裁断機のおすすめ10選|分厚い紙もまとめて安全に切れる人気商品を徹底解説

おすすめの裁断機をお探しの方へ。本記事では、裁断機の選び方から人気の裁断機まで大公開!小型&大型のサイズはもちろん、本や厚紙を安全にカットできる商品を解説しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

裁断機は紙をまとめて切る時に便利!

)裁断機のおすすめ

裁断機とは、紙を複数枚まとめて切れる道具です。

大きな刃がついているタイプや回転式の刃がついているディスクカッターなどで、まっすぐ紙を切ることが可能。

自炊(紙の本をスキャナーで読み取って電子化する作業)の時、本の背表紙部分の接着面から各ページを切り離す作業では、裁断機があると便利。本の電子化をしたい人におすすめの道具です。


裁断機の選び方|購入する前に確認すべき点とは

裁断機にも、いろいろな種類の商品が販売されており、一体何が違うのかよく分かりませんよね。

そこでまずは、裁断機の選び方について解説します。

予算や目的に合った商品選びができるよう、参考にしてくださいね。


裁断機の選び方1. 用途に合った「タイプ」を選ぶ

裁断機は、大きく分けて

  • ディスクカッタータイプ
  • 大型タイプ
  • 押切りタイプ
  • 自動タイプ

の4種類があります。

本体サイズや値段、切れる紙の枚数などがタイプによって異なりますので、使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

それぞれの具体的な特徴を、個別に解説していきます。


コンパクトな「ディスクカッタータイプ」

ディスクカッターは、丸いカッターを手動で動かすことで、紙を切るタイプの裁断機です。

手をはさんだりするリスクもなく、安全性が高いのが魅力。小型の商品が多く、持ち運びも楽なので、手軽に使えます。他のタイプの裁断機と比べ、値段が安いのがポイント。

値段が安い裁断機が欲しい人や、裁断機を移動させる機会が多い人におすすめです。


分厚い本にも対応した「大型タイプ」

大型タイプは、大型の刃を搭載し、本体サイズも大きな裁断機です。

一度にカットできる紙の枚数が、他のタイプに比べて圧倒的に多いのが特徴。普通の文庫本や漫画本はもちろん、厚紙表紙のハードカバー本や分厚い本も一発で背表紙部分をカットできます

設置スペースが確保可能で、自炊作業にかける時間を少しでも減らしたい人におすすめです。


正確にカットできる「押切りタイプ」

押し切り型は包丁のような長い刃の先端が台に固定されており、持ち手部分を押し下げることで紙を切る裁断機です。

刃が紙のどこに当たるかを目で確認しやすいため、カットしたい部分を正確に切り落とすことが可能

自炊の時に文字部分を切り落とさないよう、正確にカットしたい人におすすめ。


ボタンを押すだけでカットできる「自動タイプ」

自動タイプは、紙や本をセットして、機械を操作するだけで自動でカットしてくれる裁断機です。

自分で刃を操作する必要がないので、安全なのがメリット。また、手動で刃を操作するタイプだと、何冊も自炊していると、手が疲れて作業も長時間かかります。

しかし、自動タイプなら、短時間で楽に自炊作業が可能。大量の本や紙の裁断作業を効率よく進めたい人向けです。


裁断機の選び方2. 裁断できる「サイズ」を確認して選ぶ

早速自炊をしようと思って裁断機を使おうとしたら、本のサイズが合わなくて使えなかったら困りますよね。絵本などのサイズが大きな本をカットする時には、カットしたいものが入るサイズの裁断機を選ぶ必要があります。

また、一度にカットできる紙の厚さ、枚数にも要注意。ページ数が多いものや分厚い本を自炊するには、カット枚数が少ないと作業の手間が増えます。

裁断したい紙の厚さやサイズを確認して、対応しているものを選ぶようにしましょう。


裁断機の選び方3. 使い方に合う大きさの製品を選ぶ

裁断機が大きすぎて、置ける場所がなかったなんてことになったら、そもそも裁断機を使えませんよね。

据え置きで使用したい人は、置き場所に収まるサイズのものを選びましょう。大型タイプや自動タイプは、大きさも重さもあるので、設置場所のスペースと商品サイズをしっかり測っておく必要があります。

