れるようにしましょう。


【メイン編】女性のプロフィール写真選びのポイント

まずはプロフィールのメイン写真から。検索結果で表示される写真になるので、一番目立つ一枚になります。

男性は、メインの写真次第でプロフィールを見るか判断するので、メイン写真のこだわりはかなり強く持ったほうがいいでしょう


メイン写真のポイント① 笑顔で写ること

メイン写真のポイント① 笑顔で写ること

絶対に必要な要素と言っても過言ではないのが、“笑顔”で写ることです。

笑顔で写っているだけで可愛く見えるので、男性の目に留まる確率がかなり高くなります。

真顔や澄まし顔よりも、笑顔のほうが圧倒的に男性からの印象が良くなるので、笑顔を意識してメイン写真を選びましょう。


メイン写真のポイント② きちんと顔が分かるように写っていること

メイン写真のポイント② きちんと顔が分かるように写っていること

特に女性には、身バレを恐れて顔が分からない写真を使う女性が多いです。

横顔や後ろ姿を使って雰囲気だけ分かる写真をメインに据えて、身バレを防ぎつつ、なんとなくわかってもらおうとしている会員が多いです。

しかし、きちんと顔が写っている写真を使う会員の方が、断然男性からのいいねが集まります

身バレが怖い、写真の悪用が怖いという点も理解できますが、インスタに写真を上げることが当たり前な点を考えると、マッチングアプリだけ対策をしてもあまり意味がないように思えます。

ペアーズは、メイン写真が大きく表示されるので、顔が写っている写真のほうが目に留まりやすく、頑張って書いたプロフィールも読んでもらえる確率が高くなります。


メイン写真のポイント③ 1人で写っていること

メイン写真のポイント③ 1人で写っていること

複数人で写っている写真を使うのはいいイメージを持たれません。

どれが本人か分からないというのもありますし、マッチングアプリなのに他人を載せる理由も理解できません。

また男性と写っている写真は、例え友人や親兄弟だったとしても避けるべきです。

男性にとって男の影が見え隠れするようなものは、避ける傾向にあるので、写真がなくしかたなく使うくらいなら、載せないほうがプラスです。


メイン写真のポイント④ 明るい場所で撮っていること

メイン写真のポイント④ 明るい場所で撮っていること

屋外で自然光が差し込む明るい場所で撮影した写真だと、何も工夫しなくても楽しそうに見えます

また明るい場所で写真を撮ることで、自然と表情が良くなり写真写りも良くなります

写真も明るくなるので、検索結果で会員が一覧で表示されていても目立つのでおすすめです。


メイン写真のポイント⑤ 軽く盛れてること

今や加工は当たり前なので男性も知った上で使っています。

なので加工し過ぎで画像が歪むほどはダメですが、可愛く見せるのは全然OK

可愛く盛れている写真をメインに使って、男性の興味を惹きましょう。


メイン写真のポイント⑥ 清潔感ある服装や髪型で写っていること

どんな服装でも髪型でも良いですが、最低限清潔感がある格好をするのが鉄則です

バチバチに気合の入った格好をする必要はありません。普段どおりの自然体で大丈夫です。

部屋着やパジャなど生活感あふれる格好よりも、シンプルながらもふらっとお出かけするような格好の方が好感度は高くなります。

髪もボザボザではなくて、コテやアイロンでセットする位はしたほうが、確実にいいねが増えます。


【メイン写真の例】真似してほしいメイン写真はコレ!

いやらしさがなく、自然な仕草と表情で柔らかい雰囲気を感じさせます。


笑顔が素敵で清楚な服装をしているので、男性ウケは◎。


屋外の明るい場所で撮ったので、とても明るい雰囲気でアクティブな印象を感じます。


旅先で開放的になり、表情が自然と楽しく笑顔になっています。


【サブ編】女性のプロフィール写真選びのポイント

サブ写真はメイン写真ほど目にとまるわけではないですし、ペアーズだと検索一覧では表示されません。

ですがメイン写真に興味を持った男性がプロフィールを見たときに、サブ写真がないとどんな人か分からずに離れてしまう可能性が高くなるので、サブ写真はあったほうがいいです。

