ガソリンストーブのおすすめ10選|氷点下でも安定して使える人気器具を解説

おすすめのガソリンストーブをお探しの方へ。今記事では、ガソリンストーブの特徴や選ぶポイントから、おすすめの暖房器具まで詳しくご紹介します。キャンプなどアウトドアで役立つ人気のストーブも解説するので、ぜひチェックしてみてください!

ガソリンストーブとは?

ガソリンストーブとは?

ガソリンストーブとは、高純度のホワイトガソリンを燃料としたアウトドア用のストーブのこと。

ガスバーナーと違い、ホワイトガソリンは氷点下の環境でも安定した火力を発揮する燃料で、特に冬登山や冬キャンプでその威力を発揮します。

調理器具としてはもちろん時には暖を取るための暖房器具としても使え、オールシーズンアウトドアを楽しみたい方には欠かせない定番ギアの一つです。


ガソリンストーブの選び方|購入する前に確認すべき点とは

登山やキャンプの前にぜひ揃えておきたいガソリンストーブですが、いろいろな種類が販売されています。ガソリンストーブを購入する時は、どんな点をチェックして選べば良いのでしょうか。

ここではガソリンストーブの選び方のポイントを詳しく解説します。


ガソリンストーブの選び方1. 一体型or分離型|持ち運びやすさや調理のしやすさで選ぼう!

ガソリンストーブは大きく分けると、「一体型」と「分離型」の2種類があります。

  • 一体型
    燃料タンクと五徳部分が一体となっており、比較的コンパクトで軽量。ツーリングや登山をする時など荷物を極力少なくしたい方におすすめのタイプです。

  • 分離型
    燃料タンクバーナー部分が分かれています。タンクとバーナーの間に一定の距離を保つことで安全性が高く、また重心が低いので安定感があるのがメリット。「一体型」よりも火力が強いモデルが多く、ダッチオーブンや大鍋も使えるため、家族やグループでキャンプする時の調理に便利です。


ガソリンストーブの選び方2. 燃料のタイプ|ホワイトガソリンが一般的!

市販されているガソリンストーブの燃料は、

  • ホワイトガソリン
  • 灯油
  • レギュラーガソリン

などがあります。

中でもホワイトガソリンは主燃料で、高火力の燃料で、気圧や気温に左右されにくく、標高の高い場所や低温下でも安定して使えます。

他には、家庭用ストーブで使われる灯油や自動車用のレギュラーガソリンも使用できるタイプ「マルチフューエル式」もあります。

寒い季節は火力の強いホワイトガソリン、暖かい時期は灯油など、季節によって燃料を使い分けるのがコツです。


ガソリンストーブの選び方3. 付属品の有無|タンクや収納袋などあると便利なモノがセットになっているか

ガソリンストーブを選ぶ時は、タンクが付いているか、収納袋が付いているかなど、付属品もしっかり把握しておきましょう。

基本的には燃料は別売りされていることが多いのですが、セットになっていると別々で購入するよりお買い得ですよ。

また、収納袋はキャンプや登山でガソリンストーブを携帯する時に便利。ガソリンストーブの使用に必要なものをまとめて収納できるので、なるべく収納袋つきのガソリンストーブを選びましょう。


ガソリンストーブのおすすめ10選|寒冷地でも安定して使える人気器具を大公開!

アウトドアシーンで大活躍するガソリンストーブ。キャンプや登山に出かける前に揃えておきたいものですが、種類が多くてどれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いはず。

そこで、おすすめのガソリンストーブを厳選してご紹介します。

ガソリンストーブの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ガソリンストーブのおすすめ1. MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト インターナショナル 灯油/ガソリン用

MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト インターナショナル 灯油/ガソリン用 【日本正規品】 36633
  • ホワイトガソリン、灯油、ディーゼルと複数の燃料で使用できる
  • 過酷な環境下でも安定して火力を発揮し、暖を取ったり食事を作ったりすることができる
  • 高火力で収納もコンパクトなので、本格的な登山やキャンプ用のガソリンストーブを探している方におすすめ

「冬の登山でも安定して使えるガソリンストーブが欲しい。」積雪や強風など、過酷な環境では、ガソリンストーブが使えないと死活問題ですよね。

こちらの『ウィスパーライト イン ターナショナル』は、「MSR」のガソリンストーブの定番モデル。高火力で火力の微調整もしやすく、安定して使えるガソリンストーブです。

