アライテントのおすすめランキング2019|人気シリーズの魅力を徹底比較

登山家やベテランキャンパーに高い信頼を得ている「アライテント」。本記事ではアライテントの魅力や人気シリーズから、おすすめ人気ランキングまでをお教えします。エアライズやトレックライズ、ツェルトなどの人気モデルを徹底比較しているので、ぜひチェックしてくださいね。

キャンパーや登山家に愛されるテントブランド「アライテント」とは?

アライテントのおすすめ

アライテントは1965年に創業された日本のアウトドア用品ブランドで、高品質な登山用品を提供することで、登山家などのアウトドア愛好家の間で支持を集めてきたメーカー。

創業当初より、登山などでの緊急時の避難シェルターとして使用される小型テントのツェルトを作り続けていて、当時としては画期的な床のあるツェルトを開発して大ヒットさせました。

現在はラインナップが豊富で、品質の高いテントを中心に様々なアウトドア用品を取り扱っています。


アライテントの魅力|多くの人に愛される理由とは?

アライテントが何故、人気を集めているのか気になる人もいると思います。

ここからは多くの登山家に愛され続けている、アライテントの魅力を徹底的に紹介していきます。

アライテントの特徴を知り、テント購入を考えている人はぜひ、参考にしてくださいね。


アライテントの魅力1. 国内の熟練した職人がハンドメイドで制作

多くのメーカーが製造コストの関係で海外に製造拠点を移しているなか、アライテントは国内の熟練の職人のハンドメイドにこだわったテントを製作しています。

アライテントのスタッフはほぼ全員が登山を愛好する山屋と呼ばれる人たち。職人も山を愛する山屋なので、登山に必要な知識やこだわりが豊富で、それを全てテント製作に注ぎ込んでいます。

登山へのこだわりや、山で想定される急な気候の変化への対応がされていて、安心して使用できる部分が多くの登山家に愛され続けている理由です。


アライテントの魅力2. とにかく軽くて持ち運びに便利

登山においてテントに限らず荷物はできるだけ軽量化するのが基本。しかし、登山するにあたって、軽量化をするために荷物を減らすというのは、いざという時に必要なものが無くて危険を伴ってしまう場合も。

基本はそれぞれの荷物自体の重量を軽くする必要があります。その点でアライテントのテントは2㎏しないものがほとんどで、非常に軽くて持ち運びに便利です。リュックサックに入れても軽くてコンパクトな点で多くの登山家に愛好されています。


アライテントの魅力3. 風雨を想定した丈夫な設計

アライテントのテントには海外のメーカーにはほとんど見られない、外張が装着されている製品が多いです。外張はテントの保温性や耐風性能を向上させます。

また全てのテントにシームコートという防水液の使用、主な縫製箇所にはシームテープ処理をして、防水性を高める処置が施されているので雨にも強いテントです。

山の天候は変わりやすく完璧に予測できません。急な雨や風にも耐えられるアライテントのテントは、その点でも安心で登山家の支持を得ています。


アライテントの魅力4. 前室が広めに取られた快適な空間

テント泊を快適に過ごすために大切なポイントの一つが前室の広さ。

前室は汚れたり、濡れたりした登山靴やトレッキングポールなど、テント内に持ち込みたくないグッズを前室に置いておけたり、日よけや調理スペースにしたりなどテント泊の快適さを左右するといっても過言ではありません。

アライテントのテントは前室を広めに設計されているので、荷物をおくスペースが欲しい登山家たちに重宝されています。


アライテントの人気シリーズ6つを徹底比較!

