【2021】ルームミラー型ドライブレコーダーの人気おすすめ比較|前後撮影できる最強ドラレコとは

今記事では、ミラー型ドライブレコーダーのメリットから、選び方やおすすめ商品まで詳しくご紹介します。前後撮影はもちろん、取り付けの簡単な製品や2021年に発売された新しい製品、タッチパネル操作ができるドラレコも解説するので、自身の車に合う1台を導入してみてください!

ルームミラー型ドライブレコーダーの気になる「メリット」とは

ルームミラー型ドライブレコーダーのメリット

まずは、ルームミラー型ドライブレコーダーを使うメリットをご紹介します。

「使ってみたいけど、どのようなメリットがあるのか気になる」「他のドラレコと比較してみたい」という人は、ぜひチェックしてみてください。


ルームミラー型ドラレコのメリット1. 搭載しても視界を遮らない

通常のドライブレコーダーは意外と大きく視野を遮ったり置き場所を取ってしまったりします。

ルームミラー型のドラレコは、ルームミラーと一体型になっている商品とルームミラーの下や横についている商品がほとんどです。

現在使用しているルームミラーより大幅に大きくなったり、カメラが目立ったりすることがないので、視界を遮ることがありません

運転の邪魔にならないため、設置をしても煩わしさを感じることがないところがメリットです。


ルームミラー型ドラレコのメリット2. 取り付けが簡単な製品が多い

ドラレコの中には設置が複雑で、自分ではなかなか取り付けできない商品もあります。

しかし、ルームミラー型ドライブレコーダーは現在使用しているルームミラーに付属のバンドなどで取り付けるだけなので、とても簡単に取り付けできるところがメリットです。

取り付けに必要なアイテムがセットになっている場合がほとんどなので、購入したらすぐに使えるようになります。


車に合うミラー型ドライブレコーダーの「選び方」とは

ここからは、ミラー型ドライブレコーダーの選び方についてご紹介します。どのような部分に注目して選ぶと、満足のいく商品を選ぶことができるのか悩んでいる人も多いはず。

ぜひ、購入前にチェックして欲しい機能などを覚えておきましょう。


ミラー型ドラレコの選び方1. 前後撮影ができるか確認して選ぶ

駐車している時の監視や運転中の衝突は、いつもフロント部分からチェックできるとは限りません。

後方も確認できるリアカメラがあれば煽り運転や後ろからの衝突を記録することができ、より有意義に使えますよ。商品によってはリアカメラで駐車サポートをしてくれる場合があり、安全な運転をサポートしてくれるのも嬉しいポイント。

ミラーについているフロントカメラと、後方を撮影するリアカメラの2つがセットになっている商品を選びましょう。


ミラー型ドラレコの選び方2. 使用人数に応じた種類の製品を選ぶ

1台の車をどのように利用しているのかも、ミラー型ドライブレコーダーを選ぶときのポイントとなります。

自分専用の車となっている場合、ミラー位置を調整する機会が少ないので、カメラとミラーが一体化している商品がおすすめです。

一方、1台の車を家族や兄弟でシェアしている場合は、乗る人によりミラー位置を動かすことが多いでしょう。

毎回カメラ位置が大きく変わらないようミラーとカメラが別れているセパレート型を選ぶと、ストレスなく使えます。このように、車の利用方法に合わせて検討してみてください。


ミラー型ドラレコの選び方3. 給電方法を確認して選ぶ

ミラー型ドライブレコーダーの給電方法には、シガーソケットタイプと電池タイプの2つがあります。

シガーソケットタイプはこまめな電池交換が不要なところがメリットですが、ミラーから配線が伸びてしまうため、場合によっては煩わしさを感じることも。

配線をなくして車内をスッキリさせたい場合は、コードレスとなる電池タイプがおすすめです。重視したいポイントを抑えながら、車内で使いやすいタイプを選んでみてください。


ミラー型ドラレコの選び方4. 画質の良さをチェックして選ぶ

撮影や録画をしてくれるカメラの画質が低いと、ナンバープレートなど重要な情報をしっかり録画することができません。

そこで、できるだけ高画質なミラー型ドライブレコーダーを選ぶのも重要なポイント。

200万~500万画素程度あれば鮮明な映像が残せるでしょう。商品によっては、夜間モードや逆光モードなどを搭載しており、周囲の環境に左右されない工夫がされていることも。ぜひ、高画質な映像にもこだわってみてください。


