ケーブルカッターの人気おすすめ特集|電線を綺麗に切れる工具とは?

おすすめのケーブルカッターをお探しの方へ。本記事では、ケーブルカッターの選び方からおすすめの商品まで大公開!手動のラチェットタイプや電動式タイプはもちろん、片手で使える小型タイプや切断能力の高い大型商品も紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

そもそも「ケーブルカッター」とは?

ケーブルカッターのおすすめ

ケーブルカッターとは、電線やケーブルといった金属の線を切断するのに使われる専用の工具です。ニッパーよりも少ない力で効率的に切断できる他、切断面も綺麗に仕上がるのが魅力です。

そのため、電気工事や保安工事などで配線やケーブルを頻繁に切断する職業の方におすすめ。家電製品をゴミ出しする際にもケーブルの切断を行う場合があるので、家庭用に1つ持っておいても便利なアイテムですよ。


ケーブルカッターの選び方|購入する前に確認すべき点とは

ケーブルカッターはメーカーや製品によって特徴が異なります。自分の作業内容に合ったものを選びたいですが、具体的にどのようなところを見て選べばいいか分からない方も多いでしょう。

そこでここからは、ケーブルカッターを選ぶ際に見るべきポイントについて解説していきます。


ケーブルカッターの選び方1. 使う目的に合わせて「種類」を選ぶ

ケーブルカッターは手動式や電動式など製品によって特徴は様々で、対応しているケーブルの太さや作業効率も異なります。それぞれの特徴を理解して最適なものを選ぶようにしましょう。

次項からは、ケーブルカッターの3つの種類の特徴について解説していきます。


一般的に使われる「ケーブルカッター」の特徴とは

一般的に見られる手動タイプのケーブルカッターは、ペンチやニッパーと同じような形状をしているのが特徴。小型から大型のものまで製品によってサイズは様々です。

メリットとしては、値段が比較的安く、誰でも手軽に扱えるという点です。そのため、直径20mmまでの太さのケーブルを扱う職業の方や、家庭用に1つ持っておきたい場合におすすめのタイプです。


太いケーブルにも対応「ラチェット式ケーブルカッター」の特徴とは

ラチェット機構を利用したケーブルカッターは、一方向のみに回転する歯車が組み込まれており、爪車タイプとも呼ばれています。

手動ですが比較的少ない力でケーブルを切断できる他、製品によっては30mm程度の太いケーブルでも切断できるというメリットがあります。

そのため、様々なケーブルを切断するプロの方におすすめのタイプといえます。


作業率が上がる「電動式ケーブルカッター」の特徴とは

電動式のケーブルカッターは、最も切断パワーが強いのが特徴。握力が必要なく、自動でサクサク切ってくれるので手が疲れる心配がありません。また、製品によっては直径65㎜以上の太いケーブルにも対応しているので用途の幅が広いのも魅力です。

デメリットとしてはお値段が高く、10万円を超える機種も数多くあります。そのため、大量のケーブルを切断するプロの方が愛用しているケースが多いです。


ケーブルカッターの選び方2. 切断能力を確認して選ぶ

同じ種類のケーブルカッターでもサイズや刃の形状によって切断能力が変わってきます。そのため、ケーブルカッターを選ぶ際は、切断したいものの太さが直径何ミリ程度かをあらかじめ把握しておく必要があります。

一般的に、ケーブルカッターの切断能力はφ「ファイ(円形の直径)」またはsq「スケア(mm平方メートル)」で表記されることが多いです。例えば、「鉄φ4.0mm」といった表記であれば、直径4mmの太さまでのケーブルを、「IV20sq」の場合は切断面の面積が20平方ミリメートルまでのケーブルに対応しています。


ケーブルカッターの選び方3. 安全に使用したい人は「絶縁タイプ」を選ぶ

ケーブルカッターは電気の通りやすい配線などを切断することが多いため、ケーブルに電気が残っていたり、うっかり電気を断絶しないまま切断すると感電する恐れがあります。

このような事態を防ぐためにも、ケーブルカッターは電気を通さない絶縁素材を使用したタイプを選ぶのがベターです。

グリップ部分にビニールやゴムなどの素材が使われているものであれば、もしもの時の事故から守ってくれる上、滑り止めとしての機能も兼ねているのでおすすめですよ。


【一般タイプ】初心者におすすめのケーブルカッター8選

一般の手動タイプのケーブルカッターは、プロ用から家庭用まで用途の幅は広く、商品のサイズも小型から大型のものまで種類は様々です。そのため、どの商品が自分にとって使いやすいかしっかり考慮する必要があります。

