マウンテンハードウェアのおすすめ比較|タウンユースできる人気商品を紹介

マウンテンハードウェアのおすすめ商品を知りたい方へ。今記事では、マウンテンハードウェアのブランド説明はもちろん、Tシャツやパンツ、バッグといったアイテムの特徴から、実際におすすめしたい人気商品まで詳しくご紹介します。機能性抜群のアウトドア製品が手に入るので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「マウンテンハードウェア」の魅力とは?

マウンテンハードウェアのおすすめ比較

マウンテンハードウェアとは、1993年にアメリカで誕生したColumbia Sportswearの子会社アウトドアブランドです。

山登りやスキー、クライミングやキャンプなどアウトドアを楽しむ全ての人がアスリートと捉え、プロ仕様からタウンユースまで幅広いアイテムを揃えています。本格的にアウトドアを楽しむ人でなくても使えるアイテムがあるので、手軽にチャレンジできるのも人気の秘訣。

特に、バッグやウェアはデザイン性が高くアウトドアシーン以外でもおしゃれに着用できるブランドで、若い世代を中心に人気を集めています。


マウンテンハードウェアのおすすめアパレルアイテム10選

まずは、マウンテンハードウェアの人気おすすめアパレルアイテムをご紹介します。

安い価格設定の定番アイテムやオールシーズン使える長袖の上着など、人気商品を厳選しました。街着としても使えるアイテムも多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。


おすすめウェア1. フロントロゴTシャツ

  • フロントにロゴを大きくプリントし、シンプルながらも印象に残るTシャツ。
  • 吸水速乾性のあるポリエステル生地で、汗ばむ季節でもべたつかない。
  • 5,000円台で購入できる安い価格設定で、手軽に購入できる名品。

アウトドアでもタウンユースでも活躍するTシャツを探している人には、マウンテンハードウェアで人気の「フロントロゴTシャツ」がおすすめ。

フロント全面にブランドロゴを大きくプリントし、おしゃれなデザインに仕上がっていて、一枚でもラフに着こなせます。

肌触りのよさと吸水速乾性を両立したコットンタッチのポリエステル素材を使っており、アウトドアシーンでも快適に使用することが可能。S~XLまでの4サイズ展開で、ユニセックスで使えます。

気分に合わせてアウトドアでも普段着でも使いたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


おすすめウェア2. WディプシーT4 グラフィックTシャツ

  • 2019年春夏のニューモデルで、マウンテンハードウェアの最新モデルを着用したい人におすすめ。
  • コラージュのようにあしらったロゴがおしゃれで、シティーユースしたくなる。
  • ランを想定した吸汗性があり、トレイルランニングやハイキングでも活躍する。

デザイン性にこだわったTシャツを求めている人には、『WディプシーT4 グラフィックTシャツ』がぴったり!

2019年春夏の新作モデルで、コラージュのようにいくつものモチーフをロゴをプリントしているところがポイント。

こちらは、ファッション・トレイルカルチャーシーンで活躍する清水将司氏がデザインしたもので、細部までこだわりが光っています。S~XLまでの4サイズ展開で、オーバーシルエットで着用するのもおすすめです。

デザイン性の高い最新モデルを、ぜひ検討してみてください。

楽天で詳細を見る


おすすめウェア3. キャニオンソリッドショートスリーブシャツ

  • カーキやベージュ、ブルーなどの4色展開で、コーディネートに合う色味が選択できる。
  • 薄手素材を利用しているので、ロンTの上から羽織って着用することも可能。
  • 背面と胸ポケットの脇にベンチレーターを備えているため、通気性が確保でき汗が乾きやすい。

「汗ばむ季節におしゃれなシャツを着たいけど、汗や暑さが気になる。」という人には、こちらの商品がベスト。

背面と胸ポケットの脇にメッシュ素材のベンチレーターを備えており、汗ばむ季節でも通気性が確保できます。また、襟はフリップアップ式になっており直射日光から首元を守れるから、日焼け対策ができるところも魅力的。

汗ばむ季節にもおしゃれを意識しながら使える、ショートスリーブシャツとして取り入れてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


