ガスランタンのおすすめ10選。アウトドアで最適な人気照明を比較!

キャンプや登山など、アウトドアシーンで役立つ照明アイテム「ガスランタン」。そこで今回は、ガスランタンならではの魅力やメリットから、コールマンやスノーピークといった人気メーカーのおすすめ商品まで詳しくご紹介します。さらに、使用する際の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

ガスランタンが人気の理由とは?魅力やメリットを解説!

ガスランタンのおすすめ

ガスランタンとは、専用のガスカートリッジを装着し、ボタンを押すだけで点火できる使い方が簡単なタイプのランタンです。

明るくても点火に時間がかかってしまう上に、取り扱いに注意が必要なガソリンランタンや、明るく安全でも電池のコストがかかってしまうLEDタイプのランタンより、手軽に扱えます。

ガスランタンはランタンの取り扱いに慣れていない初心者でも手軽に扱えることや、温かみのある光を発光体である「マントル」が放つことから、人気を集めているタイプです。


ガスランタンの選び方|どこを比較すべき?

ガスランタンは製品によって大きさや明るさ、燃焼時間など様々で、初心者はどう選べばいいのかよくわからないでしょう。

ここでは、用途に合うガスランタンを見つけるためにはどのようなポイントを比較すべれ良いのか、ガスランタンの選び方を紹介していきます。


ガスランタンの選び方1. メイン用orサブ用のどちらか決めて選ぶ

ガスランタンの種類によって明るく照らせる範囲が異なることから、メイン用なのかサブ用なのかで選ぶべきランタンが異なります。面がどれくらい明るいかを表す単位である照度(ルクス)の大きさによって判断するといいでしょう。

テント内やキャンプサイトなどメイン用として広い範囲を照らすなら300ルクス以上のランタンが理想的で、メインの照明とは別で手元をピンポイントで照らすならサブ用として300ルクス以下のランタンで十分です

ガスランタンをどう使うのかを決めた上で、適切な製品を選ぶといいでしょう。


ガスランタンの選び方2. 明るさをチェックして選ぶ

ガスランタンの明るさが強ければ強いほど広い範囲を明るく照らせますが、サブ用としては明るすぎることもあります。照明器具の明るさを示す単位であるルーメンの数値をチェックすることで、適切な明るさのガスランタンを選べるでしょう。

メイン用としてガスランタンを使うのであれば1,500ルーメン以上必要ですが、サブ用の場合は1,500ルーメン以下で十分です

ガスランタンにはルクス・ルーメンのどちらか一方のみが表記されていることも多いので、記載されている方の数値を参考にしながら、適切な明るさのガスランタンを選びましょう。


ガスランタンの選び方3. ガス缶の種類を確認して選ぶ

ガスランタンを使う時に必要不可欠なガス缶には、OD缶とCB缶があるため、どちらに対応しているか確認して選ぶのが良いでしょう。OD缶とCB缶両方に対応しているガスランタンは少しだけありますが、ほとんどの製品がいずれか一方にしか対応していません。

ランタン以外の湯沸かしやカセットコンロで使うガス缶の種類と合わせておくと、大荷物になりがちなキャンプに持って行くものを減らせるでしょう。

ガスランタンの種類によっては、両方の缶に対応している製品があることも念頭に置いて、自分の使い方に合うガス缶に対応している製品を選ぶのが最適です。


ガスランタンの選び方4. 燃焼時間の長さを確認して選ぶ

ガスランタンとガス缶の組み合わせによって、燃焼時間が異なりますが、メイン用なら5時間程度、サブようなら30時間程度持つのものが多い傾向にあります。

夜中に明かりを灯すことができなくなり、真っ暗闇で怖い思いをしてしまうことも考えられるから、必要な分量だけガス缶を準備しておくことが必要。

ただしメーカーによっては燃焼時間を公開していないこともあるので、レビューを確認したり自宅で試してみたりしてから、必要な分だけガス缶を持って行くことが求められます。