アライテントには6つのシリーズのラインナップがそろっています。それぞれ人気のあるシリーズですが、魅力や特徴は異なり、使用する人によって適したテントは変わるもの。

ここではシリーズごとに解説していきますので、自分に適したシリーズを見つけてくださいね。


人気シリーズ1. エアライズ

エアライズは軽量で持ち運びが楽なテントで、なおかつ丈夫な作りであるのが印象的なシリーズです。

エアライズはフレームをスリーブに通して設営できる簡単さで、登山中の様々な局面で対応できるのが特徴。通常春~秋の3シーズン対応ですが、オプションを利用して冬場も使用できる4シーズン対応にできるのも魅力といえます。

季節を問わず様々な局面で使用できるテントなので、オールシーズンに渡って様々な山へ挑戦する人におすすめのテントです。


人気シリーズ2. トレックライズ

トレックライズは携帯性に優れたコンパクトな3シーズン用のテントです。

トレックライズは1人用で1250gと超軽量な重量でありながら、大きなベンチレーターとメッシュ加工が施された大きな半月型の入口を備えて風通しの良いテントです。熱がこもる夏の日中でも快適な居住性を持っています。

トレックライズはツーリングやトレッキングでの快適さにこだわって作成されたテントなので、夏場のツーリングライダーや山歩きなどの使用におすすめといえるでしょう。


人気シリーズ3. オニドーム

オニドームはペグを地面に打ち付けられない場所でも前室を使用できるシリーズです。前室を構成するために2本の角が張り出している部分が、オニのように見えることが名前の由来。

オニドームは特徴的な台形のフォルムが室内に余裕のある広さをもたらして快適に過ごせます。フレームは2本しか使用しないので、重量も軽く持ち運びに苦労しません。

オニドームは場所を選ばす前室を作ることができるから、汚れものなどをテント内に入れずにおきたい人におすすめのシリーズです。


人気シリーズ4. ツェルト

ツェルトは一般的に想像するテントよりは、厳しい山の環境の中で少し息抜きをするためのシェルターのように使用するシリーズです。

ポンチョのようにかぶって使用するものや、ロープを使用して設営するテント型のものなどあります。350mm缶と変わらないぐらいのサイズにたためるので、登山などの際には、緊急時用に通常のテントの他に一つツェルトをいれておきたいもの。

タープや着替え用などにも活用できて、登山をする人の常備品としておすすめしたいです。


人気シリーズ5. ベーシックドーム

ベーシックドームは厳冬期の冬山から、家族で楽しむキャンプまでオールマイティーに使用できる汎用性の高いシリーズです。

ベーシックドームの大きな特徴はテントの前後に付けられた2つの入口。この入口を状況によって開閉することで、通気性や保温性を変えられるので、様々な状況で使用できるのです。

幅広い使い道のあるテントは、登山をする人にも、キャンプなど気楽にできるアウトドアをする人にもおすすめといえるでしょう。


人気シリーズ6. ドマドームライト

ドマドームライトはソロやカップル向けに開発された、1~2人用の小型のテントでありながら、広い前室を備えたシリーズです。前室を日本古来の土間をイメージすることから、ドマドームライトの名前が付けられました。

最大の特徴は背が高くて開放感のあるテラスのような前室とメインのコンパートメントの2つの空間で構成されている点。前室部分には荷物を置いたり、調理スペースに使ったりと使用方法は多岐にわたります。

荷物などは前室に置いて、なるべくメインの室内は広く使用したい人におすすめです。


【2019年最新】アライテントの人気おすすめランキングTOP10

ここからはアライテントのおすすめテントをランキング形式で紹介したいと思います。

アライテントといってもシリーズごとにそれぞれ特徴があるので、失敗しないテント選びをするために、ランキングを参考にして自分にあった商品を選んでくださいね。


【アライテントおすすめ第10位】アライテント カヤライズ2

アライテント(ARAITENT) カヤライズ2(本体のみ)2人用(最大3人)
  • グランドシート以外全てメッシュなので、空気はこもらず通気性抜群。
  • テント内から外を見渡せるから、ダイレクトに自然を感じられて、星空などもテント内で楽しめる。
  • オプションのフライシートをかぶせれば普通のテントのようになるので、就寝時などプライベートを保てる。

「夏の暑い時期のキャンプのテントは暑くて苦手。通気性抜群のテントがあればなぁ。」と夏のテントの暑さにお困りの人もいるのではないでしょうか。

『アライテント カヤライズ2』は、グランドシート以外の部分全てがメッシュで作られているので、熱や湿度がこもらない高い通気性を誇ります。就寝時はオプションのフライシートをかければ普通のテントのように使用できます。