使わない時にはしまっておいて必要な時だけ出したいという人は、小型で軽量コンパクトな持ち運びできるものがおすすめです。


裁断機の選び方4. 刃のメンテナンスのしやすさを確認して選ぶ

裁断機を使っていたら、歯の切れ味が悪くて、使い物にならないなんてことになったら困りますよね。

裁断機の刃は、使用しているうちに劣化してしまいます。刃の交換や研ぎ直しといった、メンテナンスが必要。購入時に、交換用の刃の付属有無、値段をチェックしておくと良いでしょう。メーカーによっては、歯の研ぎ直しを受け付けているところも。

できるだけ長く使ってコスパ良い買い物ができるよう、刃のメンテナンスのしやすさについても要チェックです。


裁断機のおすすめ10選|大型タイプや押切タイプなど人気商品を大公開

裁断機には、商品タイプも多く、購入時に値段や特徴、裁断可能サイズなどを調べるのも大変ですよね。

そこで、裁断機のおすすめ人気商品をご紹介します。

ぜひあなたにぴったりの裁断機を見つけてくださいね。


裁断機のおすすめ1. プラス 裁断機 自炊 A4 コンパクト

プラス 裁断機 自炊 A4 コンパクト PK-213 26-366
  • 1度にコピー用紙60枚をまとめてカットできるので、作業効率が良い
  • 裁断時に必要な力が少なくて済むので、女性やお年寄りでも使いやすい
  • 4.5kgと軽量で持ち運び用の取っ手もついているので、便利

裁断機は、カット枚数が増えるほどカットする時に力が必要になって大変ですよね。

『プラス』の押し切りタイプの裁断機は、コピー用紙を約60枚まとめてカットできる能力がありながら、軽い力で裁断可能。女性でも片手で、まとめてカットできますよ。本体自体も4.5kgで、持ち運び用の取っ手が付いているため、片手でも持ち運びがしやすいのも嬉しいですね。

女性やお年寄りなど力が弱い人でも使いやすい家庭用裁断機として、人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:押切りタイプ
  • 裁断可能枚数:約60 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: 5.5 (mm)
  • 本体サイズ:45.5 × 12 × 19 (cm)
  • 重量:4.5 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:ー

裁断機のおすすめ2. DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX

DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX
  • 赤色のLEDでカットラインを表示できるので、正確な位置で裁断可能
  • 折りたたんで縦置き可能なので、使わない時も邪魔になりにくい
  • ハンドルロック機能がついているので、安全

大型タイプの裁断機は、カット位置が分かりづらく、うっかり切ってはいけない部分まで切り落としたら困りますよね。

『DURODEX』の裁断機は、赤色のLEDでカットラインを表示可能。目でしっかりと確認できるので、資料や本の大事な部分まで切り落としてしまう心配がありません。カットラインのライトは、表示スイッチのオンオフを切り替えることで使わない時には切っておけます。

カットラインを正確に見定める必要がある資料や本のカット作業に、最適な裁断機です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:大型タイプ
  • 裁断可能枚数:約200 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: 18 (mm)
  • 本体サイズ:40 × 34 × 17 (cm)
  • 重量:9.8 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:ー

裁断機のおすすめ3. カール事務器 裁断機 DC-200N

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 10枚裁断 DC-200N
  • 高価なものが多い裁断機の中で、2000円以下と安く、初心者でも買いやすい
  • 替え刃やカッターマットの交換品付きで、コスパが良い
  • 約1.1kgと軽量で持ち運びやすく、小型なので、収納場所にも困らない

裁断機は高いものだと1万円以上するので、商品選びに失敗したらと思うと不安ですよね。

『カール事務器』の裁断機は、2000円以下と安さが魅力の商品。A4サイズ対応、10枚まで裁断可能で、裁断機がどういうものかお試し感覚で使うのに、ちょうどいいスペックです。替え刃やカッターマットの交換品も付属しており、コストパフォーマンスが高い商品といえるでしょう。

初めて裁断機を買う人の入門用、お試し用としておすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ディスクカッタータイプ
  • 裁断可能枚数:約10 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: ー
  • 本体サイズ:26.5 × 38.8 × 70 (cm)
  • 重量:1.1 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機のおすすめ4. コクヨ 裁断機 ペーパーカッター 押し切り式 A4