おすすめウェア4. ダブルドラゴンパンツ

MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア) ダブルドラゴンパンツ【ASIAN FIT】 OE8220 090(Black) M 2019春夏モデル
  • ストレッチケブラーにデザイン性を持たせた3色展開で、アウトドアでもおしゃれな服装ができる名品。
  • ポケットは全てファスナー付きなので、アウトドア中に財布など落下する心配がない。
  • どのような動きにも対応できるソフトシェル素材で、クライミングや登山にもおすすめ。

アウトドアシーンでの動きやすさを左右するパンツ。「細身のシルエットでも丈夫で動けるパンツに出会いたい!」と思っている人には、『ダブルドラゴンパンツ』がおすすめです。

4方向に伸縮するソフトシェル素材を使っており、S~XLまでの4サイズ展開で、細身のシルエットでも窮屈さや動きにくさを感じません。また、摩擦で破れやすいヒップとヒザ部分にはストレッチケブラーを装着し、強度をアップしているところも特徴。

クライミングや山登り、ハイキングなど下半身をしっかりと動かしたいシーンでも細身のシルエットを維持したまま使えるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


おすすめウェア5. エクスポージャー2ゴアテックスパックライトパンツ

MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア) エクスポージャー2ゴアテックスパックライトパンツ OM7309 012(Void) M
  • ストレッチ性があり、ヒザの幅を調整できるスナップボタンがついているので、ハイキングやキャンプなどアウトドアで活躍する。
  • 防水透湿素材のゴアテックスメンブレンを使用しており、急な雨などから体を守ってくれる。
  • パッカブル仕様でコンパクトに収納できるため、持ち歩きの邪魔にならない。

『パックライトパンツ』は、悪天候に備えて装備できるパンツを探している人にぴったりな、マウンテンハードウェアの人気商品。

シェル素材のパンツに防水透湿素材のゴアテックスメンブレンを貼り合わせ、内側は特殊なフィルムでコーティングした2.5レイヤーとなっているため、丈夫で雨や汗にも強いです。

また、右のヒップポケットを裏返すとコンパクトに収納できるパッカブル仕様で、アウトドア時の荷物として邪魔になりません。

S~Lまでの3サイズ揃っているので、アウトドアの必需品としてレインパンツ代わりに用意してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


おすすめウェア6. ハードウェアロゴフルジップフーディー

MOUNTAIN HARDWEARの人気おすすめパーカー

出典:zozo.jp

  • フルジッパーで脱着がしやすく、寒暖の差が激しい時期や肌寒い時期に1枚あると重宝する。
  • 胸元にロゴの入ったシンプルなデザインで、タウンユースに向いている。
  • S~Lの3サイズ展開で、好みのサイズ感で着られる。

『ロゴフルジップフーディー』は、肌寒さを感じたときにサッと羽織れる長袖を探している人にイチオシのアイテム。

フルジッパーなので脱着が楽にでき、カットソーの上やTシャツの上からも着用できるため、オールシーズン着られます。コットンとポリエステルの混紡素材で温かさを逃がさないので、保温性能に優れているところも特徴。

また、両手を温められるハンドウォーマーポケット付きで、手強い冷えを和らげるところも人気の秘訣です。

長袖が1着あればアウトドアでの温度管理がしやすくなるので、ぜひ使ってみてくださいね。

公式サイトで見る


おすすめウェア7. マイクロチルジャケット

  • フルジッパーで脱着しやすく、季節に合わせて着こなしが楽しめる。
  • やや薄手になっており、折りたたみアウターとして携帯することも可能。
  • 日本人の体型に合うアジアンフィット仕様で、スタイルよく着こなせる。

「タウンユースできるおしゃれなフリースジャケットが欲しい!」そんな時には『マイクロチルジャケット』がおすすめです。

日本人の体型に合うアジアンフィットタイプで、余計なゆとりがなくシルエットをスッキリと見せてくれるところがポイント。ツートンカラーのデザインやシンプルなモノトーンデザインなど全4色の4サイズ展開なので、好みのデザインやサイズが選べるようになっています。

デニムやチノパンと合わせておしゃれに着こなせるアイテムなので、街着にも取り入れやすいでしょう。普段遣いできるジャケットを探している人はぜひ購入してみて。

楽天で詳細を見る


おすすめウェア8. アブソルートゼロパーカ

Mountain Hardwear マウンテンハードウェア アブソルートゼロパーカ S シャーク
  • 片手でも調整できるドローコード付きで、登山など片手が塞がっている時にも使いやすい。
  • 袖口や首元が密閉されているので寒気をよせつげず、温かさをキープしてくれる。
  • 2色展開で好みの色合いを選んで使える。