そこでここからは、一般タイプのケーブルカッターで特に人気でおすすめの商品を大公開していきます。


一般タイプのおすすめ1. マーベル ケーブルカッター 銅線専用

おすすめポイント
  • メーカー独自の切断法により、太いケーブルでも切断面がつぶれず綺麗にカットできる
  • 刃部に精密鍛造された刃物専用特殊鋼を採用。より耐久性に優れたデザイン
  • 150m㎡までの太さのケーブルに対応。ハンディモデルのなかでは比較的大型なので業務用に最適

創業50年を超える電設工具の老舗メーカーである「マーベル」の大型ケーブルカッター『ME-150』は、メーカー独自の切断構造「三角切断法」により、最大150mm²の太いケーブルでも丸みを残したまま切断できるのが特徴。そのため、切断面がつぶれることなく綺麗な断面に仕上がりますよ。 刃の部分には精密鍛造された刃物専用特殊鋼を使用しているため刃が欠けにくく、長く愛用できるのも魅力。メーカー創業時から51年愛され続けている人気商品です。

ケーブルをうまくカットできず配線作業に手間取っている方は、綺麗な切断面を残せる本製品を使用してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV線150mm²、VVR22×3心、CV100mm²、CVT22mm²
  • サイズ: 455 (mm)
  • 重量:1100 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

一般タイプのおすすめ2. アイウィス 太物ケーブルカッター

アイウィス(IWISS) 太物ケーブルカッター 電線サイズ125sq迄の銅線やアルミ線 LK-125A
おすすめポイント
  • 両刃式のシンプルな構造で指を挟まないロック機能もあるため、誰でも扱いやすい
  • 約2000円と安いので、気軽に購入を検討できる
  • 刃は精密に研がれた焼入れ刃を使用。切れ味が良く、少ない力でも切断できる

世界50か国以上で販売されている人気ブランド「IWISS」の大型ケーブルカッターは、両刃式のシンプルな構造と握りやすいグリップ、指を挟まないロックフックなど、使いやすさに配慮された親切設計が特徴。誰でも簡単に扱えるのが魅力です。

お値段約2000円とリーズナブルなので気軽に購入できる他、多芯・単身の銅ケーブルやアルミケーブルに対応しているため幅広い用途に使えるのもポイント。

ケーブルの切断作業に慣れていなくても簡単に使えるため、使いやすさに特化したハンディタイプを探している方にかなりおすすめの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:最大Φ23mm (銅線単線の場合、最大Φ20mm)
  • サイズ: 240 (mm)
  • 重量:700 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

一般タイプのおすすめ3. ツノダ イエローシャーク22 CA-22S

ツノダ(Tsunoda) 配線用ケーブルカッター イエローシャーク22 150mm CA-22
おすすめポイント
  • 全長164mmと小型なので嵩張りにくく、重量150gと軽いため持ち運びに最適
  • ハサミのように刃が交差する切断法を採用。切断面がつぶれず綺麗に仕上がる
  • 国内の製鉄所で生産された金属を使用。切れ味が良く、長持ちしやすい

ペンチやプライヤーなどの工具を数多く手掛ける「ツノダ」の『イエローシャーク22』は、全長164mmの小型タイプ。嵩張らないためポケットにすっぽり収納できる他、150gと軽いため持ち運ぶ際に重みを感じにくいのが魅力です。

直径9mmまでのケーブルに対応しているため、電気工事全般で扱えます。また、刃部には国内の製鉄所で作られた金属を使用することで切れ味が良く、耐久性に優れているのもポイントです。

常備する工具が多いため、なるべく嵩張りにくいケーブルカッターを探している方は、比較的コンパクトな本製品を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:ケーブル直径9mm、IV線22mm²
  • サイズ: 164 (mm)
  • 重量:150 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

一般タイプのおすすめ4. Gunpla ハンディーケーブルカッター

Gunpla ハンディーケーブルカッター 150mm
おすすめポイント
  • 約1000円とリーズナブルなため、気軽の購入できるモデルとして最適
  • 60HRCまでの高度のケーブルに対応しているため、配線工事用として活用できる
  • 耐久性に優れたC55高炭素鋼を使用。低価格でありながら長く使用できる