夏のアウトドアはテント内が暑くなりすぎる場合があります。四方がメッシュのこちらのテントは熱が全くこもらないので、夏のテントの暑さに悩む人におすすめしたいモデルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:16280円
  • シリーズ:カヤライズ
  • サイズ設営時:1300 × 2100 × 1050 (mm)
  • サイズ収納時:380 × 190 (mm)
  • 重量:900g
  • 収用人数:2人〜3人
  • 付属品:ー

【アライテントおすすめ第9位】アライテント ドマドームライト1

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト1 [1人用]
  • 土間をイメージして設計された前室が開放感を与えて、テント内の快適性を向上する。
  • 前室がタープの代わりとなって日差しや、雨を防いでくれる。
  • タープが必要なくなるので荷物を軽量化できる。

一人で登山やキャンプに行く時にはなるべく荷物を少なくしたいもの。できればリュックに全部詰めこみたいと考えている人もいると思います。

『ドマドームライト1』は1人用のテントながら広い前室があり、荷物置き場やタープの代わりとなります。

荷物を少しでも減らしたい人にはこちらのドマドームライトならタープなどを持っていく必要がなくなります。携行品をなるべく少なくしてリュックに全部入れたい人に適したテントなので、選んでみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:50274円
  • シリーズ:ドマドームライト
  • サイズ設営時:750 × 2000 × 1040 (mm)
  • サイズ収納時:320 × 190 (mm)
  • 重量:1790g
  • 収用人数:1人
  • 付属品:ー

【アライテントおすすめ第8位】アライテント スーパーライト・ツェルト2ロング

アライテント(ARAI TENT) スーパーライト・ツェルト2ロング
  • 重量395gと軽量タイプなので、携行していて邪魔にならない。
  • ツェルトタイプだから、くるまって使用したり、小型テントとして使用したりと使い道が広い。
  • 緊急時のシェルターにもなるので、一つ持って行くと心強い味方になる。

「メインのテントはあるので、登山やキャンプなどで気軽に持っていけるサブとしてのテントを探しているけど見つからない。」なかなか予備のテントとして適切なものは見つからないですよね。

『スーパーライト・ツェルト2ロング』は重量395gと軽量ながら、ポールを使用して軽量テントとしても使える利便性が予備として携行するのに適しています。

メインのテントが使用できなくなる不測の事態や、登山やキャンプの着替え場所としてなど使い道が広い便利さが、ちょうどいい予備用のテントが見つからないとお悩みの人にぴったりなので選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:15180円
  • シリーズ:ツェルト
  • サイズ設営時:1300× 2100 × 1100 (mm)
  • サイズ収納時:170 × 100 (mm)
  • 重量:395g
  • 収用人数:2人〜3人
  • 付属品:収納袋

【アライテントおすすめ第7位】アライテント トレックライズ2DX フライ仕様

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ 2 DX フライ仕様 2~3人用
  • 通常のトレックライズシリーズより広い前室があるので、ゆっくりできるスペースに最適。
  • 入口上部が換気口として開くから、熱気や湿度がこもらない。
  • 前室が広いので、テントの面積以上に広く感じて快適に過ごせる。

キャンプなどアウトドアに行ったら、ゆっくりくつろげるスペースが確保できるテントが欲しいけど、これといったものが見つからないという人もいるのではないでしょうか。

『トレックライズ2DX フライ仕様』でしたら通常のトレックライズよりも広い前室があり、椅子などを置いてゆっくり過ごせます。前室にかかるフライシートが日差しや雨を防ぐタープ代わりになるのも嬉しいポイント。

キャンプなどアウトドアシーンでは色々な作業をした後は自然を感じながら、ゆっくりくつろぐ時間も欲しいもの。前室の広いこちらのテントならくつろげるスペースを確保できるのでおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:61600円
  • シリーズ:トレックライズ
  • サイズ設営時:1500 × 2100 × 1100 (mm)
  • サイズ収納時:ー(mm)
  • 重量:1990g
  • 収用人数:2人〜3人
  • 付属品:-

