折れないシャーペンのおすすめ集|筆圧が強くても落としても芯が折れない人気ペンとは?

おすすめの折れないシャーペンをお探しの方へ。本記事では、折れないシャーペンの選び方からおすすめの商品まで大公開!芯が折れにくく勉強&仕事で役立つものはもちろん、書きやすい便利な多機能タイプの商品も解説しているので気になった方はぜひチェックしてください!

「折れないシャーペン」ってどんなアイテム?本当に折れにくい?

折れないシャーペンのおすすめ

折れないシャーペンとは、先端の金属部分が芯をガードしてくれることによってシャーペンが折れるのを防いでくれる便利なアイテム

また、中には強い筆圧で書いても内蔵されたスプリングが上方に芯を逃がすことで、芯が折れるのを防いでくれるアイテムも販売されています。

多少強い圧がかかっても芯が折れないため、シャー芯をポキっと折りがちな人には最適。

勉強や仕事などシャーペンを使う機会が多いなら、ぜひ活用してみましょう!


折れないシャーペンの選び方|購入する前に確認すべき点とは

折れないシャーペンといっても、色んなタイプがあってどこを見て選べばいいか迷ってしまう方も多いはず。

ここからは、折れないシャーペンの選び方について詳しく解説していきます。

ぜひ購入の際の参考にしてみて下さいね。


折れないシャーペンの選び方1. 折れない「構造」を確認して選ぶ

折れないシャーペンといっても、折れない構造はメーカーによって異なるので、自分に合ったタイプを選ぶことが大切。万が一、折れない構造を確認しておかないと、使いづらい可能性があるので慎重に選びましょう。

例えば、筆圧が強い方であれば、スプリングが芯を上に逃がし折れるのを防いでくれるタイプがおすすめ。

一方、製図やデッサンなどに使用するのであれば、芯を出さずに書くことで折れるのを防いでくれるタイプもあるので、ぜひ選んでみて下さいね。


折れないシャーペンの選び方2. 持ちやすさを確認して選ぶ

自分に合った持ちやすいシャーペンを選ぶには、グリップやウェイトのバランスが非常に重要になってきます。

グリップのフィット感やウェイトバランスについて、しっかりと見ていきましょう。


疲れにくい「グリップのフィット感」とは

グリップのフィット感は、手に馴染み滑りにくいものであれば、長時間の使用でも疲れにくく安心して使用できます。

また、グリップの軸の太さでも使い心地が変わってくるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

筆圧の強い人であればしっかり握れる太めのグリップ、弱い人は軽く持てる細めを選べば快適に使用できます。


コントロールしやすい「ウエイトバランス」とは

シャーペンのウェイトバランスは、重心が下にある方が安定してぶれくい傾向にあります。例えば、長時間使用する方であれば、ペン先に重心があるタイプがおすすめです。

また、重量は重い方がシャーペンの重みだけで楽に執筆ができます

反対に重量が軽いと素早く執筆ができるので、自分の好みに合わせて適切なタイプを選んでみて下さいね。


折れないシャーペンの選び方3. 書きやすい工夫がされているものを選ぶ

最近販売されているシャーペンは、鋭角な芯のまま書き続けられるタイプなど、書きやすい工夫がされている商品が豊富にあります。

学習用や仕事用など自分が使うシーンに合わせて、書きやすい工夫がされているアイテムを選んでみて下さいね。


折れないシャーペンの選び方4. 対応している芯の太さを確認して選ぶ

シャーペンは対応する芯の太さが異なります。芯の太さを間違えると、シャーペンの芯が使えず無駄になってしまうので注意しましょう。

対応する芯の太さは商品パッケージなどに書かれている場合があるので、購入前に必ず確認しておきましょう。


折れないシャーペンのおすすめ8選|書きやすい人気商品を大公開

折れないシャーペンといっても豊富にあって、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いはず。

そこでここからは、書きやすいと人気が高いおすすめの折れないシャーペンを紹介していきます。

ぜひ自分に合ったアイテムを選んでみて下さいね。


折れないシャーペンのおすすめ1. ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm PP3002-A

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm PP3002-A
  • 自動で芯が出てくるので、長時間でも快適に書き続けられるので便利
  • 高級感のあるおしゃれなデザインで、仕事用としてもおすすめ
  • 重すぎない丁度いいウェイトバランスのため、快適な書き心地を得られる