バンダイのホビー事業部である「Gunpla」のケーブルカッターは、お値段約1000円と他メーカーのハンディタイプのなかでも最安値のため、気軽に購入できるのが魅力です。

プラモデル用に開発された製品ですが、切れ味の硬度は60HRCまで対応しているため、内線・外線工事にも適しています。そのため、「値段の割に使える」「コスパ最高」といった高評価を多数獲得している人気商品ですよ。

複数個買い揃えたい場合や、予備のケーブルカッターとして1つ常備しておきたい場合など、なるべく安く入手できるモデルをお探しの方にうってつけの商品となっています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV線22mm²
  • サイズ: 150 (mm)
  • 重量:190 (g)
  • 絶縁タイプ:×

一般タイプのおすすめ5. KLEIN TOOLS 絶縁ケーブルカッター 63050EINS

KLEIN TOOLS(クラインツールズ) 絶縁ケーブルカッター VDE規格 250mm 63050EINS
おすすめポイント
  • ハンドル部に3層の絶縁素材が施されているため手に電気が伝わりにくく、比較的安全に使用できる
  • 刃には高周波の焼き入れ鋼を使用することで切れ味が良く、耐久性にも優れている
  • 約4000円と絶縁タイプのなかでは比較的リーズナブルなので、各作業員用として揃えやすい

「クラインツールズ」のケーブルカッターは、ハンドル部分に3層の絶縁素材を使用することでグリップに電気が伝わりにくい構造になっているのが特徴。1000Vの絶縁性能を備えており、電気の安全性の基準であるVDE規格を取得しているため、もしもの場合でも感電を防いでくれます。

また、刃部には高周波の焼き入れ鋼を使用し、黒色加工が施されているため、刃こぼれや錆びの心配がないのも大きな魅力です。

断絶直後のケーブルを切断する機会が多い方など、絶縁性能を備えた安全なケーブルカッターをお求めの方は本製品を使用することをおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:アルミ、銅線:AWG 4/0(ACSRではない)、AWG 2/0(軟銅)
  • サイズ: 225.5 (mm)
  • 重量:454 (g)
  • 絶縁タイプ:〇

一般タイプのおすすめ6. エンジニア ケーブルカッター 大 PK-51

エンジニア ケーブルカッター 大 PK-51
おすすめポイント
  • 2種類の刃が細い電線からIV線38mm²の太さのケーブルカットに対応しているため、室内の配線作業に最適
  • 丸いクワ型の刃がケーブルを包み込むように切断するため、切断面がつぶれず綺麗にカットできる
  • 約1600円とリーズナブル。予備のケーブルカッターとしてもおすすめ

工具メーカー大手であるエンジニアのケーブルカッターは、刃の尖端と中央部分に2種類のクワがあるのが特徴。中央部分はIV線などのケーブルに対応し、先端部分は配電盤などの細かい電線カットに便利な構造になっています。そのため、屋内の配線作業全般に適したモデルです。

丸いクワ状の刃がケーブルを逃がさずカットするため、綺麗な切断面に仕上がります。また、お値段約1600円と安いため、入手しやすいのも大きな魅力です。

通常のケーブルカッターでは難しい細い電線にも対応しているため、テレビのアンテナ工事や電子機器の修理など、屋内での配線作業が多い方に最適な一品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:ケーブルφ11mm、IV線38mm²、VVF線φ2.0mm×3芯
  • サイズ: 212 (mm)
  • 重量:250 (g)
  • 絶縁タイプ:×

一般タイプのおすすめ7. フジ矢 ケーブルハンディカッター

フジ矢 ケーブルハンディカッター 240mm 600-240
おすすめポイント
  • ケーブルの切断だけでなく、ゴムやウレタンにも対応。状況に応じた使い方ができる
  • 独自の熱処理を施した金属を使用。耐久性が高く、切れ味も良好
  • 専用の職人が1つずつ丁寧に仕上げているため、不良品の心配がない

品質にこだわった作業工具を開発・製造している「フジ矢」のケーブルカッターは、メーカー独自の熱処理を施した頑丈な金属を使用。ケーブルの切断だけでなく、ゴムやウレタンなどの棒やパイプの切断にも対応しているため、幅広い用途で利用できます。

一丁一丁職人が丁寧に手仕上げをしているため品質も良好で、「最高の切れ味」「作業が楽になった」といった高評価を多数獲得している人気商品ですよ。

内線・外線の配線工事以外にも、部品の解体作業など、様々な用途でケーブルカッターを活用したい方にぜひおすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV線60mm²、Φ13.6mm
  • サイズ: 241 (mm)
  • 重量:465 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