【アライテントおすすめ第6位】アライテント エアライズ2 フォレストグリーン

アライテント(ARAI TENT) エアライズ2(AIR RAIZ2) フォレストグリーン 2人用 34224406
  • 素材にこだわり、軽量さやコンパクトさと機能性を両立している。
  • 縫製部分のシームテープ加工と付属の防水液のシームコートが、テントに高い防水性を与えるので急な雨などでも濡れずに安心。
  • 利便性を追求して無駄をそぎ落としたデザインがシンプルで悪目立ちしない。

「彼女と登山をすることになったけど、今使っているエアライズ1だと少し手狭。でもエアライズの万能性の高さや設営の簡単さなどは捨てがたい。」そんな悩みを持っている人もいると思います。

そんな時『エアライズ2 フォレストグリーン』ならエアライズ1の持っている様々な環境に対応できる利便性や設営の簡単さはそのままに、サイズが2人用に大きくなった製品です。

エアライズの良さを知っていると他のテントを使うのも抵抗がありますよね。エアライズ2なら利便性や機能はそのままで2人用にサイズアップできるので、エアライズにこだわりのある人はぜひ、選んでみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:48400円
  • シリーズ:エアライズ
  • サイズ設営時:1300× 2100 × 1050 (mm)
  • サイズ収納時:300 × 150 (mm)
  • 重量:1550g
  • 収用人数:2人
  • 付属品:張綱、ペグ、シームコート、リペアチューブ

【アライテントおすすめ第5位】アライテント ライペン オニドーム1

  • ペグダウンできないシチュエーションでもフライシートをかぶせれば前室が作れて便利。
  • 前室は荷物置き場やゆっくりくつろぐ空間として使用できて、快適にアウトドアを楽しめる。
  • フレームを2本しか使用しないので前室付きのテントとしてはとても軽い。

「今使っているテントは、ペグを使用できない環境だと前室が作れないのが不満。」前室が作れないとなると利便性が下がってしまいますよね。

『ライペン オニドーム1』でしたら、ペグの使用できない状況でもフライシートをかぶせるだけで前室を作れます。山は様々なシチュエーションがあり、必ずペグを使用できるシーンばかりではありません。前室があるとないとでは登山やキャンプでの快適性は大きく変化します。

オニドーム1はフライシートさえあれば前室が作れるので、アウトドアでの快適性を求める人はぜひ、選んでみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:47300円
  • シリーズ:オニドーム
  • サイズ設営時:1480 × 1220 × 970 (mm)
  • サイズ収納時:300 × 130 (mm)
  • 重量:1290g
  • 収用人数:1人
  • 付属品:ー

【アライテントおすすめ第4位】アライテント ライペン スーパーライトツェルト1

アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100
  • 簡易テントにも、くるまって布団のようにも使用できて使い道が広い。
  • 厳しい自然環境の中で少しほっとできるスペースを提供してくれるので、極度の疲労を感じないで済む。
  • 300g以下の重量なので、持ち運びに苦労しないですみ、携帯に煩わしさがない。

登山で自然の中にずっといると、段々疲れてしまうもの。気楽に休める空間があると便利だと思っている人もいるのではないでしょうか。

『ライペン スーパーライトツェルト1』はそんな辛い自然の中にいる時に、ほっとする空間を提供してくれるシェルターとして使用する製品です。張綱やポールを使用して簡易テントのようにも使えますし、体にくるんで布団のように使用も可能です。

ちょっと休みたい時には、わざわざテントを設営するのも面倒なもの。ツェルトは簡単に取り出せて癒しを与えてくれるので、手軽に休める空間が欲しい人にはおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:10450円
  • シリーズ:ツェルト
  • サイズ設営時:900× 2000 × 900 (mm)
  • サイズ収納時:100 × 100 (mm)
  • 重量:299g(発送重量)
  • 収用人数:2人
  • 付属品:ー

【アライテントおすすめ第3位】アライテント ライペン トレックライズ 1

(アライテント/ライペン) ARAI TENT/RIPEN テント トレックライズ 1 1~2人用 ari-019
  • 大きなベンチレーターとメッシュ付きの入口が熱気を逃がしてテント内に暑さがこもらない。
  • コンパクトにたためて携帯が楽なので、ツーリングやトレッキングのお供にぴったり。
  • ベンチレーターや入口の大きさが解放感があり、テント内で狭さを感じない。