ミラー型ドラレコの選び方5. 視野角の広さをチェックして選ぶ

視野角とは、ドライブレコーダーが映し出せる角度のことです。視野の角度が広いほど広範囲をカバーできるため、事故などの状況を分かりやすく録画できるようになります。逆に、視野角が極端に狭いと必要な情報を残すことができず、使いにくくなる場合も。

視野角の目安は人と同じ170°前後あると安心でしょう。

フロントカメラだけでは心配な場合は、リアカメラと併用することで、より広い角度をカバーして記録できるようになりますよ。


ミラー型ドラレコの選び方6. 便利な機能を搭載しているか確認して選ぶ

現在のミラー型ドライブレコーダーには、多彩な機能が搭載されています。そのため、使ってみたい機能や必要な機能が詰まっている商品を選ぶと満足のいく1台に出会えます。

特に、これから紹介する機能はぜひチェックしてみてください。


便利機能①「Gセンサー機能」

Gセンサー機能とは、加速度センサーとも呼ばれ、車に一定以上の衝突が加わると操作をしなくても衝突の前後を録画してくれる機能です。

上書きされないよう分けて保管してくれるところも特徴で、事故や衝突時の記録が残せるようになっています。

万が一の時の記録用として、ドラレコを使いたい人におすすめの機能です。


便利機能②「駐車監視機能」

駐車監視機能は、駐車している間に衝撃を感知すると、自動で録画を開始し状況を記録してくれる機能です。

衝撃を感知した前後数十秒を録画してくれる商品もあれば、24時間監視をし常時録画できる商品もあります。

しっかりと車を見張ってくれるので、会社や自宅などで離れた場所に駐車する機会が多い場合に、あると嬉しい機能です。


便利機能③「タッチパネル機能」

タッチパネル機能は、ミラー部分がタッチパネルになっており、好みの表示方法に調整できる機能です。

タッチするだけで明るさや視界の調整、画面切り替えなどが手軽にできるので、煩わしい設定が必要なくなります。中には、GPS機能と連携し速度や位置情報を表示できる商品も。

簡単に自分好みの設定にして使いやすくアレンジしたいという人に、おすすめの機能です。


便利機能④「ループ録画機能」

車に乗る度に走行記録を録画していると、SDカードやミクロSDカードはすぐに容量オーバーとなってしまいます。

容量オーバーしたまま走行してしまい、録画できないとなると、重要なシーンを撮り逃してしまうかもしれません。

それを防止するのが、ループ録画機能です。自動で古いデータに上書きをし、録画漏れを防いでくれます。車の使用頻度が高い場合に、あると嬉しい便利機能です。


便利機能⑤「ノイズ対策機能」

電子機器であるミラー型ドライブレコーダーは、他の電波に干渉されてしまうと、思ったような力が発揮できなくなる場合があります。

そこで、ノイズ対策機能を搭載した商品を選べば、外部の電波に左右されにくくなり、安定した録画や画像供給ができるように。

日頃から様々な場所を運転する機会が多い場合に、ついていると安心できる機能です。


【2021年最新】ルームミラー型ドライブレコーダーの人気おすすめ5選

ここからは、おすすめのルームミラー型ドライブレコーダーを厳選してご紹介します。

液晶部分がタッチパネルとなっている使いやすい商品や、安い価格設定でコスパ抜群の人気商品、ナンバープレートをしっかり撮影できる機能が備わっている商品など、魅力的なドライブレコーダーばかり。

ぜひ、使ってみたい商品をチェックしてみてください。


ミラー型のおすすめドラレコ1. AUTO-VOX ドライブレコーダー V5

AUTO-VOX ドライブレコーダー 前後カメラ 前後1080P 右ハンドル仕様 ノイズ対策 デジタルインナーミラー 駐車監視 GPS タッチパネル 2分割画面 2重映像対策 光の反射対策 Sonyセンサー V5
おすすめポイント
  • 給電にはType-C口やスーパーキャパシタ電源を採用し、熱による融解などの危険を回避するので、安全に運転ができる
  • 暗くて見えにくい夜間もフルHDで高画質な映像で記録可能
  • リアカメラ用のブラケットが3種類あり、取り付け位置も自由に選択できる