一般タイプのおすすめ8. ビクター ケーブルハンディーカッター VKC-150HG

ビクター ケーブルハンディーカッター ハイグレード/150mm/IV線、ゴム、ウレタン等の切断に最適/[VKC-150HG]
おすすめポイント
  • 握りやすいグリップ形状と素材を採用しているため、手に負担がかかりにくい
  • 独自の熱処理を施した金属を使用。切れ味と耐久性に優れている
  • 重量約170gと軽いため、女性の方でも扱いやすい

工具の握りやすさを追及する「ビクター」のケーブルカッターは、人間工学に基づいて設計されたグリップ形状と、滑りにくいエラストマー樹脂のグリップカバーを使用。手にしっかり馴染み、疲れにくい構造になっています。

刃には独自の熱処理を施した特殊鋼を採用することで、切れ味や耐久性もばっちり。また、約2000円とハンディモデルのなかでは比較的安いため、入手しやすいのも魅力です。

他製品よりもグリップにこだわった製品のため、なるべく手を痛めたくない女性の方におすすめ。家庭用としても最適なケーブルカッターですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV線22mm²、ケーブル線φ9mm
  • サイズ: 150 (mm)
  • 重量:170 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

【ラチェット式】プロにおすすめのケーブルカッター5選

手動でありながら強いパワーでケーブルを切断できるラチェット式ケーブルカッターは、切れ味を生かした様々な商品がラインナップされています。

ここからは、人気の高いラチェット式ケーブルカッターのなかから特に厳選した商品を紹介していきます。


ラチェット式のおすすめ1. アイウィス ラチェット 太物 ケーブルカッター

アイウィス(IWISS) ラチェット 太線 ケーブルカッター 電線サイズ400sqまで HS-520A
おすすめポイント
  • 最大外径40mmのケーブルまで切断できるため、幅広いサイズに対応
  • 手にフィットしやすいグリップ構造を採用。滑りにくいため力を込めやすい
  • 特殊鋼を使用した独特の形状の刃がケーブルを効率よく切断するため、少ない力で作業ができる

「IWISS」のラチェット式ケーブルカッターは、最大外径40mmの太いケーブルに対応しており独自の刃の形状でスパッと切れる構造になっています。そのため、ヨリ線やアルミ線、複合線といった通常のケーブルカッターでは難しい配線でも簡単に切断できるのが魅力です。

グリップ部は手にフィットしやすい設計で滑りにくく、握り心地が良いため力を込めやすいです。保管時の刃欠けを防止できるロックフック機能が付いているのも嬉しいポイント。

太いケーブルを切断する機会が多い方は、比較的大きいサイズに対応した本製品を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV単線34mm²、銅線単線の場合360sq、最大外径40mm
  • サイズ: 275 (mm)
  • 重量:950 (g)
  • 絶縁タイプ:×

ラチェット式のおすすめ2. 泉 ラチェットケーブルカッタ

泉 ラチェットケーブルカッタ IZ325A
おすすめポイント
  • ラチェット式の強い切断力を備えながら小型軽量化を実現。片手で使える他、持ち運びにも便利
  • 刃部分に頑丈な鍛造刃を使用。切れ味が良く、耐久性にも優れている
  • 最大外径29mmのケーブルを切断できるため、大きめのハンディタイプよりも使い勝手が良い

電設工具製品大手であるマクセルイズミのケーブルカッターは、ラチェット式でありながら全長252mm、重量610gのコンパクト性と軽量化を実現。手のひらサイズのため、片手で使えるラチェット式として他製品との差別化を図っています。

外径29mmまでのケーブルに対応しているため、ハンディタイプよりも太いケーブルを切断できます。使い勝手も良好で、「よく切れる」「使いやすい」といった評価を多数獲得していますよ。

サイズが大きいとされるラチェット式のなかでもコンパクト性に優れているため、片手が塞がっている状態でも楽々切断できるケーブルカッターをお求めの方にぜひおすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:IV線325mm²、最大外径29mm
  • サイズ: 252 (mm)
  • 重量:610 (g)
  • 絶縁タイプ:×

ラチェット式のおすすめ3. KleinTools 高耐久ラチェットケーブルカッター

Klein Tools 高耐久ラチェットケーブルカッター
おすすめポイント
  • 刃部に硬化鋼断刃を採用。刃こぼれや劣化が起こりにくいため、より長く愛用できる
  • 耐久性に優れた刃が高い切断力も有しているため、太いケーブルでも楽に切断できる
  • 独自のラチェット機構技術により、少ないストロークで切断可能。作業の効率化を期待できる