長時間シャーペンを使用する方であれば、毎回シャーペンをノックするのに手間が掛かるという方も多いはず。

人気メーカー『ぺんてる』の折れないシャーペンであれば、一回ノックするだけで自動で芯が出るようになっているので、長時間でも快適に使用できます。さらに、残りの芯が少なくなると、引っ込むようになっているため、取り替えのタイミングも分かりやすいです。

快適に書き続けられるシャーペンが欲しい方におすすめ。ぜひ選んでみて下さいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.2 (mm)
  • サイズ:10×11×143 (mm)
  • 重量:18 (g)

折れないシャーペンのおすすめ2. プラチナ万年筆 シャープペン オレーヌプラス

プラチナ万年筆 シャープペン オレーヌプラス ライムグリーン MOLS-450#47
  • ポップなかわいいデザインのシャーペンなので、文房具でおしゃれを楽しみたい方に最適。
  • 頑丈な設計になっているため、万が一シャーペンが落下しても芯を守ってくれる
  • 残芯0.5mmまで使用できるので、無駄なく書き続けられる

シャーペンを落としてしまった際に、芯が折れることも。できれば、頑丈に作られたシャーペンを選びたいですよね。

人気ブランド『プラチナ万年筆』のシャーペンは、芯への衝撃を抑えてくれる二重構造になっているため、落としても芯が折れにくくなっています

腕が当たってシャーペンを落としてしまっても、芯が折れずに済みますよ。頻繁にシャーペンを使う方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.5(mm)
  • サイズ:106 x 152 x 106 (mm)
  • 重量:9(g)

折れないシャーペンのおすすめ3. ゼブラ シャープペン デルガード 0.7 P-MAB85-BK

ゼブラ シャープペン デルガード 0.7 ブラック P-MAB85-BK
  • 内部のスプリングが筆圧を吸収する仕組みになっているから、芯が折れにくく安心して書ける
  • お値段1000円以下と安いので、コスパ重視で選びたい方におすすめ
  • カラーバリエーションも豊富なため、自分の好みに合わせて選べる

「筆圧が強くて、いつもシャーペンの芯が折れてしまうことが多い。」シャーペンの芯は折れやすいので、出来れば長く書き続けられるタイプが欲しいですよね。

『ゼブラ』のシャーペンであれば、内部のスプリングが筆圧を吸収。さらに、強い筆圧がかかると、自動で先端の金属部分が芯を守ってくれるので、筆圧が強くても折れにくいです。

ノートの裏に写るくらい濃く書く方には特におすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.7 (mm)
  • サイズ:10.3 x 137.3 x 10.3 (mm)
  • 重量:10.08 (g)

折れないシャーペンのおすすめ4. ゼブラ シャープペン スヌーピー

ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 限定色 スヌーピー コミックホワイト P-MAS89-SN2-W
  • スヌーピー柄のかわいいデザインで、勉強中のモチベーションも上がる
  • 内部にスペンサーが搭載されているため、筆圧が強い方でも安心して長く書ける
  • カラーバリエーションの種類も多いので、自分の好みに合わせて選べる

シャーペンは機能性も大事ですが、中にはデザインにもこだわりたい方も多いはず。せっかくなら、勉強へのモチベーションも高まるアイテムを選びたいですよね。

『ゼブラ』のシャープペンシルであれば、スヌーピー柄のかわいいデザインで、おしゃれを楽しみたい方に最適。さらに、カラーバリエーションの種類も多いので、自分の好みに合わせて選べるのも魅力的です。

勉強や仕事をしていても、スヌーピーを見ると思わず和んでしまうでしょう。見た目を重視したいなら、ぜひ!

