モバイルスキャナーおすすめランキング|人気の小型ハンディタイプを徹底比較!

おすすめのモバイルスキャナーをお探しの方へ。本記事では、モバイルスキャナーの選び方&比較方法から、おすすめ人気ランキングまで大公開!小型で手軽に持ち運びできA3サイズまで対応してるモバイルスキャナーも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

モバイルスキャナーとは?

モバイルスキャナーとは

モバイルスキャナーとは、小型で手に持ったまま書類を読み込み、データ化できるアイテムです。別名「ハンディスキャナー」とも呼ばれており、書類や名刺、写真、レシート、子供の作品など、様々なペーパー類をデータで保存できます。

コードレスで持ち運びができる上、Wi-FiがあればPCやタブレットなどの端末へデータを送り、閲覧できるのも魅力。

手持ちの紙類がグッと減り、紛失したり、重いファイルを持ち歩いたりしなくて済むため、ビジネスにも家庭にも重宝するアイテムですよ。


モバイルスキャナーの選び方|小型でも使いやすい機器の見つけ方とは

ペーパーレス化ができ、デスク周りや書類棚もすっきりさせられるモバイルスキャナー。各メーカーでは、様々なスキャナーを販売していますが、自分が求めている機能がなければ使い勝手の良さを感じられません。

ここでは、モバイルスキャナーの選び方を詳しくご紹介します。


モバイルスキャナーの選び方1. スキャンしたいデータに合わせて解像度を選ぶ

写真や繊細なタッチの絵などをスキャンしたい場合、あまりに解像度が低いと、画質が悪く、綺麗な仕上りのまま残せません。あまりに画質が粗いと、せっかくの素敵な画像も台無しですよね。

販売されているスキャナーには、各々解像度が設定されています。解像度を示す単位「dpi」が高いほど綺麗な仕上りに

写真の焼き増しも現物に近い状態で残したい人は、解像度の高い1200dpi程度のスキャナーを選びましょう。

カラー書類やデザインが複雑なものを綺麗に残すなら900dpi程度、一般的な白黒の書類なら300~600dpi程度で問題なく使用できますよ。


モバイルスキャナーの選び方2. スマホやタブレットでデータ閲覧したいならWi-Fi機能が搭載されているモデルを選ぶ

会議や勉強会などでは、他の人とデータ化した書類を共有することもありますよね。Wi-Fi機能がないと一旦PCに読み込まなくてはならず、共有までのステップが増えてスムーズさに欠けてしまうのが難点。

Wi-Fi機能搭載のスキャナーは、スキャナーからクラウドやメールなどに直接データ移行でき、PCの容量を増やすこともありません

使用端末に直接送信できるため、自分以外の人に発信することが目的の人はWi-Fi搭載のスキャナーを選びましょう。


モバイルスキャナーの選び方3. 電源タイプを選ぶ

モバイルスキャナーには「バッテリータイプ」と「電池タイプ」の2種類の電源タイプがあり、それぞれメリットが異なります。双方の特徴を比較しておかないと、使い勝手の悪さに直結しますので、しっかり把握して自分に合ったタイプを選びましょう。

■バッテリータイプのメリット

  • PCやコンセントから給電でき、低コストで使える
  • 充電できればワイヤレスでも使用できる

■電池タイプのメリット

  • コードレスで持ち運びしやすい
  • コードの長さが不足してスキャンを妨げることがない
  • 充電切れにも即対応できる

双方を比較すると、大きな違いはコストやコードの有無に違いがあります。低コストを重視するならバッテリー式、持ち運びやすさを重視するなら電池タイプと、使用場所や目的に合わせて選ぶのがおすすめです。


モバイルスキャナーの選び方4. 小さくてもA4サイズの用紙をスキャンできる商品がおすすめ

モバイルスキャナーの持ち運びやすさを考えると、どうしても小型の商品を選んでしまうもの。しかし、あまり幅の小さいスキャナーを選ぶと、用紙を折って2回スキャンし合成するなど手間がかかります

多くのスキャナーは、名刺サイズやB5サイズなどサイズの小さいものにも対応していますが、一般的に配布される資料などはA4が標準サイズです。

一発でデータを読み込みたい人は、コンパクトでもA4をスキャンできるものを選ぶのが無難ですよ。


モバイルスキャナーの選び方5. 持ち運びに便利な600g以下の軽いスキャナーを選ぶ

移動が多い人は、少しでも手荷物を軽くしたいはず。あまりモバイルスキャナーの本体が重いと、持ち運びにくく移動も疲れてしまいます。

モバイルスキャナーのなかには、600g以下の軽量タイプの商品も多いです。紙送りの早い商品や重送率の低い商品もあり、使いやすさが進化しているモバイルスキャナーは人気がありあります。