灯油やホワイトガソリンなどいろいろなタイプの燃料を使えるのも好ポイント。

どんな環境でも安定して使える定番ガソリンストーブなので、一年中登山したいという方はぜひ使ってみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:分離型
  • 燃料:ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油、ディーゼル
  • 発熱量:2772kcal/h
  • 収納サイズ:15 × 9 × 9 (cm)
  • 重さ:441g
  • 付属品:収納袋
  • メーカー:MSR

ガソリンストーブのおすすめ2. OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104

OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104
  • 100年以上生産されている登山用ガソリンストーブのベストセラーで人気が高い
  • 本体はソリッドブラスで、使い込むにつれ風合いを増す
  • 手間のかかるプレヒートや独特の燃焼音も楽しみの一つと考える、ガソリンストーブ好きの方におすすめ

「ガソリンストーブを使うなら、プレヒートから点火する手順や燃焼音も楽しみたい」昔ながらのスタイルのガソリンストーブに趣きを感じるキャンパーも多いはず。

「オプティマス」のガソリンストーブは、100年以上生産され続けているベストセラー。プレヒートの手順を踏めば氷点下の環境でもしっかり着火し、独特の燃焼音を楽しめるのでファンの多い商品です。

本体のソリッドブラスが風合いを増し、使い込むほどに愛着が沸いてきます。

ガソリンストーブを使うまでのプロセスもキャンプの醍醐味の一つと考える、ガソリンストーブ愛好家におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 発熱量:1300kcal/h
  • 収納サイズ:10 × 13 (cm)
  • 重さ:550g
  • 付属品:収納袋
  • メーカー:OPTIMUS(オプティマス)

ガソリンストーブのおすすめ3. ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371
  • 独自の構造で予熱する必要がなく、手間がかからず操作性が高い
  • ノズルを交換せずに自動車用のレギュラーガソリンを使用できる
  • 大きな五徳と低重心設計で安定感が高く、大鍋で調理をしたい方におすすめ

ガソリンストーブを使って大鍋で調理をする時は、鍋がぐらぐらしないか、倒れてしまわないか心配になるもの。

アウトドア用品の人気ブランド「ソト」の『MUKAストーブ』は、直径25cmの鍋まで置ける大きな五徳がある分離型ガソリンストーブです。重心が低く設計されているから安定感も抜群で、安心して大鍋料理を楽しめるはず。

家族でキャンプをする時に、一緒にカレーや豚汁などを作りたいという方は、ぜひこちらのガソリンストーブを選んでみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:分離型
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 発熱量:4700kcal/h
  • 収納サイズ:8 × 6.5 × 8 (cm)
  • 重さ:332g
  • 付属品:専用収納ケース、風防、メンテナンスキット
  • メーカー:SOTO(ソト)

ガソリンストーブのおすすめ4. コールマン スポーツスターⅡ(プラスチックケース付) 0508A700J

(コールマン) Coleman ガスストーブ カートリッジ2本使用 500英熱量
  • 100年以上の歴史を誇る老舗アウトドアブランド「コールマン」の定番商品なので安定した性能を求める方におすすめ
  • ホワイトガソリンと無鉛ガソリンに対応しており、どんな天候や環境でも長時間燃焼と強力な火力を発揮する
  • コンパクトながらアウトドアでの調理を手軽に楽しめる

冬キャンプや冬登山に欠かせないガソリンストーブですが、荷物が増えるのは困りますよね。

「コールマン」の『スポーツスターⅡ』は、コンパクトさが魅力の一体型モデル。

ホワイトガソリンを燃料とし、経済的で安定した高火力を発揮します。バーナーヘッドのグレートは炎を風から守る役割も果たし、アウトドアで確実な火力を提供します。

コンパクトに収納できるプラスチックケース付きで、持ち運びに便利

キャンプや登山に持っていくのにちょうど良いコンパクトで実力のあるガソリンバーナーなら、『スポーツスターⅡ』がイチオシです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 発熱量:2125kcal/h
  • 収納サイズ: 14 × 14 (cm)
  • 重さ:960kg
  • 付属品:プラスチックケース
  • メーカー:コールマン