丈夫でハイクオリティな工具を手掛けるクラインツールブランドのケーブルカッターは、刃部にメーカー独自の硬化鋼切断刃を使用することで、刃こぼれや変形が起こりにくい耐久性に優れたモデルとなっています。

また、強靭な刃が高い切断能力も有しているので、大きな直径のケーブルでも少ない力で切断できますよ。

更に、ラチェット機構にはカットごとのストロークが少ない「2ステップラチェットメカニズム」を採用することで、よりスピーディな作業も可能です。

何度もケーブルカッターの劣化や破損に悩んでいる方は、より長く安定して使用できる本製品を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:ケーブル径600MCM~750MCM
  • サイズ: 260 (mm)
  • 重量:590 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

ラチェット式のおすすめ4. ジェフコム ラチェットケーブルカッター DRC-325K

デンサン ラチェットケーブルカッター DRC-325K
おすすめポイント
  • 刃の部分に特殊鋼を使用。切れ味が良いため、太めのケーブルでもサクサク切断できる
  • 特殊鋼が丈夫で刃こぼれしにくく、黒色処理を施してあるため錆びにも強い
  • 握りやすいエラストマー成型グリップを採用。程良い太さで力を込めやすい

「ジェフコム」の新型ラチェット式ケーブルカッターは、刃部に独自の特殊鋼を使用することで従来のモデルよりも30%の切れ味アップに成功したモデルです。そのため、被覆外径33mmまでのケーブルであれば、少ない力でサクッと切断できるのが魅力。

また、特殊鋼部には黒色処理が施してあるため錆びなどの劣化対策も万全です。ハンドル部にはエラストマー成型グリップを採用しており、長時間の作業でも手が疲れにくい設計になっているのもポイント。

現在使用しているケーブルカッターの切断能力に少し不満を感じている方は、切れ味抜群の本製品を使用してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:最大外径Φ33mm、CV325mm²、CV3芯60mm²、IV325mm²、VVR3芯60mm²
  • サイズ: 280 (mm)
  • 重量:720 (g)
  • 絶縁タイプ:×

ラチェット式のおすすめ5. NUZAMAS ラチェットケーブルカッター

NUZAMAS自己調整ラチェットケーブルカッターは、最大400mm2までカットします。アルミ銅ワイヤカットHS-520Aワイヤカットラチェットハンドツール
おすすめポイント
  • 2段式のラチェット駆動により、少ない力でも楽にケーブルを切断できる
  • 刃が開かないロック機能やブレード開閉レバーといった安全機能が充実。怪我や破損を防止できる
  • 金属部には黒色加工が施されているため、腐食などの劣化対策も万全

「NUZAMAS」のラチェット式ケーブルカッターは、力の伝達力が高い2段式のラチェット駆動を採用することで、極めて少ない手動力でケーブルを切断できるのが特徴。そのため、握力に自信がない人でも楽に使用できますよ。

いつでもブレードを開けるレバーや、持ち運びに便利なロック機能が備えてあるため安全機能も充実。最大400mm²のサイズに対応しているため、細いものから太いケーブルまで、幅広い用途で使用できるのも魅力です。

大量のケーブルや太いケーブルを処理する場合、なるべく省エネルギーで切断できる手動タイプのケーブルカッターをお求めの方にぴったりの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:最大外径400mm² (AWG 600MCM)
  • サイズ: 280 (mm)
  • 重量:900 (g)
  • 絶縁タイプ:×

【電動式】強力なケーブルカッターのおすすめ3選

最も強いパワーで切断できる電動式ケーブルカッターは、比較的大型で高価なタイプですが、製品によっては入手しやすいモデルもあったり、機能性に特化したタイプなど種類は豊富です。プロの方であれば用途に適したものを選びたいですよね。

そこでここからは、人気電動式ケーブルカッターのなかでもおすすめの商品を紹介します。


電動式のおすすめ1. パナソニック 充電ケーブルカッターEZ3591

パナソニック 充電ケーブルカッターEZ3591(12V)切断可能径Φ1.0~32mm 本体のみ(電池・充電器・ケース別売) EZ3591X
おすすめポイント
  • 充電式でありながら4万円以下のお値段なので、設備コストがかかりにくい
  • IV線200mm²を約5秒で切断できるため、素早い作業が可能
  • 一度の充電で125本以上カットが可能。バッテリーの持ちが良く長時間作業ができる