少しでも負担を減らして持ち歩きたい人は、軽量タイプのモバイルスキャナーを選んでみてください。


モバイルスキャナーおすすめ人気ランキング|小型ハンディスキャナーを徹底比較

モバイルスキャナーを購入するなら、多くの口コミや性能の高さにも注目して選びたいもの。なかなか自分に合う商品に巡り会えないなら、人気商品から選ぶと満足度の高いスキャナーを見つけやすいですよ。

ここでは、モバイルスキャナーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。


【おすすめ人気ランキング第10位】brother ドキュメントスキャナー MDS-940DW

brother ドキュメントスキャナー MDS-940DW (モバイルスタイル/両面スキャン/無線LAN/スマホ接続)
  • 省スペースで使用できるから、ワークスペースが狭くても使いやすい
  • 精密な機器を手掛けるブラザー製なので、製品の信頼性が高く安心して購入できる
  • 片面も両面も高速でスキャンできるため、仕事がサクサク進められる

スキャナーは欲しいけど、用紙が排紙される場所を確保できないというケースもあるはず。場所によっては使いにくさも感じますよね。

ブラザーのスキャナーは、排紙が前方に戻ってくるUターンガイド搭載で排紙スペースが不要なのが特徴です。Wi-Fiは2.4GHzに対応していて、スマホやタブレットにも直接保存できるのも魅力。画質も良いため、カラー写真なども綺麗にデータ化できます。

「ワークスペースが狭い。」というあなたには、省スペースでも使えるブラザーのUターンガイド付きスキャナーがぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:20,155円
  • メーカー:brother
  • 解像度:300dpi
  • Wi-Fi:◯
  • スキャン可能サイズ:A4サイズ ( A3 )
  • 電源:リチウムイオン充電池、USBバスパワー
  • 本体重量:ー

【おすすめ人気ランキング第9位】ZINT ハンディスキャナ

ハンディスキャナ モバイルスキャナ A4 OCR搭載 最大900dpi対応 自動保存 本/書籍のデータ化(自炊)に最適 16GBのSDカード付属 手持ち 携帯式
  • 細身で超軽量なので、毎日持ち歩いても負担にならない
  • 使い方もなでるだけで簡単だから、スキャナー初心者でも迷わず扱える
  • 価格も安いので、社内で複数台揃えたい場合にもおすすめ

「小型だと思ったら意外とかさばる。」小型だとはいえ、幅や高さが3cmを越えてしまうと大きく感じてしまうもの。

このスキャナーは、高さ2.5cm、幅2.8cmの細身のスキャナーです。重さはわずか150gと超軽量。ビジネスバッグに忍ばせても場所を取らないため、バッグ内に余裕を作りやすいのが魅力。乾電池式で持ち運びも手軽にでき、値段も安いから家計にも響きにくく重宝します。

毎日持ち歩く荷物を軽量化できるから、通勤の負担にならないため、コンパクト性を重視したい人に購入してほしいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:6,480円
  • メーカー:ZINT
  • 解像度:300、600、900dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:乾電池式
  • 本体重量:150g

【おすすめ人気ランキング第8位】エプソン ドキュメント スキャナー DS-30

エプソン ドキュメント スキャナー DS-30 (モバイル/A4/CISセンサー/USBバスパワー)
  • 自動仕分けができるから、書類を分かりやすく整理整頓できる
  • 操作が簡単で誰でも手軽に使用できるので、機械に弱い女性にもぴったり
  • 価格も安いため、自己投資するにも迷わず購入できる

営業事務や秘書などの仕事では、スキャナー機能がないと営業マンのサポートを迅速にできず、不便さを感じる人も多いもの。有力なサポートをするためにも、情報をきちんと整理整頓したいはず。

この商品は、仕切り紙付きで自動的に原稿を分けファイル保存できるのが特徴です。膨大な書類も、事前に設定したフォルダへ送信できるため、データが迷子にならず問い合わせにも即対応できるようになります。

「素早くサポートできるスキャナーが欲しい。」と思うなら、自動仕分けができるスキャナーを1台持っておくと便利ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:8,025円
  • メーカー:エプソン
  • 解像度:600dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:USBバスパワー
  • 本体重量:325g