アウトドア好きから支持されるガスランタンの人気メーカー5選

アウトドアで使うガスランタンは、ランタン以外にも数多くのアウトドア製品を手がけているアウトドアメーカーから発売されている製品がとても人気があります。

ここでは、特に人気があるガスランタンのメーカーを5つ紹介していきます。


ガスランタンの人気メーカー1. Coleman(コールマン)

キャンプ用品などを販売している、アメリカのアウトドアブランド・コールマンは、ダークグリーンのボディが特徴のおしゃれな製品が多いです。メイン用として使える製品には車のヘッドライト程の明るさがある製品もあり、夜でも快適にキャンプの時間を過ごせます。

冬用のガスカートリッジも販売しているなど、気温が低い冬でも快適に使用可能。寒い季節にガスランタンを使う予定がある人におすすめのメーカーです。


ガスランタンの人気メーカー2. キャプテンスタッグ

アウトドア用品を扱っている日本のブランドであるキャプテンスタッグでは、キャンプ用品・バーベキュー用品・レジャー用品など、数多くのアウトドア用品を展開しています。ガスカートリッジの容量が複数あり、日帰りキャンプからお泊まりキャンプまで使い分け可能です。

アウトドアが趣味で、バーベキューやキャンプに頻繁に出かける人におすすめのアウトドアブランドと言えるでしょう。


ガスランタンの人気メーカー3. SOTO(ソト)

ソトは日本のバーナー会社が展開しているアウトドアブランドで、ランタンやバーナー、調理器具などのキャンプ用品を展開しています。蚊トリフレクターや虫を寄せない効果を発揮できるカラーホヤなど、虫よけ対策にも力を入れており、ただ明かりを灯すだけではありません。

屋外で悩まされがちな虫よけ対策などをしてくれるなど、快適に過ごせるためのプラスアルファを求めたい人には、ソトのガスランタンがおすすめです。


ガスランタンの人気メーカー4. snow peak(スノーピーク)

キャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランドであるスノーピークは、新潟県三条市に本社がある日本の会社が展開しています。小さくても明るいガスランタンがあり、コンパクトで持ち運びしやすいのが最大の特徴です。

フラットバーナーやヤエンストーブなど、同じガス缶で使いまわしできる調理器具が豊富にあり、様々な道具を使って積極的にキャンプを楽しみたい人におすすめです。


ガスランタンの人気メーカー5. ユニフレーム

ユニフレームは、新潟県の燕三条にあるアウトドア・キャンプ用品の総合メーカーで、テントやファニチャー、キャンプ用の調理器具や食器などのキャンプに必要なものを販売しています。家庭用カセットボンベで使えるガスランタンを製造しており、ガスにかかるコストを抑えられる点が最大の特徴です。

低燃費でも照度が高いガスランタンを求めている人は、ユニフレームの製品を選ぶといいでしょう。


【種類別】便利なおすすめガスランタン10選

ガスランタンを選ぶ時には、メイン用として使うのか、サブ用として使うのかをはっきりさせてから選ぶ方が、シーンに合う使い方ができます。

ここからは、メイン用とサブ用それぞれのおすすめガスランタンをご紹介します。


【メイン用】しっかり照らせるおすすめのガスランタン5選

メイン用のガスランタンは、夜間でも全体を明るく照らせる照度がある製品であることが求められ、1,500ルーメン以上や300ルクス以上あるのが望ましいです。

そんなメイン用としておすすめのガスランタンをご紹介します。


メイン用ガスランタン1. キャプテンスタッグ UF-9

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン フィールド ガス ランタン M 圧電点火装置付 UF-9
  • 明るさが350ルクスと光量が高いので、全体を明るく照らし、キャンプ中快適に過ごせる
  • ガスカートリッジの種類が2種類あり、使用時間に応じて量を変えられ便利
  • ケース付きでコンパクトに収まり、持ち運びしやすい