パナソニックの電動式ケーブルカッター『EZ3591』は、高価とされる充電式でありながら、なんと4万円以下で購入できるのが魅力。複数個揃える場合でもコストがかかりにくいです。

また、IV線200mm²であれば5秒で切断できるパワーを有している他、一度の充電で125本以上のカットに対応したバッテリーを備えています。そのため、大量のケーブルを処理する場合でもスピーディーかつ持続的に作業ができるのが魅力。

業務用として各作業員用に揃えたい場合など、お手頃な充電式ケーブルカッターをお求めの方にぴったりの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:CV線200mm²、CVT線60mm²×3心、IV線250mm²、VVR線38mm²×3心
  • サイズ: 350 (mm)
  • 重量:2200 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

電動式のおすすめ2. CGOLDENWALL 電動油圧ケーブルカッター

CGOLDENWALL 電動油圧ハイドロプライヤー、 ケーブルカッター油圧パンチャー三用 圧着範囲:16~300mm²、切断能力:φ40㎜、 穴開け能力;φ22.5㎜~61.5㎜【一年安心保証】バッテリー別売り
おすすめポイント
  • 強力な2段階式油圧システムを採用することでスピーディな切断が可能。作業効率の大幅アップが期待できる
  • ケーブル切断だけでなく圧着や穴あけ用の工具としても使用できるため、幅広い用途で活用できる
  • グリップ前方部にLEDライトを搭載。暗い場所でも作業がしやすい

高機能な業務用機器を数多く手掛ける「CGOLDENWALL」の電動式ケーブルカッターは、パワーに特化した2段階式の油圧システムを採用することで、よりスピーディーな作業を実現。外径40mmまでのケーブルであれば、サクサク切断できる高性能タイプです。

また、先端のダイスを交換することでケーブルの圧着や穴あけ用の工具としても活用できるため、幅広い用途で使用できるのも魅力。モード切替はLEDパネル脇のスイッチで簡単に操作・確認が可能です。

他製品よりも切断スピード早いため、より速さと正確さが求められるプロの現場では、大活躍間違いなしのケーブルカッターといえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:最大外径40mm
  • サイズ:ー
  • 重量:4900 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

電動式のおすすめ3. パナソニック 充電ケーブルカッター EZ45A6

パナソニック 充電ケーブルカッター EZ45A6デュアル(14.4V/18V対応)CTV200mm2を切断 別売アタッチメント使用可能(圧着・圧縮・打ち抜き) 本体・ケース・ケーブルカッター刃のみ(電池パック・充電器別売)ブラック EZ45A6K-B
おすすめポイント
  • 360°回転するカニばさみ式の刃を採用することで、ケーブルの状況に合わせて切断しやすい
  • 1度の充電で300本以上のカットが可能。連続した作業に最適
  • アタッチメントの交換でケーブル同士の圧着も可能。幅広い用途で活用できる

パナソニックの電動式ケーブルカッター『EZ45A6』は、大きなカニばさみ式の刃が特徴。刃の根元は360°自由に回転できるのでケーブルの向きに合わせて挟みやすく、奥まった場所や壁際でも作業が容易です。

IV線200mm²までの太さに対応しており、一度に複数本のケーブルを切断できるほどパワーも優れています。また、先端のアタッチメントを交換することでケーブルの圧着に使えるのもポイント。

配線が入り組んでいる場所での作業や、連続してケーブルを切断する場合におすすめ。プロの方には使い勝手の良い電動式ケーブルカッターですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 切断能力:CV線(3心)200mm²(φ54mm)、CVT線 200mm²(φ55mm)、VVR線(3心)150平mm²(φ50mm)
  • サイズ: 402 (mm)
  • 重量:5.7 (g)
  • 絶縁タイプ:ー

作業が捗るケーブルカッターを見つけてみて。

固いケーブルを容易に切断できるケーブルカッター。作業の効率化を図るために自分の用途に合ったものを選びたいですが、手動式や電動式、小型から大型のものなど、商品によって特徴は様々なので、なかなか1つに絞るのは難しいですよね。

今回は、人気のケーブルカッターのなかでも特におすすめの商品を紹介しました。どれも高評価を獲得している人気商品なので、ぜひご自身で選ぶ際の参考にしてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事