コクヨ 裁断機 ペーパーカッター 押し切り式 A4 裁断幅309mm PPC用紙10枚 DN-G103
  • 紙押さえ用のプレート付きで、紙ずれを防ぎ、まっすぐカットでいる
  • 刃のロック機能付きなので、持ち運びの時にも安全
  • ハンドル部分が握りやすい形状なので、手動でも裁断しやすい

裁断機で紙を切る時に、紙がずれて切り口が斜めになったら嫌ですよね。

『コクヨ』の裁断機は、紙抑え用のプレートが付いており、しっかり押さえることで、紙がずれないように固定できます。滑り止め加工もされているので、特に用紙がずれにくい仕様。

また、紙押さえ用のプレートには、さらにサポート板を取り付け可能。紙を押さえている手に刃が触れないようガードできるので、安全です。

本の自炊の時など、まとまった枚数を綺麗にカットしたい人に、人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:押切りタイプ
  • 裁断可能枚数:約10 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: ー
  • 本体サイズ:52.8 × 28.1 × 7.6 (cm)
  • 重量:3.1 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:ー

裁断機のおすすめ5. カール事務器 裁断機 DC-210N

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 40枚裁断 DC-210N
  • カッター部分に手が触れる心配がなく、ケガのリスクを減らせる
  • 用紙のロック機能があるので、紙がずれる心配がない
  • 替え刃や交換用のカッターマット付きでコストパフォーマンスが良い

大型タイプや押し切り型など、刃も大きく切れ味も鋭いので、うっかり手が触れてケガをしないか心配な人もいるはず。

『カール事務器』の裁断機は、ディスクカッターだから、手が入り込む隙間がなく安全性が高いのが特徴です。ディスクカッターながら、最大40枚まで裁断できるため、厚紙やノートの裁断や自炊作業にも使用可能。また、約10,000円と大型タイプなどの裁断機に比べて安いのも魅力です。

安全に裁断作業をしたい人に、ぜひ使って欲しい裁断機です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ディスクカッタータイプ
  • 裁断可能枚数:約40 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: ー
  • 本体サイズ:36 × 49 × 8 (cm)
  • 重量:2.6 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機のおすすめ6. プラス 裁断機 PK-513LN 26-309

プラス 裁断機 自炊 A4 かんたん替刃交換 PK-513LN 26-309
  • ハンドルをあげておくだけで自動ロックがかかり、事故のリスクが減る
  • 光によるカットライン表示機能があり、正確に裁断可能
  • 別売りの替え刃や受木販売があるので、長期にわたって使い続けられる

紙をセットしている時、ぶつかったりなどして急にハンドルが落ちて刃が下りてきたら、大ケガの恐れもあって心配ですよね。

『プラス』の大型タイプの裁断機は、ハンドルをあげると自動でロックがかかるので安全。さらに、使用しない時には付属の予備ロックをつけて、二重ロック可能。ハンドルは内部の紙押さえ板と連動しているので、まとまった枚数もしっかり押さえてまっすぐ切れます。

安心安全な商品で作業に集中したい人に、ぴったりな商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:大型タイプ
  • 裁断可能枚数:約160 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: 15 (mm)
  • 本体サイズ:40.5 × 40.2 × 44 (cm)
  • 重量:13 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機のおすすめ7. カール事務器 裁断機 DC-300N

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 20枚裁断 DC-300N
  • フッ素コート刃やミシン目刃など、替え刃を用途別に使い分けられる
  • スライド式の紙押さえがついているので、紙のサイズに合わせてしっかり紙を押さえられる
  • 手で持ちやすく取っ手もついているので、持ち運びしやすい

ラミネート加工など粘着性があるものをカットすると、歯にべたつきが残って、他のものを切る際に切れ味が悪くなって困りますよね。

『カール事務器』の裁断機は、フッ素コート刃も替え刃として付属しているため、粘着物の切れ味も抜群。自炊の時に、本ののり付け部分などを裁断する時にも、便利です。他にも、チケット用などに切り取り線加工ができる、ミシン目刃も付属しているのもポイント。

