日焼けした後にすべきアフターケアとは?痛みや赤みを抑えるコツをお教えします!

日焼けした後にすべきアフターケアを知りたい方へ。本記事では、日焼けした後にアフターケアが大事な理由から、正しい日焼けケアの方法やコツまで大公開!おすすめのスキンケアグッズも紹介しているので、気になった方はぜひ活用してみてください!

日焼けした後のアフターケアが重要な理由とは?

日焼けした後にすべきアフターケアとは?

「気づいたら日焼けしていた」という経験は誰しもあるでしょう。しかし「たかが日焼け」と放置するのはNG。なぜなら肌は悲鳴をあげているからです。

そこで今記事では、日焼けした後のアフターケアの重要性について詳しくご紹介します。女性のみならずメンズの方にも大切なお話ですので、最後までお読みください。


アフターケアをすべき理由1. 軽い炎症によって痛みが生じるから

日焼けした後に、肌が赤いことはありませんか。

赤い理由は紫外線によって肌が炎症を起こしているから。これは火傷しているのと同じ状態

ひどい日焼けになると、赤くただれたりぶつぶつと水ぶくれができてしまったりして、病院で治療を行わないといけない事態に陥ることもあります。

「ちょっとした日焼けだから大丈夫」と思っていても、放置していると症状が悪化してヒリヒリとした痛みが出てくる場合があるので、きちんとケアすることが大切です。


アフターケアをすべき理由2. シミやくすみのもとになるメラニンを生成するから

シミやシワ、くすみなどの肌老化は年齢を重ねたせいだと思われがち。

確かに加齢のせいもありますが、長年紫外線を浴び続けた影響が原因になっているかも。

日焼けした後にアフターケアを怠ると、メラニン色素が増えていきます。そして過剰に生成されたメラニンが肌に蓄積してしまい、シミやシワ、くすみにつながってしまうのです。


アフターケアをすべき理由3. 乾燥しているので、肌トラブルの原因になるから

肌には本来、水分を閉じ込めたり異物の混入を防いだりする「バリア機能」が備わっています。このバリア機能のお陰で、肌は潤いのある健康な状態が保てるのです。

しかし日焼けをすることで、肌のバリア機能が低下して水分保持ができなくなり、乾燥していきます。

そして日焼けによって乾燥した肌は、様々な肌トラブルにつながってしまうのです。


日焼けした後のアフターケアの基本|痛みや赤みを抑えるコツをお教えします!

日焼けのせいで、肌が赤くなったりヒリヒリ痛みが出たりしてしまうことってありますよね。

しかし、きちんとケアすることで、症状を緩和できます。

そこでここからは、日焼けした後に行うアフターケアの基本についてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。


日焼けケアの基本1. 日焼けした部位を冷やす

日焼け後の肌が赤いのは、軽い火傷をしたのと同じ状態。

まずは肌を冷やして火照りを鎮めて、炎症の進行を緩やかにしましょう。

日焼けに気づいたらすぐに冷やすことが大切。保冷剤や冷たい飲み物などで大丈夫だから。タオルに包んで日焼けした箇所に当ててくださいね。

また、流水で冷やしたり、濡れタオルで冷やすのもおすすめですよ。


日焼けケアの基本2. 化粧水や乳液でしっかり保湿する

日焼けをすると水分が失われるので、肌が乾燥します。

肌の赤みや火照りが落ち着いたら、スキンケア用品でたっぷり水分を補給して、肌の潤いを維持しましょう。

しかし、日焼けした直後の肌はとても敏感になっているので、化粧水をつける際に強くパッティングするのは絶対にNG。優しく肌に馴染ませるようにつけましょう。

また、使用する量が少ないと潤いが十分に行き渡りません。たっぷりつけて、しっかり保湿するのが大切です。


日焼けケアの基本3. 美白ケアアイテムでシミを予防

肌が落ち着いてきたら、美白ケアアイテムを取り入れてみましょう。

普段のスキンケアを美白成分が配合された化粧水や乳液に変えたり、美白効果のある薬用美容液やパックをプラスしてできる限りシミを予防しましょう。

※「美白」は、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐケアのことを指します。


【部位別】日焼けした後のアフターケアのやり方とは?