「寒い季節のキャンプや登山など、過酷な状況でも快適に過ごせるダウンが欲しい!」そんな時には『アブソルートゼロパーカ』を選んでみてはいかがでしょうか。

防水透湿素材と溶着バッフル構造のW作用で、悪天候による雨や雪の侵入を防ぎながらも、ボリュームたっぷりのふかふかとした温かさをキープ。袖口や首元は密閉されており、冷気が入ってこないので、温かさを維持できます。

3サイズ展開で、過酷な状況でも使える本格的な高性能ダウンダウンジャケットを探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


おすすめウェア9. ディプシートレイルDフラップキャップ

MOUNTAIN HARDWEARの人気おすすめ帽子

出典:zozo.jp

  • 汗止めのバンドがついており、汗が流れてくるのを防止できる。
  • 前後にツバがついているので、後ろ側から降り注ぐ紫外線もカット。
  • どちらを前にしても着用でき、用途に合わせて使い分けできる。

『ディプシートレイルDフラップキャップ』は、アウトドアでの紫外線対策を重視したい人にベストな商品。

前後にツバがついていて、後方からの紫外線もカットできるところが特徴です。ツバの形は前後で異なり、日よけ重視は長めのツバを、視界をクリアにしたい時はラウンド型の短いツバを前にして着用できます。サイズはワンサイズで、ツバ部分にブランドロゴが入っているところも人気の秘訣。

アウトドアでの肌への影響を配慮したい時には、ぜひ使ってみてくださいね。

公式サイトで見る


おすすめウェア10. ドライステインジャケット

  • パウダースカートが取り外しできるので、シーンに合わせて長さ調整ができる。
  • フードの2段階調整が可能で、ヘルメットを着用しても窮屈にならない。
  • ドライQエリーを採用しており、着用した瞬間から蒸れが気にならない。

着心地にこだわるレインウェアを探している人には、『ドライステインジャケット』がぴったり!

着た瞬間から蒸れを防ぐ素材のドライQエリーを採用しており、寒さを防ぎながらも肌に密着する部分の心地よさも確保しています。脇にはベンチレーションファスナーがついているので、開けることで空気を取り込んで、換気することも可能。XS~XLまでの5サイズ展開で、ユニセックスで着用できます。

長時間着用することが多いレインウェアだからこそ快適に使いたいという人は、ぜひ購入してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


荷物をしっかり収納!マウンテンハードウェアのバッグ5選

ここからは、ブランドの人気商品でもあるおすすめバッグをご紹介します。比較的安い商品や過酷な環境下でも安心して使える人気商品などを厳選。

マウンテンハードウェアにはどのようなバッグがあるのか気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


おすすめバッグ1. デイパック フリューイッド16 V.4

  • 長時間の着用でも負担がかからないショルダーハーネスを採用しており、登山など過酷なアウトドアにもおすすめ。
  • ネイビーやブラックなどシンプルな3色展開で、お気に入りのカラーが見つかる。
  • 開口部分が広く、本やパソコン、衣類などの出し入れが楽にできる。

大容量でトレイルランニングのなどのアウトドアシーンから通勤、通学までマルチに使えるアイテムを探している人には、『フリューイッド16 V.4』がおすすめ。

16Lも入る大容量サイズとなっており、用途に合わせて多くの荷物が収納できます。ベスト型のハーネス部分にもポケットがついているので、飲み物やスマートフォンなどすぐに取り出せるものを収納したい時に便利です。

機能性が高く幅広いシーンで使い回したい人は、ぜひ検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


おすすめバッグ2. スクランブラーRT20アウトドライ

  • シンプルなデザインで、アウトドアから通勤、通学まで幅広く使える。
  • 24時間降雨テストをクリアしているので、天候に左右されず過酷な環境でも使用可能。
  • アタックザックとしても活用できる、ちょうどいいサイズ感。

アウトドアや通勤、通学で使える耐水性に優れたバッグを探している人は、『スクランブラーRT20』を選んでみて。

表地にはナイロンを使い、独自の防水アウトドライ構造で24時間降雨テストをクリアしているので、雨が降り続けている時でも安心して使えます。また、メイン収納は密閉できるロールトップデザインで、雨の侵入を防げるところも魅力。