夜間に事故を起こしてしまった時に、せっかくドライブレコーダーに記録されてても暗くて見えにくい画像だとがっかりすることも。

AUTO-VOXの『ドライブレコーダーV5』は夜間の自動光補充と強い光の抑制する、『SONY IMX307センサー』・『6層光学ガラスレンズ』・『F1.8大口径レンズ』を前後に搭載し、車のライトの明るさによる見えにくさを解消。また、超精細な映像のフルHD 1920*1080Pでナンバープレートもしっかり記録し、大事な場面も撮り逃さずに済みますよ。

夜に運転する機会が多くても、安心して使用できる商品が気になる方はチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:26.3×7.5×1.3cm
  • 前後撮影:◯
  • タイプ:ミラー型
  • 給電方法:シガープラグ
  • 画質/視野角:前後1080P/前145°後150º
  • 便利機能:ノイズ対策・デジタルインナーミラー・駐車監視・GPS・タッチパネル
  • メーカー:AUTO-VOX

ミラー型のおすすめドラレコ2. Changerドライブレコーダー ミラー型

Changerドライブレコーダー ミラー型 前後カメラ【12インチ右ハンドル仕様】【更新高い透過性の反射防止ミラー】【9月最新版日本音声コントロール】ドライブレコーダー 前後カメラ 1080P 32GBカード付属 Sony415 センサー12インチ タッチパネル 1080P FHDフルHD 前170°後150°広角レンズ GPS搭載 超大きフルスクリーン 超鮮明夜間撮影 ドラレコ レコーダー 24時間駐車監視 ループ録画 衝撃録画 非常用電源搭載 防水バックカメラ 温度対策 日本語システム 日本語取説付 電波干渉無し
おすすめポイント
  • 衝突を検出するとそのファイルがロックされるG-sensorの衝撃録画で、上書きや誤操作による削除を防げる
  • 夜間や雨の日、逆光、白飛びや黒つぶれなどを修正するWDR機能搭載で、ナンバープレートもしっかり捉える
  • 広くて見やすいワイドレンズで見やすいだけでなく、死角を減らして安全に運転ができる

ループ録画は撮った映像を古いものから上書きしてくれて便利だけど、事故の映像までも消えてしまったら大変ですよね。

『Changerドライブレコーダー』は、G-sensor衝撃録画機能でループ録画中でも事故のファイルを自動的にロック。手動でロックを解除しないと削除できないので、勝手に消えてしまうという心配をする必要もありません。

万が一の事があっても大事な記録をしっかり守ってくれる商品が気になる方はぜひ選んでみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:29×7×4cm
  • 前後撮影:◯
  • タイプ:ミラー型
  • 給電方法:シガーソケット
  • 画質/視野角:前後1080P/前170°後150°
  • 便利機能:GPS・超鮮明夜間撮影・24時間駐車監視・ループ録画・非常用電源搭載・防水バックカメラ・温度対策
  • メーカー:Changer

ミラー型のおすすめドラレコ3. VanTop ドライブレコーダー ミラー型

VanTop ドライブレコーダー 右カメラ 2.5K前後カメラ SONY センサー 高画質ミラー型 10インチ 最大128GB対応 電波障害対策 大広角レンズ 超鮮明夜間撮影 ミラーダッシュカム フルスクリーン ドラレコ 前後同時録画/Gセンサー/衝撃録画/駐車監視/ループ録画/タイムラプス動画
おすすめポイント
  • 全国のLED信号機に対応する撮影フレームレート27.5fpsで、信号無視などの事故の際も証拠として残せる。
  • 後方カメラは雨天でも安心して使用できる防水構造で、 見えにくい後方の状況をしっかり確認できる。
  • ディスプレイ全体がタッチパネルで、画面をタッチで簡単に操作できる。

事故が起きた時に録画をしていたのに、肝心の信号機が消灯された状態で記録されていると、証拠として不十分に。

『VanTop ドライブレコーダー』は全日本LED信号機に対応する撮影フレームレート27.5fpsで、人間の目に見えないサイクルで点滅している信号機の色を消すことなく記録できますよ。また、2.5K と高解像度で鮮明な映像を残せるので、映像を確認する時も見やすいのも嬉しいポイント。

