筋トレでニキビが改善できる?運動をすることで得られる美肌効果と注意点をご紹介します!

筋トレとニキビの関係を知りたい人へ。本記事では、筋トレや運動が肌に与える良い影響から、トレーニングで肌荒れを抑えるコツまで大公開!ニキビが気になっている男女にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

筋トレや運動はニキビ肌に良い影響を与える|どんなメリットがあるの?

筋トレでニキビが改善できる?

筋トレや運動は体を鍛えるだけでなく、肌にもいい影響を与えます。

そこで今回は、肌荒れに悩む人が筋トレや運動をすることで得られる3つのメリットをご紹介します。肌に悩みがある人は、ぜひ参考にしてみてください。


メリット1. 肌のターンオーバーの促進してくれる

肌は一定の周期で生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。

ターンオーバーは大体28日間の周期で起きていますが、運動不足が原因で乱れてしまうことも。ターンオーバーがうまく行われないと古い角質が肌に残って毛穴が詰まり、ニキビの原因になってしまいます。

筋トレや運動を日常的に行うことで、ニキビが出来にくい肌を作ることができますよ。


メリット2. 線維芽細胞の活性化や成長ホルモンの分泌量が増える

線維芽細胞が活性化する

線維芽細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸をつくる細胞のことで、綺麗な肌を作る上で欠かせません。成長ホルモンはターンオーバーを促し、皮下組織の水分を保つ働きをするホルモンです。これらは加齢とともに減っていく傾向にあります。

しかし、筋トレや運動をすることで線維芽細胞を活性化したり、成長ホルモンの分泌量をアップしたりする効果があります。

肌荒れやニキビの悩みを解消するには、筋トレを行って内側から綺麗になることが大切です。


メリット3. 睡眠の質が高まり、肌が綺麗になる

睡眠の質が高まり肌がきれいになる

美肌に必要なメラトニンと成長ホルモンは、寝ている間に分泌されるもの。メラトニンには抗酸化力があり、老化を抑えてくれる効果があります。

運動すると、適度に体が疲れて眠りが深くなる傾向にあります。深い眠りについていると、メラトニンと成長ホルモンが多く分泌され、美肌に効果的。

一方、運動不足になるとなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなったり睡眠の質が低下する原因になるので注意しましょう。


筋トレや運動でニキビが増える原因|肌荒れを抑えるポイントも紹介します!

筋トレや運動でニキビができる原因

筋トレや運動を始めてニキビが増えてしまった場合、実は行動に原因があります。

今回は、筋トレや運動でニキビが増える5つの原因と予防をご紹介します。どれもポイントを抑えるだけで予防できるものばかり。肌トラブルを引き起こす行動をしていないか、チェックしてみましょう。


原因1. バッチリメイクしたままトレーニングをしているから

メイクをしたままトレーニングをすると、汗をかいて毛穴が開いた状態の肌に、化粧品の粒子が入り込んでしまいます。粒子が肌に詰まってしまうことで肌荒れの原因に。また、既にニキビがある場合、隠そうとメイクするのも逆効果です。

一番の予防策はノーメイクで運動をすることですが、メイクをしたままトレーニングしたいこともありますよね。そんな時は、肌への負担が少ないミネラルコスメを使いましょう。

また、汗をかいて出た皮脂は放置すると詰まってしまうので、帰ったらすぐクレンジングをして、丁寧にスキンケアすることも大切です。


原因2. 汗をしっかり拭き取っていないから

汗を拭きとってない

筋トレや運動をしていると、たくさん汗をかきますよね。かいた汗を放置していると、細菌が増えてニキビが出来やすくなってしまいます。

また、汗が乾燥することで増えた雑菌が原因になることも。男性の方が肌の水分量が少なく、乾燥肌になりやすい傾向があるので要注意です。

肌トラブルを起こさないためには、こまめに汗を拭くことを意識してください。この時のコツは、タオルや汗拭きシートを使って優しく抑えるように拭くこと。こすると肌に負担をかけてしまうので注意しましょう。肌が傷つくと、少しの刺激でも肌荒れしやすくなってしまいます。


原因3. ジムのトレーニングマシンに触った手で肌に触れているから

ニキビや肌荒れが起こる大きな原因は細菌です。ジムのトレーニングマシンなど、不特定多数の人が触れるものは、細菌の温床になっている可能性が高いでしょう。そのまま顔を触ると肌荒れが起きてしまいます。特に汗をかいている時は、顔のべたつきが気になって無意識に触れてしまいますよね。

ジムでの肌荒れを抑えるコツは、顔を触らないように意識するか、手を綺麗に洗ってから触ること。また、トレーニング後はシャワーを浴びて清潔な肌にすることが大切です。すぐにできない場合はボディシートで体を拭くだけでも効果がありますが、帰宅後しっかりと体を洗いましょう。


原因4. トレーニングウェアが肌に合ってないから

トレーニングウェアが肌に合ってない

背中ニキビが出来てしまう人は、トレーニングウェアの素材が合わなくてかぶれてしまったり、汗で蒸れてしまったりすることが原因です。

予防策として、通気性が良いコットンを選ぶと汗が肌に付着したままにならず、肌荒れしにくくなります。また、汗をとどめておかないように、速乾性がある生地を選ぶのもおすすめ。肌が弱い人は敏感肌用のトレーニングウェアもあるので、チェックしてみてくださいね。

どの素材でも、一番大切なのはトレーニングウェアを清潔に保つこと。せっかく肌に合うものを買っても、清潔でないと肌トラブルに繋がる可能性も。トレーニングウェアは着用後、すぐに洗うようにしましょう。


原因5. 食生活が偏ってしまっているから

筋トレや運動が習慣になっている人こそ気をつけたいのが食生活。置き換えダイエットなどをすることで、無意識に栄養が偏っているかもしれません。もちろん食べ過ぎは良くありませんが、食べなさすぎても栄養素が足りず、ニキビが悪化する恐れがあります。

食生活のポイントは、ターンオーバーを整えるビタミンA、肌荒れを解消しやすくするビタミンE、肌を作る土台のタンパク質を積極的に摂取することです。また、「発育のビタミン」と呼ばれるビタミンB2も、皮膚の細胞を再生する役割を持っています。

毎日の食事バランスを意識して、食事から摂取するのは難しいという場合は、サプリに頼るのもおすすめです。


筋トレや運動を行って、艶のある美肌を目指そう。

つやのある美肌を目指そう

筋トレや運動はニキビなどの肌荒れに効果的ですが、間違った行動をしないように注意しましょう。

5つの原因と予防のコツを抑えておけば、男女問わず綺麗な肌を手に入れることができます。

筋トレや運動は自宅でも簡単に始められるので、美肌のために取り入れてみてください。続けることで、3つのメリットを実感できるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事