背中にフィットするバックパック型で天候に左右されず使える商品を探している人はぜひチェックしてみて。

楽天で詳細を見る


おすすめバッグ3. アフターシックストート

  • 耐久性と防水性を兼ね備えたX-pac素材を使っているので、使用頻度が高くても安心して使える。
  • モノトーンの2色展開で派手になりすぎず、どのようなコーデにも合わせやすい。
  • ショルダーベルトは取り外し可能で、トートバッグとして使いたい時に邪魔にならない。

『アフターシックストート』は財布やタオル、スマートフォンなど、必要最低限の荷物がまとめられる手軽さにこだわりたい人にイチオシの商品。

約240gと軽量コンパクトサイズで、耐久性と防水性を兼ね備えたX-pac素材を使っており、使用頻度が高い人におすすめ。ただ小さいだけでなく、ショルダーバッグとトートバッグの2Way使用が可能なので、アウトドアシーンでのサブバッグやタウンユースにも向いています。

いつも手軽に持ち歩ける自分の定番バッグとして、ぜひ活用してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


おすすめバッグ4. フォルサム20

  • フロントのロゴが引き立つ3色展開で、好みの色合いが選択できる。
  • フロントは耐久性のあるバリスティックナイロン生地にTPUコーティングを施しており、耐久性に優れている。
  • 15インチパソコンが収納できる専用のスリーブがあるので、通勤や通学にもおすすめ。

『フォルサム20』は、パソコンやタブレットなどたくさん持ち歩きたい人にベストなバックパック。

衝撃から守るため、パッドが入った15インチパソコン用の専用スリーブを設けており、通勤や通学時に安心して持ち歩けます。スマートフォンや筆記具など細かなアイテムの収納に便利なポケットも多く用意されており、持ち物に合わせてスッキリとまとめられるところも魅力。

20Lの大容量でノートや手帳、アウトドアシーンでは着換えや飲み物など難なく持ち歩けるので、普段から荷物が多い人に向いていますよ。

楽天で詳細を見る


おすすめバッグ5. アルパインライト35バックパック

  • 2層のデンシティフォームを使ったショルダーハーネスで、長時間の使用でも疲れない。
  • 大容量でも765gと超軽量なので、少しでも負担を軽減して使える。
  • サイドポケットや内ポケットなど収納量抜群で、細かなアイテムもスッキリ分けられる。

「登山やトラッキングなど長時間背負ったままになるから、できるだけ軽い材質のものを!」と考えている人には『アルパインライト35バックパック』がベスト。

キャンプや登山などでの宿泊に耐えられる35Lサイズにもかかわらず、超軽量素材ダイニーマを使用しているため、765gと超軽量です。耐久性、防水性能が高いのはもちろんのこと、雪山でも使えるよう流線形にすることでバックパックの上に雪が積もらないよう配慮されています。

アウトドアを楽しむときに使える、本格的なバックパックを探している人なら、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


【その他】ブランドのおすすめ売れ筋商品5選

マウンテンハードウェアは、山登りやトラッキング、キャンプ用品やスキーなどのウィンタースポーツ用品まで幅広く扱っています。

最後に、ウェアやバッグ以外のハットやテントなどの名品を厳選してご紹介。どのようなアイテムが揃っているのか、ぜひ参考にしてみてください。


おすすめアイテム1. バターグローブ

MOUNTAIN HARDWEARの人気おすすめグローブ

出典:zozo.jp

  • 伸縮性のあるジャージ素材で、手を使うアウトドア時にも使用できる。
  • シンプルなブラックカラーなので、シティーユースとしてもおすすめ。
  • 薄手なのでごわつかず、インナーグローブとしても活用可能。

『バターグローブ』は、ウィンタースポーツや冬の登山をする時の機能性にこだわりたい人にぴったりのアイテム。

肌触りのいいジャージ素材で伸縮性があるので、手を使うスキーやロッククライミング時にも難なく使えます。また、薄手なのでスキーグローブなどのインナーグローブとしても使用でき、シーンに合わせた様々な使い方が可能。