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.3 (mm)
  • サイズ:10.3 x 137 x 15 (mm)
  • 重量:10(g)

折れないシャーペンのおすすめ5. 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル クルトガ M5858GG1P

三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル クルトガ 0.5 ブルー M5858GG1P.33
  • グリップにはゲル素材を使用しているため、長時間の使用でも指が疲れにくい
  • 芯が尖り続けてくれるので、いつでも快適に使用できる
  • 多機能なのにお値段1000円以下と安いため、コスパ重視で選びたい方に最適

シャーペンは自分の指にフィットしないタイプだと、使用しているうちに指がだんだん疲れてきてしまうことも。

『三菱鉛筆』のシャーペンであれば、グリップにゲル素材を使用しているため、自分の指の形に合わせてしっかりフィット。また、滑り止めの役割もあるので、長時間の使用にも最適です。

使用しても指が疲れにくい人気ボールぺン。高校や大学の勉強でノートをびっしり取る機会があるなら、特におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.5 (mm)
  • サイズ:13.1×17.2×139.8 (mm)
  • 重量:18.14(g)

折れないシャーペンのおすすめ6. トンボ鉛筆 シャープペン MONO DPA-141A

トンボ鉛筆 シャープペン MONO モノグラフ ラバーグリップ付 モノカラー DPA-141A
  • 本体には消しゴムが付いているため、勉強の際も非常に便利
  • お値段1000円以下と安い
  • ラバーグリップが付いているため、長時間の使用でも疲れにくい

折れにくいだけでなく、使い勝手のいい多機能なシャーペンを選びたいという方も多いですよね。

『トンボ鉛筆』のシャーペンは、振って芯を出せたり、ラバーグリップが付いていたりと使いやすさ抜群。さらに、回転くり出し式のホルダー消しゴムが付いているのも魅力的なポイントです。

様々な機能が豊富な人気シャーペン。ぜひ試しに使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.5 (mm)
  • サイズ:16 x 16 x 147(mm)
  • 重量: 17 (g)

折れないシャーペンのおすすめ7. ぺんてる シャープペン グラフギア1000  PG1015

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm
  • 硬度表示窓が付いているため、製図を作成する際も便利に使える
  • グリップには滑り止め加工が施されているので、長時間の使用でも疲れにくい
  • 高級感のあるスタイリッシュなデザインで、仕事用に最適

製図などを書く用にして使いたいので、なるべく定規を当てやすいシャーペンを選びたいという方も多いはず。

人気メーカー『ぺんてる』のシャープペンシルであれば、先端に4mmパイプを使用しているので、定規が当てやすく製図の作成にも最適。さらに、本体には硬度表示窓が付いているため、一目で確認することができ非常に便利。

製図の作成に使える便利なシャーペンをお探しの方にイチオシですので、ぜひ選んでみて下さいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ:0.5(mm)
  • サイズ:10 ×9 × 150 (mm)
  • 重量:20(g)

折れないシャーペンのおすすめ8. 三菱鉛筆 シャープペン ユニ アルファゲル スイッチ M51009GG1P.9

三菱鉛筆 シャープペン ユニ アルファゲル スイッチ 0.5 ネイビー M51009GG1P.9
  • ゲル素材のグリップが付いているため、長時間の使用でも指が疲れにくく安心
  • クリップが付いているので、胸ポケットに挟んで収納でき便利
  • 高性能なのにお値段1000円以下と安いため、コスパ重視の方におすすめ

長時間シャーペンを使っていると、指が痛くなってしまうことが多い方も多いはず。できれば、長時間でも快適に使用できるシャーペンを選びたいですよね。

『三菱鉛筆』のシャーペンであれば、高反発力のゲル素材を使用しているので、指が痛くなりにくいです。さらに、芯が常に尖り続けてくれるので、書き心地も抜群で勉強や仕事用にも最適。

長時間の使用でも指が疲れにくいシャーペンが欲しい方は、ぜひ選んでみて下さいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 芯の太さ: 0.5(mm)
  • サイズ:145 x 14.6 x 12.4 (mm)
  • 重量:18(g)

折れないシャーペンがあれば、シャー芯がポキポキ折れるストレスは無し!

折れないシャーペンといっても豊富にあるので、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いはず。

そこで、今回は折れないシャーペンの選び方のポイントやおすすめのシャーペンを紹介していきました。

フィット感抜群のシャーペンや芯が尖り続けてくれるアイテムなど豊富にあるので、自分が使うシーンに合わせて選んでみて下さいね。


【参考記事】総合的におすすめ度が高いシャーペンを厳選しました!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事