真っ暗な場所でお泊まりキャンプする場合、できるだけ明るい方が安心して使えますよね。

『キャプテンスタッグ UF-9』は明るさが350ルクスあるガスランタンで、全体を明るく照らしてくれて、不便さを感じにくいです。ガスカートリッジの種類が2種類あるので、大きい容量を選べば、一晩中明るい状態をキープ

光量があるガスランタンは、街灯がない暗闇も明るく照らしてくれて、キャンプならではの暗闇で怖い思いをせずに済みますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:10.5×10.0×15.5(cm)
  • 重量:610g
  • 明るさ:約350ルクス(測定値30cm)
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:~10時間(レギュラーガスカートリッジ470g使用時)
  • メーカー:キャプテンスタッグ

メイン用ガスランタン2. コールマン 2500 ノーススター LPガスランタン

  • 昔から続くクラシカルなデザインのガスランタンで、風情があっておしゃれ
  • 公式サイトに使い方の動画が公開されており、機器類の扱いが苦手な人でも安心して使える
  • 約1,543ルーメンもあり、全体を明るく照らすのにおすすめ

せっかく日常から離れてキャンプに行くからには、道具もキャンプに似合う雰囲気にしておくと気分が上がるもの。

こちらの製品はアメリカの老舗アウトドアメーカー・コールマンの売れ筋商品で、クラシカルなデザインがおしゃれです。公式サイトには使い方の動画が公開されており、初心者でも安心して使えます。

自然に溶け込みやすいレトロな雰囲気を持つガスランタンだから、雰囲気も含めてキャンプを楽しみたい人にとって、手放せないアイテムになるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:14.5×14.5×26(cm)
  • 重量:約1.3kg
  • 明るさ:約1,543ルーメン
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:4~8時間
  • メーカー:コールマン

メイン用ガスランタン3. ユニフレーム ガスランタンセット

  • OD缶に比べて安いカセット式のガス缶で使えて、コスパが高い
  • ふたはワンタッチオープン式で、自動点火で着火しにくい場合でもライターで簡単に火を付けられて、使い勝手が良い
  • 高強度設計のアルミで作られており、スリムでも頑丈で、屋外での使用に最適

キャンプ用品専用のガスはかっこいいけど、コスパがあまり良くないと、なかなか使いたくないもの。

『ユニフレーム ガスランタンセット』は、市販のカセット式ガス缶で使用できるガスランタンで、ガス缶にかかる費用が安いことから、コスパが良い点が最大の魅力です。ふたはワンタッチオープンで簡単に開けられ、気温が低すぎて自動点火では着火しにくい場合でも直接火を付けられます。

普段家で使っているガス缶をそのまま使えるガスランタンだから、トータルで見て安いタイプを選びたい人に、おすすめできる製品ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:13.5×12.0×35.5(cm)
  • 重量:約1.4kg
  • 明るさ:ー
  • ガスの種類:CB缶
  • 燃焼時間:4~5時間
  • メーカー:ユニフレーム

メイン用ガスランタン4. キャプテンスタッグ テラパワー ガスランタン

  • 最高照度が1,400ルスクにもなる強烈な光量のガスランタンは、大人数で屋外で夜を過ごす時に便利
  • 専用の収納ケースが付いており、簡単に持ち運びできる
  • 光量が強く暖かいので、軽く暖を取るにも最適

大人数で夜の屋外で過ごす場合、照度が低いガスランタンだと、人がバラバラの場所にいると照らしきれませんよね。

こちらの製品は最高照度1,400ルスクにもなる、強烈な光量を誇るガスランタンで、一般的な製品に比べてもかなり明るい製品です。専用の収納ケースも付いており、持ち運びも簡単にできることで、割れる心配も少なくてGOOD。