寒いときでも機能性が高いグローブがあればアウトドアがより楽しめるので、ウィンタースポーツが趣味の人はぜひ検討してみてくださいね。

公式サイトで見る


おすすめアイテム2. MHW93キャンプハット

Mountain Hardwearの人気おすすめキャップ

出典:zozo.jp

  • どんなコーディネートにも合わせやすい、ブラックとカーキの2色展開になっている。
  • フロントにはブランドロゴと創業年である93をあしらっているところも特徴。
  • 使い込むほど味が出るコットンキャンバス素材で、長い間愛用できる。

キャンプからタウンユースまで活躍するハットを探している人はこちらの商品がおすすめです。

使えば使うほど味が出てくるコットンキャンバス素材を使っており、キャンプウェアからTシャツなどのラフなスタイルまで幅広くマッチ。ワンサイズ展開ですが、後頭部のメタルクロージャーでサイズ調整ができるので、自分にぴったりのサイズで着用することが可能ですよ。

思わず毎日使いたくなるお気に入りのキャップに加えてみてはいかがでしょうか。

公式サイトで見る


おすすめアイテム3. ドワイトハット

Mountain Hardwearの人気おすすめドワイトハット

出典:zozo.jp

  • カーキやブラックなどの3色展開で、登山ウェアに合わせて選べる。
  • 吸水性の高い汗止めバンドがついており、汗が垂れてこないよう配慮されている。
  • ツバが広く紫外線対策に一役買ってくれる。

『ドワイトハット』は、登山用の帽子を探している人にぴったりなマウンテンハードウェアの定番アイテム。

ツバが大きく照りつける紫外線を予防できるのはもちろんのこと、風がある日でも着用できるよう取り外し可能なあご紐がついています。サイドにはマウンテンハードウェアのナットロゴがプリントされており、よくよく見ると山名や座標で形成されているから登山家の心をくすぐるところも魅力。

いつもの登山に持っていくお気に入りのハットを探している人はぜひ購入してみて。

公式サイトで見る


おすすめアイテム4. ファントム-9℃

  • ツートンカラーのおしゃれなデザインで、キャンプシーンに彩りを与えてくれる。
  • 964gと軽量なので、登山やキャンプなどの携帯時に負担にならない。
  • -9°Cまで耐えられるので、冬のキャンプや登山など幅広いシーンで活躍する名品。

『ファントム-9℃』は、寝心地と性能にこだわった寝袋を探している人にベストなアイテム。

撥水ダウンと軽量シェルを組み合わせており、温かさと軽量コンパクトを両立しています。自然な体型にフィットするよう形にも工夫を凝らしておりふんわりと柔らかな寝袋でぐっすりと眠ることが可能。さらに、-9°Cまで耐えられるため、寒い季節でも使えます。

冬の登山やクライミングキャンプなど疲れたときに心休まる寝袋が欲しい人は、ぜひ検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る

【参考記事】はこちら▽


おすすめアイテム5. トランゴ3テント

  • 前室前部にはスノーフラップつきで、雪が積もるのを防いでくれる。
  • 簡単に組み立てられるよう、ポールの色分けがされているところも魅力的。
  • ヒマラヤ遠征に使われる強度を持っており、雪山など極寒の地で重宝するテントを探している人におすすめ。

『トランゴ3テント』は、極寒な場所でも安心して使えるお気に入りのテントを探している人にベストな定番商品。

ヒマラヤ遠征などにも使用されているテントで、テント、フライ、フレームをしっかり固定できるため、強風や積雪にも耐える強度を持っています。前室が広く高さもあるので出入りしやすく、荷物などの収納がしやすくなっているところも魅力的。

3人用の広々とした室内でゆっくりとくつろげるので、複数人で雪山でのキャンプや登山をする時には使ってみてくださいね。

楽天で詳細を見る

【参考記事】はこちら▽


マウンテンハードウェアでアウトドアファッションを極めよう!

マウンテンハードウェアは、登山やトレイルランニング、ウィンタースポーツなど幅広いアウトドアシーンで使えるアイテムを展開しているブランドです。機能性とデザイン性の高さは、一度使うとリピートしたくなるはず。

また、アウトドアシーンだけでなく街着やシティーユースができるところも大きな魅力。ぜひ、気になるアイテムを見つけて普段遣いからアウトドアシーンまでコーディネートに取り入れてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事