カットするものに合わせて、刃を使い分けたい人に魅力的な裁断機です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ディスクカッタータイプ
  • 裁断可能枚数:約20 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: ー
  • 本体サイズ:28.4 × 40.2 × 8.1 (cm)
  • 重量:1.4 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機のおすすめ8. HFS(R) A4ペーパーカッター

HFS(R) A4ペーパーカッター 大型裁断機 400枚まで裁断可能 事務 オフィス用品 ハンドタイプ断裁機
  • 家庭用ながら最大400枚までカットできるので、大量の紙や本の裁断作業に向いている
  • スチール製の硬度が高いカッターだから、綺麗にカットできる
  • 紙をしっかりと固定できるので、紙がずれる心配がない

大量の紙をカットするのに、裁断枚数が少ない裁断機だと作業効率が悪く、時間もかかって疲れてしまいますよね。

『HFS』のペーパーカッターは、最大400枚までカットできます。スチール製のカッターで、硬度があり切り口も綺麗。裁断スピードも速いので、大量の本やノートも短時間で裁断可能。紙をセット後にツマミを締めることでしっかり用紙を固定できるので、紙がずれる心配もありません。

大量の本の自炊作業に、おすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:大型タイプ
  • 裁断可能枚数:約400 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚: 35 (mm)
  • 本体サイズ:60.96 × 43.18 × 25.4 (cm)
  • 重量:16.23 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機のおすすめ9. ダーレー 裁断機 【00448】

ダーレー 裁断機 【00448】 1台
  • 最大裁断幅が1.3mの用紙まで対応可能なので、ポスターや模造紙も綺麗に裁断できる
  • 本体には、マス目入りなので、小さなものをカットする時にもサイズが見やすい
  • ディスクカッターなので、ケガの恐れが少なく安全

市販の裁断機はA4までのものが多いですよね。ただのカッターだと、大きなポスターや模造紙などをまっすぐ切るのは難しく大変ですよね。

『ダーレ』の裁断機は、最大裁断幅が1.3mの用紙まで対応。厚さは約2mm程度、コピー用紙10枚までを一度に裁断できます。本体は縦サイズが149.86cmあり、縦長ながら横は38.42cmなので、縦さえ入れば、置き場所や収納にも困りません。

大きな用紙を綺麗にカットしたい人に、人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ディスクカッタータイプ
  • 裁断可能枚数:約10 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大裁断幅1.3m
  • 裁断厚: 2 (mm)
  • 本体サイズ:149.86 × 38.42 × 10.16 (cm)
  • 重量:12 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:ー

裁断機のおすすめ10. カール事務器 裁断機 DC-F5100

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター スリム A4対応 50枚裁断 DC-F5100
  • 折りたたみ式の省スペース仕様なので、置いていても邪魔になりにくい
  • 2.6kgと軽量なので、出し入れも楽
  • 裁断能力が高いので、家庭用ながら厚紙やノートなどもカットできる

裁断機は重くて大きくて、収納場所に困りますよね。立てておくにも重さがあるので、倒れるのが心配ですよね。

『カール事務器』の裁断機は、本体を折りたたむことが可能です。面積の約35%を減らせる省スペース設計。平置きしていても邪魔になりにくく、お部屋にも置きやすいですよ。重さも2.6kgと軽量で、出し入れも楽にできるのが嬉しいですね。

限られたお部屋のスペースを有効に使いたい人に、人気の裁断機です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ディスクカッタータイプ
  • 裁断可能枚数:約50 (枚)
  • 裁断可能サイズ:最大A4
  • 裁断厚:ー
  • 本体サイズ:36.5 × 51.7 × 8.2 (cm)
  • 重量:2.6 (kg)
  • 刃のメンテナンス方法:自分で替刃

裁断機で、効率よく自炊をしたり資料を作ったりしましょう!

裁断機は資料などの紙のカット、自炊の時にあると便利な道具です。

商品種類も豊富で、値段も1万円以下で買えるものから高額なものまで、商品の性能や特徴も様々。

自分に合った商品選びで、苦戦してしまう人もいるでしょう。

そんな時は、この記事で紹介したおすすめの人気商品を参考に、あなたにぴったりの裁断機を見つけてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事