太陽の日差しを浴びれば、頭のてっぺんから足の先まで日焼けは起こります。しかし、お手入れの方法は日焼けした部位によって異なるのです。

そこでここからは、日焼けした後の部位別アフターケアのやり方について詳しくご紹介します。


アフターケアのやり方1. 顔

顔の皮膚は全身の中でも特に薄いので、とてもデリケート。

しかも、日焼けをしたことで肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすく、普段よりも刺激に弱い状態になっています。刺激を与えないように注意しながら、丁寧に保湿するようにしてください。

また、日焼けしてデリケートになっている肌は、いつも使用しているスキンケア用品であっても、刺激になる場合があります。肌の状態が落ち着くまでは、刺激の少ないものを使用するのが良いでしょう。

幸い顔は美白ケアができるアイテムが多いので、薬用のものや低刺激のものを選ぶように保湿してシミを予防してくださいね。


アフターケアのやり方2. 体

薄着で肌の露出が多い時に紫外線を浴びると、日焼けが広範囲になります。

体のように日焼けが広い範囲の時は、冷たいシャワーを浴びることで、効率よく冷やせるのでおすすめです。

この時、ボディタオルやスポンジでゴシゴシ洗うのはNG

日焼けしている肌にとって摩擦は大きなダメージになってしまうので、シャワーから上がった後はポンポンと押すように水を拭き取ってくださいね。

赤みや火照りが落ち着いてきたら、ボディローションやミルクなどで、こまめに保湿してください。


アフターケアのやり方3. 唇

唇が日焼けをすると、乾燥してカサついたり赤く腫れたりしてヒリヒリ痛いですよね。

日焼けが悪化すると、水膨れや色素沈着になる場合があるので注意が必要です。

アフターケアのやり方は他の部位と同様、まずは冷やして炎症を和らげましょう。

ただし、唇に直接保冷剤や氷をつけるのはNGです。刺激が強すぎるだけではなく、唇が張り付いてしまう危険性があります。

保冷剤はガーゼやハンカチに包んで優しくあてましょう。氷はビニール袋に入れて水を加え、氷水にして使うようにしてください。

保湿は顔と同様ですが、唇用のパックも販売されているので、試してみてくださいね。


アフターケアのやり方4. 髪や頭皮

紫外線を浴びることで、髪や頭皮は肌同様ダメージを受けます

乾燥で髪はパサつき、頭皮はかゆみが現れることもありますが、かゆくて頭皮を引っ掻いてしまうと炎症が強くなったり、色素沈着してしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

また、髪を洗う時はゴシゴシ擦ることは避けて。低刺激のシャンプーを使い、よく泡立てた泡で優しく洗うようにします。

そしてコンディショナーやトリートメントを傷んだ毛先を中心につけて、馴染ませながら洗い流しましょう。


日焼けは予防が大事!日焼け止めの選び方とは?

日焼けは未然に防ぐのことが大事。それには日焼け止めクリームを使用するのが有効です。

最近では、メンズ用の日焼け止めも見かけるようになったので男女問わず日焼けケアをしましょうね。

ところで、日焼け止めクリームでよく見かける「SPF」「PA」という表記の意味をご存知でしょうか。

  • SPFは、肌が赤くなる日焼けの原因になるUV-B(紫外線B波)を防ぐ指標で、1〜50(50以上は50+)の数値で表示されます。 - PAは、肌のシミ・シワ・たるみの原因になるUV-A(紫外線A波)で、+〜++++の4段階で表示されます。

このSPFとPAの数値は、使うシーンによって選ぶのがおすすめ

例えば、日常生活で使用するならば、SPF20前後・PA+~++くらいで十分でしょう。炎天下のスポーツならば、SPF30~50+・PA++~++++くらい強いものが必要になります。

【参考記事】はこちら▽


日焼け後のアフターケアもしっかりして、綺麗な肌を保っていこう。

日焼けで肌が赤くなって痛いのは辛いですよね。強い日差しを浴びてしまったら、できるだけ早く肌を冷やしてあげましょう

そして日焼け止めクリームを使って未然に日焼けを防ぐのも忘れないように。

日焼けした後のアフターケアをきちんとして、いつまでも潤いのある肌を保っていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事