ガソリンストーブのおすすめ5. コールマン デュアルフューエル 533

(コールマン) Coleman ガスストーブ カートリッジ2本使用 500英熱量
  • 100年以上の歴史を誇る老舗アウトドアブランド「コールマン」の定番商品なので安定した性能を求める方におすすめ
  • ホワイトガソリンと無鉛ガソリンに対応しており、どんな天候や環境でも長時間燃焼と強力な火力を発揮する
  • コンパクトながらアウトドアでの調理を手軽に楽しめる

定番スタイルのガソリンストーブには有名メーカーの類似品も多く出ていますが、性能が不安という方も多いはず。

「コールマン」の『デュアルフューエル 533』は、安定した性能を発揮するガソリンストーブの定番モデル。デュアルフューエルタイプで気温や天候に関わらずオールシーズン対応でき、強力な燃焼力を発揮します。

「さすがコールマン」とキャンプ場で人気のベストセラー商品なので、性能重視でガソリンストーブを選びたい方におすすめします。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ホワイトガソリン、無鉛ガソリン
  • 発熱量:―
  • 収納サイズ: 16 × 16 × 18 (cm)
  • 重さ:―
  • 付属品:なし
  • メーカー:コールマン

ガソリンストーブのおすすめ6. PQZATX キャンプガソリンストーブ

PQZATX キャンプガソリンストーブ ポータブル屋外ストーブ ミニ液体燃料アルコールキャンプピクニックバーナーガソリンオイルストーブ調理器具
  • 安定感が強く最大5kgの耐荷重なので鍋料理も楽しめる
  • -20度の環境まで対応できオールシーズン使える
  • 本格的なガソリンストーブながら約5,000円と安く、コスパ重視の方におすすめ

ガソリンストーブを初めて購入する時、いきなり高価な商品を買うのは躊躇してしまいますよね。

「PQZATX」のガソリンストーブは本格的な一体型ガソリンストーブながら、価格は約5,000円と安い商品。低気温でも稼働し耐荷重も約50kgと丈夫で、携帯しやすいサイズ感も魅力です。一年中キャンプや登山で活躍するでしょう。

小型ガソリンストーブをコスパ良く購入したいという方は、ぜひチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 発熱量:―
  • 収納サイズ: 14.5 × 13.7 × 15.5 (cm)
  • 重さ:―
  • 付属品:炉体、ノズル、ファンネル、分解ツールセット
  • メーカー:PQZATX

ガソリンストーブのおすすめ7. ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372
  • バーナー本体に巻き付けるようにゴトクが収納でき、コンパクトで荷物がかさばらない
  • すり鉢状のバーナーヘッドと炎口数300個の全炎型火口により炎が風にあおられることなく、抜群の耐風性を発揮する
  • 寒さに強く強風下でも使えるから、登山の上級者におすすめ

キャンプや登山中に風が強くてガソリンストーブを使えなかったという、経験がある方も多いはず。

「ソト」の『ストームブレイカー』は、独特の耐風性に優れたデザインで風が強くても炎が流されずガスを無駄にせず火を点けられます。燃料はガソリンもガスも使用でき寒さに強い強火力を発揮。フレキシブルホースや回転収納式ゴトクでコンパクトに収納できるから、登山中の荷物にならず強い味方になるでしょう。

天候を気にせずに安定して使えるガソリンバーナーを探している方におすすめの上級者向けモデルです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:分離型
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 発熱量:3500kcal/h
  • 収納サイズ:7 × 9.5 (cm)
  • 重さ:205g
  • 付属品:専用収納ケース、風防、メンテナンスキット
  • メーカー:SOTO(ソト)

ガソリンストーブのおすすめ8. MSR アウトドア シングルバーナー・ストーブ ドラゴンフライ

MSR アウトドア シングルバーナー・ストーブ ドラゴンフライ 【日本正規品】 36030
  • ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油、ディーゼルとマルチフューエル対応で便利
  • 革新的な二重パルプ設計で弱火から強火まで調節自在
  • 火力調節がしやすいので、キャンプ場で本格調理をしたい方におすすめ

