アディクションドッグフードの評価|安全性や品質の高さなど餌の魅力を解説!

アディクションドッグフードの評判や評価について詳しく知りたい方へ。今記事では、アディクションドッグフードの特徴を詳しくご紹介します。餌の成分や魅力について詳しく解説するので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

アディクションドッグフードとは?|基本情報を紹介

アディクションドッグフードの評価とは?

アディクションドッグフードは、ニュージーランドのペットフードメーカー「アディクション社」が製造販売する製品。日本国内ではY.K.エンタープライズ社が輸入代理店となっています。

アディクション社は獣医師や栄養学者によって創業されており、製品はペットの健康に配慮した安心・安全なものばかり

エコ活動にも積極的で、環境への影響に配慮した製品づくりも評価されているメーカー。ペットにも地球にも優しいペットフードブランドです。


アディクションドッグフードの特徴|メリットを徹底解説

アディクションドッグフードには様々な魅力がありますが、品質や安全性に関する事柄はメリットとして特に注目したい部分です。

ここでは、アディクションドッグフードの特徴でもある品質や安全性について解説していきます。


アディクションの特徴1. 高品質な肉を使用している

アディクションは原材料にこだわりを持つブランド。ドッグフードに使われるお肉も品質の高いものをチョイスしています。

自然な環境で育った食肉を使用しているので、成長ホルモンやステロイドの影響は心配しなくて大丈夫。また、犬にとってアレルゲンとなりやすいチキンは使わず、鹿肉やラム肉、お魚をメインにして作られていることも特徴です。

クリーンで健康的なお肉を主原料にしているアディクションのドッグフードなら安心ですね。


アディクションの特徴2. ニュージーランドの自社工場で生産

アディクションは生産をニュージーランドにある自社工場で行っています。

自社生産は製造工程をしっかり把握し、品質をしっかり管理できることが大きなメリット。委託先任せになることがないぶん、商品の信頼性に不安を感じることがないといえるでしょう。

「どこで作られているかわからないフードは心配」という方も、これなら安心できますよ。


アディクションの特徴3. 合成添加物が不使用

自分が普段食べる食事で合成添加物の有無を気にする方は少なくないはず。大切なワンちゃんにも添加物でコテコテのフードは与えたくありませんよね。

アディクションのペットフードは、合成添加物が加えられていないナチュラルなものばかり。人工保存料や着色料、香料といった余分なものは使われていないので体に優しく、安心して愛犬へ与えられます。

ワンちゃんに安全性の高いフードを食べさせたいなら、ぜひ選んでみたいドッグフードですよ。


アディクションの特徴4. 穀物が不使用のグレインフリー

アディクションのドッグフードはグレイン(穀物)フリーなので、穀物アレルギーのあるワンちゃんにおすすめです。

特にアイリッシュ・セッターなどの犬種は穀物の成分に含まれるグルテンに弱いことが多く、体への影響を考えると穀物が配合されているフードは避けたいもの。アディクションのドッグフードなら安心して与えられますよ。

もちろん、他の犬種でも穀物アレルギーのあるワンちゃんを飼っている方は、ぜひアディクションのドッグフードを選んでみて。


アディクションのドッグフード4種類|特に評価が高い人気の餌を厳選

アディクションドッグフードの特徴が分かったところで、どのような商品があるか気になりませんか。

ここでは、種類豊富なアディクションのドッグフードから特に評価の高い4商品をご紹介します。

購入した飼い主さんからの評判もよく、おすすめできるフードなのでぜひ参考にしてみてください。


アディクションのドッグフード1. ワイルドカンガルー&アップル

アディクション(Addiction) ドッグフード ワイルドカンガルー&アップル 1.8kg
  • 体脂肪率が2%しかない野生のカンガルー肉を使用。脂質が低いフードなので運動量の少ない室内犬にぴったり。
  • ダイエット効果を期待できる成分が豊富。ぽっちゃり体型が気になりだしたワンちゃんにもおすすめ。
  • 平たい形状の粒なので食べやすく、味も良いので食べむらのある子や飽きっぽい子もモリモリ食べてくれる。

ワンちゃんがぽっちゃり体型になってきて、「なんとかしなくては」と心配している飼い主さんは少なくないはず。

『ワイルドカンガルー&アップル』は、野生のカンガルー肉にリンゴを加えた美味しいドッグフード。

体脂肪率2%のカンガルー肉はどのお肉よりも赤身でヘルシー。カンガルー肉にアレルギー反応を示す犬は少なく、どのようなワンちゃんにも安心して食べさせることができますよ。

脂質が少ないうえ、コレステロールを下げる共役リノール酸や便通を良くするペクチンは豊富なので、ぽっちゃり気味のワンちゃんには特におすすめです。

「うちの子はダイエットが必要かな」と感じている飼い主さんはぜひ購入してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約5,000円
  • 主原料:カンガルー
  • 内容量:1.8g
  • カロリー:340.9kcal /100g