信号無視による事故にもしっかり役立ってくれる商品をお探しの方におすすめです。


Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:25.8×7.2×1.8cm
  • 前後撮影:◯
  • タイプ:ミラー型
  • 給電方法:シガーソケット
  • 画質/視野角:前2.5K後1080P/前160°後140°
  • 便利機能:Gセンサー・衝撃録画・駐車監視・ループ録画・タイムラプス動画
  • メーカー:SONY

ミラー型のおすすめドラレコ4. AKEEYO ドライブレコーダー ミラー型

AKEEYO ドライブレコーダー ミラー型 12インチ デジタルインナーミラー 前後カメラ 長方形タイプ 2020新型スマートルームミラー SONY製センサー STARVIS 夜間特化型 タッチパネル HDR搭載 フルHD 200万画素 1080P前150°後140°広角レンズ Gセンサー 衝撃感知 駐車監視 エンジン連動 ループ録画 バック連動 東西日本信号機対応 32GB MicroSDカード同梱 日本語説明書 AKY-X2
おすすめポイント
  • より広い視野を映し出す11.88インチとなっており、快適な視界を実現。
  • 200万画素、F1.8の高性能レンズを搭載しているため、鮮明に見える。
  • エンジンをかけると自動に録画がスタートするので、撮影を忘れることがない。

いざという時にしっかり撮影できる高画質だと、撮影漏れの心配が少ないですよね。

「AKEEYO」の人気商品『ドライブレコーダー』は200万画素、F値1.8のレンズを搭載しており、周囲の明るさに合わせて逆光補正などもしながら撮影してくれるため、ナンバープレートなどをしっかり録画できるところが特徴。-20℃~80℃までの過酷な環境に耐えられるので、オールシーズン安心して使えます。他にも、撮影したいタイミングにボタンを押せばその前後を録画できる「マニュアル録画」機能もあり、必要な時に撮影しやすくなっているところもポイント。

高画質でどのような環境下でも撮影できる機能が詰まった商品なので、「録画した映像が見れない」ということを防ぎたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:29.3 × 7.2 × 1.3 (cm)
  • 前後撮影:◯
  • タイプ:一体型
  • 給電方法: ー
  • 画質/視野角:200万画素/150°
  • 便利機能:Gセンサー/駐車監視/タッチパネル/ループ録画/ノイズ対策
  • メーカー:AKEEYO

ミラー型のおすすめドラレコ5. Jansite ミラードライブレコーダー

【2020最新アップグレード】ミラードライブレコーダー前後カメラ暗視機能10インチフルスクリーン 1080Pタッチスクリーン IP68防水バックカメラ HD 前170°広角 駐車監視 ループ録画Gセンサー日本語
おすすめポイント
  • タッチパネルになっているので、明るさや表示位置を簡単に調整でき、使いやすくなっている。
  • リアカメラは140°、フロントカメラは170°カバーでき、死角を減らせる。
  • 6,000円台で購入できる安い価格設定となっており、試しに使ってみたい人におすすめ。

初めて購入するから、できるだけコストを抑えたいと考えている人もいるはず。

「Jansite」の『ミラードライブレコーダー』は6,000円台で購入できる安い価格帯となっており、試しに使ってみたい人に向いているコスパ重視の商品です。ミラー部分は大きめの10インチで「スーパーナイトビジョン」を搭載しているため、夜間でもクリアな映像が残せます。

Gセンサーを始め、駐車監視やループ録画など、必然な機能がちゃんと揃っていながら、リーズナブルにコスパ抜群となっているので、「価格を重視して選びたい」という場合には、ぜひ検討してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:ー× ー × ー (cm)
  • 前後撮影:◯
  • タイプ:一体型
  • 給電方法:ー
  • 画質/視野角:ー万画素/170°
  • 便利機能:Gセンサー/駐車監視/タッチパネル/ループ録画
  • メーカー:Jansite

ミラー型ドライブレコーダーを使って、安心してドライブを楽しもう!

ミラー型ドライブレコーダーは運転の邪魔にならず、ナンバープレートなど必要な情報を鮮明な映像を録画保存できる優れた商品です。

取り付けしやすい商品ばかりですぐに使えるだけでなく、液晶部分がタッチパネルとなっており操作性に優れた商品も多くなっています。

ぜひ、人気のミラー型ドライブレコーダーからお気に入りの商品を選んで運転をより快適で安全にしてみてください。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事