「夏のテントはテント内が暑いのが悩み。快適に過ごせるものがないかなぁ。」と夏のテントの暑さに困っている人もいると思います。

『ライペン トレックライズ1』は大きなベンチレーターとメッシュが付いた広い入口のあるテントで快適な換気性能のテントで、暑い夏の日もテント内に熱気がこもらず快適に過ごせます。トレックライズはツーリングやトレッキングに最適なテントとして開発されたので、たたむとコンパクトで持ち運びも楽です。

夏のツーリングなどはテントを設営した後は暑さに悩まされずにゆっくりしたいですよね。こちらは通気性があって暑さを感じさせないので、ぜひ選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:46420円
  • シリーズ:トレックライズ
  • サイズ設営時:2100 × 1100 × 1050 (mm)
  • サイズ収納時:300×14 (mm)
  • 重量:1460g
  • 収用人数:1人〜2人
  • 付属品:ペグ、張綱、スタッフバック

【アライテントおすすめ第2位】アライテント ライペン ドマドームライト2

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト2 [2人用]
  • 土間をイメージした広く開放感のある前室が荷物置き場になり、テント内を広く使用できる。
  • ペグを使用しないで自立できるのでアウトドアの他、非常時用にも使用可能。
  • 前室がタープ代わりになるから、日よけや雨よけになる。

「テント内に、あれもこれも荷物を運びこむと狭くなってしまう。もっと自分だけのスペースが欲しいなぁ。」テント内の荷物にお悩みの人もいると思います。

『ライペン ドマドームライト2』でしたら、広く開放感のある前室があるので、そこに荷物を置いておけます。しっかりタープとしての働きもしてくれるから、強い日差しや雨で荷物がダメになる心配もありません。

こちらのテントでしたら、脱いだ登山靴やトレッキングポールなどテント内にしまう必要がないので、自分のスペースをしっかり確保したい人にはおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:60500円
  • シリーズ:ドマドームライト
  • サイズ設営時:主寝室/1200 × 2100 × 1080 (mm):土間/600×1120(㎜)
  • サイズ収納時:340× 200 (mm)
  • 重量:2000g
  • 収用人数:2人
  • 付属品:ー

【アライテントおすすめ第1位】アライテント ライペン エアライズ1 フォレストグリーン

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1(AIR RAIZ1) フォレストグリーン 1人用 0300101
  • 糸やフレームの素材にこだわり、耐久性はそのままに、従来品より20%の軽量化に成功している。
  • オプションを装着することで冬の使用も可能で、全てのシーズンで使用できる。
  • 設営が簡単で山のあらゆるシーンで使用できるので、幅広い登山家に愛好されている。

登山が好きなので、季節やシチュエーションを選ばすに手軽に使用できる一人用テントを探しているけれど、なかなか丁度いいものが見つからないとお悩みの人もいるのではないでしょうか。

『エアライズ1 フォレストグリーン』は登山における様々なシーンにおいて簡単に設営できるエアライズシリーズのテントで、丈夫さや軽量で持ち運びに楽な点などから、登山初心者からベテランまで高い支持を得ているテントです。外張りなどオプションを付けると冬の使用も可能で、全てのシーズンで使用できるのも使い勝手が良いといえます。

こちらのテントでしたら1年中、様々なシーンに対応してくれるオールマイティーなテントが見つからないと悩んでいた人にぴったりです。ぜひ、選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:42900円
  • シリーズ:エアライズ
  • サイズ設営時:1000× 2050 × 1000 (mm)
  • サイズ収納時:290 × 140 (mm)
  • 重量:1360g
  • 収用人数:1人
  • 付属品:ペグ、張綱

アライテントのテントで、快適なキャンプを楽しもう!

今回はアライテントについて、登山家に愛される理由や人気シリーズの特徴を紹介しました。使用用途などから厳選したアライテント人気ランキングもテント選びの参考になったのではないでしょうか。

テントは価格の安いものではないので失敗しないテント選びをしたいですよね。

最適なテントは使用するシーンや目的などで、人それぞれ変わってきます。今回の記事を活かして自分にぴったりなアライテントを選んでください。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事