アディクションのドッグフード2. ビバ・ラ・ベニソン

アディクション ドッグフード グレインフリー ビバ・ラ・ベニソン(鹿肉) 1.8Kg
  • 高カロリーなので痩せ気味のワンちゃんにおすすめ。少食でも栄養をしっかり補給でき、健康的な体型を維持できる。
  • 鹿肉を好むワンちゃんは多く、他のフードでは食いつきのよくない子もしっかり食べてくれる。
  • 皮膚に対して良い効果を期待でき、痒がるなど皮膚トラブルが心配なワンちゃんに食べさせたいフード。

栄養をしっかり取らせているつもりなのに、ワンちゃんが痩せ気味のままだと不安になることも。

『ビバ・ラ・ベニソン』は、鹿肉(ベニソン)に野菜や果物、腸内環境を整えるプロバイオティクスを配合したフード。アディクションのドッグフードシリーズの中では高カロリー製品であることが特徴。バランスのとれた栄養をタップリ吸収できるから、少食のワンちゃんも健康的に育ちますよ。

スキンケアにも繋がるフードで、「毛艶が良くなった」「体を痒がらなくなった」など口コミの評判が多いことも、皮膚トラブルが気になる飼い主さんには嬉しいポイントです。

「痩せていて心配」「栄養不足かも」と心配している飼い主さんは、ワンちゃんに与えてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約4.600円
  • 主原料:鹿
  • 内容量:1.8g
  • カロリー:428.5kcal /100g

アディクションのドッグフード3. サーモンブルー

アディクション ドッグフード グレインフリー サーモンブルー 1.8Kg
  • 天然サーモンに含まれるオメガ3脂肪酸が脂質の代謝を促してくれるので、太り気味のワンちゃんのダイエット対策になる。
  • ベリー系の果物が使われているので抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富だから。ワンちゃんを若々しく保ってくれる。
  • サーモンをメインにした魚肉系フードなので、動物の肉に対するアレルギーがあるワンちゃんに安心して与えられる。

お肉にアレルギーがあるワンちゃんを飼っていて、フード選びに頭を悩んでいませんか。

『サーモンブルー』は天然のサーモンをベースに、ブルーベリーやクランベリーを加えて作られたフード。ワンちゃんの中にはビーフやラムなどにアレルギーを持つ子がいますが、このフードは動物系のお肉が使われていないので、安心して与えられます。

また、脂質の代謝を促すオメガ3脂肪酸や、抗酸化作用で老化防止を期待できるポリフェノールなど、健康に良い成分が豊富。ぽっちゃりしたワンちゃんやシニアのワンちゃんにもおすすめです。

体質的な不安や健康面が心配なワンちゃんを飼っている方は、ぜひこのフードを食べさせてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約4,000円
  • 主原料:サーモン
  • 内容量:1.8g
  • カロリー:346.0kcal /100g

アディクションのドッグフード4. ル・ラム

アディクション ドッグフード グレインフリー ル・ラム 1.8Kg
  • 低カロリーなラム肉が主原料なので、室内飼いのように運動量の少ないワンちゃんにぴったり。
  • オールステージ対応フードだから、仔犬からシニア犬まで年齢を気にしないで与えられる。
  • 腸内環境を整えるプロバイオティクス配合フード。お腹が弱いワンちゃんも安心して食べられる。

運動量が少ない室内飼いのワンちゃんだと、一般のフードでは栄養過多になることも。無駄に栄養をつけて太ってしまわないか心配になりませんか。

『ル・ラム』は、自然環境に近い牧草地で育ったラムの肉をベースに、ベリー系の果物や各種ハーブを配合したフード。

低カロリーでビタミンBが豊富に含まれているので、運動不足になりがちなワンちゃんの餌として特におすすめ。オールステージ対応だから給餌量さえ気をつければ仔犬からシニア犬まで幅広く与えられますよ。

「離乳から与えているけれどお腹の調子が悪くならない」「15歳になる子がよく食べてくれる」と口コミの評判も上々。

マンション住まいなどで、散歩の頻度が少なくなりがちな飼い主さんは、ぜひ食べさせてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:約3,500円
  • 主原料:ラム
  • 内容量:1.8g
  • カロリー:324.0kcal /100g

初めてアディクションを与える際の切り替え方法とは?

これまで与えていた餌からアディクションのドッグフードへ切り替える時は、いきなり全量を与えるのは避け、少しずつ慣らすようにしていきましょう。

突然違うフードになるとワンちゃんはお腹を壊してしまうことがあるからです。

今まで与えていたドッグフードに、毎日少しずつアディクションドッグフードを混ぜていき、2週間から1カ月を目処に切り替えが完了するようにしましょう。


【総評】安全性が高く、アディクションなら安心してワンちゃんに食べさせてあげられる。

自分では食べ物を選べないワンちゃんだからこそ、飼い主さんには良いものを選んでほしいもの。

アディクションのドッグフードは、ニュージーランドの豊かな自然で育った食肉をベースにしたナチュラルな製品。安全性の評価が高く、大切な愛犬に安心して毎日与えられるドッグフードとなっています

ワンちゃんが喜んで食べる健康的なドッグフードを探している方は、ぜひ選んでみてくださいね。


【参考記事】他にもある本当に良いドッグフードを厳選しました!▽

【参考記事】安いけど高品質なドッグフードを紹介!▽

【参考記事】高品質で安全性が高いプレミアムドッグフードもチェック!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事