キャンプにも慣れてくるとガソリンストーブでお湯を沸かすだけでなく、手の込んだ料理を作りたくなるもの。でもガソリンストーブは火力調節が難しいですよね。

「MSR」の『ドラゴンフライ』はマルチフューエルに対応し、弱火から強火まで火力調節が自在。とろ火でじっくり煮込んだり、強火で肉を焼いたり、コンパクトながらいろいろな料理に挑戦できます。

バックカントリーでも自宅でするような本格料理に挑戦したいという方には、絶対おすすめのガソリンストーブです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:分離型
  • 燃料:ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油・軽油(ディーゼル)、ジェット燃料
  • 発熱量:2192kcal/h
  • 収納サイズ:18 × 12 × 9 (cm)
  • 重さ:395g
  • 付属品:収納袋
  • メーカー:MSR

ガソリンストーブのおすすめ9. Tickas ステンレス鋼ガソリンストーブポータブルアウトドアキャンプバックパッキングストーブ

Tickas ステンレス鋼ガソリンストーブポータブルアウトドアキャンプバックパッキングストーブ
  • 頑丈で錆ないステンレス製なので、錆つきが心配な人におすすめ
  • ディーゼル、灯油、ホワイトガソリンに対応しており汎用性抜群
  • コンパクトなサイズで収納ケースも付いているので、バックパッキングやソロキャンプに最適

アウトドアで使うガソリンストーブだから、長く使い続けているとどうしても錆ついてしまいます。

「Tickas」のガソリンストーブは、ステンレス鋼で作られていて丈夫。錆びつく心配がなく、海辺のキャンプなどでも安心して使えます

マルチフュエールタイプで、ディーゼルや灯油でも使用可能で、重さはわずか390gと軽量なのも魅力。コンパクトに収納できバックパックに入れても邪魔になりません。

丈夫で錆付かないステンレス製なので、長く愛用したい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ディーゼル、灯油、ホワイトガソリン
  • 発熱量:ー
  • 収納サイズ: 10 × 12 (cm)
  • 重さ:390g
  • 付属品:オイルボトル、漏斗、収納袋
  • メーカー:Tickas

ガソリンストーブのおすすめ10. KKmoom キャンプクッカーセット

KKmoom キャンプ用食器 キャンプクッカーセット 9ピース ステンレス鋼 ガソリンストーブ 調理鍋 パンスポークスクープ クリーニングスポンジ オイルボトル漏斗 小型 軽量 収納袋付き 屋外 登山 旅行用品
  • ガソリンストーブだけでなくポット、パン、スポークなど料理に必要なものが全てセットになっているので、初心者におすすめ
  • スポークやスクープは折り畳み式でコンパクトに収納できる
  • 一式をまとめて収納できるメッシュサック付きで、荷物の整理がしやすい

キャンプや登山に初めて挑戦しようという人は、装備など揃えるものが多いですよね。ガソリンストーブだけでなくポットやパンなどアウトドアクッキングに必要な全てを一つずつ揃えるのは面倒です。

「KKmoom」の『キャンプクッカーセット』は、ストーブ、ポット、パン、スクープ、スポークなど、屋外での調理に必要な物が全てセットになって1万円以下と安いのが魅力的。細々とした付属品も全部収納できるメッシュ袋付きだから、荷物の整理もしやすいですよ。

ガソリンストーブだけでなくキャンプでの食事に必要な道具が一式揃っているから、キャンプや登山初心者におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 形状:一体型
  • 燃料:ディーゼル、灯油、ホワイトガソリン
  • 発熱量:ー
  • 収納サイズ: 10 × 12 (cm)
  • 重さ:860g
  • 付属品:石油ストーブ、ポット、パン、スクープ、スポーク、クリーニングスポンジ 、じょうごオイルボトル(空)、収納バッグ
  • メーカー:KKmoom

登山やキャンプなどアウトドアでガソリンストーブは欠かせない。ぜひ一つ用意しておこう!

どんな環境でも安定した高火力でアウトドアでの調理を可能にするガソリンストーブ。登山やキャンプ好きの方には欠かせない必需品ですが、種類が多いので商品選びに迷う方も多いでしょう。

今記事では数千円で購入できるコスパの高いガソリンストーブものから本格的な上級者向けのものまで、幅広い商品をご紹介しました。

ガソリンストーブの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


【参考記事】ガスバーナーのおすすめ特集もチェック!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事