ただし多すぎても見ずらいのでダメです。サブ写真は4〜6枚くらいがちょうどいいでしょう。


サブ写真のポイント① SNS映えするようなおしゃれな写真

SNS映えするようなおしゃれな写真

可愛いスイーツや写真映えするスポットなど、SNS映えするようなおしゃれ写真を使うのは女性ならではのサブ写真の活かし方です。

ペアーズだと画質もかなりいい状態で掲載できるので、おしゃれな写真もそのまま掲載できます。

センスがいいことをアピールできるので、インスタ用に撮った写真を1枚ペアーズに掲載しておきましょう。


サブ写真のポイント② 全身が写っている写真

全身が写っている写真

メイン写真は上半身の写真など顔がよく分かる構図がいいですが、サブで一枚は、全身が写っている写真を入れておくほうがいいでしょう。

スタイルや服装の雰囲気を見たがる男性は結構多いので、全身が写っている引きの写真は一枚載せておくと、よく見てもらえますよ。


サブ写真のポイント③ 犬や猫など動物と一緒の写真

犬や猫など動物と一緒の写真

ペットと写っているだけで、優しい性格だと思ってもらえます。

また犬や猫などと一緒にいると自然に表情が柔らかくなり、可愛く見えます。

飼って無くても、友達や同僚のペットと遊ばせてもらって写真を撮っておけば、かなり有効なサブ写真になりますよ。


サブ写真のポイント④ 手料理を作ったときの写真

家庭的な一面をアピールするなら、手料理の写真を使うのが定番です。

王道ですが、真剣に出会いを探している男性にはかなり効きます

凝ったものを作るよりも、定番のハンバーグや唐揚げ、生姜焼きなど男性が好きそうな料理を一度作って写真に収めておけば、使い回しができるのでおすすめです。


サブ写真のポイント⑤ 趣味を楽しんでいる最中の写真

趣味を楽しんでいる最中の写真

趣味に没頭しているときは、自然と楽しい雰囲気や笑顔になるので、かなり印象が良い写真が撮れます。

趣味も伝わるので共通の話題にもなりますし、一番魅力的なシーンを見せられるので、趣味を楽しんでいる写真は一番おすすめです。


【サブ写真の例】真似してほしいメイン写真はコレ!

天気がいい海辺や景色がいい場所で撮った写真だと、旅行の趣味もアピールできて好印象。


犬と一緒の写真だと、自然と笑顔になるし雰囲気も柔らかくなる。


美味しそうな手料理の写真は、それだけで家庭的な雰囲気をアピールできる。


顔が分からなくても、全身の写真を載せることで男性の興味を惹ける。

ペアーズで悪印象になる女性のプロフィール写真例

ペアーズでは、好印象の写真があれば、悪印象の写真があります。

どんな写真が、印象を悪くするのかを解説していきます。


NG写真の例① 海やプールで撮った露出多めの写真をたくさん載せる

サブ写真に一枚載せているくらいなら大丈夫です。むしろいいねは増えるでしょう。

しかし、何枚も水着や露出多めの服装の写真を使うと、ヤリモク男からのいいねが増えて、全然良い人に出会えません

ペアーズは真面目に出会いを探すアプリなので、露出が多い写真を何枚も使っていると、不真面目に活動していると思われて、遊び相手としてしか見てもらえなくなる可能性もあるので、載せるとしても1枚にしておきましょう。


NG写真の例② 適当に撮った自撮り写真

自撮り写真は適当な感じになり、真面目に活動していると思われにくいです。

また画質も荒く手ブレなども起きて写真としてきれいではないので、男性ウケは良くないです。

男性は写真で選ぶ傾向にあるので、写真に手抜き感があるといいねが増えず、いいねが来ても理想の男性からにはならないでしょう。

良い人を射止めたいなら写真も適当にせず、きちんと選ぶようにしましょう。


NG写真の例③ 画質が荒い写真やプリクラ

ペアーズで画質の良さはかなり重要になってきます。スマホで簡単に高画質の写真が簡単に撮影できるにも関わらず、敢えて画質が悪い写真を使う意味は全くありません。

またプリクラも世代遅れ感があり、何なら出会い系の業者のようにも思われるので、マイナス要素しかありません。

ペアーズは高画質な写真が使えるので、できるだけ良い画質の写真を選びましょう。


NG写真の例④ 過剰に加工され過ぎた写真

加工して可愛くするのは今や当たり前ですが、過剰に加工しすぎて原型を留めない状態にまでしてしまうと、男性からは引かれます。

それだけでなく実際に会ったときの実物との差がありすぎて、1回で終わってしまうなんてことも。

過剰に加工しすぎて現実とのギャップを産まないように程々にしましょう。


NG写真の例⑤ 複数人で写り、本人が分からない写真

友達や同僚、家族と一緒に写っている写真も避けたほうがいいNG写真の一枚です。

そもそもどれが本人か分からないですし、友だちを見て会うのをやめる可能性も考えられるので、他人を載せるメリットはありません。

複数人の写真しかない場合は載せる前に、自分以外を切る、顔をスタンプなどで隠すなどして、対策をしたほうがいいですね。


NG写真の例⑥ 後ろ姿や横顔など顔が見えない写真

身バレが怖くて顔を隠した写真を使う女性が多いですが、顔が見えない写真と顔が見える写真が並んでいたら、間違いなく顔が見える写真のほうが人気会員になります。

それくらいペアーズでは、どんな人かを見る上で顔が分かる写真は重要視されるんです。

なので、できれば顔が分かる写真を1枚は載せたほうが、良い人に出会える可能性が高まりますよ。


どうしても写真を載せたくない人はどうしたらいい?

しかしどうしても写真を載せたくない女性もいるでしょう。その場合の対処法として考えられるのは、以下の4つ。

  • 顔が写ってない風景や料理の写真を使う
  • プライベートモードを使う

顔が写ってない写真を使うといいね数やマッチング率に影響がでますが、何も載せてない寄りはマシです。

またプライベートモードは有料課金のオプションですが、いいねを送った相手とマッチングした相手にしかプロフィールは表示されないようになります。

不特定多数の相手に自分の写真を見れれるのが嫌で写真を載せたくない人は、プライベートモードを使うのも手です。


ペアーズの女性会員は、写真を工夫するだけでいいねが何倍にもなる。

ペアーズは女性が有利です。実生活ではモテないと思っている女性も、簡単にいいねをたくさん集められます。

しかし写真にこだわることで、いいねの数も男性会員の質も良くすることができるので、写真に力をれたほうが確実に素敵な人に出会えますよ。

よく一緒に読まれる記事