広範囲に対応したガスランタンは、大人数で夜のバーベキューをする時に使っても、周りの人をしっかりと明るく照らしてくれますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:20×20×23(cm)
  • 重量:約1.5kg
  • 明るさ:最高照度1,400ルスク、点火から30分間の平均照度1,150ルスク
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:2時間40分~3時間(230g缶使用時)
  • メーカー:キャプテンスタッグ

メイン用ガスランタン5. スノーピーク ギガパワー BFランタン(GL-300A)

スノーピーク(snow peak) ギガパワー BFランタン GL300A
  • 1kg程度と軽い上にスリムな形状だから、持ち運びしやすい
  • 専用ガスの価格が他のメーカーより安いので、コスパ抜群
  • ガスが燃焼し暖かいため、肌寒い時に暖を取るのにおすすめ

大荷物になりがちなアウトドアだと、重い製品は持ち運ぶのが大変です。

こちらの製品は170ワット相当のとても明るいガスランタンにもかかわらず、重さは約1kg程度と軽い上にスリムで、持ち運びしやすい形状が魅力です。専用ガスの価格が他のメーカーに比べて安いので、コスパを抑えられます。

軽量かつコンパクトで、明るいと口コミでも評判の製品。荷物が多くなりがちなキャンプでも場所を取らずに済み、行き帰りが楽になるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:13×13×23.5(cm)
  • 重量:約1.025kg
  • 明るさ:170ワット相当
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:ー(約80g/h)
  • メーカー:スノーピーク

【サブ用】手元を照らすのに最適なおすすめのガスランタン5選

サブ用のガスランタンは手元を明るくしてくれればいいので、1,500ルーメン以下や300ルクス以下の光量で十分です。

こちらでは、サブ用としておすすめのガスランタンを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


サブ用のガスランタン1. ソト レギュレーターランタン ST-260

ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260
  • 単価が安いCB缶で使えるので、コスパが良い
  • ガスが減っても光量が減ることがなく、ずっと同じ明るさを維持しやすい
  • 同じカセットガスで使えるキャンプ用品が多く、使いまわしできて便利

サブ用のガスランタンのために、わざわざ高額なOD缶を使うのって、何だかもったいないですよね。

こちらの製品は単価が安いカセットガスで使えるガスランタンで、コスパを抑えられるので、サブ用におすすめです。ガスが減っても光量が減りにくく、ガスがなくなる直前までずっと同じ明るさを維持でき、快適に使えます。コンパクトに作られているから、ソロキャンプにも最適です。

OD缶よりも安いカセットガスで使えるガスランタン。コストを抑えられる部分は押さえておきたい人でも、納得して使えるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:10×13×15(cm)
  • 重量:247g
  • 明るさ:150ルクス
  • ガスの種類:CB缶
  • 燃焼時間:約4.5時間
  • メーカー:ソト

サブ用のガスランタン2.コールマン ルミエールランタン

  • キャンドル風の暖かい雰囲気の光を放ってくれて、雰囲気が良い夜を過ごせる
  • キャンドルより光量があり、手元を照らすのに最適
  • 燃焼時間が長いので、何泊もしたい時におすすめ

サブ用で手元を明るく照らしたいのであれば、キャンドルなどの暖かい雰囲気の光の方が趣きがありますよね。

『コールマン ルミエールランタン』は、キャンドル風の暖かい光が特徴の売れ筋ガスランタンで、揺れる炎が手元を優しく照らしてくれます。

「優しい明かり」「キャンドルよりも光量があって使い勝手が良い」など、口コミでも評判が高いです。キャンドルっぽい光を醸し出すガスランタンだから、柔らかく暖かい雰囲気を演出でき、趣きがある夜を過ごせるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:7.3×7.3×18.3(cm)
  • 重量:210g
  • 明るさ:ー
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:約28~32時間
  • メーカー:コールマン

サブ用のガスランタン3. キャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン UF-19

  • 壊れやすいパーツであるマントルが付いておらず、持ち運びの際の破損リスクが少ない
  • ハードタイプの専用ケースが付いており、直接衝撃が当たる心配が少なく済む
  • スリムでかっこいいデザインなので、おしゃれさを求める人におすすめ