【おすすめ人気ランキング第7位】MUNBYN WiFi接続ハンディスキャナー

ハンディスキャナーWiFi MUNBYN ハンド ポータブル モバイルスキャナー 高画質 USB JPG PDF OCR機能 ドキュメントスキャナ 最大1050dpi 32G対応 手持ち A4用紙 書籍 写真 新聞 名刺 教師用 データ化 ギフト 日本語取扱説明書付き 父の日ギフト
  • 他のスキャナーと比較しても色合いが明るく見た目が良いので、贈り物にもおすすめ
  • 解像度を選択できるため、素材の見やすさをよりよく反映できる
  • 使い方も簡単なので、スキャナー初心者で選び方に迷う人に最適

「贈りものにしたいけど、スキャナーってカラーバリエーションが少ないよな…。」どうせなら明るいカラーでプレゼントしたいですよね。

こちらは、綺麗なホワイトカラーが人気のスキャナーです。ディスプレイもカラーで見やすく、スキャンしたものをはっきり確認できるのが特徴。解像度も3つから選択できるため、書籍や写真などに合わせて見やすさを追及できます。

使い勝手もよく、見た目の良さも抜群で喜ばれるから、仕事を頑張る大切な人へのプチギフトに選んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:12,900円
  • メーカー:MUNBYN
  • 解像度:300、600、1050dpi
  • Wi-Fi:◯
  • スキャン可能サイズ:4Aサイズを含む 幅 ≦ 216 (mm)
  • 電源:充電式リチウム電池タイプ
  • 本体重量:399g

【おすすめ人気ランキング第6位】富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A
  • 口コミ数や高評価が多いから、スキャナー選びに迷っていても良し悪しを判断しやすい
  • 390gと軽量なので、持ち運びしやすく手軽に使える
  • 電源がUSBからバッテリーに給電できるため、場所を問わずに使用できる

どんなスキャナーが良いのか選び方で悩む人も多いはず。人気がない機種だと知らずに選んでしまったら悲しいですよね。

この商品は、高評価が揃った口コミが多い人気のスキャナーです。軽さや使いやすさでは非常に高い評価を得ています。名刺管理や確定申告のレシート管理などにも活用され、「迷っているなら今すぐ買うべき。」といった口コミも多数。

選び方に悩んでいるなら、多くの利用者が使いやすさを伝えていて、製品の良し悪しが把握できる富士通のScanSnap『FI-IX100A』を購入してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:22,600円
  • メーカー:富士通
  • 解像度:200,300dpi
  • Wi-Fi:◯
  • スキャン可能サイズ:A4 サイズ ( A3 )
  • 電源:USBバスパワー、バッテリー
  • 本体重量:399g

【おすすめ人気ランキング第5位】Yablam ポータブル ドキュメントスキャナー

ハンディスキャナー Yablam ポータブル ドキュメントスキャナー 16GBmicroSD付 A4用紙 小型モバイルで本 書籍 写真 名刺 をデジタルデータ化 jpg pdfに変換 最大900dpiの高画質 ocrソフト付 日本語説明書 1年保証付
  • 電源が電池式だから、コンセントを探す手間が省けて出張などにも手軽に使える
  • ディスプレイで電池残量が見られるので、交換時期を予測でき電池切れに備えやすい
  • 値段が安いため、企業で複数台購入したい場合にもおすすめ

「充電式電源はコードも持ち歩かないといけないのが嫌。」持ち歩く荷物は、少しでもコンパクトにしておきたいもの。

こちらは、電源が電池式でコード不要で持ち歩きやすいと人気のモバイルスキャナーで、ランキング5位。ディスプレイ付きなので、保存形式や電池残量、スキャン結果も確認できるのが魅力です。価格も5,000円と安いから、複数台購入したい企業にも人気。

作業中に電源が落ちることもなく、コンセントがなくても使用できるため、出張や外出先で使用したいあなたにぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:5,549円
  • メーカー:Yablam
  • 解像度:300、600、900dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:電池式
  • 本体重量:149g

【おすすめ人気ランキング第4位】Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-P208II

Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-P208II
  • 両面印刷や連続スキャンができるから、作業効率を高めたい人におすすめ
  • シンプルで使いやすいアプリが同梱されているため、データ管理がしやすい
  • 小型で軽いので、手軽に使えてどこにでも持ち歩ける

両面印刷のものは、スキャン回数が2回に増えてしまい作業効率が落ちてしまうはず。枚数が増えれば増えるほど、面倒に感じますよね。

両面一発スキャンができるキャノン『DR-P208Ⅱ』がランキング4位。自動原稿送り装置付きなので、10枚までの用紙なら一気にセットしても連続でスキャンできるのもポイント。

「面倒な手間を省きたい。」なら、他商品と比較しても作業効率をアップできるキャノンのスキャナーがイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:18,900円
  • メーカー:キャノン
  • 解像度:600dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:USBバスパワー
  • 本体重量:600g

【おすすめ人気ランキング第3位】エプソン スキャナー ES-60WB

エプソン スキャナー ES-60WB (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ブラック)
  • 使い方が簡単なハンディスキャナーだから、操作に不安がある人におすすめ
  • 小型で携帯しやすいので、いつでもバッグ内に備えられる
  • アプリを使えばスマホやタブレットでも編集でき、作業効率も上がりやすい

「複雑な操作だと使えるか不安…。」家電でも操作が難しいものって意外と多いもの。

こちらは、300gと軽量な上、ボタンを押すだけで誰でも簡単に操作できるモバイルスキャナー。Wi-Fi対応で、スマホやタブレットにスキャンしたものを送信できるのも魅力。スキャンはA4を4秒ででき、作業効率がグッと上がるため、サクサク仕事が進みます。Epson ScanSmartアプリを導入すれば、保存、編集、印刷まで可能。

使い慣れたスマホやタブレットで簡単に操作できるため、使いこなせるか不安な人にこそ手にしてほしいですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:18,409円
  • メーカー:エプソン
  • 解像度:200、300dpi
  • Wi-Fi:◯
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:USBバスパワー 内蔵バッテリー
  • 本体重量:300g

【おすすめ人気ランキング第2位】ハンディスキャナー Aoleca モバイルスキャナ スキャナー

ハンディスキャナー Aoleca モバイルスキャナ スキャナー jpg pdf A4用紙 本 書籍 写真 名刺など 簡単にデータ化(自炊)最適ポータブルスキャナー 最大900dpi高画質 自動保存(SDカードが付属します)
  • 有名メーカーと比較しても値段が安いから、予算が少なくても手軽に買える
  • 32GBのSDカード付きなので、たっぷりデータを保存できる
  • 解像度を3段階調整できるため、用途に合わせて画質を替えデータをコンパクトにできる

有名メーカーのスキャナーは価格も高く、SDカードなども別売りの場合が多いもの。予算が少ないと、満足度の低い選び方になることもあるはず。

ランキング2位は、6,000円台で安い上に32GBのSDカード付きなのが特徴です。解像度も用途によって3段階調整できるため、データが無駄に増えることもありません。

「スキャナーを買って後悔したくない。」と思うなら、手軽に買える安い価格ですぐに保存ができるSDカード付属のコスパのいいハンディスキャナーを購入してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:6,480円
  • メーカー:Aidodo
  • 解像度:300、600、900dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:A4サイズまで
  • 電源:乾電池
  • 本体重量:150g

【おすすめ人気ランキング第1位】富士通 スキャナー ScanSnap S1100

富士通 スキャナー ScanSnap S1100
  • 他社製品と比較しても、厚みがあるものをスキャンしやすいから、汎用性が高い
  • 解像度を高く設定できるので、データを綺麗に残せる
  • 軽量で持ち運びやすいため、出張先などに持参しやすい

「薄いものしかスキャンできないと使いにくい。」少し厚みがあると、詰まってしまいますよね。

ランキング第一位の富士通の『ScanSnap S1100』は、通帳もスキャンできると口コミで人気。解像度も高く設定できるため、スキャンするものを綺麗に残せるのが特徴です。持ち運びやすい小型サイズで軽いので出張先などにも持参でき、経費精算の領収書などもデータで残せます。

小型であっても厚みがあってもスムーズにスキャンでき、スキャンできるアイテムも多いですよ。汎用性の高さで選びたい人にこそおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:17,000円
  • メーカー:富士通
  • 解像度:150~1,200dpi
  • Wi-Fi:×
  • スキャン可能サイズ:最大:216 × 360、最小:25.4 × 25.4 (mm)
  • 電源:バッテリータイプなど
  • 本体重量:350g

どこでも手軽にデータ化できるモバイルスキャナーを選んでみて。

データ化したい原稿や写真があっても、その量が膨大になると複合機を占領することになり、コピーやファックスが使用できなくなる問題が出てきます。

モバイルスキャナーがあれば、自身のデスク上でデータ化を完了させられ、細かい領収書や書類も紛失したりせずに済みますよ。

自分の作業をより効率的にするためにも、本記事を参考にして最適なモバイルスキャナーを購入してみてはいかがでしょうか。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