ガスランタンの多くは発光体である「マントル」が発光体となる仕組みですが、壊れやすく取り扱いには注意が必要です。

こちらの製品はマントルを使わず直接炎が出るタイプのガスランタンで、持ち運ぶ際の破損リスクが少なく済みます。ハードタイプの専用ケース付きで、持ち運びの際の衝撃が直接当たらず、壊れる心配が少ないです。

壊れにくいパーツが付いていないタイプのガスランタンだから、キャンプ場へも気兼ねなく持って行けるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:4.6×4.6×15.6(cm)
  • 重量:155g
  • 明るさ:ー
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:32時間
  • メーカー:キャプテンスタッグ

サブ用のガスランタン4. スノーピーク リトルランプ ノクターン

  • 1時間当たりのガス使用量が7gとわずかだから、ガスが長持ちしてコスパが高い
  • シンプルでも筒状のかっこいいデザインがおしゃれ
  • 暖かい雰囲気の光を放ち、キャンプの夜を良い雰囲気にしてくれる

サブ用のガスランタンは、できるだけガスが長持ちするものを選んでおきたいもの。

『スノーピーク リトルランプ ノクターン』は、1時間当たりのガス使用量がわずか7gなので、ガスを長持ちさせられる売れ筋商品です。本体は筒状になっていて、シンプルでもおしゃれでかっこいいデザインとなっています。

ガスがなくなりにくいガスランタン。手元を静かに照らして柔らかな雰囲気を演出しながら、長い夜をゆっくり過ごすのにぴったりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:4.2×4.0×10.5(cm)
  • 重量:102g
  • 明るさ:ー
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:ー
  • メーカー:スノーピーク

サブ用のガスランタン5. EPIガス SB LANTERN AUTO

  • 日本製のガスランタンで、品質を重視して選びたい人に最適
  • 壊れやすいパーツであるマントルを交換しやすい構造で、長持ちさせられる
  • すりガラスからほのかに光る灯がおしゃれ

海外製のガスランタンは、品質が安定しているかどうか心配な人も多いかと思います。

こちらの製品はバックパッカーストーブが冬登山にもよく使われているメーカーの製品で、日本製で高い安全性と機能性を兼ね備えた人気製品です。ワイヤーガードが左右に開くことで、壊れやすいマントルの交換も簡単にでき、長く使いやすい仕組みになっています。

安心して使える国産のガスランタンは、品質重視で選びたい人でも、満足できる逸品。品質でどれにしようか迷ったら、ぜひ当モデルを選んでみて。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:11×11×64(cm)
  • 重量:196g
  • 明るさ:最高140ルクス
  • ガスの種類:OD缶
  • 燃焼時間:7時間
  • メーカー:EPIガス

ガスランタンを使用する際の注意点について

ガスランタンはガスを燃やして明かりを灯す製品であり、使い方次第では危険になってしまうので、注意しましょう。基本的に屋外で使用するために作られた製品で、ガス中毒のリスクを防ぐためにも屋内での使用は控えるのが大切です。

また、マントルや筒などの壊れやすいパーツもあるので、持ち運びや保管には注意を払う必要があります。屋内で使わず、破損しないよう注意を払いながら扱うことで、安全に長持ちさせられるでしょう。


使い方が簡単なガスランタンをキャンプに持っていこう!

キャンプやバーベキューなど、屋外での夜の活動には、ガスランタンがあると便利です。

全体を明るく照らして、夜でも快適に過ごせたり、手元を照らして良い雰囲気を演出したりしてくれます。屋内で使わないようにするなど注意すべき点はありますが、アウトドアが好きな人は持っておくと便利なアイテムです。

ガスランタンをうまく活用しながら、家族や友人と楽しい時間を過ごし、毎日をますます充実させていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事